文章 村上春樹に関するニュース

“読み書きマスター”は○人に1人! エラくなりたければ本を読んで鍛えよう

OVO [オーヴォ] / 2017年04月13日12時48分

業務上、作成に携わる文章 仕事で文章を書くシーンが多いと思われるので、まず、業務上、作成に携わる文章(自分で作成する文章、または、チェックやレビューをする文章)について聞いたところ、最も多いのは「ビジネスメール(組織内・外とのメール)」(68.7%)、以下、「業務依頼・指導関連(引継書やマニュアルなど)」(34.8%)、「会議関連(会議用報告資料や議事録 [全文を読む]

『村上さんのところ』を一気読み! 「旦那さんとの夜の営みの件」で相談してきた大ファンに村上春樹はどう答えたか

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月04日06時30分

レポートや教授へのメールやらで文章を書くのに追われる大学院生が、文章の書き方のコツを村上春樹に尋ねたところ……、【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら村上春樹「文章を書くというのは、女の人を口説くのと一緒で、ある程度は練習でうまくなりますが、基本的にはもって生まれたもので決まります。(中略)まあ、とにかくがんばってください」 このように、それはそれはあっ [全文を読む]

「もって生まれたもの」がない人の文章上達に役立つ名著紹介

NEWSポストセブン / 2015年01月25日16時00分

作家・村上春樹氏のネットでの文章問答が話題になっている。大学院生の「どうやったら文章が上手くなるか」という質問に、「基本的にはもって生まれたもの」という回答に、「厳しい」「身も蓋もない」とネットユーザーが上がった。どうやれば文章が上手くなるのか。フリーライター・神田憲行氏も考える。 * * * 話題になったサイトは新潮社が運営する「村上さんのところ」。読者 [全文を読む]

大谷大学文藝塾調べ “読み書き”を学びたい文芸人ランキング 作家部門1位「村上春樹さん」、2位は「又吉直樹さん」

@Press / 2017年04月12日18時00分

大谷大学は作家やコピーライター、編集者など“書く仕事”を目指す学生のための「文藝塾」を開設し、主体的に自己表現ができる高度な文章作成能力を身につける機会と場所を提供しています。そこで、大谷大学「文藝塾」では、ビジネスパーソンが“読む力・書く力”をどの程度身につけているのか、どの程度必要なものと考えているのか探るべく、2017年3月9日~3月10日の2日間、 [全文を読む]

小澤征爾x村上春樹のベストセラー本から生まれた話題のCD“『小澤征爾さんと、音楽について話をする』で聴いたクラシック”がクラシック・チャート1位など大反響!

PR TIMES / 2013年04月26日11時22分

このアルバムでしか読むことのできない、村上氏の貴重な文章も話題になっています。■小澤征爾×村上春樹『小澤征爾さんと、音楽について話をする』で聴いたクラシックCD UCCD-4800/2 3枚組 定価¥3,000(税込)2013年4月24日(水)発売村上春樹書き下ろしによるライナーノーツ付き [全文を読む]

「他言語を学ばなくてもいい日」は来ない。言語と機械翻訳を改めて考えてみる | 人間編

GIZMODO / 2017年06月23日18時00分

その場合にもやはり元の文章を完全に伝えることは無理で、翻訳によって失われるものや生み出されてしまうものがでてくる。 ヨーロッパの多くの言語で尊敬語に該当するのは、二人称代名詞「あなた」に相当する言葉かもしれない。そこが親しさに応じて変わるのだ。ドイツ語では「du」が親しい相手に話しかけるときに用いる親称、「Sie」が敬称となっており、フィンランド語では「s [全文を読む]

村上春樹『騎士団長殺し』は歴史修正主義と対決する小説だった! 百田尚樹も気づいてない南京虐殺の生々しい描写

リテラ / 2017年05月14日12時00分

〈村上春樹氏の新刊『騎士団長殺し』の中に、「日本軍は南京で大虐殺をした」という文章があるらしい。これでまた彼の本は中国でベストセラーになるね。中国は日本の誇る大作家も「南京大虐殺」を認めているということを世界に広めるためにも、村上氏にノーベル賞を取らせようと応援するかもしれない。〉 また、ヘイト団体・在特会の元会長でレイシストの桜井誠も同じくツイッターでこ [全文を読む]

村上春樹氏大人気エッセイを初電子化『走ることについて語るときに僕の語ること』(文藝春秋)8月28日 主要電子書店で発売開始!

@Press / 2015年08月26日15時00分

書き下ろしのかたちで書き始められた文章には、東京、ハワイ、ボストンなどを走った際の村上氏の思いが記されています。さらに「走る」という行為を媒介に小説家としての村上春樹を考察する内容ともなっています。 この作品は村上春樹氏のエッセイの中でも特に電子書籍化の希望が多かった作品です。村上春樹ファンはもちろんのこと、空前のマラソンブームの中増え続けるランナーたち [全文を読む]

村上春樹氏大人気エッセイを初電子化『走ることについて語るときに僕の語ること』(文藝春秋)7月31日Kindleストア、楽天kobo、iBooks、紀伊國屋書店、Reader Storeで先行予約開始!

@Press / 2015年07月30日13時00分

書き下ろしのかたちで書き始められた文章には、東京、ハワイ、ボストンなどを走った際の村上氏の思いが記されています。さらに「走る」という行為を媒介に小説家としての村上春樹を考察する内容ともなっています。 この作品は村上春樹氏のエッセイの中でも特に電子書籍化の希望が多かった作品です。村上春樹ファンはもちろんのこと、空前のマラソンブームの中増え続けるランナーたち [全文を読む]

女優・杏 はじめてのエッセイ集が刊行4日で重版決定!(『杏のふむふむ』ちくま文庫)

PR TIMES / 2015年01月20日11時32分

(2015年1月14日時点 2刷累計53,000部)杏さん自身が大ファンであるという村上春樹さんの解説が話題を呼ぶとともに、自然体で飾らない杏さんの人柄がそのまま文章にあらわれていると、女性からの圧倒的な支持が集まっています。(ちくま文庫 本体600円+税、2015年1月9日発売)内容紹介 [画像1: http://prtimes.jp/i/8548/4/ [全文を読む]

フォーカス