子供 千葉真一に関するニュース

「アナから女優へ」野際陽子が戦った偏見

プレジデントオンライン / 2017年06月23日15時15分

慶應義塾大学文学部で高等教育を受けて名家に嫁ぎ、10年間専業主婦として夫に仕えたのち離婚、子供は夫側へ。「良き妻、母であり続ける保守的な暮らしは私には向いていなかったわ」と、さらりと語ってくれた星野さんだったが、どれだけ能力があるとは言え、そうやって丸裸で世間へ放り出されることが当時の女性にとってどれだけの覚悟を要し、また母としても痛みと悲しみを要する決断 [全文を読む]

スーパー戦隊や仮面ライダーの歴史を変えた異色の女性脚本家 “靖子にゃん”が創作秘話を明かす!

週プレNEWS / 2015年01月24日06時05分

スーパー戦隊や仮面ライダーに子供向け番組らしからぬ複雑な展開を導入するなど、特撮ヒーローの従来の世界観を打ち破る斬新な物語を描くと評判の女性脚本家がいる。ファンの間では“靖子にゃん”の愛称で親しまれる小林靖子氏だ。 現在手がけている『烈車戦隊トッキュウジャー』は、2月8日に最終回放送予定。最後に大どんでん返しがあるのでは?と期待が高まっている。過去の傑作を [全文を読む]

隠し子騒動も影響なし?イケメン俳優・真剣佑が”ブレイク必至”のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年01月05日11時55分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

真剣佑、「隠し子」より不安なDNA

NewsCafe / 2016年08月17日10時32分

それって強姦じゃないの? 「当然、千葉も怒って裁判に訴えたそうですが、2人の間には合意があったということで、訴訟は取り下げられ、その子を連れて真剣は空手道場に出入りし、『自分の娘だ』などと言っていた…と報じられています」 隠し子の発覚は、歌舞伎俳優では珍しくなく、市川染五郎(43)が24歳の時に18歳で子供ができたことが発覚。市川海老蔵(38)も25歳の [全文を読む]

ブレイク間際の大打撃!“今世紀最大の男前”真剣佑「隠し子報道」にファンが悲鳴

アサジョ / 2016年07月30日09時59分

これを報じた「FRIDAY」(8月12日号)によると、真剣佑が14歳だった5年前、両親の友人である日本人夫婦の奥さんと深い関係になり、子供を授かった。これを知った真剣佑の父で俳優の千葉真一は、当時30代半ばだったこの女性を訴えたというのだ。しかし、法廷で真剣佑自身が女性からの“強要”を否定したため、裁判は中止になったという。 この報道に女性ファンからは「 [全文を読む]

人気急上昇・真剣佑(19)に「5歳の隠し子」が発覚!? 弁護士「事実無根」発言も、世間が疑う数々の「経歴詐称疑惑」

Business Journal / 2016年07月29日17時00分

真剣佑側は弁護士を立てて『真剣佑の子供であることなど事実関係に重大な間違いがある』と声明を発表していますが、当人たちから直接の声はない。今後の動きには注目ですね」(記者) なんとも衝撃的な内容ではあるが、ネット上では「弁護士立てるとか、本当なんじゃないのか」「年齢詐称しているんじゃ」など、真剣佑側の意見には耳も貸さない様子。無論真実はまだ明確に出てきていな [全文を読む]

千葉真一の熱愛で注目!ラサール、ドリカム中村…意外に多い芸能界の二回り差婚

アサジョ / 2015年10月25日09時59分

しかも加藤が結婚した当時の妻は23歳で、前妻との娘は20歳でしたから、まだ自分の子供よりは年上。それが今回は娘より18歳も年下ですよ。76歳の老人が女子大生と真剣交際できるなんて、もはや尊敬の域です」 千葉がその女子大生と結婚したとしたら、気になってくるのは夜の生活だ。76歳を超えてなお子供ができるようであれば、こちらも芸能界の記録を更新することになる。前 [全文を読む]

「保育探偵25時」に真剣佑&元NMB48・福本愛菜が出演決定!

Smartザテレビジョン / 2014年12月12日06時00分

同ドラマは都内の繁華街にある認可外保育園「ニコニコ園」を舞台に、園長の花咲慎一郎(山口智充)が子供を取り巻く問題に奮闘する物語。「ニコニコ園」は、長時間保育や急な保育依頼も受け付ける、いわゆる“明かりの消えない保育園”で、料金は格安に設定しており、親が望めば朝まで子供を預かることもいとわない、良心的で評判も上場の保育園。だが一方で、園の経営は常に火の車。 [全文を読む]

真剣佑 父・千葉真一から「ユニクロ知ってる?」と聞かれた

NEWSポストセブン / 2014年07月28日16時00分

アメリカ育ちからか自分の意見ははっきり主張するが、ディズニー映画と子供が大好きなかわいらしい一面も。 「幼い頃から人見知りもせず、知らない人とすぐにどこかに行ってしまうくらい人が好きです。いろいろな人とかかわれるこの仕事はぼくにとって天職かなって。家の中では父(千葉真一)がいちばんユニーク。“マッケン、ユニクロって知ってるか? 安くていいものが売ってるんだ [全文を読む]

千葉真一 らしさ捨てた映画で「どこに出た?」と言われ喜ぶ

NEWSポストセブン / 2013年06月28日07時00分

* * * 千葉真一は1961年に映画デビューし、1968年のテレビシリーズ『キイハンター』でブレイクするが、演じてきた役のほとんどは爽やかな二枚目で、人気の中心も女性や子供たちであった。それが一変するのが、1973年の映画『仁義なき戦い~広島死闘篇』。本作で千葉は、下品で凶暴な愚連隊長・大友勝利を演じ、野性的な殺気を芝居にほとばしらせるようになっていく [全文を読む]

父・深作欣二に望んだ息子・健太の「一子相伝」

アサ芸プラス / 2012年11月30日09時59分

そこに当時の世相を絡め『子供の側からのカウンターパンチ』を食らわせられるなら、オヤジはやってみたいと思ったんです。そのためには架空国家ではなく、日本を舞台にしたかった」 深作は15歳で終戦を迎え、戦後に流行した「アプレゲール(無軌道な若者)」にくくられている。健太もまた「新人類」と眉をひそめられた世代であり、中学生のクラス42人が最後の1人になるまで殺し合 [全文を読む]

第23回「女子アナの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年07月21日18時24分

子供向け番組『ママとあそぼう!ピンポンパン』のお姉さんである。歴代5人を数える彼女たちは、主に短大枠で契約社員として入社し、1年目から番組に出演した。そして5年の契約期間を終えると、番組の卒業と共に、フジテレビも退社した。その中の一人に、後に女優や司会者として活躍する酒井ゆきえサンもいた。 もはや、その存在は女子アナというよりタレントだ。後にフジテレビは女 [全文を読む]

今や絶滅?松方弘樹さん死去で消えゆく昭和の”豪快役者”

デイリーニュースオンライン / 2017年01月28日12時05分

やはり彼らのような自由奔放で破天荒な生き方は、最後にイソップ童話のキリギリスのように萎れるのが宿命なのか──? 「私が本気で愛し、2人の子供どもを授かり、20年以上も共に歩んでまいりました方です。今は、安らかにおやすみくださいますよう、心よりお祈り申し上げます」(仁科亜希子) 「格好良く生きた人だと思います。皆さんに愛されて幸せな人生だったと思います。私は [全文を読む]

勝野洋 いつ剣の仕事来てもいいように木刀を毎日振っている

NEWSポストセブン / 2015年05月06日16時00分

「千葉さん、真田広之さんと『柳生あばれ旅』をやった時は半年間、妻と子供を連れて京都に引っ越していました。 東映京都撮影所には菅原俊夫さんという殺陣師の方がおられるんですが、この人にビッチリ教えられました。菅原さん、監督がOKを出しても『あかん』と言うんですよ。それで長い殺陣を付けてくる。『どのくらいできるか見てやろうか』って言って。僕は立ち回りが好きだから [全文を読む]

フォーカス