作品 浅田次郎に関するニュース

~「映画・ドラマの原作」「人気マンガのノベライズ本」など充実の品揃え~

PR TIMES / 2014年02月24日14時11分

電子書籍サービス『yomel.jp』で、集英社の人気書籍1,500作品の配信を開始! (株)エムティーアイが運営する、スマートフォン・タブレット向け電子書籍配信サービス『yomel.jp』は、2月24日(月)より、集英社の人気小説など、約1,500作品の配信を開始します。 人気映画・ドラマの原作本や文化人のエッセイ、人気マンガのノベライズ本、少女向け小説と [全文を読む]

書家、中島瞻風 初の個展開催 【本邦初?! 風神雷神図を書で表現!】

DreamNews / 2016年10月27日09時00分

☆朝玄書道会HP http://www.senpoo.info/☆facebook /中島瞻風☆instagram / senpu_nakajima◆主な公表作品 日本音楽制作者連盟FMPJ 10周年パンフレット「音制連」(1996) ダンロップ 干支ゴルフボール「牛」、パッケージ水墨画(1997) サザンオールスターズ NHK紅白歌合戦「日本一」(199 [全文を読む]

“相棒”コンビ復活!水谷豊「監督はこの映画に適任!」

Movie Walker / 2015年04月20日16時21分

「シリアスなテーマだった『少年H』(12)が終わった後、次の作品を探しましょうという時に出会ったのがこの作品でした」と水谷。 しかし全編パリが舞台、ヴェルサイユ宮殿など歴史的建築物での撮影が不可欠など、映画化には高いハードルがあった。「もし映画にするには、乗り越えなければならない困難がたくさんある。それでも挑戦したいと思わせる、実に素晴らしい作品でした」。 [全文を読む]

講談社とエブリスタによるスマホで読む小説マガジン 無実の死刑囚「袴田巌」に関する”初エッセイ”が 「小説マガジンエイジ」にて連載開始

PR TIMES / 2014年11月18日14時29分

-石田衣良を始めとするプロ作家の小説も全作品無料で読み放題- スマホ小説投稿サイト「E★エブリスタ」(http://estar.jp)を運営する株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:池上 真之、以下エブリスタ)は、株式会社講談社と共同で創刊されたiphone・ipad向けアプリ「小説マガジンエイジ」にて、歴史に残る冤罪事件「袴田巌事件」に [全文を読む]

西田敏行、テレビ東京の"コンテンツ"ではないドラマに新鮮な思い 『琥珀』撮影で感じたものづくりの良さ

マイナビニュース / 2017年09月14日08時00分

●『バイプレイヤーズ』『サイタマノラッパー』にも注目多くの作品に出演し、確かな印象を残す俳優・西田敏行。日本アカデミー賞では司会を務め、作品に対する知識や俳優への愛情をにじませる。古希を迎え、9月15日に放送されるテレビ東京系スペシャルドラマ『琥珀』(21:00~23:08)は、浅田次郎の原作の実写化として過去に放送された『角筈にて』(1999年)、『天国 [全文を読む]

水谷豊、“右京”コールに「メルシー」と笑顔

Movie Walker / 2015年04月16日20時04分

水谷にとって浅田作品への参加は初めてのこと。水谷は「この映画で二つの夢が叶った」と告白。「ひとつには、チャップリンが好きで、いつかああいうことができたらと思い続けていた。もうひとつは、浅田次郎作品ということ」と喜びをかみしめた。 「浅田次郎作品というのは、本当にやりたい方が多くて。『やりたいなあ!』と思っていた『ラブ・レター』。気がついたら中井貴一さんが [全文を読む]

朝日新聞社、ABCライツビジネス、オトバンクがオーディオブック事業

PR TIMES / 2017年07月14日09時00分

朝日放送の人気アナウンサーが初めてオーディオブック収録に挑戦しており、音声ドラマ形式で作品をお楽しみいただけます。販売は、オーディオブック配信サービス「FeBe」にて7月14日より開始します。『椿山課長の七日間』は、朝日新聞にて2001~02年に連載され、同年9月に書籍化された浅田次郎さんの人気小説です。過労死により亡くなった主人公が、美女として甦り初七日 [全文を読む]

浅田次郎の名作短編『ラブ・レター』朗読CDが発売。声優・置鮎龍太郎が声で魅せる珠玉のストーリー。

DreamNews / 2015年07月01日09時00分

2015年6月30日、株式会社イー・スピリット(本社:東京都港区、代表:足立茂樹)より、作家・浅田次郎氏の短編でも屈指の呼び声高い人気作品『ラブ・レター』の朗読CDが発売。作品の要となる朗読を担当するのは、人気声優・置鮎龍太郎![文芸×声優]のコラボレーションで再現される悲しく美しいラブ・ストリーが、”耳で聴く読書”に新たな風を吹き込みます。2015年6月 [全文を読む]

「2回読んだが、2回とも眠ってしまった」 選考委員の頭も悩ませた芥川賞受賞作

ニコニコニュース / 2012年01月17日23時27分

「田中さんの小説はどちらかといえば古いタイプの小説だが、円城さんの作品はふつうの小説ではない」 選考会後の記者会見で、両作品をそう評したのは今回を最後に選考委員を辞する作家の黒井千次さんだ。 複雑な構造で、実験的な作風の「道化師の蝶」について、「私は部分的に面白いと思うところはあっても、全体的に理解することができなかった」と、選考委員にとっても難解な作品[全文を読む]

浅田次郎作品 韓国で初の連続ドラマ化!『椿山課長の七日間』

PR TIMES / 2016年01月26日11時43分

浅田次郎氏の作品が韓国で連続ドラマになることは、初となります。『椿山課長の七日間』は、過労死により亡くなった主人公が、現世と来世の中陰の世界に入り込み、初七日までの7日間を別の姿となって現世で過ごすという、スピリチュアルで家族愛にあふれた感動的な物語です。日本でも2006年に映画化、2009年にテレビドラマ化され人気を博しました。当社は韓国、中国に現地法人 [全文を読む]

【今日のインサイト】今さら聞けない、直木賞と芥川賞の違いって?

Woman Insight / 2015年02月24日06時00分

ところで、「直木賞」と「芥川賞」の違いと詳細って、ご存じですか? 「半年に一度発表されているけれど、それぞれどのような作家・作品から選ばれているのか、実は知らない……」という人が多いかもしれません。今回それぞれ解説をしていきますので、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね。 まず直木賞の解説から。直木賞は、当時の文藝春秋社・社長であった菊池寛さんにより、直木 [全文を読む]

「Amazonオールタイムベスト小説100」 から選ぶ、文庫&Kindleで読めるガチで面白い小説

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月11日18時40分

関連情報を含む記事はこちら Amazon.co.jp(以下、Amazon)では、毎年6月と12月の年2回上半期・年間のベストセラーを発表し、今売れている旬の本を紹介していますが、今回は、長年売れ続けている良書も紹介したいということで、サービスを開始した2000年から13年にわたる書籍販売で蓄積した各種データをもとに「オールタイムベストブック」を選定、まずは [全文を読む]

浅田次郎「葉室麟さんの直木賞受賞は我が事のようにうれしい」

ニコニコニュース / 2012年01月17日22時57分

浅田さんによれば「今回の作品は、今まで『ここが至らない』と言われてきたものを本人が堅実に改めて、これまでにない完成度に仕上がっていた」という。葉室作品を「デビュー時から読み続けてきた」という浅田さんは、「これまでは(直木賞の選考会で)落とし続けてきたが、この作品にめぐりあえて、我が事のようにうれしい」と喜びを表現した。 受賞作の「蜩ノ記」は、豊後・羽根藩と [全文を読む]

浅田次郎の名作を田中直樹×柄本明で連続ドラマ化「プリズンホテル」

ザテレビジョン / 2017年08月16日06時00分

第1弾作品として、浅田次郎原作「プリズンホテル」の放送が決定。主演を務めるのは、ゴールデンタイム連ドラ初主演となるココリコ・田中直樹。オーナーも従業員も極道だらけという“プリズンホテル”を任されたカタギの支配人・花沢を演じる。また、ホテルのオーナーであり、極道の親分でもある“仲オジ”こと木戸仲蔵を柄本明が務める。これまで「プリズンホテル」は、1993年と1 [全文を読む]

ココリコ田中、浅田次郎原作「プリズンホテル」で“極道御用達ホテル”の支配人に!

映画.com / 2017年08月16日06時00分

本作は、BSジャパンがゴールデンタイムに新設するドラマ枠「連続ドラマJ」の第1弾作品。ゴールデンタイムの連続ドラマ初主演となる田中が、客も従業員も極道だらけのホテルの支配人となった主人公・花沢に扮し、柄本明が極道の親分役で共演する。 原作小説「プリズンホテル」は、1993年刊行の第1作「プリズンホテル 夏」をはじめ、「秋」「冬」「春」の全4巻で構成されるシ [全文を読む]

[Photo] RAINが新ドラマ「帰ってきた、おじさん」で“帰ってきた!”

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年02月19日18時56分

特に、今作を通じて2年ぶりにお茶の間へ復帰するRAINは、「台本を読んですごくやりたいと思ったし、きっと心に残る作品になりそうで出演を決めた」と言いつつ、共演者たちについては「素晴らしい役者たちと一緒に作品を作ることになり、とても光栄に思っている」と感謝の気持ちを伝えた。新ドラマ「帰ってきて、おじさん」は、浅田次郎の小説「椿山課長の七日間」を原作として韓国 [全文を読む]

YG所属俳優 大和孔太、連続ドラマレギュラー出演決定!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年12月05日10時00分

活動わずか半年で連続ドラマのレギュラーキャストに抜擢された大和は、当作品が本格的なドラマデビューとなる。当作品の原作は「鉄道員(ぽっぽや)」「地下鉄(メトロ)に乗って」などベストセラーの多くが映画化、ドラマ化されている人気作家・浅田次郎の小説。 金よりも、出世よりも“筋”を通して生きたゆえ、組織に裏切られた3人の悪党。その無念を見てきた老刑事の下に悪党3 [全文を読む]

“キムタク超え”岡田准一に危機! 映画『海賊とよばれた男』主演決定で懸念される「モンスター」って?

日刊サイゾー / 2015年11月05日17時00分

作品は、出光興産創業者の出光佐三をモデルとした、男の一生の物語だ。 観客動員数は700万人、歴代の邦画実写映画で6位にランクインする大ヒットを記録した『永遠の0』を作った、いわば“最強チーム”が再結集する『海賊とよばれた男』。特に岡田准一は、『永遠の0』で国内の各映画賞を総ナメにし、役者として名実ともに「キムタクを超えた」との意見もある。最近でも『図書館戦 [全文を読む]

大島優子は「共喰い」。集英社文庫『ナツイチ』キャンペーンでAKB48の読書感想文・課題図書が発表!

週プレNEWS / 2013年06月26日04時00分

今年は、メインキャラクターを務めるAKB48のメンバーが、ナツイチ85作品の読書感想文に挑戦することが決定しており、26日(水)、それぞれのメンバーに対する課題図書の割当てが発表された。 ■チームA 伊豆田莉奈/「言えないコトバ」益田ミリ 入山杏奈/「鉄道員」浅田次郎 岩田華怜/「終末のフール」伊坂幸太郎 大島涼花/「永遠の出口」森 絵都 川栄李奈/「蒼い [全文を読む]

西田敏行が“初タッグ”の寺尾聰を語る「嫉妬のような感情がありまして…(笑)」

ザテレビジョン / 2017年09月06日06時00分

テレビ東京のドラマに出演するのは今回が5作目なのですが、いわゆるコンテンツ作りというか、ドラマを作っていく上で予算や視聴率に左右されがちな昨今に、リスクを顧みない作品作りの姿勢が一緒にやっていく上でうれしいなぁと感じています。 ――「琥珀」では寺尾聰さんと同じシーンでの共演は初めてとのことでしたが、印象はいかがでしたか? 僕が「もしもピアノが弾けたなら」 [全文を読む]

フォーカス