作品 浅田次郎に関するニュース

~「映画・ドラマの原作」「人気マンガのノベライズ本」など充実の品揃え~

PR TIMES / 2014年02月24日14時11分

電子書籍サービス『yomel.jp』で、集英社の人気書籍1,500作品の配信を開始! (株)エムティーアイが運営する、スマートフォン・タブレット向け電子書籍配信サービス『yomel.jp』は、2月24日(月)より、集英社の人気小説など、約1,500作品の配信を開始します。 人気映画・ドラマの原作本や文化人のエッセイ、人気マンガのノベライズ本、少女向け小説と [全文を読む]

書家、中島瞻風 初の個展開催 【本邦初?! 風神雷神図を書で表現!】

DreamNews / 2016年10月27日09時00分

☆朝玄書道会HP http://www.senpoo.info/☆facebook /中島瞻風☆instagram / senpu_nakajima◆主な公表作品 日本音楽制作者連盟FMPJ 10周年パンフレット「音制連」(1996) ダンロップ 干支ゴルフボール「牛」、パッケージ水墨画(1997) サザンオールスターズ NHK紅白歌合戦「日本一」(199 [全文を読む]

“相棒”コンビ復活!水谷豊「監督はこの映画に適任!」

Movie Walker / 2015年04月20日16時21分

「シリアスなテーマだった『少年H』(12)が終わった後、次の作品を探しましょうという時に出会ったのがこの作品でした」と水谷。 しかし全編パリが舞台、ヴェルサイユ宮殿など歴史的建築物での撮影が不可欠など、映画化には高いハードルがあった。「もし映画にするには、乗り越えなければならない困難がたくさんある。それでも挑戦したいと思わせる、実に素晴らしい作品でした」。 [全文を読む]

講談社とエブリスタによるスマホで読む小説マガジン 無実の死刑囚「袴田巌」に関する”初エッセイ”が 「小説マガジンエイジ」にて連載開始

PR TIMES / 2014年11月18日14時29分

-石田衣良を始めとするプロ作家の小説も全作品無料で読み放題- スマホ小説投稿サイト「E★エブリスタ」(http://estar.jp)を運営する株式会社エブリスタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:池上 真之、以下エブリスタ)は、株式会社講談社と共同で創刊されたiphone・ipad向けアプリ「小説マガジンエイジ」にて、歴史に残る冤罪事件「袴田巌事件」に [全文を読む]

水谷豊、“右京”コールに「メルシー」と笑顔

Movie Walker / 2015年04月16日20時04分

水谷にとって浅田作品への参加は初めてのこと。水谷は「この映画で二つの夢が叶った」と告白。「ひとつには、チャップリンが好きで、いつかああいうことができたらと思い続けていた。もうひとつは、浅田次郎作品ということ」と喜びをかみしめた。 「浅田次郎作品というのは、本当にやりたい方が多くて。『やりたいなあ!』と思っていた『ラブ・レター』。気がついたら中井貴一さんが [全文を読む]

浅田次郎の名作短編『ラブ・レター』朗読CDが発売。声優・置鮎龍太郎が声で魅せる珠玉のストーリー。

DreamNews / 2015年07月01日09時00分

2015年6月30日、株式会社イー・スピリット(本社:東京都港区、代表:足立茂樹)より、作家・浅田次郎氏の短編でも屈指の呼び声高い人気作品『ラブ・レター』の朗読CDが発売。作品の要となる朗読を担当するのは、人気声優・置鮎龍太郎![文芸×声優]のコラボレーションで再現される悲しく美しいラブ・ストリーが、”耳で聴く読書”に新たな風を吹き込みます。2015年6月 [全文を読む]

「2回読んだが、2回とも眠ってしまった」 選考委員の頭も悩ませた芥川賞受賞作

ニコニコニュース / 2012年01月17日23時27分

「田中さんの小説はどちらかといえば古いタイプの小説だが、円城さんの作品はふつうの小説ではない」 選考会後の記者会見で、両作品をそう評したのは今回を最後に選考委員を辞する作家の黒井千次さんだ。 複雑な構造で、実験的な作風の「道化師の蝶」について、「私は部分的に面白いと思うところはあっても、全体的に理解することができなかった」と、選考委員にとっても難解な作品[全文を読む]

浅田次郎作品 韓国で初の連続ドラマ化!『椿山課長の七日間』

PR TIMES / 2016年01月26日11時43分

浅田次郎氏の作品が韓国で連続ドラマになることは、初となります。『椿山課長の七日間』は、過労死により亡くなった主人公が、現世と来世の中陰の世界に入り込み、初七日までの7日間を別の姿となって現世で過ごすという、スピリチュアルで家族愛にあふれた感動的な物語です。日本でも2006年に映画化、2009年にテレビドラマ化され人気を博しました。当社は韓国、中国に現地法人 [全文を読む]

【今日のインサイト】今さら聞けない、直木賞と芥川賞の違いって?

Woman Insight / 2015年02月24日06時00分

ところで、「直木賞」と「芥川賞」の違いと詳細って、ご存じですか? 「半年に一度発表されているけれど、それぞれどのような作家・作品から選ばれているのか、実は知らない……」という人が多いかもしれません。今回それぞれ解説をしていきますので、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね。 まず直木賞の解説から。直木賞は、当時の文藝春秋社・社長であった菊池寛さんにより、直木 [全文を読む]

「Amazonオールタイムベスト小説100」 から選ぶ、文庫&Kindleで読めるガチで面白い小説

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月11日18時40分

関連情報を含む記事はこちら Amazon.co.jp(以下、Amazon)では、毎年6月と12月の年2回上半期・年間のベストセラーを発表し、今売れている旬の本を紹介していますが、今回は、長年売れ続けている良書も紹介したいということで、サービスを開始した2000年から13年にわたる書籍販売で蓄積した各種データをもとに「オールタイムベストブック」を選定、まずは [全文を読む]

フォーカス