現在 中村俊輔に関するニュース

本格サッカー育成ゲーム『バーコードフットボーラー』 中村俊輔さん起用の初のテレビCMを、2月20日より放映開始!実況のカリスマ山本浩さんや、伝説の男久保嘉晴選手も出演!

PR TIMES / 2014年02月20日11時30分

このコンセプトを体現するため、サッカーが好きという姿勢をプレーで表現し、ベテランとなった現在もフットボーラーとしての輝きを増し続けている中村俊輔選手を起用したテレビCMを制作いたしました。【中村俊輔篇90秒バージョンをYoutube公式BFBチャンネルにて公開中!】テレビCM「中村俊輔篇」の90秒バージョンをWeb限定で公開中です。いつまでもサッカー小僧で [全文を読む]

中村俊輔選手 ゲスト出演決定! Art of Football supported by EA SPORTS 2月19日(水) 初回無料放送

PR TIMES / 2014年02月13日17時35分

現在、イタリア・セリエAで日本代表の長友佑都選手が所属するインテルを指揮するヴァルテル・マッツァーリ監督は、かつてはレッジーナを率い、奇跡のセリエA残留に導くなど指揮官としての手腕が高く評価されています。 中村俊輔選手のレッジーナ在籍最終シーズンとなった04/05シーズンでは監督と主力選手の立場でプレーしており、番組内で初公開されるマッツァーリ監督から中 [全文を読む]

今こそハリルジャパンに必要な新戦力…絶対に招集すべき3人とは?

週プレNEWS / 2017年03月15日06時00分

とりわけ、現在、最も期待できそうな攻撃の駒が横浜F・マリノスの斎藤学だ。 チームでは、今シーズンからジュビロ磐田に移籍した中村俊輔が背負っていた背番号10を引き継ぎ、新キャプテンにも就任。開幕戦となった浦和レッズ戦では得意のドリブルで相手右サイドをズタズタに切り裂き、2アシストの活躍でチームを勝利に導いている。 続く第2節のコンサドーレ札幌でも1アシスト [全文を読む]

選手を集めて世界一のサッカークラブを目指せ!本格サッカークラブ育成ゲーム『バーコードフットボーラー』 おかげさまで累計160万ダウンロード突破!

PR TIMES / 2014年03月24日15時38分

これを記念し、本日3月24日(月)よりレア選手プレゼントや、48時間限定で現在タイアップ中の「[S]中村俊輔」選手の出現確率が超絶アップするキャンペーンなどの「160万ダウンロード突破キャンペーン!」を実施いたします。【現在、テレビCM公開中!】「中村俊輔篇90秒バージョン」:http://youtu.be/8z3yvZ66Vbc「サッカーが大好きです篇」 [全文を読む]

オヤジ頑張る! Jリーグでアラフォーのレジェンドたちが見せる輝き

週プレNEWS / 2017年05月13日10時00分

現在38歳のキャプテン小笠原と8月2日に38歳を迎える曽ヶ端は、かつてワールドカップにも出場した元日本代表プレーヤー。小笠原は1シーズン(2006-2007)だけイタリア・セリエAのメッシーナでプレーした経験があるものの、それ以外は曽ヶ端とともに鹿島ひと筋を貫く、いわゆるバンディエラ(移籍することなく、同じチームでプレーし続けるシンボル的存在。イタリア語 [全文を読む]

鈴木啓太氏の引退試合にポンテ氏、福西崇史氏が参加! 現役では磐田MF中村俊輔や柏MF細貝萌らの名も

超ワールドサッカー / 2017年06月13日19時05分

【追加決定メンバー(カッコ内は浦和レッズ在籍年)】※敬称略 ・福西崇史 元日本代表 ・ロブソン ポンテ(2005年~2010年) ・中村俊輔 元日本代表/現所属 ジュビロ磐田 ・橋本英郎 元日本代表/現所属 東京ヴェルディ1969 ・巻誠一郎 元日本代表/現所属 ロアッソ熊本 ・松井大輔 元日本代表/現所属 ジュビロ磐田 ・岩政大樹 元日本代表/現所属 [全文を読む]

磐田が“ウルトラレフティー”中村俊輔を横浜FMから完全移籍で獲得!背番号は「10」

超ワールドサッカー / 2017年01月08日15時06分

これは現在も最年少記録として残っている。 ▽2002年にセリエAのレッジーナへと移籍すると3シーズン在籍。2005年にはセルティックへと移籍すると、リーグと国内カップ戦で2冠を達成。翌年にはチャンピオンズリーグデビューを果たし、マンチェスター・ユナイテッド戦では伝説にもなっている直接FKで日本人初ゴールを記録した。2009年にはリーガエスパニョーラのエスパ [全文を読む]

UEFAでユナイテッド下した中村俊輔の直接FK弾が紹介される

超ワールドサッカー / 2016年09月24日17時35分

欧州サッカー連盟(UEFA)は「試合の背景」の1つとして、セルティックOBで現在、横浜F・マリノスでプレーする元日本代表MF中村俊輔の語り継がれる直接FKを公式サイトで回想した。 ▽ブレンダン・ロジャーズ監督率いるセルティックは、グループステージ開幕節でバルセロナと対戦。敵地カンプ・ノウで0-7の惨敗劇を演じた。UEFAが伝えたところによれば、そのセルティ [全文を読む]

リオ五輪で意外な展開も…セカンドステージは横浜FMと鳥栖に好機!

週プレNEWS / 2016年07月30日06時00分

現在の年間勝ち点を見ると、1位の川崎は51、2位鹿島と3位浦和が46(得失点差で鹿島が上位)、4位広島37。1位と4位の間にはすでに14もの差があり、3位と4位の間でさえ 9の差がある。4位以下のクラブがこの差を逆転するのは簡単なことではない。 年間勝ち点3位以内ならともかく、年間1位となると、すでに上位3クラブの争いに絞られたと言ってもいいだろう。 し [全文を読む]

憲剛の最新本を立ち読み!「史上最高の中村憲剛」(18/20)

ゲキサカ / 2016年05月02日07時30分

川崎フロンターレのMF中村憲剛の南アフリカW杯から現在までの5年半を描いた『残心』(飯尾篤史著、講談社刊)が4月16日に発売となった。発刊を記念しゲキサカ読者だけに書籍の一部を公開! 発売日から20日間、毎朝7時30分に掲載していく。盟友のラストゲーム「完全に火がついて、モチベーションはマックスでした」 横浜F・マリノスのボールになれば必死の形相でプレッシ [全文を読む]

デ・カーニオ氏がウディネーゼの新監督に就任…レッジーナ時代には中村俊輔を指導

超ワールドサッカー / 2016年03月15日19時46分

▽ウディネーゼは現在、降格圏から4ポイント差の15位に低迷し、14日にステファノ・コラントゥオーノ監督(53)の解任を発表していた。 [全文を読む]

浦和レッズひと筋で引退! 鈴木啓太が「水を運び続けた16年」を語る

週プレNEWS / 2016年01月13日06時00分

そこから猛烈にトレーニングをしましたね」 出身は静岡県清水市(現在の静岡市清水区)。幾多(いくた)の人材を輩出してきたサッカー王国だ。片や浦和もまた、昔からサッカーの街を自負している。啓太は〝清水プライド〟を盾(たて)にしていたが、徐々に浦和が持つ熱に溶かされていった。 「僕の地元である清水は、人々の間にサッカーがすごく根づいているんです。それこそ、近所の [全文を読む]

ヒデや俊輔とプレーしたボナッツォーリがイタリア3部のチッタデッラに加入

超ワールドサッカー / 2015年12月30日01時23分

▽チッタデッラは現在レガ・プロのジローネAで、2位と勝ち点差1の首位に立っている。レガ・プロは3つのジローネ(エリア)に分かれており、各ジローネの首位がセリエBに昇格。各ジローネ2位でプレーオフを行い、勝ち抜いた1チームがセリエBに昇格する。 [全文を読む]

J1は仙台戦でFK弾を決めたMF中村、J2は3G2AのFWジェイ《コカ・コーラ月間MVP》

超ワールドサッカー / 2015年11月06日15時43分

8月に得点ランキング1位に躍り出てからもコンスタントに得点を重ね、11月6日現在2位に4点差をつけて独走している」 [全文を読む]

「なんかしっくりこなかった」“ボランチ”中村俊輔、ついに不満爆発か!?

日刊サイゾー / 2015年09月03日22時00分

現在、中村は監督の要望に対し、自分なりにフィットさせようとしているが「浦和レッズ戦のパフォーマンスを見る限り、中村をいかに使うかが横浜F・マリノス浮上の鍵」と分析するサッカーライターは多い。 このまま中村が折れて持ち味を変えていくか、それとも監督が折れてチームを作るのか。いずれにしろ、優勝を目指すにあたり、37歳の中村に残された時間は、そう長くはない。 [全文を読む]

[総体]PICK UP PLAYER vol.4_FW小川航基(桐光学園高)

ゲキサカ / 2015年07月27日12時13分

なるほど確かに、現在のU-18代表ではFW陣が競い合うように得点を量産。ストライカー不足が当たり前の各カテゴリー日本代表で珍しく、充実のラインナップとなっている。 邦本宜裕(福岡)、岩崎悠人(京都橘高)、杉森考起(名古屋)といったサイドハーフでの起用も考えられる機動系の選手たちとコンビを組むのは一美和成(大津高)、岸本武流(C大阪U-18)といったセンター [全文を読む]

Jリーガーたちの過酷な実情 年俸下限なしで月給10万円以下も、平均引退年齢25歳…

Business Journal / 2014年04月29日01時00分

さらに、浦和レッドダイヤモンズの槙野智章は、現在ブレイク中のタレントの水沢アリーとの交際が報じられている。 1993年発足時のブーム以降、人気低迷が続いたJリーグ。2007年から08年にかけて、アジアチャンピオンズリーグを浦和レッズとガンバ大阪が制覇したことで、人気復調の兆しが見えたが、その後が続かず。近年では、テレビ地上波でのJリーグ試合中継が減り、テレ [全文を読む]

本田圭佑 華々しいデビューの裏で漏れ伝わる辛口評価

アサ芸プラス / 2014年01月30日09時57分

日本代表選手の中で現在、本田は唯一マスコミの取材に非対応の選手なんです。本田に腰が引けて何も言わないサッカー協会も問題ですが、ファンを大事にするイタリアでは、こうしたふるまいはかなり非常識に映るんです」(前出・デスク) 地元紙の読者ページでは、「マーケティングを優先したとしても(本田を)獲得したのは間違いだ」といった批判も上がっているという。批判の背景に、 [全文を読む]

ザックジャパンに入れるべき新戦力は「中村俊輔らのベテラン選手」という声

週プレNEWS / 2013年07月20日06時00分

また、今現在のリーグで首位を走るチームから功労者が選ばれれば、ほかのJ選手たちだって『よし、俺も』と、モチベーションが上がるはずです」(スポーツ紙サッカー記者C氏) そして、このベテラン選手を忘れてはいけない。 「これまでは後半に遠藤の運動量が落ちたときなんか、中村憲剛(川崎・32歳)が引き継いでいた。だけど、去年から今年にかけての中村俊輔(横浜FM・35 [全文を読む]

サックスブルーからの挑戦状…“上位キラー”磐田が浦和に襲いかかる

ゲキサカ / 2017年06月16日12時27分

消化試合が1つ少ない浦和は現在、首位の柏と勝ち点7差の6位。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)との過密日程もあり、直近5試合は1勝1分3敗と調子を落としていたが、優勝レースに食らいついていくためにも3ポイントが欲しい一戦だ。 敵地に乗り込む磐田は第8節の鹿島戦(3-0)、第14節のG大阪戦(3-0)と、対戦時にいずれも2位だった相手を大差で破る“上位キ [全文を読む]

フォーカス