作品 川端康成に関するニュース

このあとどうなるの!? 続きが気になる“書き出しだけ”の小説「第3回書き出し小説大賞授賞式&表彰式」

デイリーニュースオンライン / 2015年10月23日11時00分

表彰式では、これまで『デイリーポータルZ』に掲載された作品の中から優秀な60作品をノミネート。そこから審査員個人賞、大賞などを決定します。 芥川賞作家も参戦! 審査員は豪華メンバー 書き出し小説大賞の審査員は、書き出し小説大賞の創案者である『デイリーポータルZ』ライターの天久聖一さん、『デイリーポータルZ』編集の林雄司さん、芥川賞作家の長嶋有さん、漫画家の [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

中国各都市の規模の大きい空港の書店の人気書籍コーナーから、地方都市の学校の入り口近くにある小さな書店にいたるまで、この二人の日本人作家の作品が常に並んでおり、日本文学ひいてはフィクション文学作品のヒットメーカーとなっている。大河網が伝えた。 ヒットメーカーという共通の評判がある中で、村上春樹は反抗期の若者のように、ジャズのリズムの中で西洋現代文学に近いスタ [全文を読む]

「風前の灯火」な海外文学を救うかもしれない、たった1誌のメルマガ

まぐまぐニュース! / 2015年12月29日23時00分

著名な作家たちは、誰の作品に影響を受けたのか……もう気になって気になって仕方ないので、さっそく図書館へ…ではなくWikipediaで調べてみると、次のようなことが分かりました。 日本人で最もノーベル文学賞に近いと言われる村上春樹は高校時代にカフカを愛読し、国語教師である親に反発して外国文学を読んでいた。日本人として二人目のノーベル文学賞受賞者である大江健 [全文を読む]

“ミッキーマウス保護法”が電子書籍を破壊する? TPP交渉に潜む著作権延長の罠

Business Journal / 2013年05月15日17時00分

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、米国が求める著作権保護期間の延長措置が、電子書籍や映画の廉価版DVD販売など、「パブリックドメイン作品」を活用するビジネスにダメージを与えかねないーーそう伝えるのは、5月13日の日本経済新聞朝刊だ。 日本では現在、著作者の死後50年、映画は公表後70年の著作権保護期間が設定されている。一方、米国では死後70年、映画など [全文を読む]

ケンカの中身は「文学的」じゃない?仲が超悪かった日本の文豪たち

しらべぇ / 2015年10月30日19時00分

というのも川端は芥川賞の選考で、当時薬物中毒などに陥っていた太宰の生活ぶりがよろしくないとの理由で太宰の作品を評価しなかったからだ。才能のある作家というのは気難しい性格が多いようで、文豪たちの間ではもめごとが生じていたり、不仲がささやかれたりすることが多い。その内容はゴシップ的なものから文学的意義の高いものまで様々である。今から紹介する以下の3つのケースな [全文を読む]

川端康成「眠れる美女」原作の現代オペラ 長塚京三・原田美枝子を起用し、日本初上演!

@Press / 2016年04月28日16時30分

▼『眠れる美女 ~House of the Sleeping Beauties~』詳細http://www.t-bunka.jp/sponsership/spo_161210_11.html【川端康成原作「眠れる美女」をヨーロッパでオペラ化】この作品は、川端康成による中編小説「眠れる美女」を原作とし、制作プロダクション LOD(ベルギー・ゲント)と、Ton [全文を読む]

「デーモン閣下? ピアソラ? これが邦楽!?」コラボで進化する新しい邦楽のかたち。

PR TIMES / 2016年02月11日10時34分

演奏曲はそれぞれの先達と自分たちの作品まで多岐にわたります。 コンサートの最後には、今回横浜能楽堂がシーグレルに委嘱した作品「12horas~重なる瞬間~」が世界初披露されます。 [表1: http://prtimes.jp/data/corp/14302/table/70_1.jpg ] 文学 × アート × 邦楽 = デーモン閣下が道案内する異色の邦 [全文を読む]

‘19歳の新星’ 勧修寺保都、「毛皮のマリー」メインキャストに抜擢!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月25日16時26分

作品は、寺山修司が美輪明宏に書いた1967年初演の伝説的名作。2001年、2009年の二度にわたり美輪明宏演出での上演が行われ、今回(2016年)が7年ぶり三度目の美輪氏による演出・主演となる。勧修寺は、美輪氏演じる日本一ゴージャスな美貌の男娼・毛皮のマリーに過保護に育てられ、外の世界を知らず、蝶を追いかける絶世の美少年・欣也を演じる。12月中旬に都内で [全文を読む]

京極夏彦が全力で監修する 『水木しげる漫画大全集』がすごい

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月08日11時30分

関東水木会という研究団体に入っている京極さんでさえ、ジャンルや媒体を問わない水木作品を “全部”把握するのは難しいという、その苦労話をうかがった。元記事はこちら【京極】 僕は関東水木会という研究団体に入っているわけです。ファンクラブではなくて、さまざまなスペシャリストの人がいる。その中に水木先生の作品データベースを作ってる人がいてですね、水木会の中では共有 [全文を読む]

楽天koboストアが配信するWikipedia人物記事にライセンス違反の疑いが浮上

ガジェット通信 / 2012年09月20日20時50分

作家さんの情報や、作品の時代背景などに関する理解も深めていただき、本選びの参考にぜひご活用ください。読書の楽し みがさらに増しますね。Koboで、より充実した読書をお楽しみ下さい! (出典URL・画像:https://twitter.com/hmikitani/statuses/248338414871658496 ) つまり、『koboストア』で『Wik [全文を読む]

フォーカス