転校生 大林宣彦に関するニュース

華がある柴咲コウを相手に際立つ存在感! 「ふつうな感じがたまらない」薄幸系女優・蓮佛美沙子

メンズサイゾー / 2015年02月14日12時00分

2006年公開の映画『犬神家の一族』(監督・市川崑)で銀幕デビューを飾ると、翌年には早くも『転校生-さよならあなた-』(監督・大林宣彦)で初主演を果たし、大林監督からは20年に1人の逸材と評された過去を持つ。その『転校生』の演技が認められ、「第81回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画新人女優賞」を受賞すると、その後にはテレビドラマなどにも頻繁に顔を出すように [全文を読む]

肺がんを告白した大林宣彦がそれでも映画をつくり続ける理由「映画には、世界を戦争から救う力がある」

リテラ / 2017年06月13日13時16分

大林監督といえば、『転校生』、『時をかける少女』など青春映画・アイドル映画の巨匠として知られているが、それ以外にも作家として大林監督の柱となるものに「戦争」と「平和」がある。大林監督は、12年公開の『この空の花 長岡花火物語』と14年公開の『野のなななのか』を挙げながら、インタビューでこのように答えたことがある。「今の若い人たちに会うと「戦争も、死ぬのも [全文を読む]

<アニメ「君の名は。」は残念?>無理のある「とってつけたような設定」に違和感[ネタバレ注意]

メディアゴン / 2016年12月12日07時30分

」では、男子高校生と女子高校生の体が意識が入れ替わってしまうそうが、その設定の名作には山中恒の児童文学「おれがあいつであいつがおれで」を大林宣彦監督が1982年に映画化した「転校生」がある。尾美としのり、小林聡美の鮮烈な演技が目に焼き付いている名作だ。さらにタイムトラベラーものでもあるらしいが、若い世代のタイムトラベルというと、筒井康隆のジュブナイルSF小 [全文を読む]

「べっぴんさん」で注目の蓮佛美沙子がジャニーズドラマに出演多数のカラクリ

アサジョ / 2016年11月10日09時58分

その翌年、大林宣彦監督の『転校生-さよならあなた-』で映画初主演、複数の映画祭新人賞に輝いた逸材です。決して正統派の美人ではないですが、演技力には定評があります。大林監督に『20年に一度の逸材』と絶賛されています」(映画誌ライター) 映画「転校生」は、大林監督によってリメイクされた名作だが、この作品の中で蓮佛はアンダーウェア姿も披露している。「男の子と女の [全文を読む]

蓮佛美沙子が“オヤジキラー”でブレーク? “20年に1人の逸材”も、薄すぎる顔がネックか

おたぽる / 2015年12月20日09時00分

「蓮佛が初主演を果たした07年公開の映画『転校生 -さよなら あなた-』でメガホンをとった大林宣彦監督から『20年に1人の逸材ですよ』といわれ、さらに『蓮佛美沙子という少女とこの時期出会わなければ、今回の“転校生”は誕生し得なかっただろう』と絶賛。09年に旭日小綬章を受章した日本映画界の重鎮の影響力は大きく、蓮佛の名前は一気に業界内で広まり、現在の活躍の [全文を読む]

名作『転校生』へのオマージュに終わらない! “入れ替わり”ドラマ『さよなら私』のファンタジーとリアリティ

日刊サイゾー / 2014年11月12日15時00分

そう、映画『転校生』のように階段から落ちた二人は、同じように心が入れ替わってしまうのだ。「うわっ、入れ替わりもんか」 尾美が台本をパタッと閉じたのは、そのシーンを読んだときだ。それまでリアリティあふれる大人のドラマという装いだったのに突然、使い古された「入れ替わり」というモチーフが挿入されたのだ。 驚いたのは、視聴者も同じだ。SF的要素が入るなどという気配 [全文を読む]

上戸彩の代役に抜擢された蓮佛美沙子、演技力には期待もおっぱいの大きさに落胆の声!?

メンズサイゾー / 2014年11月07日10時00分

幼少期から女優に憧れていた彼女は、2006年公開の映画『犬神家の一族』(監督・市川崑)で銀幕デビューを飾ると、翌年には早くも『転校生-さよならあなた-』(監督・大林宣彦)で初主演を果たす。その『転校生』では下着姿のシーンなども体当たりで披露しており、監督の大林が「20年に1人の逸材」と絶賛するほどの演技力を見せた。 [全文を読む]

大林宣彦氏「世界の爆弾が花火になれば戦争なくなる」の思い

NEWSポストセブン / 2012年04月22日07時00分

尾道三部作『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』はあまりにも有名。『この空の花』は、商業映画にはなりづらい内容と160分という長編のため、長岡市民とともに自主映画として製作を決意。「古里映画」の第一人者である監督の集大成的映画となった。大林さんはいう。「長岡では、信濃川に日が落ちて空が群青色に染まっていくんです。黄昏から夜へとこんなに美しく空が変化し [全文を読む]

誰もが胸キュンしてしまう『君の名は。』がヒットする3つの理由

Suits-woman.jp / 2016年11月02日10時00分

高校生の男女が入れ替わるという映画で、アラフォー&アラフィフ世代が思い出すのは、大林宣彦監督の尾道三部作のひとつ『転校生』ですね。今はベテラン俳優の尾美としのりと小林聡美が主演だったのも懐かしいですね。尾美としのり演じる一夫が尾道から引越しをする時、引越しトラックを追いかける小林聡美演じる一美の姿が感動的でした。あ〜、いい映画だったなぁ。『君の名は。』は1 [全文を読む]

放送開始!NHK新朝ドラ「べっぴんさん」“桃”レポート!(1)復帰の菅野美穂は色香に磨きがかかった

アサ芸プラス / 2016年10月10日09時57分

07年、大林宣彦監督がメガホンを取った『転校生』で映画初出演を果たします。芳根と姉妹役を演じる蓮佛ともに、平均年齢の高い朝ドラ視聴者への知名度は低いでしょう。かつて朝ドラは大女優の登竜門と言われていましたが、前作は高畑充希(24)をヒロインに起用しました。今作は、NHKとしては原点回帰の意欲的なキャストと言えます」(前出・芸能記者) 物語の最初のヤマ場は、 [全文を読む]

J:COM Presents 映画のまち調布 調布市制施行60周年記念『ニュー・シネマ・パラダイス デジタル・レストア・バージョン』Blu-ray BOX発売を記念した国内初の上映会を開催

PR TIMES / 2016年03月04日16時34分

代表作『転校生』(82年)、『時をかける少女』(83年)、『さびしんぼう』(85年)は“尾道三部作”と称され親しまれている。『異人たちとの夏』(88年)で毎日映画コンクール監督賞、『北京的西瓜』(89年)で山路ふみ子監督賞、『ふたり』(91年)でアメリカ・ファンタスティックサターン賞、『青春デンデケデケデケ』(92年)で平成4年度文化庁優秀映画作品賞、『S [全文を読む]

“第2の木村多江”蓮佛美沙子の制服姿に「チェンジ!」地味なのは顔だけでなく性格も?

おたぽる / 2016年01月18日09時00分

ただ、演技に関しては、映画初主演作となった『転校生 -さよなら あなた-』(2007)でメガホンをとった大林宣彦監督から『20年に1人の逸材』と絶賛されるなど評価が高く、『お義父さんと呼ばせて』での、恋人役の遠藤と父親役の渡部篤郎という2人の演技派俳優との共演にも、『美沙子ちゃんなら、2人に負けない演技力を発揮しそう』『遠藤と28歳差のある恋人同士という現 [全文を読む]

連ドラ『民王』が、なんだかスゴいぞ!

Business Journal / 2015年08月02日06時00分

大林宣彦監督作品『転校生』(82年公開)の幼なじみ男女や、『さよなら私』(NHK)の親友同士のアラフォー女性などだ。 しかし、総理大臣父子となると、本人たちだけの問題では済まない。話が外交など国家レベルにまで発展するあたりが大いに笑える。基本的には政治や権力をめぐるドタバタコメディでありながら、一種リアルな風刺劇にもなっている点が秀逸だ。 また、遠藤と菅田 [全文を読む]

あの聖地・尾道を舞台に“本命美少女”都丸紗也華が初の表紙&巻頭グラビアを披露「今が踏ん張りどころなんです」

週プレNEWS / 2015年07月02日06時00分

都丸 ……? ―『転校生』と『時をかける少女』『さびしんぼう』。平成生まれは知りませんかね? 都丸 …ごめんなさい、見てないです。でも、映画のロケ地でよく使われるのもわかる気がします。風情があって、石畳の階段には木漏れ日が差し込んでたり。普段のグラビアは南国やスタジオで撮ることが多いので、新鮮な気分でした。 ―この街を舞台にした作品から数多くの女優が巣立 [全文を読む]

“儚げな美しさ“を漂わす女優・蓮佛美沙子、ショートカットにして魅力半減!?

メンズサイゾー / 2015年06月15日10時00分

とはいえ蓮佛といえば、初主演映画となった『転校生-さよならあなた-』(2007年)の監督を務めた巨匠・大林宣彦氏に"20年にひとりの逸材"と絶賛されるほど、女優としての実力には定評がある。これまで数々の作品にコンスタントに出演しており、若手女優の中でも実力派で知られている。 特に自身初の連続ドラマ主演作である『七瀬ふたたび』を放送したNHKでは、局内ウケ [全文を読む]

亡くなる直前「安倍さんに殺される」と語った愛川欽也さん、その真意とは――

日刊サイゾー / 2015年04月22日21時00分

そうした愛川さんの素顔を知る数少ない人物が、映画『転校生』や『時をかける少女』で知られる映画監督で、同じく戦争経験者の大林宣彦氏だ。 愛川さんとは1992年の監督作品『私の心はパパのもの』で現場を共にした間柄。今月19日に映画関連のイベントに出席した大林監督は愛川さんについて「僕と同じ“反戦世代”のひとりとして、エンターテインメントを通じてそれを表現して [全文を読む]

<NHK『さよなら私』はアラフォーへのエール>アラフォーは「自分が選ばなかったもう一つの自分の人生」を考えてしまう世代

メディアゴン / 2014年12月10日16時31分

まるで映画『転校生』(1982・大林宣彦監督)そのままなのだが、そのストーリーは、けっこう重い。一児の母として、家事を完ぺきにこなす専業主婦の智美(永作博美)。なんの不満もなさそうな、絵に書いたような幸せな夫婦だが「セックスレス」。実は夫(藤木直人)は不倫をしていて、不倫相手はなんと智美の親友にして、 独身キャリアウーマンの薫(石田ゆり子)。高校の同窓会で [全文を読む]

「奇跡の40代」バトルが白熱! 永作博美・石田ゆり子のツートップ、それを追いかけるYUKI

メンズサイゾー / 2014年11月09日15時00分

つかみ合いのケンカに発展し、階段から転げ落ちた衝撃で2人の心が入れ替わってしまうという、大林宣彦監督の映画『転校生』の不倫ドラマ版ともいえる斬新なストーリーで話題を呼んでいる。 そのユニークな内容だけでなく、視聴者の注目は「奇跡の40代」の共演にも集まっている。某巨大掲示板では「永作博美と石田ゆり子 どっちがいい?」というスレッド名で激論が交わされ、週刊誌 [全文を読む]

フォーカス