成績 長嶋茂雄に関するニュース

【プロ野球】《巨人・大補強》補強の本気度と順位はリンクする? FAで2選手を獲得した翌年の成績を独自検証!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月08日16時06分

巨人は今年だけでなく、過去に7回、1年で2人のFA選手を獲得しているが、その翌年の成績はどうだったのだろう。 今回は過去のFA選手の顔ぶれから補強における「獲得本気度」を探り、その成功具合(「成績リンク度」)を、筆者の独断による「◎」「◯」「△」の三段階で評価してみたい。 ※以下、カッコ内は移籍前の在籍チーム ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュース [全文を読む]

【プロ野球】80歳を迎えた長嶋茂雄の功績を10年刻みで振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年02月20日16時00分

26本塁打、105打点(それぞれ王貞治に次ぐ2位)の好成績で3度目のMVPも受賞した。 プライベートでは同年1月26日に長男、長嶋一茂が誕生している。 [30代長嶋茂雄の戦績] 首位打者(1966年、1971年)、打点王(1968〜1970年)、シーズンMVP(1966年、1968年、1971年)、日本シリーズMVP(1969年、1970年)、リーグ優勝( [全文を読む]

菅野が1年目から13勝 最近5年間の巨人のドラ1は?

ベースボールキング / 2017年01月13日10時00分

ここでは、最近5年間で巨人からドラフト1位指名を受けて入団した選手たちが、1年目にどのような成績を残したのか振り返っていきたい。 最近5年間では、12年ドラ1の菅野智之の活躍が光る。プロ入り1年目の13年は開幕から先発ローテーションの一角に入り、新人王を逃したがチームトップタイの13勝を挙げた。2年目以降は、巨人のエースに君臨し、最優秀防御率(14年、16 [全文を読む]

チーム牽引するSB柳田悠岐 球史を振り返っても桁違いの活躍

NEWSポストセブン / 2015年08月21日16時00分

開幕以来、不動の3番打者としてチームを牽引してきた柳田悠岐は、100試合を超えてシーズン終盤に差し掛かった現在、打率3割7分、24本塁打、23盗塁(成績は8月17日時点。以下同)。このままいけばシーズン終了時点で打率3割超えは確実、34本塁打、33盗塁となるペースで、2002年の松井稼頭央(当時西武、現楽天)以来13年ぶり、史上9人目の「トリプルスリー」が [全文を読む]

V9戦士の躍動がよみがえる。永久保存版「読売巨人軍公認 栄光のV9正史」1965-1973 全1,241試合 報道記録完全予約限定商品、予約販売受付開始!

@Press / 2015年11月19日15時00分

『読売巨人軍公認 栄光のV9正史』は、V9時代の報知新聞原寸復刻版全1,368面、数々の名場面などをおさめた秘蔵写真を含む写真集、年度別チーム成績・選手の個人成績記録などをおさめた詳細なデータ集のセットに、特別付録として読売巨人軍球団ロゴ入り特製ルーペが付いた、完全予約限定商品です。半世紀を超えてなお語り継がれる栄光の軌跡全1,241試合を、当時の新聞報道 [全文を読む]

巨人V9戦士の年俸はあまりに安かった 堀内恒夫は26勝しても1800万円

ソーシャルトレンドニュース / 2015年07月21日17時24分

たとえば、1972年の堀内は48試合に登板し、26完投を挙げ、26勝9敗という抜群の成績を残し、MVPを獲得。しかし、オフの契約更改では、年俸1460万円(推定。以下同)から1800万円に上がっただけ。わずか340万円しか昇給しなかった。 V9が終わった74年に長嶋茂雄が引退。翌年、監督に就任すると、球団史上初の最下位に陥る。すると、そのオフ、高橋は張本 [全文を読む]

長嶋監督はスパルタ方式 体罰も辞さず江川卓氏「怖かった」

NEWSポストセブン / 2012年12月19日16時01分

時には選手への体罰も辞さなかった彼の厳しさは、1979年、ペナントレース5位という悲惨な成績に終わったシーズンオフに行われた伊東キャンプに象徴されている。 巨人ファンでも「秋に伊東キャンプ?」と訝しむ人もいるかもしれない。それは当然で、このキャンプは監督自らが選んだ当時の若手精鋭18人のみを対象に行われたのだ。 本書は、参加選手たちへのインタビューを中心に [全文を読む]

村田修一は広澤、江藤に続く巨人FA入団の犠牲者か

NEWSポストセブン / 2017年05月26日16時00分

マギーは三塁のレギュラーに定着し、安定した成績を残しているが、そのぶん同じポジションで昨年のチームの本塁打王、打点王である村田修一がベンチに追いやられる異常事態になっている。野球担当記者が話す。 「4番ばかりを取り続けた1990年代後半の長嶋茂雄監督時代に舞い戻ってしまった感があります。38歳の阿部慎之助が年間を通して活躍できないという見通しの上でのマギー [全文を読む]

かつては花形ポジションも…日本の三塁手事情

ベースボールキング / 2017年01月14日12時00分

ただし、日本一連覇に貢献した2015年の大活躍は申し分なかったものの、それを受けての昨年はやや物足りない成績に終わった。 しかし、上でも触れたように、WBCへ挑む代表メンバーでは唯一の「本職・三塁」となることが濃厚。たしかに前年と比べると物足りなさも感じる成績であるが、27本塁打・85打点という数字は決して悪い成績ではない。小久保裕紀監督の中に、松田の牙城 [全文を読む]

【プロ野球】来季は前途多難!? 巨人・高橋監督では”優勝できない”ワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年12月21日07時00分

だが、長嶋さんもそうだった(監督初年度は巨人の歴史上唯一の最下位)ように、初年度は散々な成績に終わると思うよ」とはある巨人OBの弁。数年後はともかく来季の巨人は不安だらけだ。 長嶋茂雄、王貞治、原辰徳など「巨人一筋のスター選手」が監督就任の不文律であるジャイアンツらしく、高橋は正しく「スター性」で監督になった。 阪神・金本監督とDeNA・ラミレス監督は「現 [全文を読む]

フォーカス