息子 長嶋茂雄に関するニュース

TV局 多数の芸能、政財、スポーツ界等のVIP子弟社員の名前

NEWSポストセブン / 2013年09月21日07時00分

しかし驚くべきはみのもんたの2人の息子が揃ってテレビ局に在籍していたことだ。“みのクラスになると息子をテレビ局に入社させるのもたやすいのか”と思った視聴者は少なくなかったのではないか。 各局を見渡せば、芸能界、政財界、スポーツ関係など、様々なジャンルのVIPの子弟がズラリ。 ざっと挙げてみよう。特に「VIPの家系」が多いといわれるのがフジテレビだ。俳優・宇 [全文を読む]

長嶋茂雄一族も“後妻”トラブル!? ミスター利権をしゃぶる謎の“おばさん”とは?

サイゾーウーマン / 2015年01月30日13時00分

09年、保管されていた茂雄ゆかりの品々(新人王のトロフィーや記念品、愛用品など)を、息子である一茂が無断で売却していたことが報じられたのだ。この出来事に対し、長嶋家次女の三奈が、「窃盗罪で訴えるしかない」と激怒したことも一部で伝えられた。 「三奈が代表を務める『オフィスエヌ』が取得していた『長嶋茂雄』という名前の商標登録を、その登録期限が切れたタイミングで [全文を読む]

大沢樹生、世の中の”デキ婚カップル”に涙の提言「DNA鑑定はすべき」

デイリーニュースオンライン / 2016年01月31日08時00分

■DNA鑑定のきっかけは「お前の子どもは俺の子だろ」 そして注目の二軒目には、元女優・喜多嶋舞との息子が、DNA鑑定の結果、実子ではないと判明し、世間を騒がせた元光GENJIの大沢樹生が登場。眼光鋭い表情で店内で待ち受ける大沢の姿にダウンタウンも「(店に)入りたくない」と固い表情に。 事の発端は、当時妊娠三か月であった喜多嶋と、子供ができたことが後押しと [全文を読む]

“リアル星一徹”の父が語る首位打者・角中勝也の育て方 「2回獲って満足するなよ!」

週プレNEWS / 2016年10月14日06時00分

僕がおらんかったら、勝也は普通の子ですよ」 角中には3歳の息子がいるが、稔さんは、孫には野球をやらせたくないと話す。 「息子と一緒のことを、かわいい孫にさせたくない。倒れる寸前まで走らせたり。今でもかわいそうなことしたって思っとるわいね。それでも、孫がやる言うたら、夏休みは『石川県で1ヵ月キャンプや!』って言うてしまうやろね(笑)。勝也も嫁に『もし、子供が [全文を読む]

「ミスター・長嶋茂雄」を育んだ佐倉ものがたり(8)父・利が最期に遺した言葉

アサ芸プラス / 2016年12月09日12時56分

「シゲ、きょうのホームランはでかかったな‥‥」 息子に必要以上緊張させまいと、あえて嘘をつき、お忍びで球場まで観戦しに行ったのである。 利は農業を営む傍ら、臼井町役場の収入役を務めていた。祖父の彦三郎も、臼井町役場の助役兼財務係だった。 武彦は生前、わたしが取材に行くと、いつも利の自慢話をした。「おやじは若い頃、色白のせいで、秋祭りになると、地元青年団主催 [全文を読む]

長嶋茂雄氏の生家が廃墟化 ネズミや蛇も出る状態に

NEWSポストセブン / 2016年10月16日16時00分

その後は息子さん、つまり茂雄さんの甥っ子さんが相続したようです。彼は千葉市で暮らしていて、空き家になってしまったこの家は荒れ放題です」 近隣への被害は少なくない。別の住民はこう窮状を訴える。 「ボウフラやらがわいているようで、窓を開けていると蚊や羽虫が家の中に入ってくる。ネズミや蛇も出るし、大木にはカラスが巣を作っている。蔦もコンクリート壁をつたってこちら [全文を読む]

“バカ息子の代表”長嶋一茂コメンテーターに呆れる声多数! トーク番組を我がものに……

日刊サイゾー / 2015年11月09日20時30分

自身は『俺はバカ息子キャラとして生きていく』とテレビで発言しているように、完全に開き直った状態。もう怖いものなどないのでしょうね」(同) ためらいもなく過激な発言を連発できるあたりは、さすが“大物の息子”といったところか。彼の発言がお茶の間を呆れさせ、賑わせる日は当分続きそうだ。 [全文を読む]

落合福嗣クンだけじゃない、名選手たちが輩出した“ドラ息子”たち

アサ芸プラス / 2015年06月27日17時59分

中には「プロのドラ息子」なんていう声まである。 しかし、福嗣クン以外にも“球界のドラ息子”は大量生産されている。 真っ先に名前があがるのが、「電車の切符の買い方を知らなかった」伝説のある長嶋茂雄の長男・一茂や、長嶋家に負けず劣らずブルジョワジーな一家、野村克也の三男・克則(ヤクルトコーチ)だが、この両者は“バカ息子”と呼ばれることはあっても、ドラ息子とは呼 [全文を読む]

【お家騒動】「大塚家具」だけじゃない有名企業の親子バトル

デイリーニュースオンライン / 2015年03月07日09時50分

「佐川急便」創業者の佐川清氏が、経営方針で対立していた大阪佐川社長で、実の息子の栗和田榮一氏を解任(注2)。 2014年。三重県の老舗和菓子製造販売の「赤福」で、浜田典保社長が退任し、後継社長に実の母、77歳の勝子氏がついた。 2015年。ロッテグループの持株会社ロッテホールディングス(HD)は重光宏之副会長について、ロッテ商事の社長など兼務するグループ3 [全文を読む]

長嶋茂雄氏生家が荒廃 町内会長は市への環境改善相談も検討

NEWSポストセブン / 2016年10月17日07時00分

この家にはかつて茂雄氏の兄が住んでいたが、5年ほど前に亡くなった後はその息子、つまり茂雄氏の甥が相続した。が、その甥は千葉市で暮らしているため、生家は長く空き家になってしまっているという。住民のなかには、茂雄氏に処分を求める声もある。が、古くからの長嶋家の知人はこう話す。 「この家は長嶋さんにとって、大好きだったお母さんやおばあさんとの思い出が詰まった大切 [全文を読む]

フォーカス