結婚 渡哲也に関するニュース

第21回「刑事ドラマの歴史」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年06月09日18時00分

2人は共演中に結婚する。同ドラマは人気を博して5年も続き、全盛期の視聴率は30%を超えた。 一方の『プレイガール』は、沢たまき率いる5人の女性メンバーは国際秘密保険調査員という謎の肩書き。とにかく売りは、超ミニのファッションとパンチラも厭わない派手なアクションだった。劇中に女性のヌードも頻繁に登場し、6年もの長寿ドラマとなる。視聴率も同局としては異例の15 [全文を読む]

吉永小百合 封印された肉食系「愛欲生活」(3)恋愛禁止令を守らなかった

アサ芸プラス / 2012年01月05日12時00分

《ボクは十六歳の彼女をひきうけた時、彼女に“二十一歳までは結婚するな。男を知ってもいかん”といったものです。彼女も“わかっています”と答えましたね。二十一歳に彼女がなったとき、こんどは“二十六歳まではダメだよ”というと、彼女はこれにも“はい”と答えてくれた》〉 だが、実際は守っていなかったことに‥‥。 さて、吉永は28歳で、15歳上のテレビプロデューサー [全文を読む]

吉永小百合 封印された肉食系「愛欲生活」(2)「あなたとは結婚できません」

アサ芸プラス / 2012年01月04日12時00分

小百合ちゃんは両親に、渡さんと結婚する意思を伝えていましたが、両親はどうにかして引き離したかった。『あんなモテる男じゃ、お前が苦労する』と」 そして箱入り娘ならではの悲話が─。 「渡さんは酔っ払うと『何で俺のところに飛び込んできてくれないんだ』と嘆いては、小百合ちゃんに電話して結婚を迫っていたといいます。でも結局、彼女は、渡さんより両親を取る形になり、破局 [全文を読む]

渡瀬恒彦の芸能界最強伝説 スタントマン使わず複雑骨折も

NEWSポストセブン / 2016年05月26日07時00分

危険なロケでも基本的にスタントマンを使わず演じ切り、映画『北陸代理戦争』の撮影ではジープの下敷きになり、複雑骨折で全治2か月の重傷を負うなど、数々の“武勇伝”を持つ男です」(前出・ベテラン芸能記者) 私生活では、1973年9月に当時大人気だった女優・大原麗子さん(享年62)と結婚したが、4年半で離婚。その翌年、一般人女性と結婚し、1男1女をもうけた。 昨年 [全文を読む]

渡哲也の窮地救った妻 病室に1カ月間泊まり込んで献身看病

WEB女性自身 / 2015年07月30日06時00分

渡さんの奥さんは1カ月、病室に泊まり込みで看病していましたね」渡が俊子夫人とハワイで2人だけの結婚式を挙げたのは’71年3月のこと。2人はもともと青山学院大学の同窓生、大恋愛の末に結ばれた2人だったが、順風満帆とはいえなかった。結婚生活も44年になるが、その間に渡は何度も病魔に襲われているのだ。結婚翌年の’72年7月、渡が東映京都撮影所でのテレビドラマ撮影 [全文を読む]

吉永小百合「多情交遊の履歴書」(1)元親友“暴露本作家”が惜別激白

アサ芸プラス / 2013年08月13日09時59分

吉永の数々のロマンスや結婚、撮影秘話などの「過去」をしたためつつ、辛口エールを贈った内容である。中平氏によれば、 「発売前から事務所サイドの『どんな本になるんですか。おやめになったほうがいいですよ』との“忠告”があり、法的手段に出るだの何だのと言ってきたので、小百合ちゃんには『邪魔しないでください』とファクスを送りました。事務所は『今、これからなんですから [全文を読む]

過去の作品を次々とたたき売り!! ますます苦しい石原プロの台所事情

サイゾーウーマン / 2012年09月17日09時00分

しかし、石原プロは背に腹を代えられなかったようで、結果発売に踏み切りました」(テレビ関係者) 今年の新年会は、石原プロの3トップの1人、神田と長谷川理恵の交際話がリポーターに突っ込まれて盛り上がったが、結局、長谷川はカフェ経営者と結婚。さらに、長谷川の著書『願力 愛を叶える心』(マガジンハウス)で、神田が子どもを望んでいなかったことまで暴露されてしまった。 [全文を読む]

現場で国会議員を一喝! “ケンカ最強”故・渡瀬恒彦さんの知られざる武勇伝

日刊サイゾー / 2017年03月18日11時00分

『仁義なき戦い』シリーズなどのヤクザ映画やアクション映画で活躍し、73年にはトップ女優・大原麗子と結婚(のちに離婚)。数多くの作品に出演し、主役でも脇役でも光る俳優といわれた。 3月2日に行われた出演ドラマ『そして誰もいなくなった』(テレビ朝日系)の制作発表を欠席していた渡瀬さん。このとき関係者は「スケジュールの都合」と説明したが、体調不良がささやかれてい [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「藤竜也」(1)役を演じる前には履歴書を作ります

アサ芸プラス / 2016年10月11日05時57分

1968年、元日活女優の芦川いづみと結婚。その後、「野良猫ロック」シリーズなどに主演し、アクション俳優としても人気を博す。1972年に日活を退社、フリーになるとテレビドラマにも活躍の場を広げ、1974年のTBSドラマ「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などで、お茶の間に強烈な印象を残した。1976年には大島渚監督のハードコア映画「愛のコリーダ」に出演、大きな話 [全文を読む]

B型の有名人

クオリティ埼玉 / 2016年10月01日00時14分

先日結婚を発表した福原愛もそうだ。 ゴルフの宮里藍、古閑美保や岡本綾子。男子プロではジャンボ尾崎や青木功、丸山茂樹、片山晋呉など重鎮ばかり。 さらにテニスの伊達公子、杉山愛。 政治家をあげよう。 総理大臣の安倍晋三、典型ともいえる政界のドン、田中角栄。今でこそ、その魅力は消え失せたが小沢一郎もカリスマ性があった。 型にはまらず、独自の政治スタイルをもってい [全文を読む]

松坂慶子 主演映画&歌手復帰は夫のあるひと言がきっかけ?

アサ芸プラス / 2015年07月26日17時57分

「高内氏といえば、90年の結婚当時、松坂の父親から『ヒモ亭主』と、さんざん罵声を浴びせられたものでしたが、その父親が07年に亡くなると、実家との関係も修復。ギターや作曲の講師を務めながら、松坂の仕事をプロデューサー的な役割でバックアップしてきました。そして次女が20歳を迎えた昨年に、『そろそろ仕事をしたら』と、本格的な復帰を促したそうです。日に日に主婦化し [全文を読む]

裕次郎、渡哲也…浅丘ルリ子が語る昭和大スターとの交遊録

WEB女性自身 / 2015年05月05日07時00分

父の反対もあって結婚はできませんでしたが、愛した人のひとり。今でも仲よしですし、共演もしていますよ」【高橋英樹】「日活デビュー直後の英樹の面倒を見ていたの。英樹は私がいなくても、『高橋です。お食事させてください』と、私の家に勝手に出入りしていたのよ!」【渡哲也】「渡くんのデビュー当時は、緊張してセリフも全然言えずじまい。そりゃそうよね。いきなり石原裕次郎さ [全文を読む]

半沢直樹で注目の倍賞美津子 木村拓哉「最高の女性」と絶賛

NEWSポストセブン / 2013年09月24日07時00分

倍賞美津子は1971年の24才のとき、アントニオ猪木(70才)と結婚。その後、ひとりの娘を出産したが、猪木が経営していた飼料会社やレストランが経営不振に陥り、生活は困窮。そんなときに映画『恋文』(1985年)での共演で出会った萩原健一(63才)とたちまち恋に落ちた。当時38才の倍賞。その2人の中を写真週刊誌に報じられ、1987年、倍賞は猪木と離婚した。 [全文を読む]

萩本欽一が初激白、百恵&友和の挙式をドタキャン

アサ芸プラス / 2013年01月09日10時00分

百恵はその特番から半年後、三浦友和との結婚をもって芸能界から引退した。どこかしら自分自身の幕引きを、萩本の卒業に重ね合わせての涙だったのかもしれない。また萩本は三浦と奇妙な縁があった。三浦が初めて俳優としてレギュラーになったドラマ「シークレット部隊」(72年/TBS)に、萩本は第1回のゲストとして出演した。 「監督に東京湾に飛び込めって言われて、こっちは [全文を読む]

「ついに"お年玉"なしに!」お宝映画公開と新年会で判明した石原プロの苦境

日刊サイゾー / 2012年01月13日08時00分

報道陣に追求された神田が『60過ぎたら好きに生きようと思って、やっと60過ぎたんですから、ほっといてください』と答えると、舘が『(神田との)結婚はないです。諦めていただきたい。長谷川さんすみません』と一方的に謝罪したり、神田に『(長谷川と)一番楽しいのは何をしているときか』と質問が飛ぶと、これも舘が『セックスでしょ!』と返すなどやりたい放題」(出席者)。ワ [全文を読む]

フォーカス