作品 堤幸彦に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、90年代の純愛ドラマの扉を開いたのは、91年1月スタートの『東京ラブストーリー』だった。それ以前、連ドラ界はトレンディドラマの時代だったのが、『東ラブ』以降は“純愛ド [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

水谷豊さんの人気作品『相棒』、2時間ドラマから連続ドラマとなり、次回作からは相棒も4代目、今年で15年目の長寿番組となりました。人気になる作品には主演やヒロイン、敵役だけではなく、ドラマに奥行きを持たせる名脇役が必ず存在します。プレシーズン1話から出演しているライバル刑事役の川原和久さん(53)、プレシーズン2話から監察医・その後は鑑識として出演されている [全文を読む]

意外!?江口洋介、過酷な撮影中、妻に電話した内容は…

Woman Insight / 2015年08月21日17時00分

この作品は「とにかく面白い」。 皆さん存分に楽しんでください。 やべきょうすけさん 観てくださった方々がいろいろなとらえ方ができる作品です。 また、たくさんのキャラクターが出てきますが、いろいろな話が盛り込まれています。 その中で人と人との絆も描かれている作品だと思います。 松島花さん 私はこの作品が初めての映画出演で、かなりプレッシャーもありワクワク感も [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

一応、おさらいしておくと、これ、21世紀の16年間にオンエアされた連ドラの中から、好きな作品を3つ選んで応募してもらい、それを集計したもの。年末年始のお忙しい時にも関わらず、ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。では早速、発表します。――おっと、前回の「あなたの2016テレビの記憶」の発表と違い、今回はいきなり1位からの発表です。■21世紀連ドラ [全文を読む]

『真田十勇士』堤幸彦監督インタビュー「僕は“プロ”なんだけど“プロ”じゃない」

ガジェット通信 / 2016年09月30日19時00分

歴史に名を刻んだ「大坂の陣」から400余年、“真田イヤー”と呼ばれる今年、2014年に大ヒットを記録したスペクタクル超大作舞台「真田十勇士」が、同作品の演出を手がけた奇才・堤幸彦監督により映画化され、全国公開中となります。 本作は、天下の名将と名高い真田幸村が実は“腰抜けの武将”であった、という大胆な発想を基に、堤幸彦監督が手がけるエンターテインメント超大 [全文を読む]

良作多し!視聴も録画も追いつかない!?お薦めしたい2016夏(7月期放送)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年07月11日12時15分

1話を観て既にどっぷりハマってしまった方もいれば、まだどの作品を継続視聴するか決めきれずに迷っている方もたくさんいると思います。 今回は、ドラマ大好きな筆者がこの夏に視聴したいドラマを、絞りに絞って5作品選んでみました。もちろんここで紹介させて頂く作品以外にも素敵な作品は多数ありますが、中でも特にお薦めの作品となります。1話を見忘れてしまった!なんて方も、 [全文を読む]

「『悼む人』は人類の宝」と、天童荒太が堤幸彦を絶賛

Movie Walker / 2015年02月05日12時15分

原作者の天童と堤監督が語る“悼むこと”とは…?本作を「人類の宝物」と絶賛する天童は、作品に込めた思いをこう語る。 「いま、世界は一つ一つの命のかけがえのなさに確信を持てなくなっていると思うんです。確信を持てないがゆえの不安や苛立ちや競争意識によって、簡単に紛争が起き、簡単に別の命を奪うことが行われている。我々が望んでいるのは、平和で、人の命がそれぞれ尊重さ [全文を読む]

向井理、佐藤二朗から「9等身?」と言われ「8.5等身です」と訂正

Movie Walker / 2016年11月15日19時44分

向井は「トータルで約5か月間かけて作ってきた作品を、こうしてみなさんにお目にかけることができて幸せです」と挨拶をした。 向井はタキシードを着た感想を尋ねられたが「うーん…」とうなるばかりだ。佐藤が「だいじょうぶかよ、おい」とツッコみ、木村が「カッコいいですよね」と合いの手を入れると、向井は「いやいや、そりゃまあね」とまんざらでもない笑みを浮かべる。 佐藤が [全文を読む]

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

■事件は警視庁捜査一課で起きている!? いや、もっと驚くのは、このうち上位4作品がいずれも「警視庁捜査一課」が舞台になっている点。つまり、1つの部署の中で同時に4つのドラマが並行して進んでいることになる。かつて『踊る大捜査線』で織田裕二扮する青島刑事は、「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」の名セリフを吐いたけど、それは誤りだ。正しくは [全文を読む]

3月11日「TBSオンデマンド」で配信スタート・CS放送「TBSチャンネル1」でテレビ初独占放送『Kesennuma,Voices.5 東日本大震災復興特別企画~2015堤 幸彦の記録~』

PR TIMES / 2016年03月04日12時58分

株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:武田信二、以下TBS)は、映画監督、演出家 堤幸彦が東日本大震災の被災地である気仙沼において撮影した作品『Kesennuma, Voices.5 東日本大震災復興特別企画~2015 堤 幸彦の記録~』を東日本大震災から5年となる2016年3月11日(金)、TBSオンデマンド(TBSの動画配信サービス) [全文を読む]

異常な計算高さ! 清水富美加の勢いが恐ろしい!

tocana / 2015年11月11日09時00分

さて、コメディエンヌとしてやっていくにはコメディ作品の出演は必須条件である。映画でいうと、三谷幸喜作品が有名だが、残念なことに女優として名を馳せている人しかキャスティングされないので、一旦、スルーしよう。抑えておきたいのは矢口史靖監督作品である。矢口監督作には上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカの『スウィングガールズ』のほか、西田尚美『ひみつの花園』など [全文を読む]

原作を読むなら今だ!映画「イニシエーション・ラブ」好発進!

okmusic UP's / 2015年05月28日09時00分

主演は松田翔太、前田敦子と話題に事欠かない豪華なメンバーで原作小説にも負けないインパクトのある作品となっている。とまぁ気取った説明はこのくらいにして、とにかくこの作品はスゴい。何がスゴいかって、この作品「これで映像化出来ないわけがない」くらいに丁寧な描写で脳内鮮やかに映像を浮かべさせておいて、最後まで読んだ時に「これは映像化は無理だ」と思わせるところがスゴ [全文を読む]

高良健吾、「どの作品もどの役も、この役に必要だったと思えた」と『悼む人』への手応えを語る

Movie Walker / 2014年12月01日13時17分

2015年で俳優デビュー10周年となる高良は「いままで自分がやってきたことが全部つながったというか、どの作品もどの役も、この役に必要だったと思えた作品です」と手応えを口にした。 主演の高良が演じたのは、縁もゆかりもない死者を“悼む”ために全国を放浪する青年・坂築静人役。「10代後半から、20代中盤くらいまで、自分が死んだり、人を殺してしまったりする役が本当 [全文を読む]

オフィスクレッシェンド、新たな才能を発掘するアワード「未完成映画予告編大賞」の作品募集を開始

ITライフハック / 2016年09月14日09時00分

国内映画の制作を手がけるオフィスクレッシェンドは、映像制作における日本の新たな才能を発掘するためのアワード「未完成映画予告編大賞」を創設し、作品の募集を開始した。期間は2016年11月30日まで。このアワードでは、新作映画のプレゼンとなるような3分以内の予告編映像を国籍、プロ・アマ問わず広く一般から募集する。なお作品には、ある特定の地域を舞台に制作するとい [全文を読む]

夏ドラマはNHKの一人勝ち?打ち切り最右翼は『神の舌を持つ男』か

しらべぇ / 2016年07月26日17時30分

同クールの他作品に比べても、頭ひとつ抜かされている形になった。しらべぇが行なった調査では、夏クール作品において、『神の舌を持つ男』は期待度5位。そこには届かない結果になってしまったか。■民放で13%超えの放送回を持つ作品はいまだゼロもっとも、期待度1位だった『時をかける少女』(日本テレビ)は初回9.4%だったのが第3回では4.6%と半減。『刑事7人』(テレ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】秋元康が堤幸彦監督の還暦祝い「34年来の盟友です」

TechinsightJapan / 2015年11月15日13時55分

ドラマ・映画で大人気となった『TRICK』シリーズや『20世紀少年』など数々の作品を輩出する堤幸彦さんと作詞家やAKB48総合プロデューサーとして知られる秋元康。この2人がどのようにして盟友となったのか。 堤幸彦さんが大学を中退して放送業界に入った当初は、アシスタントディレクター(AD)をしていたが仕事ができずによく怒られたという。そんな苦労を経て、19 [全文を読む]

無謀すぎる!?松島花を困惑させた、監督からの“むちゃぶり”って?

Woman Insight / 2015年09月12日21時30分

作家・東野圭吾 最大の勝負作『天空の蜂』を『20世紀少年』シリーズなど様々な作品を手がけてきた堤幸彦監督がメガホンをとり、完全映画化! 20年に渡り “映像化は絶対不可能” と言われ続けた圧倒的なスケールで描かれるサスペンス・アクション超大作、映画『天空の蜂』が 、いよいよ 9月12日(土)より全国公開となりました。 主人公である超巨大ヘリ<ビッグB>の設 [全文を読む]

3月11日 TBSオンデマンドで配信スタート CS放送「TBSチャンネル1」でテレビ初独占放送「Kesennuma,Voices.4 東日本大震災復興特別企画~2014 堤 幸彦の記録~」

PR TIMES / 2015年03月10日10時23分

被災地・気仙沼の“心の復興”を祈り 大切な人への想いを“声”として届ける株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原俊爾、以下TBS)は、映画監督、演出家 堤幸彦が東日本大震災の被災地である気仙沼を舞台に撮影した作品「Kesennuma, Voices.4 東日本大震災復興特別企画~2014 堤 幸彦の記録~」を東日本大震災から4年となる2 [全文を読む]

天童荒太も絶賛の完成度!「必ずハンカチのご用意を」

Movie Walker / 2015年01月26日21時59分

「スタッフ、キャスト全員が全身全霊で取り組んだ作品」と語った堤監督の言葉通り、出席者が本作への愛情を熱く語った。 不慮の死を遂げた人を“悼む”ため、日本全国を旅する坂築静人を演じた主演の高良。「俳優デビュー10年目の節目にこの役を演じられて嬉しかったです。映画は見ていただかないと存在していないようなものなので、ぜひ一人でも多くの人に見てもらいたい」と観客に [全文を読む]

TSUTAYA高橋さん推薦!観ればハマる「女性にオススメ映画DVD」11選

Woman Insight / 2014年01月01日11時00分

そんな人は、テレビに飽きたらDVDです! 今回は、みんなが知ってる大ヒット作品や大作モノではなく、“観ればちょっとハマっちゃう”という視点で、TSUTAYA 広報の高橋祐太さんに“11本”をご紹介いただきました。ひとりで観るもよし、カップルや家族で観るもよし。洋画、邦画、アニメと幅広いジャンルをご紹介しますので、この正月休みに是非チェックしてみてください! [全文を読む]

フォーカス