現在 長嶋茂雄に関するニュース

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

現在、地上波のプライムタイム(19時~23時)の番組の実に8割近くがバラエティ。要は、バラエティを制す局がテレビ界を制すということ。 そう、日テレが強いのは、日曜日だけじゃなく、他の曜日もバラエティがとことん強いからなんですね。最近は月曜日もかなり強力で、『有吉ゼミ』から『世界まる見え!テレビ特捜部』、『人生が変わる1分間の深イイ話』、『しゃべくり007』 [全文を読む]

2日ゴールデン放送の地上波巨人戦中継に物議…「役割を終えた」との声も

しらべぇ / 2017年05月03日19時00分

■かつては全試合地上波放送も現在は…巨人戦中継は長らくテレビのキラーコンテンツとされ、かつてはほぼすべての試合が地上波で生中継されていた。長嶋茂雄・王貞治・原辰徳・松井秀喜などスターが躍動し、高視聴率を誇っていたのだが、2001年に長嶋が監督を勇退した頃から注目度が下降。さらに成績低迷やCS中継の普及、北海道日本ハムや東北楽天など地域に根づいたチームの登場 [全文を読む]

レジェンドたちが伝えたい野球への愛。ON対談初の書籍化『ONの”メッセージ”』発売!

PR TIMES / 2015年09月18日12時43分

野球界を牽引し続けた英雄たちが、いま現在、伝えたいメッセージとは一体何なのか? レジェンドたちの会話には、野球への愛、野球への熱い想いが満ち溢れています。 また長嶋氏と王氏より、この歴史的な対談の感想・書籍化への、スペシャルメッセージが到着。 星野氏の特別インタビューでは、ONに対する特別な思いなどを伺いました。 さらにONのメッセージを受け継ぐ者たちと [全文を読む]

長嶋茂雄と一茂“父子の骨肉の争い“が継続!? 正月放映の特番でも...

リテラ / 2015年01月06日08時30分

父と息子の確執はやはり現在も続いていたのか。そのことを痛感したのが、1月3日に放映された『独占!長嶋茂雄の真実〜父と娘の40年物語〜』(TBS系)だった。 この番組は、2004年に脳梗塞で倒れた"ミスター"長嶋茂雄の壮絶なリハビリ生活に密着したドキュメンタリーだ。今はバットを振れるほどに足腰がしっかりし、口調もかなりはっきりするまでに回復した長嶋だが、発病 [全文を読む]

【プロ野球】「長嶋茂雄球場」は2つある!? ネーミングライツ、個人名…。球場名にまつわるエピソード

デイリーニュースオンライン / 2017年03月30日16時05分

2011年から「ほっともっとフィールド神戸」となり現在に至っている。 今回、球場名が変わったメットライフドームもこれまで何度も球場名が変わってきた。2005年から2年間は「インボイスSEIBUドーム」、2007年は「グットウィルドーム」、2008年からはネーミングライツを取得する企業はなく、正式名称の西武ドーム。2015年から2年間は「西武プリンスドーム」 [全文を読む]

プロ野球史上最高のスターは長嶋茂雄!現役で2位に輝いたのは…

しらべぇ / 2017年02月22日21時00分

■プロ野球史上最高のスターは?長嶋氏といえば、プロ野球人気の礎を築いたスーパースターのひとりで「ミスタープロ野球」といわれ、その人気は現在でも高い。彼が現役を引退して約40年、様々な選手が登場してきたが、オールドファンからは「最高の選手はやはり長嶋」との声が根強い。一方で、若者や中年層からは別の名前も。現在のプロ野球ファンが選ぶ歴代最高のスーパースターは、 [全文を読む]

「長嶋家はもともとバラバラ、家族断絶」長嶋一茂が父との確執報道めぐり法廷で衝撃証言

リテラ / 2015年05月10日12時30分

すぐ後には、田園調布の長嶋邸で保管されていたミスターゆかりのグッズが、福井県のミュージアム(現在は閉館)に大量に売却されていたという報道も出ました。この記事では一茂がミスターに無断で処分したとされましたが、一茂はこれを否定。Aさんサイドのメディアへのリークを疑うようになったようです」(週刊誌記者) これを機に、週刊誌を中心に"長嶋家骨肉の争い"という見出し [全文を読む]

力道山刺殺、裕次郎披露宴、美空ひばり塩酸事件現場の今の姿

NEWSポストセブン / 2013年05月22日07時00分

現在、その場所に何が建っているのか、紹介しよう。 ■力道山刺殺事件 (ホテルニュージャパン「ニューラテンクォーター」・千代田区) 戦後のヒーロー・力道山の刺殺事件は昭和38年(1963年)12月8日に起きた。場所は広さ660坪を誇り国際的社交場として知られたナイトクラブ「ニューラテンクォーター」。暴力団組員と口論になり腹部を刺され入院、1週間後に39歳で死 [全文を読む]

長嶋監督はスパルタ方式 体罰も辞さず江川卓氏「怖かった」

NEWSポストセブン / 2012年12月19日16時01分

その意識革命のために、我々はここ、伊東に馳せ参じたんだ!」 翌日からの練習も、現在では考えられないほどのスパルタ式で、しかも基礎練習の繰り返し。ランニング、ダッシュ、筋トレ、ノックに投げ込み。夜も途中で「ビール1本」が許可されるまでは、アルコールもいっさい禁止という厳しさだ。若手とはいえ、すでに一流の技術を持ったプロが、なぜここまでやらなければならないのか [全文を読む]

誰もが「正しいフォーム」を習得できる「スポーツ特化のモーション解析デバイス」が登場

lifehacker / 2017年05月31日10時00分

現在はサイクルコンピューターと呼ばれる手のひらサイズのGPSデバイスをハンドルバー上に設置して、自分のデータを見ながら自転車を楽しむライトユーザーも珍しくない。これがプロになると、コーチも同時にデータを確認し、選手の状態を把握する。そして選手に無線で指示を出しながらレースに挑むのが、現在の「常識」となっている。「1977年にポラールというメーカーが指先で計 [全文を読む]

フォーカス