結婚 浅野ゆう子に関するニュース

浅野ゆう子に言えなかった田宮五郎さん「復帰してプロポーズ」の誓い

WEB女性自身 / 2014年11月20日07時00分

それは結婚だ。11日、フジテレビの情報番組『ノンストップ!』に出演した小林幸子(60)は彼女から「思い切って結婚するべきかな? 背中を押してくれる人がいたら、結婚するんだけど……」と相談を受けていたことを明かしている。 一部では兵庫県に住む浅野の母親(82)が「彼が回復しなければ娘は死ぬまで苦労する。ゆう子の手助けがないと田宮さんはひとりで生きていけない」 [全文を読む]

4位天海祐希!「なぜ独身なの?」と疑問な未婚女性最新版1位は…

VenusTap / 2016年05月15日20時40分

現在放送中のドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)に見る独身女性像。確かに、巷には才色兼備にもかかわらず、結婚していないアラフォー女性が数多くあふれています。「こんなにキレイなのになぜ?」と思わずにはいられないですよね。そこで今回『VenusTap』では、一般男女500名に「“なんで独身なの?”と思う女性芸能人」について独自アンケ [全文を読む]

結婚しないテレビ美熟女14人(1)

アサ芸プラス / 2012年06月26日10時59分

松田聖子が3度目の結婚を発表する一方で、近年の世相を反映してか、芸能界でも目下、独身熟女が増殖中。はたして彼女たちは、どんなオトコ関係を送っているのか。 G乳を押しつけてメロメロに 都内の約2億円マンションでの同棲生活が発覚‥‥といえば、浅野ゆう子(51)である。6月12日、「女性自身」の報道によって明るみに出たその相手は、故・田宮二郎の次男で俳優の田宮五 [全文を読む]

最愛恋人亡くした浅野ゆう子 結婚反対する母を説得していた

NEWSポストセブン / 2014年11月13日16時00分

そして、迎えの車にゆう子ちゃんが乗り込もうとすると、お母さんが“やっぱりお母さんは反対だからね!”って大きな声で叫んでいました」(目撃した近所住民) 浅野の母親が反対したこととは、娘と恋人・田宮五郎さん(享年47)との“結婚”だった。浅野は結婚を反対する母親を説得するために、里帰りしていたのである…。 「実はゆう子ちゃんのお母さんは田宮さんの病気をきっかけ [全文を読む]

浅野ゆう子 くも膜下出血で後遺症の恋人との結婚に母の反対

NEWSポストセブン / 2013年10月03日07時00分

「浅野さんは今、真剣に田宮さんとの結婚を考えていて、田宮さんもまた彼女の期待に応えようと懸命にリハビリ生活を送っています」 しかし、ふたりが結婚するのはそんなに簡単なことではないという。 「彼女のお母さんの問題がありますから…」(前出・芸能関係者) およそ3分の1の人は即死か寝たきり、3分の1の人には何らかの後遺症が残り、無事社会復帰を果たせるのは、残り [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

72年に信隆の次女と結婚するも、鹿内家とは距離を置いた。彼は将来の興銀社長を嘱望されていた。だが、鹿内宏明となった彼の運命は、この時から大きく舵を切る。■三代目の誕生、そして失脚宏明が議長代理となって2年半が過ぎた1990年10月、鹿内信隆議長が死去。末期のすい臓ガンだった。享年78。議長の座は鹿内家の三代目に引き継がれた。だが、銀行畑で育った新議長と、フ [全文を読む]

「福家堂本舗―」早見あかり&市原隼人 初共演の先輩と後輩はいじりいじられ…?

Smartザテレビジョン / 2016年10月19日12時45分

ある日、あられは母・駒子(浅野ゆう子)から、雛の婚約者だった和菓子職人・宮迫健司(市原隼人)と結婚して店を継ぐよう言い渡される。跡取りだったはずの雛は、イケメン御曹司・桧山薫(山下健二郎)と結婚するという。納得がいかないあられは反発するが…というストーリーだ。この「福家堂本舗‐KYOTO LOVE STORY‐」に出演する早見あかり×市原隼人、佐々木希×山 [全文を読む]

山本耕史 堀北との新居マンションに元カノが住んでいて大変

NEWSポストセブン / 2015年11月12日16時00分

一時は結婚ともいわれましたが、周囲の反対もあって別れてしまったようです。2年ほどの交際でしたね」(芸能関係者) その後、山本は2008年にスザンヌ(29才)と交際を始める。しかし、こんな出来事もあった。 「スザンヌさんと交際中も、上原さんとも連絡を取り合っていたそうです。実際、別れたあとも上原さんの自宅マンション近くで山本さんが何度も見かけられていました。 [全文を読む]

藤原竜也“未知なるジャンル”に挑む「くだらないことを必死に本気で」

モデルプレス / 2015年09月15日13時07分

ジニィ(本仮屋)と交際して1カ月、真剣に結婚を考えているグレッグ(藤原)。ある週末、グレッグは結婚の許しを得るために、彼女が部屋に落とした住所のメモを頼りに、内緒で彼女の両親の家へ。しかし、そこはジニィがかつて不倫交際していた年上男性・フィリップ(柄本)とその妻・シーラ(浅野)が住む家だった。何も知らないグレッグは、フィリップをジニィの父親だと思い込んで [全文を読む]

夏休み子どもや若者にぜひ観て欲しい!懐かしの“家族ものドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年07月25日09時55分

短い子ども時代を楽しむ家族のストーリー『ぽっかぽか』お見合い結婚ながらも楽しい夫婦。外聞を気にせず、元気で楽しい七瀬なつみさん演じる“はは”麻美と、おおらかな性格の羽場裕一さん演じる“ちち”慶彦、そして娘のあすかの家族三人の物語、昼ドラ『ぽっかぽか』(1994年~1997年)。「母」としての一般常識とはかけ離れつつも、芯のしっかりしている麻美の言動が痛快 [全文を読む]

フォーカス