年俸 大島洋平に関するニュース

【プロ野球】契約更改の舞台裏…一発サインはファンサービス!?

デイリーニュースオンライン / 2014年12月07日08時50分

ところで、来季の年俸とはどのように決まるのだろうか。知られざる内側を、元プロ野球選手に聞いてみた(金額はすべて推定)。 「一発サイン」はマスコミやファン向けのアピール!? 70年代に一世を風靡した元プロ野球選手がこう語る。 「今の時代はいいよな。オレらのころなんて、チームトップで5千万円ぐらいだった。あと10年遅く生まれていたら、オレも億万長者だったよ」 [全文を読む]

日本のプロ野球選手こそ「代理人制度」活用を

JIJICO / 2014年12月11日10時00分

年俸調停も辞さない構え 中日ドラゴンズの選手会長である大島洋平選手が球団と2回目の契約更改交渉に臨みましたが、球団側の提示が初回とまったく同じ条件にとどまったため、契約更改が保留となったと報道されています。大島選手は、今季、打率3割1分8厘の好成績をマークしたほか、安打数186は球団最多タイ記録ですし、ゴールデングラブ賞も受賞していますから、大幅な年俸アッ [全文を読む]

【プロ野球】【FAは成功? 失敗?】昨年のオフにFA移籍したあの選手4人の今季成績は?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月04日17時05分

(成績は9月29日時点) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■高橋聡文(中日→阪神/33歳) 推定年俸:3000万円→5000万円 【昨季成績】 35試合:3勝3敗/6ホールド/防御率3.51 【今季成績】 54試合:3勝1敗/20ホールド/防御率3.76 昨オフ、3年総額1億5000万円で阪神に移籍。2011年に左肩痛を [全文を読む]

“冷血GM”落合と“問題児”井端(4)主力選手大減俸の内情は…

アサ芸プラス / 2013年11月21日09時59分

Bクラスの4位に終わったこともあり、厳しく年俸を下げているのです。落合氏は、そういうところは実にシビア。やれと言われたことは誰に遠慮することなくやるタイプですから」 主力選手の契約更改を見てみると、荒木は年俸1億円以上の場合の減額制限いっぱい、40%ダウンの1億200万円。右肘手術でシーズンを棒に振った吉見一起(29)も同じく40%減の1億7400万円、球 [全文を読む]

各球団の今季日本人の最高年俸は誰?

ベースボールキング / 2017年01月29日18時00分

各球団の今季、日本人最高年俸選手をみると、オリックスは金子千尋の5億円がトップ。金子の5億円は、今季の日本人選手最高年俸となっている。10年ぶりに日本一となった日本ハムは中田翔の2億8000万円、25年ぶりにリーグ優勝した広島は菊池涼介の1億4500万円だ。 また、ソフトバンクは日本人最高年俸選手が4億円で、松坂大輔、和田毅、摂津正、松田宣浩と4人いる。 [全文を読む]

年俸保留者が出た中日 落合GMに対しクーデター起きると懸念

NEWSポストセブン / 2014年12月03日16時00分

落合博満GM下で初の年俸保留者が出て問題となっている。 大島洋平と平田良介が提示額に不満を示し、調停も辞さない構え。再交渉の場に落合GMが欠席予定だと報じられたことで、選手からブーイングが上がった。 「落合GMにはOBからの反発も激しい。監督時代から外様コーチを多用してOBを冷遇したことで知られ、今オフには長く勤務していた生え抜きOBの球団職員3人をクビに [全文を読む]

契約更改“悲喜こもごも” 今年のアップ/ダウンTOP10

ベースボールキング / 2016年12月30日17時15分

今回はここまでの時点で契約更改を済ませた選手を対象に、年俸のアップ額・ダウン額の大きかった選手に注目。それぞれ上位10名をランキングにした。 大幅アップで笑顔の更改となったのは...。反対につらい年越しとなったのは...。それぞれのトップ10は以下の通り。 ◆ アップ額Top10 1位 △2億0000万円 筒香嘉智(DeNA/3億円) 2位 △1億800 [全文を読む]

落合GM体制の低迷 中日OB木俣達彦氏と杉下茂氏の見解

NEWSポストセブン / 2016年10月08日07時00分

落合派の代表格とされる41歳の岩瀬(仁紀)は、今季15試合の登板で防御率6点台という成績でありながら、現状維持の年俸5000万円あたりで希望する現役続行を認められる見込みだ。落合GMの権勢が今後も変わらないなら、鶴の一声で引退後に即コーチという可能性が高い」(担当記者) “エコヒイキ”ともとられかねない待遇差に反発する選手は多く、平田良介(11年目、チーム [全文を読む]

プロ野球「ストーブリーグ」の地雷原!(1)オリックス・糸井の株が急騰中

アサ芸プラス / 2016年10月02日17時56分

1年で3億円はかかる岸を取るためには、年俸1億1000万円の嶋に出ていってもらうほうが、経営上も好都合なんだよ。ああいう記事が出ると、捕手の補強がテーマの巨人やソフトバンクは間違いなく動くからね」(球界OB) さすが星野氏の策士ぶりが炸裂といったところだ。 中日の2人は、昨オフの厳粛契約更改で落合博満GM(62)と衝突。遺恨があるうえ、白井文吾オーナー(8 [全文を読む]

「暗黒球団」に転落させた中日・落合博満GMの全悪行(3)「オレ流運営」に反発も…

アサ芸プラス / 2016年08月30日05時56分

主力の大島洋平(30)と平田良介(28)がFA権を獲得しているが、「反落合だけに、出ていく可能性は高い」(前出・スポーツライター) さらに落合氏には、カネにまつわる不穏な噂まで流れる始末で、「中日監督時代には、退任が決まってから優勝パレードがあったんですが『契約外だから1日換算の年俸を払ってもらわないと出ない』と主張して、約200万円をもらった人です。オフ [全文を読む]

フォーカス