高校時代 田中将大に関するニュース

斎藤佑樹、ポルシェ供与疑惑&勝ち星ゼロの元凶は「勘違い」と「練習しない大学時代」

Business Journal / 2016年07月16日17時00分

高校時代のライバルだった駒大苫小牧の田中将大はまだ設立3年目だった東北楽天ゴールデンイーグルスに入団し、2013年には24勝0敗1セーブという驚異的な成績を残し楽天を日本一に導き、米ニューヨーク・ヤンキースへ移籍。 一方の斎藤は早稲田大学に進学し、10年秋のドラフト1位で日ハムに入団するも、5年間でわずか14勝。今季もいまだに勝ち星がない。野球担当記者が [全文を読む]

MLBの現役スター11人が証言 大谷の二刀流は米で通用するか

NEWSポストセブン / 2016年06月13日07時00分

高校時代からメジャー挑戦を公言してきた「ショウヘイ・オオタニ」の名は、MLBでも有名だ。日本ハム・大谷翔平(21)の二刀流は、メジャーで通用するのか?「早く彼を見たい」と目を輝かせて語るのは、サイ・ヤング賞3度の現役メジャー最強投手、C・カーショー(ドジャース)だ。高校時代には、登板がない日に一塁手として出場したスラッガー。DH制のないナ・リーグで“恐怖の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ももいろクローバーZ、主演映画を引っさげて127箇所の全国行脚が決定! 田中将大選手がサプライズ発表。

TechinsightJapan / 2015年01月27日22時29分

田中選手は「自分の高校時代を思い出しながら観ました」と語っていたが、野球と演劇、違いはあれど一生懸命に情熱を注ぎ、打ち込む思いは同じなのだろう。平田オリザ著『幕が上がる』を原作に、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行がメガホンをとり、『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平が脚本という豪華な布陣となっている。 明日28日には、アメリカの伝説的ロックバンド・KIS [全文を読む]

【高校野球】引き分け再試合が続いたセンバツ。投手の肩ヒジをいかに守っていくべきか?

デイリーニュースオンライン / 2017年03月29日16時05分

高校時代からの蓄積疲労は大きく、メジャーに渡った2014年は旋風を巻き起こしながらも、夏に右ヒジ靭帯を部分断裂。秋までリハビリの日々を送っている。 ■投球制限もグローバルスタンダードに? 野球の国・アメリカでは球児への投球数制限は徹底されている。特に子どもは、関節の軟骨が固くなる前に肩ヒジを酷使することで、スポーツ障害を引き起こすリスクが高いからだ。 ま [全文を読む]

【プロ野球】【2016ドラフト特集・変わり種選手】会場騒然!? 指名を勝ち取った異色の経歴の選手を紹介!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月23日17時05分

台湾出身のリャオ・レンレイは高校時代、岡山共生高に在籍していたため、獲得するにはドラフト会議を通す必要があったのだ。 今年6月に台湾の大学を卒業した21歳。ちなみに岡山共生高時代は呉念庭(西武)とチームメート。そして、アメリカのルーキーリーグでのプレー経験もある。 リャオ・レンレイは、今ドラフト1番の異色の指名選手といってもいい。直前にも、情報は一切漏れて [全文を読む]

早実との死闘から10年。元駒大苫小牧・香田監督を襲った苦悩と挫折

週プレNEWS / 2016年08月23日06時00分

僕自身も高校時代は野球をやっていましたが、関東でも冬場は手がかじかんで練習になりませんでしたから。雪の中で練習に励む駒大苫小牧の選手たちを見て、「人間って、やる気になればなんでもできるんだなあ」と驚かされたものです。 ―香田監督の第一印象について「コミカルなまでに腰が低い」と表現されています。その後の躍進に伴って描かれる監督の苦悩ぶりは、本書の大きな読みど [全文を読む]

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(13)“平成の怪物”中田翔は田中将大&斎藤佑樹に力負け

アサ芸プラス / 2016年08月19日05時59分

そんな中田は高校時代から“平成の怪物スラッガー”として常にその動向が注目されていた。 05年に大阪の強豪・大阪桐蔭へ進学すると1年夏から5番・一塁手でレギュラーの座を掴み、大阪府予選では2本塁打13打点の活躍で、チームを夏の選手権に導く。すると初戦の春日部共栄(埼玉)戦でもいきなり5打数4安打、7回裏の第4打席では決勝の本塁打を放つなど3打点。さらに5回表 [全文を読む]

甲子園のスターといえば誰?1位はやっぱりあの選手!

しらべぇ / 2016年08月06日21時00分

現在はyoutubeで高校時代の動画が閲覧できるだけに、それをみて凄さを実感しているのかも。・30代30代は圧倒的に清原和博の支持率が高く、続いて松井秀喜がランクイン。30代にとって清原の高校時代は幼少期となるが、プロでの活躍が強烈だったため、支持する人が多い模様。・40代KK世代である40代も、清原和博がダントツの1位に。とくに男性は3割が清原を推してお [全文を読む]

【詳報】ももクロメンバー、主演映画への想いを語る!

Woman Insight / 2015年01月29日11時30分

皆さんの愛情もたくさん注いでもらえたら嬉しいです!」 抽選で選ばれた250名のモノノフにまぎれこんで一緒に作品を鑑賞した田中投手も、「日頃映画はほとんど観ないんですが、自然とストーリーに引き込まれて、自分が野球に打ち込んでいた高校時代を思い出しながら観ることができました」とコメント。 ももクロメンバーから「泣いたー?」と聞かれると「……泣いた」とぽつり。一 [全文を読む]

斎藤佑樹の野球人生を狂わせたのは早大時代とプロ野球OB指摘

NEWSポストセブン / 2014年06月11日07時00分

高校時代は理想的なフォームで、これはとんでもない投手が出てきたぞと思って楽しみにしていたが、大学に進んでから、まるで別人のようになった。正直これでは厳しいというのが感想だった」 どう改悪されたのか。 「高校時代、斎藤は軸足を曲げて力をためる独特のフォームをしていた。軸になる右足を曲げることで、踏み出した左足にも余裕が生まれ、しっかり体重移動ができていた [全文を読む]

里田まい絶句! NYで「タナカの妻はおバカな2流タレント」報道

WEB女性自身 / 2014年04月16日07時00分

マーくんの生い立ち、高校時代のハンカチ王子の愛称を持つ斎藤佑樹との熱闘、プロ入りしてからの活躍から、メジャーへの挑戦の経緯など、メジャーデビューしたての外国人選手としては破格の扱いだった。 大喜びの里田を愕然とさせたのは「Marriage to a Pop idol」(人気アイドルとの結婚)と題された部分だった。記事はこう続く。《田中が、生涯の伴侶に選んだ [全文を読む]

楽天・松井裕樹 田中将大の米移籍で観客減の危機を救えるか

NEWSポストセブン / 2014年03月19日16時00分

今年の楽天には、高校時代に夏の甲子園で10連続奪三振を含む1試合22奪三振を達成した怪物ルーキーの松井裕樹がいる。彼が1年を通してローテーションに入り、2ケタ勝利を挙げるくらい活躍すれば、大幅な観客減には至らないと思いますよ」 大エースの抜けた楽天に新たなスターが誕生すれば、観客動員が落ちることはないだろう。新たなスターとなるのは、松井か、それとも……? [全文を読む]

楽天田中将大と嶋基宏「黄金コンビ」苦闘7年物語(8)成長する田中が見いだした新境地

アサ芸プラス / 2013年10月29日09時59分

「エースというのは優勝のために投げる」と高校時代から教わってきた田中にとって、「負けないのがエース」という言葉は胸に刺さるものがあった。 負けないためのピッチングとは何か。かつて語った江川卓の言葉が、田中の気持ちを代弁しているに違いない。 「相手が0点で抑えれば0点、8点取ってくれたら、7点まで許しても勝てる。何が何でも三振を取りにいって0点に抑えればい [全文を読む]

楽天田中将大と嶋基宏「黄金コンビ」苦闘7年物語(3)メジャー行きという夢に向かって

アサ芸プラス / 2013年10月22日09時59分

田中には、高校時代に痛恨の思いがあったからだ。 夏の甲子園の名勝負としても記憶に新しい対早稲田実業との決勝戦。3連覇がかかった大一番の先発に田中の名前はなかった。甲子園に来る直前、田中はウイルス性胃腸炎にかかり、体調は万全でなかった。気迫の投球で決勝にまで進んだものの、決勝戦も再試合も田中は先発していない。 「少しでも休ませたい」という香田誉士夫監督(当時 [全文を読む]

早実・清宮「進学よりプロ入り」すべき理由

日刊大衆 / 2017年04月10日16時35分

高校時代に大騒ぎされた中田翔以上かもしれません」(前同) それだけの逸材ならば、一日も早くプロでの活躍を見たいものだが、清宮は早稲田大学進学が濃厚との噂も根強くある。「元早大ラグビー部監督の父・克幸氏の影響もあるんだろうね。しかし、早大進学はもったいないな。投手と野手の違いはあるが、甲子園のライバルだった田中将大と斎藤佑樹を見れば明白だよ。大学野球とプロ野 [全文を読む]

「大谷翔平世代」が球界を席巻する! “最強94年組”の逸材たち

日刊大衆 / 2016年12月06日11時00分

高校時代から、大谷とは自他ともに認めるライバル関係だった藤浪。今年は7勝11敗と勝ち星に恵まれなかったが、26試合169.0回を投げ、防御率3.25、176奪三振と、決して悪い数字ではない。「ある意味、藤浪は、リーグ最低のチーム打率(.245)を記録した阪神の“貧打”の犠牲者。彼ばかりを責めるのは間違いです」(前出のスポーツ紙デスク) [全文を読む]

【プロ野球】勝手に妄想! 日本ハムの編成から見えてくる「ポスト大谷翔平」は中田の後輩!?

デイリーニュースオンライン / 2016年11月12日16時05分

森山は、専修大時代は主に右翼を守っていたが高校時代には投手と兼ねて一塁、外野を守っていた。一塁コンバートも可能だ。 レアードの契約延長、そして森山の獲得は中田放出への対策、というのは考えすぎだろうか。 ■ポスト大谷翔平は次世代の「二刀流」? 大谷翔平の海外FA権行使は順調にいくと2021年オフとなる。しかし、ダルビッシュ有(日本ハム→レンジャーズ)や田中将 [全文を読む]

あのスターを生んだ夏の甲子園(16)清原も松井秀もできなかった平田良介の大記録

アサ芸プラス / 2016年08月21日09時58分

実は高校時代に甲子園でとんでもない怪物ぶりを発揮していた。 03年に名門・大阪桐蔭に進学すると1年夏から6番でレギュラー。同年秋から4番に座り、2度、甲子園に出場している。最初は04年、2年時の春の選抜。このときは初戦で二松学舎大付(東京)と対戦し、5-0で快勝。平田自身も3-0で迎えた7回裏に甲子園初本塁打となる中越え2ランを放った。続く2回戦はダルビッ [全文を読む]

“高校野球大好き芸人”が再びゴールデン特番に登板!

Smartザテレビジョン / 2016年07月16日07時02分

前回の放送では、スター選手たちの高校時代の活躍シーンを紹介したが、今回は甲子園や地方大会での敗北シーンをプレーバック。「ヒーローたちの最後の夏」と題し、イチロー、松井秀喜らの敗退場面を紹介していく。 ダルビッシュ有、前田健太、田中将大、大谷翔平ら現在の野球界で活躍する選手たちのターニングポイントとなった敗退の瞬間、という貴重な映像に「高校野球大好き芸人」 [全文を読む]

汚れたハンカチ王子?日ハム・斎藤佑樹の”ポルシェ報道”に批判止まず

デイリーニュースオンライン / 2016年07月15日12時06分

高校時代は2006年夏の甲子園で田中将大(27・ヤンキース所属)を相手に投げ勝って優勝。大学時代も東京六大学野球のリーグ戦などで活躍し、最終年となる2010年の秋季リーグを優勝で飾った。文句なしの花道だ。 2011年からはプロ野球界入り。入団時点で契約金1億円、年俸1500万円(出来高5000万円プラス)を得て、サラリーマンの生涯年収とも言われる1億円以上 [全文を読む]

フォーカス