熱愛 竹内結子に関するニュース

広末涼子、宮沢りえ、高岡早紀…なぜかモテまくる「離婚歴アリ子持ち」のオンナたち

メンズサイゾー / 2014年03月30日14時00分

恋多き女といわれる高岡早紀(41)は、事実上のバツ2で3~16歳の3人の子どもを持つシングルマザーという“厳しい条件”ながら、年商250億円の飲食チェーン社長との熱愛が先日報じられた。かつて「相手が自分を100%嫌いでも好きにさせる自信がある」と豪語したこともある高岡だが、その自信はウソではなかったようだ。 一昨年に大リーガーのダルビッシュ有(27)と離 [全文を読む]

前田敦子、関ジャニ∞との共演が物議を醸すも女優としてはチャンス到来!?

メンズサイゾー / 2014年02月05日10時00分

また過去には、関ジャニ∞メンバーの大倉忠義(28)と前田の熱愛疑惑が持ち上がったことがあり、これを機に熱愛報道が再浮上するのでは、と心配する声もある。 今回、前田と関ジャニ∞は初共演となるが、ジャニーズタレントがドラマや映画に出る場合にその相手役の女優が同じ顔ぶれであることも多い。代表的なのが新垣結衣(25)で、彼女は過去に山下智久(28)、長瀬智也(35 [全文を読む]

熱愛報道の中居正広、封印された2つの女性スキャンダル…衝撃写真報道も

Business Journal / 2017年03月15日19時00分

元国民的アイドルグループのリーダーに、熱愛報道が浮上した――。 昨年12月いっぱいで解散したSMAP元メンバーの中居正広(44)が、12歳年下の振付師・ダンサーの武田舞香と6年間に及ぶ同棲生活を送っていると、15日付ニュースサイト「NEWS ポストセブン」記事が報じた。 中居といえば、2008年に人気歌手の倖田來未との“温泉旅行デート”が週刊誌「フライデー [全文を読む]

草なぎ剛、熱愛報道に「ゲイじゃなかったんだ!」 天才的演技で女優指名率はSMAPナンバーワン?

おたぽる / 2016年07月03日09時00分

先月30日に発売された週刊誌「女性セブン」(小学館)で、SMAPの草なぎ剛が、30代女性との熱愛をスクープされたのだが、ネット上では「つよぽんて、ゲイじゃなかったんだ!」と驚きの声が広まっているようだ。 1988年に芸能活動をスタートし、すでに芸歴は30年近くにも及ぶ草なぎだが、これまでに決定的な熱愛報道がなかったこと、さらに、昨年4月に放送された『SMA [全文を読む]

藤原紀香&愛之助はゴールインできるか!?梨園で成功する嫁の条件とは?

アサ芸プラス / 2015年05月28日17時59分

女優・藤原紀香と歌舞伎役者・片岡愛之助の熱愛を、5月28日発売の「女性セブン」が報じた。5月21日の夜、愛之助が出演する歌舞伎を鑑賞した紀香はその後、友人とともに愛之助とその弟子と食事。一度解散した後、愛之助は紀香のマンションへ車を走らせ、お泊まりしたのだという。 降って湧いた大物カップルの誕生だが、すんなりとゴールインとなるのか。梨園関係者はこう言って難 [全文を読む]

柴咲コウとマイコ「同時のキャスティングはない」と広告関係者

NEWSポストセブン / 2014年09月23日07時00分

8月11日、日刊スポーツがマイコと妻夫木聡(33)が熱愛中であるとスクープしたのだ。 柴咲は6年前まで妻夫木と交際し「結婚間近」とまで報じられていた。つまり2人は妻夫木の「今カノ」「元カノ」の関係ということになる。 「熱愛報道翌日の『喰女』の完成披露記者会見では、登壇予定だったマイコがドタキャンしてしまった。ツーショットを狙ったマスコミにとっては肩すかしで [全文を読む]

妻夫木聡・新恋人の会見ドタキャン、原因は浮気破局 “元恋人”柴咲コウ側の猛抗議?

Business Journal / 2014年08月14日01時00分

スポーツ紙の熱愛スクープが出た翌日の12日、マイコが、出席予定だった映画『喰女―クイメー』(東映)の完成報告会見を急きょ欠席した。会見開始30分前に報道陣に知らされたもので、ドタキャンとはまさにこのこと。 同作では、主演・市川海老蔵(36)の相手役を柴咲コウ(33)が務めるが、柴咲といえば、妻夫木にとっては08年に「結婚秒読み」とまで報じられた元恋人だ。 [全文を読む]

関根麻里の事務所、実は激怒! 無名K-POP歌手Kとの“熱愛”を「事務所が認めた」報道の怪

日刊サイゾー / 2012年12月22日16時00分

このところ、あまり浮いた話がなかった芸能界だが、20日付のスポーツニッポンとスポーツ報知が、タレント関根勤の娘・関根麻里とK-POP歌手・Kが結婚を前提に真剣交際していることを報じた。 両紙の報道をまとめると、麻里とKは約3年前にラジオ番組で共演し意気投合。麻里が何度かKのコンサートに行くうちに交際がスタートし、もともと、麻里の父・勤もKのファンだったこと [全文を読む]

梨園の常識は世の非常識 歌舞伎役者は艶聞に事欠かない

NEWSポストセブン / 2016年09月28日16時00分

市川海老蔵(38)は、いまでこそ乳がんと闘う妻・小林麻央を献身的に支える夫のイメージが強いが、結婚前は米倉涼子に始まり、佐藤江梨子、高岡早紀ら名だたる美女との熱愛が報じられた。 今年、藤原紀香と結婚した片岡愛之助(44)も故・つかこうへいの娘である愛原実花や熊切あさみとの交際で世を賑わした。 2012年に57歳の若さで急逝した中村勘三郎は歌舞伎界きっての艶 [全文を読む]

結婚発表の藤原紀香 正月には挨拶まわりし「若旦那」と呼ぶ

NEWSポストセブン / 2016年03月31日05時00分

昨年6月に熱愛が発覚してから9か月でのゴールインとなる。ふたりの理想は大スター・萬屋錦之介(享年64)と大女優・淡路恵子(享年80)の夫婦のカタチだという。 「結婚しても、お互い高めあいながら第一線で活躍していきたいと考えているようです」(ふたりの知人) ふたりが結婚に至るまでには紆余曲折があった。交際発覚当初、愛之助の周囲から祝福の声はあまり聞こえてこな [全文を読む]

「アッキーナがハリウッド」に疑問噴出! 南明奈、まさかの米映画デビューの裏に「怪人脈」か

日刊サイゾー / 2015年12月07日17時00分

バラエティに出演しても、熱愛関係にあるお笑いコンビ・よゐこの濱口優との結婚についての暴露くらいが中心で、『落ち目の売名』とさんざんに叩かれています。ドラマともなれば何に出演したか言える人はごくわずかでしょう。そんな中でのハリウッド映画出演を『理解不能』と見るのも当然です」(芸能記者) かつては“アッキーナ”の愛称でグラドルの女王として君臨した南だが、最近は [全文を読む]

トリンドル玲奈「梨園入り」を噂されるも二股疑惑…歌舞伎俳優に一途を求めることは無理筋か

messy / 2015年10月11日13時00分

それも熱愛のみならず浮気や不倫、隠し子などの話が度々聞かれる。97年には、七代目市川染五郎(42)に隠し子が発覚、その後、染五郎は高校時代からの友人である女性と結婚している。「海老蔵暴行事件」の頃の面影もなくなり、このところブログなどで良きパパぶりを見せている市川海老蔵(37)も、結婚前に隠し子の存在が明らかになった。ちなみに独身時代は、佐藤江梨子(33) [全文を読む]

“元”人気イケメン俳優、あの女優との熱愛で危機?過去の致命的“過ち”

Business Journal / 2015年08月03日23時00分

その水川が、昨年から熱愛が報じられてきたお相手で、俳優の大東駿介と同棲していると先月31日発売の週刊誌「フライデー」(講談社)は報じた。 2人は共に大阪府出身ということもあり意気投合したとみられており、所属事務所の先輩(水川)・後輩(大東)という間柄でもある。大東はもともと、木村佳乃を筆頭に成宮寛貴、松坂桃李、最近では菅田将暉ら人気俳優を多数擁する老舗の大 [全文を読む]

西島秀俊が交際相手に求める独特すぎる7箇条

アサ芸プラス / 2014年11月28日09時58分

過去には、鈴木杏樹、喜多嶋舞、竹内結子との熱愛が浮上したこともありましたが、まったく発展しなかった。我の強い芸能人には、西島の独特な恋愛観は受け入れられなかったのでしょう」(前出・芸能記者) 16歳年下の結婚相手がこれを全てクリアしたのかは不明だが、果たして結婚生活は順風満帆といくのか!? [全文を読む]

前田敦子にとって梨園嫁入りは“普通ゾーン”? 家族もOKで、まさかの結婚カウントダウンか

messy / 2013年11月19日19時55分

元AKBのエース・前田敦子と歌舞伎俳優の尾上松也の熱愛が報道されたのは9月の終わり。報道後は「あっちゃんは松也に遊ばれてるだけ」「顔面センター同士が結婚したら、生まれてくる子供がかわいそう」などネット上では勝手な書き込みが絶えなかったが、どうやらその交際は結婚も視野にいれたかなりの本気モードらしい。というのも松也の実母で新派の女優である河合盛恵が、11月1 [全文を読む]

坂口憲二、佐々木蔵之介…「そろそろ結婚しそう」と思う独身俳優と言えば?

NewsCafe / 2013年04月21日12時00分

1位は昨年末からの熱愛報道も影響したのか、2割の票を集めた玉木宏。一部雑誌や新聞で「来春にも結婚か!?」と報道されたが、現在のところ動きはない様子。玉木は先月、舞台初出演にして初主演を果たした「ホテル マジェスティック~戦場カメラマン澤田教一 その人生と愛~」の講演を終えたばかり。プライベートについてはこれから…というところなのかもしれない。そして2位には [全文を読む]

フォーカス