人気 村上春樹に関するニュース

日本の作家、広州の大学で中国人作家より人気に=1位は日本でも大人気のあの作家―中国

Record China / 2016年07月04日21時10分

広東省広州市の大学14校の図書館で、2015年度に人気だった貸出図書トップ10をまとめてみた。結果を見ると、大学によって人気となる図書も異なっていることが分かる。南方都市報が伝えた。 多くの大学で、参考書や教材が人気図書トップ10に多くランクインしているものの、それでもやはり一番人気は「小説」だ。なかでも最も人気なのが恋愛小説と推理小説。   広州の大学1 [全文を読む]

【ノーベル文学賞】発表の瞬間、ハルキストゆかりの地で何が起きているのか?

デイリーニュースオンライン / 2015年10月11日12時00分

英ブックメーカーで1番人気になっていた人でもある。実は、去年まで5年連続で村上氏が1番人気だったが、今年は2番人気となっているという点でも話題になっていたのだ。 (『異変 村上春樹氏 ブックメーカー、5年連続1位が…』テレ朝ニュース・10月8日) 「1番人気ではない」という、今年の「変化」がどう影響を及ぼすのか。今年は「逆の目」があるのではないか。いろいろ [全文を読む]

韓国の「村上春樹旋風」と「東野圭吾人気」に見る時代の変化

文春オンライン / 2017年07月21日11時00分

韓国でもっとも読まれている日本のミステリー こうして新作が出るたびに韓国でもお祭り騒ぎとなる村上春樹人気だが、韓国で人気の日本人作家がもうひとりいる。 東野圭吾だ。 東野圭吾の作品は2000年代に入ってから続々と翻訳され、ここ数年その版権を巡る各社の争奪戦も熾烈になっていると大手書店関係者が言う。 「村上春樹先生の作品は熱狂的なファンがいて、新作が出ると [全文を読む]

村上春樹を知るためのA to Z 【後篇】野球場で授かった天啓とは? CREA 2017年9月号

CREA WEB / 2017年08月12日12時00分

フィッツジェラルド人気の復活は彼の翻訳に負うところも大きく、それは日本に限らない。 米国でも2013年の映画『華麗なるギャツビー』制作の際、「今さら『ギャツビー』もないだろう」との映画会社幹部の発言に対して、監督のバズ・ラーマンとディカプリオが「ムラカミハルキも『ギャツビー』を訳しているんだぞ」と説得したという。 また、全作品を翻訳したレイモンド・カーヴァ [全文を読む]

村上春樹氏の新作「騎士団長殺し」の中国語版が来春に発売、電子書籍版も―中国メディア

Record China / 2017年07月26日09時00分

2部に分かれていたものの、1週間で50万部を売り上げ、およそ半年が過ぎた今でも、オンライン書店のランキングでは3位以内に入る人気だという。最近、上海訳文出版社が「騎士団長殺し」の中国語簡体字の出版権を取得したと発表、翻訳作業が進められている。 中国では、村上春樹氏は非常に知名度の高い日本の作家の1人だ。上海訳文出版社は2001年に「ノルウェイの森」を中国で [全文を読む]

チェコ語翻訳者が語る、村上春樹のグローバルな魅力

ニューズウィーク日本版 / 2015年06月29日19時50分

村上春樹の作品が世界中で人気を博していることはよく知られている。アメリカやイギリス、フランス、ドイツ......それにアジアや南米の国々まで。世界の40を超える言語に翻訳されているのだ。毎年のようにノーベル賞候補に挙げられる村上は、間違いなく現代を代表する世界的作家だろう。 その人気は、ヨーロッパの真ん中に位置し、美しい都プラハを擁するチェコでも変わらない [全文を読む]

文豪たちの文体を真似て「カップ焼きそばの作り方」、著作権の問題はないの?

弁護士ドットコムニュース / 2017年09月14日09時58分

この本には、夏目漱石やドストエフスキーなど文豪から、イケダハヤトなどの人気ブロガーまで、100パターンの文体を真似て「カップ焼きそばの作り方」を書いている。 たとえば、「完璧な湯切りは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」。小説家の村上春樹風の文体で書かれたフレーズがクスリと笑いを誘う。ネット上では「それぞれの特徴をちゃんと掴んでいる」などと好評を得 [全文を読む]

韓国で日本の小説が大ブーム、人気の理由は?=「1つ1つの文章が自然で美しい」「日本の小説にも短所はある」―韓国ネット

Record China / 2017年07月19日18時40分

中でも特に人気が高いのが村上春樹と東野圭吾の作品だという。教保文庫の関係者は「村上春樹は新作を出すたびに大きな注目を集める作家だが、今回の新作『騎士団長殺し』は『色彩を持たない多崎つくると彼が巡礼の年』以降約4年ぶりに発売された長編小説である上、分量と内容が『1Q84』に続く大作構成になっているため、より大きな期待が寄せられた」と話した。「海辺のカフカ」な [全文を読む]

韓国で村上春樹人気が「台風」並みに!?最新作の韓国語版発売で=ネットにはアンチコメントも「反対に、日本で韓国人作家がブームを起こしたら…」

Record China / 2017年07月13日11時40分

毎年ノーベル文学賞の有力候補に挙げられる村上氏は、韓国にも「ハルキスト(村上氏のファンの通称)」を生み出している人気作家だ。『騎士団長殺し』は7年ぶりの本格長編とあって日本でも大きな注目を集めたが、韓国の業界では印税前払い金だけで30億ウォン(約3億円)に上るとの話も出ていた。 インターパーク図書の関係者は『騎士団長殺し』について、「予約販売開始後に一気 [全文を読む]

村上春樹と岡本太郎の特設サイトが人気!どちらも共通するのは読者との「繋がり」

しらべぇ / 2015年04月26日10時00分

世界的に人気がある二人の日本人がオープンした特設サイトが話題になっています。1人は作家の村上春樹さん、もう一人は芸術家の岡本太郎さん。 村上春樹さんが質問や相談になんでも答える「村上さんのところ」 *画像はスクリーンキャプチャーです 読者から寄せられた質問や相談に村上春樹さんが応えてくれる期間限定のサイト。1月のサイト開設以来、読者からのすべてのメールに目 [全文を読む]

村上春樹『騎士団長殺し』は歴史修正主義と対決する小説だった! 百田尚樹も気づいてない南京虐殺の生々しい描写

リテラ / 2017年05月14日12時00分

発売からわずか3日間で『第1部 顕れるイデア編』と『第2部 遷ろうメタファー編』の合計が50万部近くまで到達し、改めて村上春樹の圧倒的な人気が浮き彫りとなったかたちだ。 しかし奇妙なことがある。これだけ売れているにもかかわらず、マスコミでは『騎士団長殺し』の内容や主題についての言及がほとんどないのだ。いつもなら、村上春樹の長編が発表されれば、謎解き合戦が繰 [全文を読む]

日韓が熱中する村上春樹作品、韓国人には「憧れ」、日本人には?=韓国ネット「韓国より日本の小説の方がはまれる」「ハルキのいい所は…」

Record China / 2017年03月02日23時50分

2017年3月2日、韓国メディア・韓国日報は、日本のみならず韓国でも大ベストセラー作家となっている村上春樹氏について、同じ「大人気」でもその背景にあるものは日韓で違いがあるとの記事を報じた。 2月24日、村上氏の4年ぶりとなる新作『騎士団長殺し』が初版130万部で発売され、「ハルキスト」と呼ばれるファンのみならず日本の出版界が沸いているが、韓国の出版界では [全文を読む]

村上春樹や東野圭吾だけじゃない!中国で続々と翻訳される日本の文学作品―中国メディア

Record China / 2017年01月01日19時50分

中国各都市の規模の大きい空港の書店の人気書籍コーナーから、地方都市の学校の入り口近くにある小さな書店にいたるまで、この二人の日本人作家の作品が常に並んでおり、日本文学ひいてはフィクション文学作品のヒットメーカーとなっている。大河網が伝えた。 ヒットメーカーという共通の評判がある中で、村上春樹は反抗期の若者のように、ジャズのリズムの中で西洋現代文学に近いスタ [全文を読む]

女優・杏 はじめてのエッセイ集が刊行4日で重版決定!(『杏のふむふむ』ちくま文庫)

PR TIMES / 2015年01月20日11時32分

そして今や人気女優としてテレビや映画、舞台でもひっぱりだこです。そんな彼女は、根っからの本好きとしても知られています。J-WAVEの「BOOK BAR」やNHKの「Jブンガク」でパーソナリティを務めてきたほか、“歴女”の代表として2009年流行語大賞を受賞するなど、その個性を生かし、「本の読み手」としての存在感も増すばかりです。本書では、そんないま最も注目 [全文を読む]

女優・杏 はじめてのエッセイ集が空前のヒット

dwango.jp news / 2015年01月20日10時57分

そして今や人気女優としてテレビや映画、舞台でもひっぱりだこだ。そんな彼女は、根っからの本好きとしても知られている。J-WAVEの「BOOK BAR」やNHKの「Jブンガク」でパーソナリティを務めてきたほか、“歴女”の代表として2009年流行語大賞を受賞するなど、その個性を生かし、「本の読み手」としての存在感も増すばかり。本書では、そんないま最も注目される女 [全文を読む]

「この三連休にぜひ読んでみたい!」今、人気の本 ベスト5

IGNITE / 2014年11月22日09時30分

■女のいない男たち 村上春樹 ハルキストという言葉もあるほど、世界中で人気の作家村上春樹氏の新作は、上半期のベストセラーにもなっています。「女のいない男たち」は、村上春樹氏の9年ぶりの短編小説集です。 「彼女や妻に捨てられた男たち」を描いた本であり、恋愛小説と言う見方をすることも出来ます。ですが、やはり村上春樹氏の作品であることから、その独特の世界観は素 [全文を読む]

大注目の作家・百田尚樹…村上春樹に引けを取らぬ人気

NewsCafe / 2013年07月03日15時00分

放送作家として活躍し「探偵! ナイトスクープ」などの人気番組を手がけていたため、小説家としてデビューしたのは2006年、50歳とやや遅め。しかし経験に裏打ちされた筆致は熱く、早くも熱烈なファンに支持されベストセラー作家としての地位を築いている。そんな百田氏だが、本屋大賞受賞スピーチでは「間の悪いことに、2日後には村上春樹さんが新刊を出されます(笑)。もしか [全文を読む]

「5秒以内にパッと思いつく日本人」が中国ネットで話題に、その答えは…

Record China / 2017年08月07日20時00分

投稿された名前の中には、羽生結弦といった中国でも人気が高いスポーツ選手、ニュースで報じられることが多い安倍首相、剣豪・宮本武蔵などさまざまな声が寄せられた。さらに、日本を代表するアニメ映画監督である宮崎駿、名探偵コナンの主人公である工藤新一など漫画・アニメの大国である日本ならではの人物も多くの人が挙げた。 このほか、中国で人気が高い蒼井そら、山下智久など [全文を読む]

読書の夏!小説に関する3万人調査(マクロミル調べ)

PR TIMES / 2017年07月25日10時21分

※1 「購入して読む」35%と「購入しないで読む」15%の合計【図】 普段「小説」を読むかベース:全体 / n=30,000[画像2: https://prtimes.jp/i/624/342/resize/d624-342-671394-2.jpg ]小説を普段読む人に、どのようなジャンルの小説を読んでいるかをたずねたところ、1番人気は「推理」56%で、 [全文を読む]

【眠れる本5選】本選びのプロに聞く、睡眠導入・快眠によい物語

Fuminners / 2017年07月20日17時00分

そんな眠りへの関心が高まっている中、代官山 蔦屋書店が開催している眠りに関する書籍のフェアはとても人気。ラインナップを変えて、毎年開催されているんだとか。眠れる物語の条件とは? 間室さんの中で「眠れる物語」の条件というのはあるんでしょうか? そうですね、これまでの経験だと、・現実と夢の境目がつかなくなる物語・胸がすくようなスカッとする物語・壮大で気が遠くな [全文を読む]

フォーカス