現在 中村俊輔に関するニュース

本格サッカー育成ゲーム『バーコードフットボーラー』 中村俊輔さん起用の初のテレビCMを、2月20日より放映開始!実況のカリスマ山本浩さんや、伝説の男久保嘉晴選手も出演!

PR TIMES / 2014年02月20日11時30分

このコンセプトを体現するため、サッカーが好きという姿勢をプレーで表現し、ベテランとなった現在もフットボーラーとしての輝きを増し続けている中村俊輔選手を起用したテレビCMを制作いたしました。【中村俊輔篇90秒バージョンをYoutube公式BFBチャンネルにて公開中!】テレビCM「中村俊輔篇」の90秒バージョンをWeb限定で公開中です。いつまでもサッカー小僧で [全文を読む]

中村俊輔選手 ゲスト出演決定! Art of Football supported by EA SPORTS 2月19日(水) 初回無料放送

PR TIMES / 2014年02月13日17時35分

現在、イタリア・セリエAで日本代表の長友佑都選手が所属するインテルを指揮するヴァルテル・マッツァーリ監督は、かつてはレッジーナを率い、奇跡のセリエA残留に導くなど指揮官としての手腕が高く評価されています。 中村俊輔選手のレッジーナ在籍最終シーズンとなった04/05シーズンでは監督と主力選手の立場でプレーしており、番組内で初公開されるマッツァーリ監督から中 [全文を読む]

今こそハリルジャパンに必要な新戦力…絶対に招集すべき3人とは?

週プレNEWS / 2017年03月15日06時00分

とりわけ、現在、最も期待できそうな攻撃の駒が横浜F・マリノスの斎藤学だ。 チームでは、今シーズンからジュビロ磐田に移籍した中村俊輔が背負っていた背番号10を引き継ぎ、新キャプテンにも就任。開幕戦となった浦和レッズ戦では得意のドリブルで相手右サイドをズタズタに切り裂き、2アシストの活躍でチームを勝利に導いている。 続く第2節のコンサドーレ札幌でも1アシスト [全文を読む]

選手を集めて世界一のサッカークラブを目指せ!本格サッカークラブ育成ゲーム『バーコードフットボーラー』 おかげさまで累計160万ダウンロード突破!

PR TIMES / 2014年03月24日15時38分

これを記念し、本日3月24日(月)よりレア選手プレゼントや、48時間限定で現在タイアップ中の「[S]中村俊輔」選手の出現確率が超絶アップするキャンペーンなどの「160万ダウンロード突破キャンペーン!」を実施いたします。【現在、テレビCM公開中!】「中村俊輔篇90秒バージョン」:http://youtu.be/8z3yvZ66Vbc「サッカーが大好きです篇」 [全文を読む]

オヤジ頑張る! Jリーグでアラフォーのレジェンドたちが見せる輝き

週プレNEWS / 2017年05月13日10時00分

現在38歳のキャプテン小笠原と8月2日に38歳を迎える曽ヶ端は、かつてワールドカップにも出場した元日本代表プレーヤー。小笠原は1シーズン(2006-2007)だけイタリア・セリエAのメッシーナでプレーした経験があるものの、それ以外は曽ヶ端とともに鹿島ひと筋を貫く、いわゆるバンディエラ(移籍することなく、同じチームでプレーし続けるシンボル的存在。イタリア語 [全文を読む]

【C大阪vs磐田プレビュー】清武欠場濃厚のC大阪、中村俊輔を擁する新生・磐田と対戦

サッカーキング / 2017年02月24日20時40分

また、攻撃面の整備も現在進行中というところもあるのだが、それでも開幕戦を制すべく、柿谷、杉本、新戦力の水沼宏太らアタッカー陣には奮起が求められる。 J1昇格プレーオフからJ1昇格したチームは、過去すべて開幕戦黒星、そして1年でJ2に逆戻りしているが、そのジンクスを破るためにも、このJ1復帰初戦でC大阪は是が非でも勝利を収めたいものだ。(totoONE編集部 [全文を読む]

英国遠征中の青森山田が地元クラブに4発圧勝! エース鳴海が2得点の活躍

サッカーキング / 2017年01月21日03時51分

現在、競技の普及や次世代選手の育成推進を目的としたプログラム「JFA Youth & Development Programme(JYD)」の一環として、JFAとナイキジャパンの全面協力の下、イングランド遠征を行っている青森山田。現地時間20日、イングランドフットボール協会の本拠地であるセント・ジョージズ・パークで地元クラブのストラカン・フットボール・フ [全文を読む]

磐田が“ウルトラレフティー”中村俊輔を横浜FMから完全移籍で獲得!背番号は「10」

超ワールドサッカー / 2017年01月08日15時06分

これは現在も最年少記録として残っている。 ▽2002年にセリエAのレッジーナへと移籍すると3シーズン在籍。2005年にはセルティックへと移籍すると、リーグと国内カップ戦で2冠を達成。翌年にはチャンピオンズリーグデビューを果たし、マンチェスター・ユナイテッド戦では伝説にもなっている直接FKで日本人初ゴールを記録した。2009年にはリーガエスパニョーラのエスパ [全文を読む]

UEFAでユナイテッド下した中村俊輔の直接FK弾が紹介される

超ワールドサッカー / 2016年09月24日17時35分

欧州サッカー連盟(UEFA)は「試合の背景」の1つとして、セルティックOBで現在、横浜F・マリノスでプレーする元日本代表MF中村俊輔の語り継がれる直接FKを公式サイトで回想した。 ▽ブレンダン・ロジャーズ監督率いるセルティックは、グループステージ開幕節でバルセロナと対戦。敵地カンプ・ノウで0-7の惨敗劇を演じた。UEFAが伝えたところによれば、そのセルティ [全文を読む]

リオ五輪で意外な展開も…セカンドステージは横浜FMと鳥栖に好機!

週プレNEWS / 2016年07月30日06時00分

現在の年間勝ち点を見ると、1位の川崎は51、2位鹿島と3位浦和が46(得失点差で鹿島が上位)、4位広島37。1位と4位の間にはすでに14もの差があり、3位と4位の間でさえ 9の差がある。4位以下のクラブがこの差を逆転するのは簡単なことではない。 年間勝ち点3位以内ならともかく、年間1位となると、すでに上位3クラブの争いに絞られたと言ってもいいだろう。 し [全文を読む]

フォーカス