離婚 中山美穂に関するニュース

沢尻エリカと同じ!? 業界の思惑うごめく中山美穂の離婚騒動のウラ側

メンズサイゾー / 2014年04月11日17時30分

離婚騒動の渦中にある女優の中山美穂(44)が10日、居住しているパリから帰国した。羽田空港に降り立った中山は、滞在中に辻と会う予定があると明かしたものの、その他の報道陣からの質問には無言。至近距離で写真撮影するカメラマンに対して「やめてもらえますか!」と声を荒げるなど、明らかにイラ立った様子だった。この直後、中山は自身のTwitterで「この国は平和なんだ [全文を読む]

中山美穂と明暗くっきり……元夫・辻仁成の好感度が急上昇!「テレビ、イベントのオファーが殺到中」

日刊サイゾー / 2014年08月21日09時00分

7月にミュージシャンで作家の辻仁成と離婚した女優の中山美穂が、16日発売の女性誌「美ST」(光文社)の表紙を飾り、辻との離婚について初めて告白した。 同誌では、離婚に至るまでの苦悩などを告白した上で、「私は過去を否定するつもりはありません。覚悟を持って決めたことなので、これからは新しい人生を可能な限り生きてみたいと思っています」と前向きに語ったが、世間では [全文を読む]

実は「子どもの親権を片親しか持てない」のは日本くらいだった

It Mama / 2014年07月12日18時00分

先日、女優中山美穂さんと芥川賞作家で歌手の辻仁成さんの離婚が報道されましたね。このニュースで一般の人達が驚いたことは、”2人の長男の親権が辻さん側が持つ”と言われていることでしょう。日本では、まだ子どもが小さい場合、母親側に親権が認められているケースが多いためです。「ぼくを選んでくれた息子」と辻さんは言っていますが、10歳の子どもに片親を選択させるというシ [全文を読む]

不倫、演技下手、電波系…離婚を経て中山美穂のイメージ急降下

messy / 2014年07月09日18時00分

今年3月に中山美穂(44)と離婚協議中であることが報じられた辻仁成(54)が、自身のブログにて離婚を発表した。 辻は8日付けのブログで「本日、離婚届にサインをし、提出いたしました。今後は息子とふたりで生きていくことになります。ぼくと生きたいと望んでくれた息子の気持ちにこたえられるよう、父親としても頑張りたいと思います」と綴り、離婚後の息子の親権は辻が持つこ [全文を読む]

三船美佳、会見でついた“明らかな嘘”――高橋ジョージとの離婚騒動の黒幕とは?

サイゾーウーマン / 2015年03月14日12時45分

舞台が法廷に移されたことにより、加熱報道も収まりつつある高橋ジョージ・三船美佳夫妻の離婚騒動。発覚当初、そして初公判の際にも記者会見を行い、話し合いを求めた高橋とは対照的に、復縁の意思は微塵も感じさせない三船。数々の“モラルハラスメント”を報じられ、世間も三船に同情的といった様子だが、三船は公判後初の公の場で「明らかな嘘」を吐いていたという。 「発覚当初、 [全文を読む]

中山美穂、離婚真相告白で全マスコミを敵に?言い訳がましい告白で好感度悪化深刻?

Business Journal / 2014年08月21日01時00分

芥川賞作家でシンガー・ソングライターの辻仁成(54)と離婚した女優の中山美穂(44)が、芸能マスコミからも総スカンをくらっている。 辻と中山の離婚騒動の発端は今年3月、スポーツ紙により、ふたりが離婚協議中であり、中性的になるなど辻の奇行が理由だと報じられたことだった。その直後には一部週刊誌に、帰国中に辻が福岡在住の女性と逢瀬を重ねているという記事も掲載され [全文を読む]

「真面目にやらんかい!!」離婚報道の辻仁成、やしきたかじん&泰葉の“最凶コンビ”を激怒させた過去

日刊サイゾー / 2014年04月05日09時00分

離婚騒動で渦中の中山美穂と辻仁成だが、「週刊文春」(文藝春秋)4月10日号が、仏・パリで中山を直撃した様子を掲載している。 中山は離婚に向けて話し合いを進めていることを認め、音楽活動にのめり込んだ辻のビジュアルが“中性化”したことも離婚原因として報じられたことについては、「その中(離婚)のひとつの原因ではあります。けれども、それだけではないし」と否定はしな [全文を読む]

親権を持たないのは“悪い母親”か? 葉月里緒奈「奔放愛」、小日向しえ「浮気疑惑」、そして中山美穂

messy / 2017年05月16日23時00分

しかし2004年に再婚した(一度目の結婚はハワイ在住の寿司職人、即離婚)不動産会社勤務の一般男性との間に長女をもうけて以来、テレビドラマはおろか、映画やCMからもひっそりと姿を消していた。筆者は2017年2月に彼女が久々に女優仕事をしたという記事を書いたばかりである。その葉月が、実は2年前に離婚していたことを5月16日発売の「女性自身」(光文社)がスクープ [全文を読む]

中山美穂が新恋人とラブラブ・ペアルックを公開!「美ST」の一方的文書で“みそぎは済んだ”のか?

日刊サイゾー / 2014年10月22日00時00分

しかし当時、中山は辻仁成と離婚協議中だったため、“不倫愛”だとして大きな話題に。また、その頃の辻のTwitterを見ると、風邪を引いた長男の看病をしたり、中学進学について担任と三者面談をしたりと、育児に奮闘。息子を置いて渋谷にのめり込む中山に、“育児放棄疑惑”が叫ばれた。 その後、7月に離婚が成立。一連の騒動に長らく無言を貫いていた中山だが、Twitter [全文を読む]

清原和博と離婚したカリスマモデル亜希さんの今後 “セレブ妻”を脱却したシングルマザーの生きる道は?

ウートピ / 2014年10月02日12時00分

元プロ野球選手・清原和博と亜希夫人が離婚したことが大きく報じられた。清原亜希は2010年まで雑誌『STORY』(光文社)のカバーを飾り、現在では『Marisol』(集英社)を中心に活躍するカリスマモデルである。離婚は彼女のモデル活動にどう影響を与えるのだろうか。「出産してもスリムでキレイ」であることがステイタス一部報道によると、慶応義塾に通う息子ふたりを連 [全文を読む]

フォーカス