最後 石田三成に関するニュース

恋愛の恐ろしさを啓蒙する『ストップ!恋愛 ゼッタイダメ』が面白すぎる

しらべぇ / 2016年11月24日10時00分

動画の最後でストップ恋愛ハカセは「恋愛の3ない運動」を説いている。・おいかけない・しんじない・りさーちしないこれらの頭文字を取った「お・し・り」の運動を一人ひとりが守り、恋愛のない社会を築いていくことが明るい未来への第一歩だという。このハカセの教えを真に受けるかどうかは、皆さんの判断に任せたい。・あわせて読みたい→海外ゲーム『GTA5』ではGalaxy N [全文を読む]

『関ヶ原』の岡田准一は、役の生き様をどこまでも気高く美しくする

マイナビニュース / 2017年09月09日11時00分

三成のいる西軍約8万、家康率いる東軍約10万、合わせて約18万人もの人々がぶつかり合う決戦の中、石田三成を演じる岡田准一は、最後最後まで、どしりと構え、得意のアクションも含め、立ち居振る舞い、すべてが戦国武将然としてたくましかった。歴史ものは、書物などの記録だけが頼りのため、人物や出来事が、作品によって違ってくる。いわゆる"諸説あり"だ。石田三成に関して [全文を読む]

岡田准一、彦根城での過酷な撮影で「ヘロヘロになっていました」

ザテレビジョン / 2017年08月16日05時15分

そして、最後に「(8月)26日、公開されます。また、ぜひ劇場へ見に来てください」(平)、「皆さんは、石田三成のことを勉強されていると聞きました。歴史を知るということは、今の自分たちを知ることにつながっています。ぜひ、歴史を知って、身近な人とコミュニケーションを深めてほしいです。そして、三成の地元である滋賀から、関ヶ原を応援してくれたらうれしく思います」( [全文を読む]

【有名人】27時間テレビで「身長156センチ」しか無いとイジられたあの人がツイッターでご立腹!

秒刊SUNDAY / 2017年09月09日19時41分

27時間の間にバラエティあり、涙ありの構成となり最後にフジテレビ新入社員がスポンサーを読み上げるのが恒例です。そんな27時間テレビで冒頭あの方がいじられてしまいました。背が小さいとか送ってくんじゃねえ!!!!#27時間テレビ pic.twitter.com/fA1CVMGOtj— 石田三成 (@zibumitunari) 2017年9月9日 今回は日本の歴 [全文を読む]

V6岡田准一の恨み節に共演者謝罪 有村架純らと願望語る

モデルプレス / 2017年08月26日14時07分

最後、福島正則に散々蹴られるのがイヤ。我ながら申し訳ないな」と言うと、岡田は「あのとき、ずっと蹴られていて、『腿(もも)を蹴ってください。腿だったら耐えられるので』って言ったのに、ずっとお腹を蹴っていて…。ヒドイ」と告白。「『ちゃんと受け入れるので、ちゃんと蹴っていいですよ。ただ、お腹何回もは耐えられない可能性があるので、腿とかお尻あたりにしてください』っ [全文を読む]

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

■「和平優先」が裏目にところで、隆景には最後まで実子がいなかった。だから養子をふたり取っているが、そのひとりがあの小早川秀秋である。一方、吉川元春は4人の男子を作り、関ヶ原当時は三男の広家が吉川の家督を継いだ。だが広家は、だいぶ早い段階から徳川家康と内通。そして関ヶ原では、西軍につきながらただの一歩も進撃しないどころか、自陣後続の友軍をも釘付けにした。西暦 [全文を読む]

さらば秀吉、ありがとう……BSプレミアムで自己最高タイ! やっぱり注目度が高かった『真田丸』第31話「終焉」レビュー!!

おたぽる / 2016年08月09日17時00分

そして天下人・秀吉はついに最後のときを迎えるのだった……。 ここ3~4話、正気と忘却の間を行ったりきたりしていた秀吉。小日向文世の演技はそりゃすごかったわけだが、誰に対しても「秀頼を頼む」と繰り返す一方で、幼児退行してしまっているようなシーンも。ネット上では「介護士」などと呼ばれるなど、信繁は介護に必死だったが、ここまできてしまうと最後まで豊臣家に殉じてし [全文を読む]

真田丸『第20話』解説。秀吉の最後の敵、北条氏はこの時何を企んでた?

まぐまぐニュース! / 2016年05月22日13時00分

有働さん「まだそのあたりはいただいていないのでわからないです」 #あさイチ #真田丸 — ぬえ (@yosinotennin) 2016年5月20日 出典元:まぐまぐニュース! [全文を読む]

鈴木拡樹主演舞台「煉獄に笑う」大千秋楽はTV生中継!「最後まで突っ走っていきたい」

CinemaCafe.net / 2017年09月04日10時00分

なお、本舞台の大千穐楽公演の模様は、ライブビューイングのほかTV生中継も決定しており、鈴木さんは「新しい挑戦としてお客さまにも楽しんで観てもらいたいですね」と話し、崎山さんも「自分にとっても凄く新鮮事で、より遠くに届けるという意識を持ちながら最後まで突っ走っていきたと思いますのでよろしくお願い致します」とメッセージを寄せている。 舞台「煉獄に笑う」大阪公 [全文を読む]

岡田准一主演『関ヶ原』初登場1位 最終興収30億円以上を狙う

ORICON NEWS / 2017年08月29日05時00分

また、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は前週からTOP10圏外に落ちてしまったものの、累計興収が65億8000万円を突破し、日本歴代興収TOP100にランクインした。 [全文を読む]

岡田准一、音尾琢真を告発!「ずっとおなかを蹴られた…」

ザテレビジョン / 2017年08月26日16時20分

最後に、岡田は「映画が公開されてたくさんの方々に見てほしい。個人的なことを言うと、中嶋しゅうさんに映画が公開されたことをきちんと報告したいし、届けばいいと願ってきょうを迎えました」と、ことし急逝した共演者である中嶋さんへの思いと誓いを立てた。 [全文を読む]

岡田准一、音尾琢真に恨み節 撮影で腹を蹴り続けられ「ひどい…」

エンタメOVO / 2017年08月26日14時07分

格好いいけど、最後は(自分が演じた)福島正則に散々蹴られるのは、われながら申し訳ない」とコメントした。 すると岡田は「おなかを何回も蹴られるのは耐えられない可能性があるけど、ももなら耐えられるんで、ももとかお尻辺りを蹴ってください。俺、全然受け入れるんで大丈夫ですよと言ったのに、ほぼオールおなか」と暴露し、「ひどい」と恨み節を。 音尾は「夢中になったらどう [全文を読む]

石田三成の子孫 「秀秋に恨みない」と小早川家子孫に語る

NEWSポストセブン / 2017年08月26日07時00分

むしろ最後は、東軍としてきちんと戦いきったのだから、敬意さえ抱いています。だから小早川さん、ご安心ください(笑い)。小早川:私も今日、「秀秋は卑怯な裏切り者ではない」と訴えたかったのです。石田さんの言葉を聞いて安心しました。大谷:“秀秋が裏切らなかったら”というのは、関ヶ原の合戦を語る上で最も重要な「歴史のif」ですな。その観点でいくと、後からかけつけたう [全文を読む]

『スパイダーマン』『ジョジョ』『関ヶ原』 8月公開のオススメ映画を一挙紹介!

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年08月11日12時00分

シリーズ第5弾となる『トランスフォーマー/最後の騎士王』(公開中)は、破壊王マイケル・ベイ監督が再びメガホンを取り、人類とトランスフォーマー(変形ロボット)の混成チームが地球に迫る危機に立ち向かい、アーノルド・シュワルツェネッガー主演のシリーズ最高傑作を3D映像で堪能できる『ターミネーター2 3D』(公開中)は最新型のターミネーター、T‐1000との壮絶 [全文を読む]

東出昌大が語る司馬遼太郎の魅力――人生を変えた司馬文学

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

世の中が明治新政府中心に変っていく中で、それを良しとせず、最後は旧幕府側として戦い亡くなるまでを描いています。 負けるとわかりながらも、自分の信念を貫いた河井のような生き方をした人が、今から百数十年前に実際にいたことにまず衝撃を受けました。 『峠』に出てくる河井の性格を表すエピソードも印象的で心に残りました。まだ書生だった頃の河井が、江戸の町を歩いていると [全文を読む]

「真田丸」終幕 三谷が明かすラストシーン秘話

Smartザテレビジョン / 2016年12月18日22時00分

最終回ではスピンオフに登場した「ダメ田十勇士」の面々がついに本編に登場するなど、最後まで小ネタも回収しながら物語が進行。 だがもちろん、メインは幸村と徳川家康(内野聖陽)の最終決戦の行方だ。家康の首を狙い、その本陣に突き進む幸村。これは、初回冒頭と同じシーン。 堺は、最終回前のインタビューで「ここまで演じてきた分、向かうべき家康の姿もはっきりしていて、そ [全文を読む]

『新装版 真田幸村』江坂彰、白石一郎、百瀬明治、土門周平、南原幹雄、滝口康彦、新井英生著

プレジデントオンライン / 2016年12月11日11時15分

NHK大河ドラマ「真田丸」は、戦国時代最後の名将と呼ばれる真田幸村が主人公である。 「関ケ原の合戦から15年、大坂夏の陣で、不利を承知のうえで華々しく戦い、豊臣家に殉じました。日本人特有の判官びいきはあるにしても、わずか3000の兵で1万3000の徳川勢を翻弄しています。その軍事的才能に魅力を感じる人も多いのではないでしょうか」 作家で経営評論家の江坂彰さ [全文を読む]

あわや放送事故寸前!山本耕史を猛毒口撃した一般人に堀北ファンが拍手喝采

アサ芸プラス / 2016年07月11日09時59分

とはいえ、言いたいことを言った最後には『幸せにしてやってください』と山本にお願いするなど、総じて見ると普通に好青年でしたが」(エンタメ誌記者) あわや放送事故の珍ロケだったが、山本は改めてとんでもない女性を妻にしたことを実感したに違いない。(本多ヒロシ) [全文を読む]

主役不在?ツイッターで見る『真田丸』人気キャラランキング

しらべぇ / 2016年07月10日06時00分

#真田丸— Gonza@呉鎮守府 (@Gonza_Orc) July 3, 2016■人気の秘密は濃い脇役たち?最後にランキングをグラフにして、結果をまとめた。振り返ると上位5位までに、なんと主人公である真田信繁の名前はない。『真田丸』の人気を支えているヒミツ。それは三谷脚本と、個性派俳優たちによって創り上げられた脇役の魅力にあると言っても良さそうだ。【調 [全文を読む]

大物たちの連れション、高嶋の怪演、相変わらずなパパ幸に、高木渉4カ月ぶりの復活! 『真田丸』第23話「攻略」ざっくりレビュー!!

おたぽる / 2016年06月14日22時00分

あと少しでお別れと思うととても寂しいし、もっと見たい! と思わせられるが、ついに始まった豊臣家の国内最後の大戦・北条攻め。小山田茂誠を演じる声優・高木渉が久しぶりの出演となったほか、真田昌幸(草刈正雄)と信幸(大泉洋)が合流、さらには上杉勢も登場と見どころ満載だった『真田丸』(NHK総合)第23話「攻略」をざっくりとレビューする。 23話は、20万を超える [全文を読む]

フォーカス