センター 前田敦子に関するニュース

アイドルが目指すセンターとは何なのか?

dwango.jp news / 2016年09月25日00時33分

センター」、今やこの言葉を見聞きする場合、アイドルグループの話題が非常に多い。アイドルファンでなくても、「今度のAKB48のセンターは○○らしいよ」という日常会話も出てくるほどに浸透した印象を受ける。メディアでも、アイドルグループ、特にAKB48グループのシングルが発売されるたびに話題となるセンター、馴染み深い言葉となってはいるが、一体センターとは何なの [全文を読む]

前田敦子と大島優子「国民的ライバル」の激闘2250日(7)自分の立ち位置に対する苦悩

アサ芸プラス / 2012年06月20日11時00分

選抜総選挙の結果としてセンターポジションに立った「ヘビーローテーション」はAKB48を代表する曲となり、ファンが選ぶイベント「リクエストアワーセットリストベスト100」でも2年連続1位を獲得しているばかりでなく、 「カラオケで歌われた通算首位獲得週記録」が81週となり、つい最近、歴代1位となった。しかし、「ヘビロテ」以降のシングル曲のセンターはやはり前田に [全文を読む]

前田敦子と大島優子 「国民的ライバル」に激闘2250日の真実!(2)

アサ芸プラス / 2012年06月06日11時00分

プロデューサーではなくファンが選んだセンターポジション──これが前田の意識を大きく変えていった。目立たないようにしていた前田が少しずつ人前でグループを代表するような形で発言するようになっていった。「センターの自覚」が目覚めた瞬間だった。 2位の大島とは同じ事務所に所属して、ふだんも仲がいい。しかし、選挙期間中には選挙の話を一切しなかったという。開票の時に [全文を読む]

宮脇咲良がHKT48ツアー初日で見せた未来への決意

dwango.jp news / 2016年02月06日23時20分

AKB48デビュー10周年シングル『君はメロディー』でセンターポジションに選出された宮脇。この抜擢を「サプライズ」と書くメディアも多かったが、AKB48の系譜をしっかりと継いだ正しい選抜だったと思える。 宮脇が渡辺麻友とWセンターを務めた『希望的リフレイン』では、AKB48の楽曲でセンターを務めた歴代のメンバーがMVへ出演。卒業メンバーの前田敦子、大島優 [全文を読む]

NMB48「山本彩に負けたくないです」完売できずリベンジ誓う

dwango.jp news / 2016年08月26日21時31分

しかも、このコンサートチケットが完売しなければ次回のシングルで山本彩がセンター…つまりは、「やっぱり山本彩に頼らなければいけなかった」ことになり、またチケットが完売できれば山本彩以外からセンターを選出するという条件がついている。 過去にも様々な施策でコンサートを盛り上げてきたAKB48グループだが、まさかチケットの販売状況でセンターが決まるのは史上初だろ [全文を読む]

前田敦子の顔面の欠点を指摘!? 高須クリニック院長の息子のブログが炎上

メンズサイゾー / 2012年04月02日16時35分

高須クリニック院長・高須克弥氏(67)の息子で同名古屋院院長の高須幹弥氏(37)が、自身のブログで美容整形外科医の視点からAKB48の次期センターや前田の今後に言及し、AKBファンから大批判されて炎上している。 幹弥氏は前田の卒業発表を受けて、このように書き込んだ。「私は前田敦子さんはAKB48、SKE48、NMB48の中で一番可愛いと思っています。あれだ [全文を読む]

AKB48単独東京ドームで魅せた渡辺麻友の覚醒と「原点回帰」

dwango.jp news / 2014年08月19日17時33分

今回の東京ドームコンサートは、絶対的センター前田敦子、絶対的エース大島優子という大黒柱の二人が卒業してから初めての東京ドーム。今までの東京ドームコンサートとは比べ物にならないほどのプレッシャーを各メンバーが感じているだろう。その中で、前田と大島がいなくなったAKB48を引っ張らなくれてはいけない存在が、渡辺麻友である。渡辺は今年の総選挙で1位を獲得。『ラブ [全文を読む]

AKB48のセンター・指原莉乃「ひとりじゃなく、みなさんといっしょに立つセンターです!」

週プレNEWS / 2013年06月11日12時00分

10日、秋葉原で期間限定開催中の「AKB48総選挙ミュージアム」を、AKB48の32ndシングルでセンターを務める指原莉乃(HKT48/HKT48劇場支配人)がサプライズ訪問した。 衝撃の結末となった選抜総選挙から2日。この日、初めてファンの前に姿を現した指原は、すでにお昼のテレビ番組で披露していた“センターの椅子”に着席。選挙が終わった直後は、なかなか総 [全文を読む]

あの時YESと答えていれば…AKB48卒業の高橋みなみがセンターを逃した瞬間

アサ芸プラス / 2016年03月29日17時59分

メンバーや熱心なファンなら気になってしまうAKB48グループのセンターにまつわるあるジンクスに、卒業直前の高橋みなみがメスを入れた。 同グループの冠番組「AKBと××!」(読売テレビ)の最終回が22日に放送された。同回では高橋を迎え、「今だから聞きたい! 高橋みなみへの質問48」という企画が行われ、高橋が次々と質問に答えていった。 48の質問が用意されてい [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】乃木坂46・生駒里奈、まゆゆに影響受ける。AKB兼任で「仕事のスタンスが似ていた」

TechinsightJapan / 2015年06月26日12時45分

乃木坂46のニューシングル『太陽ノック』で約2年半ぶりにセンターを務める生駒里奈が、音楽情報誌『GiRLPOP 2015 SUMMER』に登場。インタビューではセンターへの思いや、3月までAKB48を兼任して得たものについて語ってくれた。 6月24日に放送された『テレ東音楽祭(2)』では、乃木坂46が『太陽ノック』をテレビ初披露した。生駒里奈がセンターに立 [全文を読む]

大島優子の後継者!激化する渡辺、松井、島崎、山本のセンター争い

dwango.jp news / 2014年05月12日21時44分

現在、AKB本隊のセンター候補は、渡辺麻友、松井珠理奈、島崎遥香が挙げられるが、果たして世界最大級の人気を誇るガールズグループを誰が率いるのか?まずは松井珠理奈。今回の大組閣でAKB本隊への加入がファンの間でも囁かれた中で、SKE48との兼任は変わらないままだ。「松井珠理奈はダンス力も高く、SKE48のメンバーながらAKB48の楽曲での選抜経験も抱負。更 [全文を読む]

前田敦子、AKB時代の問題児ぶり告白~自分は“ブス”、男友達と2人で遊ぶ、焼肉週3

Business Journal / 2014年03月22日11時00分

人気アイドルグループ・AKB48の“不動のセンター”と呼ばれ、2012年に同グループを卒業後は女優・歌手として精力的に活動する前田敦子は、3月21日夜11時~放送のテレビ番組『A-Studio』 (TBS系)に出演し、AKB48時代の自身の“問題児”ぶりや現在の私生活などについて赤裸々に語った。 同番組内ではまず、前田のAKB48時代の話題となり、AKB4 [全文を読む]

美女たちの春「乱マン」(1) 前田敦子 総選挙恐怖症

アサ芸プラス / 2012年04月10日11時00分

不動のセンターポジション、「あっちゃん」こと前田敦子(20)がマイクを握ると、涙をこぼしながらこう口を開いたのだ。 「私、前田敦子は、AKB48を卒業します」 この日に発表することは、メンバーや所属事務所にも知らされていなかったという決意表明だっただけに、大きな衝撃を呼んだ。 同時に、6月6日に日本武道館で「第4回AKB48総選挙」が開催されることも発表さ [全文を読む]

欅坂46・平手友梨奈のネット人気が爆発中! 「秋元康のリーサルウェポン」に絶賛の声が続々

メンズサイゾー / 2016年04月28日19時00分

乃木坂46の妹分グループ「欅坂46」のセンター・平手友梨奈(14)の人気上昇が止まらない。 同グループは今月6日にデビューシングル「サイレントマジョリティー」をリリースし、初週売上26.2万枚でオリコン週間ランキング初登場1位を獲得。これまでHKT48の「スキ!スキ!スキップ!」(2013年)が保持していた初週売上25.0万枚の記録を上回り、女性アーティス [全文を読む]

時代は宮脇咲良へ、AKB48記念すべきMVを深読み

dwango.jp news / 2016年02月13日00時16分

この作品では、AKB48=センター前田敦子という価値観を一気にひっくり返しセンター大島優子が躍動する、新しいAKB48を印象づける作品となっている。この作品から一気に、前田・大島でのツートップ体制にシフトしていくことになる。 そして、『さよならクロール』。コチラも蜷川実花の代名詞でもある「原色の花」を使いながら、目がさめるような青空の下、砂浜でカラフルな水 [全文を読む]

AKB48・高橋みなみの『リーダー論』に反響続々! 「冒頭から目からウロコ」「1対1の人間としての関わり方について考えることができた」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月18日17時30分

前田敦子や小嶋陽菜らがいる中、小柄な上にダンスも苦手だったため、インディーズ時代の1stシングル「桜の花びらたち」でセンターに抜擢された際は、とても驚いたという。【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ しかし、単独でのセンターは、その1度きり。2ndシングル「スカート、ひらり」では前田とセンターを務め、そしてガラガラだった秋葉原の専用劇場が埋め尽くされる [全文を読む]

HKT48兒玉遥の“センター仕様整形”疑惑に「アイテープのみでセンター奪取」の指原莉乃へ改めて称賛の声

おたぽる / 2015年12月05日09時00分

先月25日、HKT48の6thシングル「しぇからしか!」(UNIVERSAL SIGMA)がリリースされたのだが、前々作「控えめI love you !」(同)以来となる、ソロでのセンターポジションを任された兒玉遥に対して「また印象変わった?」「もはや、“成長”だけでは言い訳できないほどに顔が変わってる」など、かねてからあった整形疑惑が再燃している。 「兒 [全文を読む]

島崎遥香が“生の自分”を魅せた!映画『劇場霊』中田秀夫監督インタビュー

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月21日10時00分

今回は華やかさの裏に嫉妬うずまく“劇場”を舞台に、AKBのセンター経験もある島崎が、実力がありながらも売れない女優・沙羅を演じる。中田監督に「ホラー女優の理想像」や「人気アイドルを中田監督ワールドで引き立てる、独自の演出方法」について聞いた。■AKBでもJホラーでもセンター位置 新人・島崎遥香と映画女優・前田敦子の魅力とは――『劇場霊』の主役を選ぶにあたり [全文を読む]

モー娘。、AKB48を国民的アイドルに育てた振付師が語る少女たちの壮絶な戦いと真実

AOLニュース / 2014年06月03日22時40分

たとえば2012年夏に卒業した元センターの前田敦子について。 レッスン中、常に下を向いているような内気な子だった彼女。決して、明るいタイプの女の子ではなく、またセンターとして活躍していた時も、第三者から見れば「不機嫌そう」に映っていたこともしばしばあったという。しかし、それは彼女が誰よりもストイックに努力をし、一方で自分への苛立ちを常に感じていたためでも [全文を読む]

前田敦子が挑んだ異例の「ミュージック・シネマ」――映画女優路線を進む彼女の野望とは?

リアルサウンド / 2014年01月17日18時29分

AKB48のセンターを務めていたのに、大作映画からは背を向けて、山下敦弘監督作品などのように少々マニアックな映画ファンが見るような映画に出演する。自身が映画ファンであるだけに、アイドルとしてだけ見られるというのではなく、本格的な作品で女優として認められたいという思いがあったのでしょう」 「アイドルがやらない役も引き受ける」という、彼女の体当たり的な役作りも [全文を読む]

フォーカス