落書き 長嶋一茂に関するニュース

松本人志、長嶋一茂の落書き注意喚起に絶句

WEB女性自身 / 2016年11月27日17時00分

タレントの長嶋一茂(53)が27日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(毎週日曜・午前10時~)に出演し、タレント・所ジョージ(61)さんの事務所兼遊び場『世田谷ベース』に悪質な落書きがされていた事件についてコメントした。 『世田谷ベース』への落書きは今月7日の朝、計3カ所で見つかり、事務所関係者が警察に通報。壁や道路に赤いスプレーで「所ジョージ死刑」「サ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】江角マキコ、“落書き事件”に「頭の良い人だと思ってたけど…」の声。

TechinsightJapan / 2014年08月29日17時55分

だが今月28日に明らかになった「長嶋一茂邸に落書き」事件が本当なら、許し難い犯罪行為である。 江角マキコは名門私立に通う長女のママ友らと対立、相手グループの中心は長嶋一茂の妻だとする一部報道があった。その後を追うように明らかになったのが、今回の「長嶋一茂邸に落書き」事件。約2年前、江角が大手芸能事務所に所属していた当時のマネージャーに命じ、“バカ息子”など [全文を読む]

江角マキコ 「落書きを報道で知った」の矛盾に対して説明

NEWSポストセブン / 2014年09月18日16時00分

そして『週刊文春』(9月4日号)が、2012年の年末に、当時の江角のマネジャーが長嶋一茂(48才)邸に「バカ息子」「アホ」など落書きをしていたことを報じると、再び大騒動へと発展した。 江角と長嶋の妻は、子供が前述の学校の同級生で、親しいママ友同士だったが、4年前に亀裂が入り、不仲になったという、遺恨のあるふたりだった。 沈黙を守り続けた江角が、この件につ [全文を読む]

江角マキコ、落書き騒動の深層

NewsCafe / 2014年09月26日17時00分

タレント、長嶋一茂(48)の豪邸に「バカ息子」と落書きされた事件で、限りなくクロに近い灰色状態の女優、江角マキコ(47)。渦中の長女は二学期から都内の名門私立小学校には通わず、転校したとの話もあるほどで事件は尾を引いている。 「落書きは元マネージャーの"単独行動"と江角は言い逃れして世間が忘れるのを待っていますが、それに批判の声が殺到する中、その元マネージ [全文を読む]

江角マキコ 長嶋一茂宅落書き騒動でCM打ち切りの可能性検討

NEWSポストセブン / 2014年09月08日16時00分

やはりあの件が関係しているのでしょうか」(フジ関係者) 「あの件」とは「長嶋一茂宅落書き事件」のこと。報じた『週刊文春』によると2年前に江角が元マネージャーに命じて長嶋一茂宅の壁やガレージに「アホ」「バカ息子」などと落書きさせたというものだ。 「最近、江角が自身のブログでかつてママ友にいじめられていたことを告白しましたが、その時に江角さんと対立した相手が長 [全文を読む]

ビートたけしが江角マキコ&長嶋一茂“夢の共演”を提案も実現せず

デイリーニュースオンライン / 2015年02月27日07時50分

2月26日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、2月22日に行われた『第24回東京スポーツ映画大賞』の人気企画『第15回ビートたけしのエンターテインメント賞』の話題賞候補に、2014年の“落書き事件”で世間から注目を集めた女優・江角マキコ(48)と、タレント・長嶋一茂(49)の名前が挙がっていたことを伝えている。同誌によると、同授賞式の審査委員長・ビートたけし [全文を読む]

江角マキコのブログに応援コメ殺到の不自然。辻・杉浦夫妻から学ぶべきこと

messy / 2014年09月13日12時00分

女優の江角マキコ(47)の元マネジャーの男性が、タレントの長嶋一茂(48)宅に「バカ息子」など落書きをしたとして大騒動に発展した。第一報は「週刊文春」(文藝春秋)だったが、これを受けて、近く江角に対して警視庁が参考人としての事情聴取を行う予定であることまで明らかになった。 一連の騒動は、7月30日に江角が公式ブログに“幼稚園時代のママ友からのイジメ”を告白 [全文を読む]

江角マキコ「“バカ息子”はマネジャーが勝手に」と弁明も、さらなるタレント生命の危機へ

日刊サイゾー / 2014年09月10日15時00分

一連の騒動で窮地に立たされている江角マキコが、長嶋一茂邸へ落書きした器物損壊事件(関連記事)の過失について弁明し、騒動を謝罪した。 江角は、7月に“ママ友いじめ”を受けていたことをブログで告白。これを発端に、週刊誌上でママ友から「こっちこそ被害者」と反撃を受けるなど、事態が泥沼化していた。そんな中、先月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、江角の長女をい [全文を読む]

高橋真麻の育ちすぎたバストに大興奮して思わずセクハラしてしまったタレントは…

しらべぇ / 2016年12月16日06時00分

真麻のおっぱい見ながらコオロギラーメン食べる長嶋一茂、「バカ息子」の落書きされても仕方ない #ダレトク pic.twitter.com/7dZDMeHMjx— てれツイ (@cafeindrunker) 2016年12月13日長嶋一茂、真麻のおっぱい見ながらってwww#ダレトク— ♡ゆかちん♡ (@sscsnpk1006) 2016年12月13日#ダレトク [全文を読む]

レギュラーゼロの江角マキコに追い打ち! “ゴシップ解禁”で、さらなる窮地に!?

日刊サイゾー / 2016年04月19日11時00分

落書き騒動で世間を騒がせた女優の江角マキコについて、各局の情報番組では「江角のゴシップ解禁」になったという。元プロ野球選手の長嶋一茂の自宅に落書きをした疑いでイメージダウンとなり、4月の番組改編でレギュラー番組がゼロになった江角が、ある局の情報番組ADによると「付き合いがなくなったことで、これまで控えていた江角ネタの扱いが解禁になった」というのだ。 「局で [全文を読む]

長嶋一茂、落書き騒動で笑いを取る! 辻仁成はあの名言をギャグ化!? タブー解禁の芸能人

サイゾーウーマン / 2015年02月08日16時00分

B美 この前の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系、2月5日放送)見た? 長嶋一茂があの“江角マキコ、長嶋邸落書き事件”をネタにしまくってて、大爆笑したわ。A子 一茂って、去年くらいから、結構、落書き騒動に言及してるよね。前も『ダウンタウンDX』(同、14年11月20日放送)で松本人志が周りの出演者に向かって「わかってると思いますけど『落書き』とか言わないで [全文を読む]

江角マキコ 「1年半前の落書き」発覚と大手芸能事務所からの「独立」の因果関係は!?

アサ芸プラス / 2014年09月19日09時59分

江角マキコといえば、元プロ野球選手・長嶋一茂氏の都内自宅に、元マネジャーが「バカ息子」などと落書きをした騒動が波紋を広げている。 江角は自身のブログで騒動になっていることを謝罪しつつも、落書きをするよう指示したというような自身の関与は否定したのだ。 たかが落書きという声もある一方で、一茂サイドが被害届を警視庁の所轄署に提出していることもあり、元マネジャーは [全文を読む]

過熱する江角マキコ報道「被害妄想」「パパ友を誘惑してた」

messy / 2014年09月18日20時00分

ブログでママ友からのいじめを告白したことが発端となり、自身の元マネジャーが長嶋一茂(48)宅に「バカ息子」と落書きをしていたことまで明るみになるなど大騒動の渦中にいる江角マキコ(47)。 その後、ブログで落書きの件への関与を否定しつつ謝罪した江角だったが、一連の騒動が原因で彼女の長女が転校したとの情報や、件の元マネジャーが勤務先を退職したとの話もあり、続報 [全文を読む]

「バックに大物の存在」江角マキコの対敵・長嶋一茂妻、ママ友いじめ関与のうわさが出ないワケ

サイゾーウーマン / 2014年09月18日13時00分

長嶋一茂宅の落書き事件が明るみに出て、警察から事情聴取を受ける可能性があると伝えられている江角マキコ。まだまだ一連の騒動の着地点は見えないが、江角批判の最右翼であったはずの「女性セブン」(小学館)が、突然“方向転換”を図った。そもそもの騒動の発端は、ブログでママ友イジメの過去を明かした江角に対して、同誌が反論記事を掲載したことからだったが……。 18日発売 [全文を読む]

長嶋一茂、“バカ息子”落書き「さんまさんだと思った」

ザテレビジョン / 2017年09月07日11時00分

自宅の壁に「バカ息子」と落書きされた事件に言及した。 MC陣との「弁償にならないんですか?」「ならないよ」「じゃあ、泣き寝入りじゃないけど、まあいいかっていう風に判断したんですか?」「まあ、そういうことだ」というトークに、スタジオでは「へえ~っ!」と驚きの声。 「別に俺自身は何とも思ってないから」と言う長嶋に、澤部が「最初、『バカ息子』って書いてあって…」 [全文を読む]

長嶋一茂「ここが落書きの壁」羽鳥アナに案内!?

日刊大衆 / 2017年07月06日14時05分

羽鳥が初めて一茂宅を訪問したときに、聞きもしないのに「ここが落書きされた壁」と、元女優の江角マキコ(50)のマネージャー(当時)に落書きされた壁を、一茂自らが教えてくれたと明かし、久本らは爆笑。番組でもプライベートでも、変わらず奔放な発言をする一茂に、羽鳥は「(家でも)あのまんまです」とコメントしていた。 「長嶋一茂は、批判を気にせずに自分の思ったことを主 [全文を読む]

岡村隆史、江角氏引退に「大人の対応」

日刊大衆 / 2017年02月03日10時30分

24日の『白熱ライブビビット』(TBS系)では、千原ジュニア(42)が、2014年に江角氏の元マネージャーが起こした長嶋一茂(51)宅への落書き事件に触れ、「壁に“バカ息子”って書いたときにバラエティに、出演されて一緒になったことありますけど、そのことを絶対に芸人にいじらせない空気を出していたから、それは違うんじゃないのって」「バラエティでは、ネタとして [全文を読む]

江角マキコ、引退ではなく「クビ」だった! 全真相と巨額詐欺男X氏との“ただならぬ関係”

tocana / 2017年01月27日09時00分

もともと2014年8月の長嶋一茂邸への落書き事件以降、開店休業状態だっただけに、わざわざ引退を発表する必要もないように思える。これについて、舞台裏を知る関係者は「みんな彼女の元を去っていってしまったからです」と証言する。 江角は14年3月に女性社員と一緒に大手所属事務所「研音」を退社。独立後も順風満帆だったが、同年8月に「週刊文春」(文藝春秋)で落書き事件 [全文を読む]

子供のために?芸能界引退する江角マキコの”苦しい言い訳”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月02日07時05分

昨年末から始まった“降板ラッシュ”の発端は、2014年に発覚した元プロ野球選手で長嶋茂雄(80)の息子・長嶋一茂(50)宅への落書き騒動だ。 江角は2014年に自身のブログで、“長女が幼稚園時代にママ友たちからイジメを受けた”という内容の記事を投稿。これに対し、そのママ友とされる人々は猛反発し、「江角は、むしろ加害者だった」という反論を週刊誌で激白してい [全文を読む]

江角マキコの姿が消える…「バカ息子」事件から一年半。これはベッキーの未来の姿か

messy / 2016年01月26日21時00分

だがその株を急降下させてしまったのが、2014年8月に「週刊文春」(文藝春秋)が報じた、“落書き事件”である。12年12月に、子供が同じ学校に通う長嶋一茂夫人への嫌がらせとして、長嶋宅の外壁に「バカ息子」などの落書きを施したという疑惑をもたれた事件だ。 報道後も江角は変わらずテレビ出演を継続していたが、契約更新に伴いついに相次ぎ降板となった。「女性自身」で [全文を読む]

フォーカス