事務所 大竹しのぶに関するニュース

ソニンの過去が「地獄すぎる」と話題 「テレビで映していいのか」の声も

しらべぇ / 2017年03月14日17時30分

事務所からの無理難題にパニックになった過去後藤の弟の知名度や前評判が高かったことから、激しい劣等感に陥っていたというソニン。マネージャーや事務所の人の指示に全力をもって従うことをモットーにしていたという。出身地の高知県から先祖の出身地である韓国まで600km近くの距離をマラソンする企画や、6万個ほどのドミノをひとりで並べるという企画にも疑問をもたずに取り [全文を読む]

ソニン、どん底から大竹しのぶに救われ「死んでもいい」ほどの充実感を

Smartザテレビジョン / 2017年03月14日10時05分

事務所で自己啓発本を読み、電話番をし、寺で合宿、富士登山で精神を鍛えるなど、辛いレッスンを経てのデビューだったが、2002年4月、15歳だったユウキがキャバクラにいるところを写真週刊誌にスクープされ、EE JUMPは無期限活動休止を発表。事実上の解散となってしまった。 当時、言われたことを頑張ろうと必死だったソニンは、この事件を振り返り「彼(ユウキ)のフ [全文を読む]

芸能界「絶対共演NG」最新リストを禁断公開!(2)木村拓哉と井川遥がドラマで…

アサ芸プラス / 2016年10月01日17時57分

事務所に共演NGを通告したエピソードは有名です」(女性誌記者) そんなキムタクも、今やSMAPの他の4人と共演NG状態だが、人気女優たちからもそっぽを向かれて窮地に立たされている。「来年1月の新ドラマにキムタクの主演が決まっているのですが、ヒロイン役が決まらず苦戦しています。SMAP解散騒動で、キムタクはすっかりヒールです。悪いイメージがつくことを懸念して [全文を読む]

吉高由里子の情緒不安定はある大物女優への嫉妬が原因?

アサ芸プラス / 2015年07月18日17時57分

所属事務所の関係者が振り返る。「朝ドラのヒットに続いて、年末は紅白歌合戦の司会にも抜擢。CMの仕事も山ほど舞い込んできて、一躍トップ女優の仲間入りを果たした。これで交際を続けていた人気ロックバンドのボーカル、野田洋次郎(30)とゴールインすれば、生涯で最高の1年になったでしょう」 バラ色だった女優生活は昨年暮れに“暗転”する。一時は結婚も噂された野田と破局 [全文を読む]

モデルも女優も歌手もイマイチ……肩書だけ増えていく、明石家さんま娘・IMALUの正念場

日刊サイゾー / 2013年07月18日13時00分

今年4月、母・大竹しのぶの所属事務所から、新事務所「リトルトウキョウプロダクション」へ移籍したIMALU。 移籍後は、「IMALU Live Lounge」と称して定期的に洋楽の歌唱動画をYouTubeにアップしたりしていたが、今月18日には初のカヴァー・ライヴ『IMALU LIVE LOUNGE“Acoustic Session”』を行うことを発表。あら [全文を読む]

長瀬智也だけは事務所内派閥も治外法権! 草なぎ剛にガードを突破して走り寄り…

messy / 2017年05月26日16時00分

皆さん、ごきげんよう。アツこと、秘密のアツコちゃんです! 7月クールの日曜劇場枠ドラマが長瀬智也くん主演の『ごめん、愛してる』(TBS系)になったんだけど、ファンの間でも「え~、何で今『ごめ愛』なの?」という声で溢れているのよね。2004年に韓国KBSで放送された後に日本でも大ヒットして、アツも当時は熱狂して見ていたから思い入れたっぷりの大好きな作品なんだ [全文を読む]

ソニン「壮絶な体験談」に、スタジオ悲鳴

日刊大衆 / 2017年03月22日12時05分

デビュー曲のミュージックビデオが1億円の制作費をかけて作られるなど、事務所の肝いりのユニットだったが、ソニンは相方が人気アイドルの弟だったため、自分はおまけの存在だという意識が常にあったのだという。 その劣等感のせいで、ソニンは「人の指示がないと動けない“指示待ち人間”」になり「上から出された指示に応えようと、とことん努力して、その指示が本当に自分に必要な [全文を読む]

大竹しのぶ「香取とハグ」、おすぎ「まず無理」……SMAP発言で波紋呼ぶ芸能人たち

サイゾーウーマン / 2016年12月14日08時00分

』(九州朝日放送)では、SMAPの活動存続を願う署名プロジェクト「5☆SMILE」が、ジャニーズ事務所へ37万を超える直筆署名を提出したニュースを紹介し、KBCアナウンサー・宮本啓丞が「もうひょっとしたら(解散は)覆えらないかもしれないけど、“それでも私たちの思いを伝えたい”という方が、これだけいらっしゃったということですね」と述べた。 これに対して月曜コ [全文を読む]

石原さとみの意外な“裏の顔”を関係者が暴露! 酔うとキワどい発言も…!?

tocana / 2016年10月19日09時00分

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11213.html】 「実は彼女、芸能人仲間に対しては愛嬌があるのですが、ADや事務所スタッフなど自分より“下”と思っている人には素っ気ないんです。そりゃあ、どこかで力を抜かないとやっていられないとは思いますが、落差が激しすぎるんですよね」 石原と言えば、創価高校出身の [全文を読む]

親の七光りはかえって邪魔!? 親子関係を公表しないイマドキの2世タレント

メンズサイゾー / 2015年09月23日17時00分

華丸の相方である博多大吉(44)も、バラエティ番組で「すでに事務所には(岡崎百々子とは)共演NGにしてくださいと伝えた」と言い、頑なな姿勢を見せている。 また、お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右(46)の長女である岡田結実(おかだ・ゆい/15)も、子役やジュニアアイドルを経て、現在はティーン向けファッション誌『ピチレモン』(学研ホールディングス)の専属モ [全文を読む]

フォーカス