映画 石田ゆり子に関するニュース

味噌づくり親子ワークショップも! 映画「いただきます」上映会、開催

Woman.excite / 2016年11月15日12時00分

お子さんと一緒に、食べること、生きることについて映画を観ながら感じ、おしゃべりしませんか? 今年公開されたばかりの映画『いただきます』は、毎日の食事から、心もカラダも作られていると実感できるドキュメンタリー映画。11月20日には横浜で親子上映会も開催されます。©VIN OOTA「食は命をつくる」。福岡市の高取保育園の園長、西福江さんは、子育てにおける食の大 [全文を読む]

【ウラ芸能】石田ゆり子、出演「直訴」の深ソウ

NewsCafe / 2015年02月24日15時00分

記者「公開中の映画『悼む人』の過激な濡れ場が話題という女優、石田ゆり子(45)の年下キラーぶりが評判です」デスク「あの映画で主演の高良=こうら=健吾(27)や井浦新(40)とも結構激しいラブシーンは演じてたよな。確かに2人とも年下の俳優だ」記者「加えて4月スタートのドラマ『医師たちの恋愛事情(仮題)』(フジテレビ系)でも、主人公の斎藤工=たくみ=(33)演 [全文を読む]

ポスト能年は?中森明夫が選ぶ2014年ブレイク女子

WEB女性自身 / 2014年01月05日07時00分

姉、上白石萌音(15)は周防正行監督17年ぶりのエンタテインメント、映画『舞妓はレディ』のヒロインだ。「無名に近かった長澤まさみが、映画『世界の中心で、愛を叫ぶ』(’04年)で大ブレイク。あの神話がまた、萌音によって繰り返されるでしょう。デビューから3年、個性が出てきたし、魅力が熟成された今、周防作品でド~ンといきますよ」(中森、以下同) 妹の上白石萌歌は [全文を読む]

天童荒太も絶賛の完成度!「必ずハンカチのご用意を」

Movie Walker / 2015年01月26日21時59分

映画『悼む人』(2月14日公開)の完成披露試写会が、1月26日に丸の内TOEIで開催され、高良健吾、石田ゆり子、貫地谷しほり、大竹しのぶ、堤幸彦監督、原作者の天童荒太が登壇。「スタッフ、キャスト全員が全身全霊で取り組んだ作品」と語った堤監督の言葉通り、出席者が本作への愛情を熱く語った。 不慮の死を遂げた人を“悼む”ため、日本全国を旅する坂築静人を演じた主演 [全文を読む]

松本潤主演『ナラタージュ』ジブリ鈴木敏夫&石田ゆり子らが大絶賛!

CinemaCafe.net / 2017年09月22日10時00分

この度、10月より公開となる本作をいち早く鑑賞したスタジオジブリの鈴木敏夫、女優・石田ゆり子、映画監督・岩井俊二ほか著名人からコメントが到着した。 高校教師と生徒として出会った葉山貴司(松本さん)と工藤泉(有村さん)が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちていく物語を描いた本作。 女優・石田ゆり子は「こ [全文を読む]

「消えた主役」名作ドラマ・映画の知られざる“交代劇”(2)観月ありさが「高校教師」女子高生役を断った理由

アサ芸プラス / 2016年09月11日17時57分

出世作となった「さまよえる脳髄」(93年、ヒーロー)は、映画初出演にして、神田正輝に「ガラス窓に乳房を押しつけられる」激しいカラミも披露。一気に知名度を上げ、テレビや映画で売れっ子になった。ところが‥‥、「最初は秋吉久美子に決まっていて、撮影もスタートしたんです。ところが、クランクイン直後に『降りる!』と言い出し、急きょ、高島が駆り出されることになりました [全文を読む]

各漫画賞を総なめにした話題作『僕だけがいない街』実写映画の予告編&主題歌がついに解禁!

ソーシャルトレンドニュース / 2016年01月19日13時00分

著名人や文化人、書店員からも傑作との呼び声が高い「僕だけがいない街」が実写映画化され、3月19日(土)公開となる。本作の本予告映像と映画主題歌、さらにはポスター画像が解禁となった。■「リバイバル」する主人公本作は、主人公の悟が「リバイバル」という不思議な現象を通し、現在(2006年)と過去(1988年)の2つの世界を行き来しながら、18年前の連続誘拐殺人事 [全文を読む]

石田ゆり子の“濡れ場”も大不発! 映画『悼む人』大コケは「井浦新のお尻」のせいだった!?

日刊サイゾー / 2015年03月01日09時00分

14日に公開された、天童荒太氏の直木賞受賞作品を映画化した映画『悼む人』が、大コケしてしまった。 公開2日間の興収ランキングでは初登場で8位に登場するも、184スクリーンの公開で興収は約6,000万円。それに対して、10位に初登場した関ジャニ∞の渋谷すばる単独初主演映画『味園ユニバース』は65スクリーンの公開にもかかわらず、『悼む人』と大差のない興収で、『 [全文を読む]

高良健吾&石田ゆり子「ラブシーンはパッションです」

Movie Walker / 2015年01月26日18時43分

天童荒太のベストセラー小説を実写化した映画『悼む人』(2月14日公開)のマスコミ会見が、1月26日(月)に都内で行われ、主演の高良健吾、石田ゆり子、貫地谷しほり、椎名桔平、大竹しのぶ、監督の堤幸彦が登壇した。 不慮の事故で亡くなった見ず知らずの人々を“悼む”旅を続ける主人公、坂築静人を演じた高良は「俳優デビューしてから10周年とあって、自然と力を入れたくな [全文を読む]

ドラマ「逃げ恥」が大人気!可愛いすぎる47歳・石田ゆり子 1万字ロングインタビュー掲載! FRaU12月号は本日発売!

PR TIMES / 2016年11月11日11時34分

16歳でデビュー以来、美しくキャリアを重ねてきた彼女が “揺らめく心”を余すところなく語った!「女優・蒼井優とその仲間たち」では映画『アズミ・ハルコは行方不明』から生まれた同世代4人の愉快な関係を3部構成の対談で紹介!高校一年生の時にスカウトされ、16歳で芸能界デビューした石田ゆり子。今回のインタビューでは「恋愛観」「結婚観」「女優観」「人生観」を自らの言 [全文を読む]

濡れ場映画が大コケ!“脱ぎ損”石田ゆり子に「決意が中途半端」の声が殺到

アサ芸プラス / 2015年03月07日17時59分

2月14日に公開された映画「悼む人」。原作は天童荒太で、直木賞を受賞した70万部突破の大ベストセラー。映画ドットコムの注目作品ランキングによると、公開当初は8位とまずまずのスタートだったが、3月4日現在は14位とダウン。正直、大コケなのである。 「公開前は、石田ゆり子の濡れ場があるということで話題になりましたが、見えるのは相手役の井浦新のお尻だけ。石田は胸 [全文を読む]

最後の大物独身女優・石田ゆり子、最新映画で“気高き美女“の艶技を披露

メンズサイゾー / 2015年01月25日12時00分

2月14日公開の映画『悼む人』で石田ゆり子(45)が大胆なセクシーシーンを披露するという。 本作は、作家の天童荒太が7年を費やして書き上げ、2008年の直木賞受賞作品を映像化したもの。原作に惚れ込み、2012年には舞台化も実現させている堤幸彦が監督を務め、事故や事件で亡くなった縁もゆかりもない人たちを悼みながら旅をする青年を中心に、生と死を見つめるドラマを [全文を読む]

石田ゆり子が演じるのに「別の体力が必要だった」役って?

ananweb / 2017年08月16日20時00分

以後、ドラマ・映画・舞台・執筆活動など、多岐にわたり活躍する。’05年公開の映画『北の零年』で第29回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。 『連続ドラマW プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~』8月12日(土)より毎週土曜22時~WOWOWプライムにて放送スタート(全5話)。※第1話無料放送。原作/誉田哲也 監督/吉田康弘 脚本/大浦光太、吉田康弘 [全文を読む]

glamfirst、2016年11月人気Instagramユーザーを発表~映画「君の名は。」で話題、急上昇1位は神木隆之介さん 1週間で18万人がフォロー~

DreamNews / 2016年12月13日16時00分

また11月の男性芸能人では、映画「君の名は。」で主人公の声優を務めた神木隆之介さんが1位に。2016年11月3日にInstagramを開始し、初投稿で自撮写真を掲載したことがニュースメディアやSNSで話題となり、開始わずか1週間で18万フォローを集めています。映画「君の名は。」は、日本国内歴代邦画興行収入ランキング2位になるほど爆発的なヒット作となっており [全文を読む]

ドラマ「逃げ恥」での可愛さが話題! 石田ゆり子が語った人生観「20代の頃に戻りたいかと聞かれたら、戻りたくはないです」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月17日17時30分

同号ではそのほかに「女優・蒼井優とその仲間たち」で映画「アズミ・ハルコは行方不明」から生まれた同世代4人の愉快な関係を3部構成の対談で紹介。 同作で主人公のアラサーOL・安曇春子役を演じた蒼井優と、同作の原作者で作家・エッセイストの山内マリコ、同作で映画デビューを飾ったシンガー・ソングライターの石崎ひゅーい。そして、監督を務めた松井大悟。この映画をきっか [全文を読む]

いつの時代も主人公はモテない? 声優・古谷徹がデビュー50周年で「今ですよ今! モテ期がきてますよ!」

週プレNEWS / 2016年11月14日15時00分

―アニメと映画、ナレーションによる違いは意識していますか? 古谷 それは全然違いますよね。ナレーションは扱うテーマによって微妙に変えていますけど、あくまでも情報を明確に伝えるというのが大前提。それにプラスして自分の声を活かしたニュアンスをのせるのが一番大事だと思っています。僕の場合は、報道番組であっても「男の色気」を感じさせたい。そこが他のナレーターやア [全文を読む]

藤原竜也主演映画『僕だけがいない街』がいよいよ公開!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月05日09時00分

一線を画す傑作ミステリーとあって映像化のオファーが殺到したそうだが、いよいよ藤原竜也主演で実写映画が公開される。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ ほかに共演は有村架純、鈴木梨央、中川 翼、林 遣都、安藤玉恵、淵上泰史、高橋 努、及川光博、福士誠治、森カンナ、杉本哲太/石田ゆり子、脚本は「チーム・バチスタ」シリーズや映画『神様のカルテ』の後藤法子、 [全文を読む]

ラブラブすぎ!石田ゆり子、18歳年下の高良健吾との怪しいカンケイ

アサ芸プラス / 2015年02月13日09時59分

“結婚しない美人女優”と言われて久しい石田ゆり子(45)が、映画「悼む人」で共演した18歳年下の俳優・高良健吾(27)と交際しているのでは? との疑惑が浮上している。週刊誌カメラマンが明かす。 「2人揃って登壇した映画のイベントで、ただならぬ雰囲気が漂っていました。石田が『ただ黙って高良くんと山間を歩くのが幸せだった』と言えば、高良も『僕もそうです。ゆり子 [全文を読む]

藤原紀香、永作博美...生唾モノの熟女フェロモン! 話題の40代セクシー女優の濡れ場と過激シーン

tocana / 2015年02月06日08時30分

■石田ゆり子(45歳) 石田といえば88年のデビュー以降、複数の映画やドラマに出演し、濃厚なラブシーンも数多くこなしてきた濡れ場の女王。2月14日公開予定の映画『悼む人』でも、井浦新(40)、高良健吾(27)とのハードなセックスシーンに挑んでおり、「ラブシーンはパッション」と感想を述べ、余裕をみせた。実際のところ、乳を揺らしてヨガリまくる演技はAVさながら [全文を読む]

映画「悼む人」で熊谷育美が堤幸彦監督と4度目のタッグ

Smartザテレビジョン / 2014年12月03日18時52分

堤幸彦が監督を務める'15年2月14日(土)公開の映画「悼む人」の主題歌を、熊谷育美が担当することが決定した。主題歌の「旅路」は映画「口づけ」('13年)や映画「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」('10年)などに続き、熊谷の堤監督作品の主題歌としては4作目となる。 熊谷は宮城・気仙沼在住で、東日本大震災を乗り越え、今なお気仙沼で活動を続けるシンガ [全文を読む]

フォーカス