作品 堤幸彦に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、90年代の純愛ドラマの扉を開いたのは、91年1月スタートの『東京ラブストーリー』だった。それ以前、連ドラ界はトレンディドラマの時代だったのが、『東ラブ』以降は“純愛ド [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

水谷豊さんの人気作品『相棒』、2時間ドラマから連続ドラマとなり、次回作からは相棒も4代目、今年で15年目の長寿番組となりました。人気になる作品には主演やヒロイン、敵役だけではなく、ドラマに奥行きを持たせる名脇役が必ず存在します。プレシーズン1話から出演しているライバル刑事役の川原和久さん(53)、プレシーズン2話から監察医・その後は鑑識として出演されている [全文を読む]

意外!?江口洋介、過酷な撮影中、妻に電話した内容は…

Woman Insight / 2015年08月21日17時00分

この作品は「とにかく面白い」。 皆さん存分に楽しんでください。 やべきょうすけさん 観てくださった方々がいろいろなとらえ方ができる作品です。 また、たくさんのキャラクターが出てきますが、いろいろな話が盛り込まれています。 その中で人と人との絆も描かれている作品だと思います。 松島花さん 私はこの作品が初めての映画出演で、かなりプレッシャーもありワクワク感も [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

一応、おさらいしておくと、これ、21世紀の16年間にオンエアされた連ドラの中から、好きな作品を3つ選んで応募してもらい、それを集計したもの。年末年始のお忙しい時にも関わらず、ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。では早速、発表します。――おっと、前回の「あなたの2016テレビの記憶」の発表と違い、今回はいきなり1位からの発表です。■21世紀連ドラ [全文を読む]

『真田十勇士』堤幸彦監督インタビュー「僕は“プロ”なんだけど“プロ”じゃない」

ガジェット通信 / 2016年09月30日19時00分

歴史に名を刻んだ「大坂の陣」から400余年、“真田イヤー”と呼ばれる今年、2014年に大ヒットを記録したスペクタクル超大作舞台「真田十勇士」が、同作品の演出を手がけた奇才・堤幸彦監督により映画化され、全国公開中となります。 本作は、天下の名将と名高い真田幸村が実は“腰抜けの武将”であった、という大胆な発想を基に、堤幸彦監督が手がけるエンターテインメント超大 [全文を読む]

良作多し!視聴も録画も追いつかない!?お薦めしたい2016夏(7月期放送)ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年07月11日12時15分

1話を観て既にどっぷりハマってしまった方もいれば、まだどの作品を継続視聴するか決めきれずに迷っている方もたくさんいると思います。 今回は、ドラマ大好きな筆者がこの夏に視聴したいドラマを、絞りに絞って5作品選んでみました。もちろんここで紹介させて頂く作品以外にも素敵な作品は多数ありますが、中でも特にお薦めの作品となります。1話を見忘れてしまった!なんて方も、 [全文を読む]

向井理×堤幸彦、連ドラ初タッグは“集大成” 木村文乃は「おかしな人へと変貌」

モデルプレス / 2016年04月28日06時00分

映画、舞台などでの共演はあるものの、連続ドラマでは初めて堤氏とタッグを組んだ同作を「今までの集大成」と位置づける向井は、「今回の作品は僕が1番好きな“堤幸彦ワールド”が満載なので、こんなに堤さんの匂いがいっぱいするドラマに呼んでもらって本当にうれしいです」と歓喜。自身が演じる蘭丸は「想像力をかきたてるキャラクター」だといい、「可愛らしいところもあるので、 [全文を読む]

「『悼む人』は人類の宝」と、天童荒太が堤幸彦を絶賛

Movie Walker / 2015年02月05日12時15分

原作者の天童と堤監督が語る“悼むこと”とは…?本作を「人類の宝物」と絶賛する天童は、作品に込めた思いをこう語る。 「いま、世界は一つ一つの命のかけがえのなさに確信を持てなくなっていると思うんです。確信を持てないがゆえの不安や苛立ちや競争意識によって、簡単に紛争が起き、簡単に別の命を奪うことが行われている。我々が望んでいるのは、平和で、人の命がそれぞれ尊重さ [全文を読む]

向井理、佐藤二朗から「9等身?」と言われ「8.5等身です」と訂正

Movie Walker / 2016年11月15日19時44分

向井は「トータルで約5か月間かけて作ってきた作品を、こうしてみなさんにお目にかけることができて幸せです」と挨拶をした。 向井はタキシードを着た感想を尋ねられたが「うーん…」とうなるばかりだ。佐藤が「だいじょうぶかよ、おい」とツッコみ、木村が「カッコいいですよね」と合いの手を入れると、向井は「いやいや、そりゃまあね」とまんざらでもない笑みを浮かべる。 佐藤が [全文を読む]

向井理主演ドラマの映画化決定 タイトルに注目集まる

モデルプレス / 2016年09月11日05時30分

◆“堤幸彦ワールド”全開の作品に 主演を務める向井は、「更にスケールアップした映像と、夏のオールロケの過酷さ。存分に味わえること請け合いでございます」と語り、佐藤も「ドラマ以上に破天荒な堤ワールド、是非劇場でご堪能を。映画もトッチラカッタまま、飛びます」とアピール。しかし、木村文乃には不安もあるようで、「甕棺墓光というやっかいな役にドラマが終わって癒えた [全文を読む]

フォーカス