大学 大泉洋に関するニュース

累計33万部突破!大泉洋『大泉エッセイ 僕が綴った16年』文庫化決定!& 『ダ・ヴィンチ』6月号(5/7発売)にて「TEAM NACS大特集」アンケート募集のお知らせ

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月25日12時00分

大学時のエピソード、レギュラー放送当時の『水曜どうでしょう』裏話、TEAM NACSについて、家族のことなど……大泉洋ならではの「笑い」が散りばめられたエピソードはもちろん、時にノスタルジック、時に切なくて、でも読むうちに不思議と元気になれる、まさに「大泉ワールド」全開のエッセイ集。 さらに2013年、40歳となった自身を振り返りつつ単行本発売当時に書きお [全文を読む]

大泉洋、エッセイ集が発売決定!

PR TIMES / 2013年03月05日09時29分

北海道を拠点に活動していた1997年から2005年まで、雑誌3誌で連載していた幻の原稿には、大学時のエピソードや、レギュラー放送当時の『水曜どうでしょう』での裏話、TEAM NACSについて、家族のことなど、爆笑必至ながら時にノスタルジック、思わず「泣ける」も、読むと不思議と元気になれる大泉ワールドが全開。そして2013年、自身を振り返った書き下ろしでは、 [全文を読む]

土屋太鳳、ミステリーでの妊婦役挑戦に期待高まる

モデルプレス / 2017年03月30日06時30分

ある夜、突然志津子の大学の同期・多田美雪(高岡早紀)がやって来る。美雪は、女流作家としてブレイクした有名人。久しぶりの再会をなつかしんだ後、美雪は志津子に、専業主婦でもし暇があるのなら自分のマンションの掃除や料理を週一回してくれないかと頼む。 異世界からやってきたような美雪が嫌でたまらない肇。まるで家政婦のような扱いになっていく志津子が不憫でたまらない肇は [全文を読む]

土屋太鳳、命を狙われる“妊婦”に挑戦「あまりにも哀しい話」

モデルプレス / 2017年03月29日10時52分

ある夜、突然志津子の大学の同期・多田美雪(高岡早紀)がやって来る。美雪は、女流作家としてブレイクした有名人。久しぶりの再会をなつかしんだ後、美雪は志津子に、専業主婦でもし暇があるのなら自分のマンションの掃除や料理を週一回してくれないかと頼む。 異世界からやってきたような美雪が嫌でたまらない肇。まるで家政婦のような扱いになっていく志津子が不憫でたまらない肇は [全文を読む]

5位はB’zの稲葉浩志!教員免許を持つ芸能人「授業を受けたい」1位は

VenusTap / 2016年10月16日17時40分

そんな多彩な才能を持つ大泉洋は、両親が教員だったこともあってか、大学時代に地理歴史科・公民科の高等学校教員免許取得を取得。「おもしろおかしく授業をやってくれそう!」、「話が上手だから、生徒が夢中になる授業をしそう」という理由が多く集まり、1位に輝きました。また「『真田丸』で見せた名演のように、歴史の登場人物を演じながら教えてほしい」なんて声も聞かれました。 [全文を読む]

相方にドキドキ…片桐仁が語る“ラーメンズ”7年ぶり再共演秘話

anan NEWS / 2016年06月26日20時00分

――お二人は多摩美術大学の同級生だったんですよね? 片桐:クラスメイトでした。あいつの家に遊びに行って、お笑いのVHSを観てましたね。当時は、ダウンタウンさんがワーッときていて、“お笑い、かっこいい”みたいな風潮があって。それで大学でも毎月「落研ライブ」をやるようになって、賢太郎とやるようになったんです。そして、大学対抗お笑い選手権みたいなイベントをきっ [全文を読む]

大泉洋 フジテレビキャリアウーマン妻の影響でお受験パパに

NEWSポストセブン / 2015年04月16日07時00分

一方で、自身の学歴にコンプレックスがあり、“せめて子供だけはいい学校に”という考えから幼稚園、小学校から大学直結の学校を受験させるかたもいらっしゃいますね。ほとんどのケースで、最初は母親のほうがお受験に敏感なことが多い印象です。ママ友や会社の同僚などの間で話題にのぼり、自身でも学校や塾、勉強法について調べはじめ、徐々に熱が入っていくんです」 当初、大泉は [全文を読む]

大泉洋「石立鉄男にそっくり」とご満悦だった浪人時代

WEB女性自身 / 2016年03月05日06時00分

早稲田に進んだ兄を超えたい と臨んだ大学受験に失敗し、二浪したのだ。 「もう、死ぬんじゃないか、と思っていました(笑)。こんな明るい子でも、ダメなんだなあと思っていましたね」(『まるごと1冊大泉洋!』新潮社)と母親は語っている。しかし、そんなときでも「大泉洋」を貫いた。 「一浪中に突然『大学に合格するまでは髪の毛を切らない!』と宣言し、髪を伸ばし始めた。 [全文を読む]

「ハナタレナックス」番組Pが語る番組の裏側とは!?

Smartザテレビジョン / 2015年02月10日06時00分

TEAM NACSは1990年代半ばに、大学の演劇サークルに所属する同世代の仲間だった森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真らが集まって結成された演劇集団。そんな彼らが出演する「ハナタレナックス」は、大学サークルの延長のような等身大バラエティーとして支持を得、地元・北海道では圧倒的な存在感を放つ。番組の誕生について杉山Pは「北海道でしか流れないという [全文を読む]

カイ(超特急)、実写映画『東京喰種 トーキョーグール』ヒデ役に抜擢!

okmusic UP's / 2017年05月22日12時00分

内気で平凡な大学生だったカネキは、ある事件がきっかけで半喰種となり、もがき苦しむ中、 喰種たちの世界にふれ、やがてこの世界のあるべき姿を模索してゆく――。 ヒロインの霧嶋董香(トーカ)には、清水富美加。喰種として生きる運命を背負い、人間の世界になじもうと努力する女子高生を演じる。喰種対策法を背景に活動する国の行政機関であるCCG(Commission of [全文を読む]

フォーカス