著書 石原慎太郎に関するニュース

ネット右翼に贈る「非国民のススメ」

週プレNEWS / 2012年12月31日12時00分

これは安田さんが著書『ネットと愛国』の中で書かれていますけど、在特会もインターネットがなかったら生まれていなかったという。 園 僕はそのへんの話は詳しくないんだど、結局、2ちゃんねるから始まったんじゃないですか? 安田 出自はまさにそこ。確信を持って言えますが、友達や家族と誘い合って在特会に入るというケースはほとんどありません。彼らは家族のなかでも、地域の [全文を読む]

豊洲市場「空洞」問題を意図的に長引かせようとしている真犯人

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日05時00分

石原慎太郎に「わが都政の回顧録 東京革命」という著書がある。回顧録というのはだいたい自慢話である。石原が革命をなしたはずの東京。小池はその東京を大改革したいというのだから面白い。 回顧録のなかで、石原は豊洲市場問題について、こう述べている。 移転が予定されていた東京ガス跡地にも…驚くほど多量の危険物質が埋もれていることが分かりました…が、現代の日本の様々 [全文を読む]

古今東西「政治家の大失言」26

プレジデントオンライン / 2017年07月25日15時15分

なぜ嫌われるとわかっていながら、他人の感情を逆なでする言葉を発してしまうのか? 『政治家失言・放言大全』の著書がある政治評論家の木下厚さんは「よもや嫌われるとは思っていないんです」と指摘する。 「身内の集会で軽口を叩いたり、ブラックジョークでその場の笑いを取ることが、人気のバロメーターと勘違いしてるから、よかれと思って失言を重ねてしまう。特に政党交付金が出 [全文を読む]

<稲田防衛大臣「虚偽答弁」を擁護?>「記憶にございません」は本当にあるかもしれない

メディアゴン / 2017年03月19日07時30分

先日、筆者も著書『人もお金も引き寄せる伝え方の魔法』を上梓し、様々な事例を挙げて「言葉の伝え方」について分析をしてみたが、読者からのリアクションが予想以上に大きく、正直、驚かされている。誰もが「伝え方」に飢えているのだ。(言葉の伝え方の具体的な事例は、拙著『人もお金も引き寄せる伝え方の魔法』をご参照ください。http://amzn.to/2i58hQo)さ [全文を読む]

新年だからこそ差別主義者たちのヘイト発言を振り返る! 石原慎太郎、曽野綾子、百田尚樹、長谷川豊、安倍政権

リテラ / 2017年01月03日19時30分

曽野綾子は13年の著書で、子どもが障害をもつ野田聖子に対しこう書いていた。「自分の息子が、こんな高額医療を、国民の負担において受けさせてもらっていることに対する、一抹の申し訳なさ、感謝が全くない」「言い方は悪いが、夫婦の自然の生活の中でできた子に、こうした欠陥があるのは仕方がない。しかし野田夫妻は、体外受精という非常に計画的なやり方で子供を作った。その場 [全文を読む]

都知事になった小池百合子氏は、古巣「テレ東」で何を語ったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月06日19時03分

その理由を著書にこう記している。 「戻る場所があると、自分が甘えるのではないか。……だから、退路を絶ちたかった」(『自宅で親を看取る』幻冬舎) 退路を断つ。この覚悟は、小池の政治人生の勝負どころで何度も発揮されてきた。2005年の郵政選挙。自民党所属となっていた小池は、小泉総理の「刺客」として、東京の選挙区で立候補。地元兵庫の地盤を手放し、退路を絶って臨ん [全文を読む]

中国のネットで皮肉コメント連発!舛添都知事「公私混同」問題で世界が疑問視する日本の政治家の資質

週プレNEWS / 2016年06月14日11時00分

毛は1千分の1を示す単位ですが、ケチは1毛も出さないという意味です」(前出・李氏) 文芸評論家の故・谷沢永一氏は、著書『人間通』(新潮社)の中で次のように述べている。 《男女を通じて絶対に矯正できない悪徳がある。それは吝嗇(ケチ)と臆病である。》 人間は誰でも欠点を持っている。しかし、ほとんどの欠点は本人の自覚と努力によって矯正することができる。ただ、ケチ [全文を読む]

石原慎太郎「日本の海は恐ろしく、楽しく美しい」日本の海の魅力を綴ったエッセイ集発売

ダ・ヴィンチニュース / 2015年10月15日17時30分

『完全な遊戯』『星と舵』『化石の森』(芸術選奨文部大臣賞受賞)、『生還』『わが人生の時の時』『風についての記憶』『弟』『やや暴力的に』『歴史の十字路に立って』など著書多数。1968年、国会議員に当選し、環境庁長官、運輸大臣などを歴任。1995年、勤続25年を機に国会議員を辞職。1999年から2012年まで東京都知事を4期にわたって務める。同年、衆議院議員と [全文を読む]

「海の男」、石原慎太郎のまなざしをとおして描かれる、限りなく深い海の魅力。書籍『私の海の地図』発売

PR TIMES / 2015年10月13日17時22分

『完全な遊戯』『星と舵』『化石の森』(芸術選奨文部大臣賞受賞)、『生還』『わが人生の時の時』『風についての記憶』『弟』『やや暴力的に』『歴史の十字路に立って』など著書多数。1968年、国会議員に当選し、環境庁長官、運輸大臣などを歴任。1995年、勤続25年を機に国会議員を辞職。1999年から2012年まで東京都知事を4期にわたって務める。同年、衆議院議員と [全文を読む]

出馬表明の石原慎太郎がアメリカのスパイに操られているとの告発本が

リテラ / 2014年11月20日11時54分

だが、一方の石原はというと、著書『「NO」と言える日本』(光文社)でも明らかなように、対アメリカ強硬論者として知られている政治家だ。その石原が"敵"の、しかも"スパイ"の拠点で「尖閣国有化」をブチ上げただけでも驚きだが、さらに驚くのはこの講演には仕掛け人が存在したことだ。 [全文を読む]

なぜ麻生太郎はナチスとヒトラーにこんなにこだわるのか?

文春オンライン / 2017年09月02日07時00分

一方、関東大震災時の朝鮮人虐殺に関する著書があるノンフィクションライターの加藤直樹氏は「民族差別に基づく暴力に対して明確なメッセージを出さないことは、五輪開催を控える都市の長の対応として不適切。多様性を尊重する社会をめざすとする小池知事の姿勢とも矛盾する」とコメントしている(朝日新聞 8月25日)。 「ダイバーシティ(多様性)」を標榜する小池都知事がなぜ [全文を読む]

学者とマニア、右と左の「中間領域」から過去を問う 近現代史研究家・辻田真佐憲が「戦争」を書く理由

文春オンライン / 2017年08月14日07時00分

著書に『大本営発表』『ふしぎな君が代』『日本の軍歌』(以上、幻冬舎新書)、『たのしいプロパガンダ』(イースト新書Q)など。最新刊に『文部省の研究 「理想の日本人像」を求めた百五十年』(文春新書)。 写真=鈴木七絵/文藝春秋 (「文春オンライン」編集部) [全文を読む]

小池百合子女史の「都政立ち往生」”対決姿勢”でどこまでやれるか|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年06月19日12時00分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/やまもといちろうBLOG(ブログ) やまもと氏がホストを務めるオンラインサロン/デイリーニュースオンライン presents 世の中のミカタ総研 [全文を読む]

『週プレ酒場』がオープン! ひとりで歩いても怖くない「歌舞伎町ガイド」

週プレNEWS / 2017年06月09日06時00分

著書に『ネガティブに生きる。ヒロシの自虐的幸福論』(大和書房)がある [全文を読む]

君は「ノストラダムスの大予言」を信じていたか――時事芸人・プチ鹿島ロングインタビューその3

プレジデントオンライン / 2017年04月28日09時15分

著書に『教養としてのプロレス』、『東京ポッド許可局』(共著) がある。 ---------- (聞き手・構成=須藤 輝 撮影=プレジデントオンライン編集部) [全文を読む]

小池知事から岡ちゃんまで 山本七平学の「継承者」たち

NEWSポストセブン / 2017年04月26日16時00分

『「空気の研究」』などの著書がある山本による「山本学」は多くの人をいまだに導いている。 石原慎太郎元都知事の証人喚問にまで発展した築地移転問題。政策決定過程での責任の所在を明らかにしようとした小池百合子知事が口にしたのは、「空気」なる言葉だった。 小池知事は「『いつ、誰が』という点をピンポイントで指し示すのは難しい。それぞれの段階で、流れの中で、『空気』の [全文を読む]

稲田朋美氏は『シン・ゴジラ』花森防衛大臣並みの凄みを身につけるか

プレジデントオンライン / 2017年04月24日15時15分

著書に『女子の生き様は顔に出る』(プレジデント社)。 ---------- (河崎環=文 AP/アフロ=写真) [全文を読む]

カジノという名のギャンブルを成長戦略に据えるアジアの愚国

まぐまぐニュース! / 2017年01月13日05時00分

議連の幹事長、岩屋毅(自民)は『「カジノ」の真意』という著書を刊行し、この法律のPRに余念がない。カジノ解禁の意義を理論建てようと苦心惨憺したようで、その分、突っ込みどころも満載だ。 たとえば日本は「観光立国」を進めるべきで、そのために「必要な改革を大胆に実行していかねばならない」と論じる。これは誰も異存なさそうである。だが、観光立国のための改革と、カジ [全文を読む]

【永田町炎上】どこの国益が大事なのか?国会議員の「帰化人ネットワーク」

デイリーニュースオンライン / 2016年12月09日12時05分

著書に『国会議員とカネ』(宝島社)、『国会議員裏物語』『戦後総理の査定ファイル』『日本はアメリカとどう関わってきたか?』(以上、彩図社)など。最新刊『平成闇の権力 政財界事件簿』(イースト・プレス)が好評発売中。 [全文を読む]

【11月25日】割腹自殺の三島由紀夫には英霊の魂が乗り移っていた!? 死後46年、今明かされる幻の「皇居突入計画」

tocana / 2016年11月23日13時00分

石原慎太郎の著書『わが人生の時の人々』(文藝春秋)のなかで、「ある新聞の一面には薄暗い室内の床に転がる血みどろの三島さんの首までが写っていた。」と記されていることから、現場の壮絶な様子が伝わってくる。 三島はなぜ、このような大事件を起こし、自らの命を断つ必要があったのだろうか? この事件を紐解くためには、まず、遠因となった二・二六事件を語らねばなるまい。【 [全文を読む]

フォーカス