会長 島耕作に関するニュース

島耕作は経営者として本当に評価できるのか?

文春オンライン / 2017年09月03日07時00分

「島耕作シリーズ」の弘兼憲史氏と「金田一少年の事件簿」の樹林伸氏がタッグを組んだ新連載「島耕作の事件簿」が「モーニング」でスタートして話題を呼んでいるが、同誌には「会長 島耕作」の連載も継続中だ。覆面コラムニストの小石輝氏が「週刊文春」誌上で“老害”と一刀両断した「島耕作会長」論を再録する。(出典:「週刊文春」2014年2月13日号) ◆◆◆ 「課長 島耕 [全文を読む]

社長から会長になった島耕作 引き続き夜も期待したいとの声

NEWSポストセブン / 2013年07月28日16時00分

人気漫画「島耕作」シリーズの主人公・島耕作が社長を辞任し、会長職に就くことになった。どういうビジネス手腕を発揮するのかファンは注目しているが、もうひとつの「注目ポイント」がある。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が語る。 * * * 少し前の話題ですが、『週刊モーニング』の2013年8月1日号(7月18日発売号)にて、『社長島耕作』の主人公、島耕作がテコ [全文を読む]

4月1日、島耕作が早稲田大学法学部に堂々の入学!!

PR TIMES / 2014年04月02日13時58分

あの 『課長 島耕作』 で一躍ニッポン・サラリーマンの象徴となり、ついには総合家電最大手TECOT(テコット)会長にまで上り詰める、島耕作氏その人です。晴れ渡る空の下、大勢の新入生とともに大隈講堂で行われた入学式に出席し、人生に一度の記念すべき一日を緊張と喜びとともに迎えました。 ――これはエイプリルフールのウソではなく、イブニングで連載中の『学生 島耕 [全文を読む]

あの初芝グループが「社長、部長、課長」を大募集!

PR TIMES / 2014年07月15日11時09分

1983年にモーニングで『課長 島耕作』がスタートし、好評を博すとともに出世を重ね、現在は『会長 島耕作』が連載されている。『ヤング 島耕作』は、そんな島耕作の新入社員時代を描いた作品。より純粋で、時には危なっかしい島耕作だが、後の出世を匂わせるシーンもちらほら登場し、島耕作ファンをニヤリとさせる。現在では、さらに時間をさかのぼった『学生 島耕作』がイブニ [全文を読む]

コネや有力な血縁がなくても出世しまくった「島耕作の仕事論」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月21日06時30分

もっとも彼は部長、取締役、社長と着々とサラリーマンロードを駆け上がり、現在は『会長 島耕作』(と『学生 島耕作』)が連載中である。起業や転職ではなく、左遷や海外勤務などを乗り越えながら組織の中で頭角を現しトップに上り つめていく様は、大企業で働く多くのサラリーマンの夢でもあるのだろう。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ このシリーズの連載は1984 [全文を読む]


『島耕作』シリーズ著者・弘兼憲史が語る“新しいリーダーの条件”

文春オンライン / 2017年06月14日07時00分

(出典:文藝春秋2016年2月号) リーダーは“2タイプ”に分類できる 『島耕作』シリーズを描き続けて、もう三十三年になり、平社員だった島は会長まで登りつめました。課長や部長の時代はぼく自身のサラリーマン経験から想像で描けましたが、取締役や社長に昇進すると、そうはいきません。たくさんの企業の経営者にお会いして、話を聞かせていただきました。そんな中から私が [全文を読む]

【「週刊Dモーニング」特別企画】島耕作シリーズ不動のナンバーワン小悪党脇役今野輝常(こんのきつね)カムバック記念!特別編集の「今野輝常マガジン」を無料で大公開!!

PR TIMES / 2015年02月19日09時25分

株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間省伸、以下「講談社」)とエキサイト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今川聖、以下「エキサイト」)は、共同で配信中の週刊コミック誌配信アプリ「週刊Dモーニング」(iOS/Android)最新12号(2月19日(木)配信)に掲載の『会長 島耕作』と合わせて、特別編集作の『今野輝常マガジン』を配信 [全文を読む]

「社畜」が主人公の漫画が増えている理由

プレジデントオンライン / 2017年05月16日09時15分

利根川は、たとえ休暇中であっても横暴な会長の無理難題に応えなければならず、一方で気まぐれな部下たちからの信頼を得るために四苦八苦する。本編では憎々しく君臨した大幹部も、裏側から見ればブラック企業の歯車、過重労働の中間管理職だったという悲喜劇が、悪魔的なギャグに昇華されている。『カイジ』本編では、利根川はパワハラどころではない悲惨な体罰を受けて失脚してしま [全文を読む]

島耕作の妻役で声優に挑戦の壇蜜「小2で読んだ。刺激的」

NEWSポストセブン / 2016年01月01日16時00分

『課長島耕作』などで人気の島耕作が、会長職をなげうって、自動運転車や人工知能の開発に乗り出すというアニメパートと、ドキュメンタリーパートで構成された同番組。本格的な長編アニメの声優は初挑戦だという壇蜜は、島耕作の妻という役柄について「光栄ですが、かなり恐縮でした」とコメントした。 また、小学2年生のときに、親戚の本棚にあった『島耕作』をたまたま読んでしま [全文を読む]

壇蜜、小2から島耕作を意識していた!?

Smartザテレビジョン / 2015年12月18日17時56分

同番組は、島耕作が会長職を投げ打ち、自動運転車と、それに伴う人工知能の開発に乗り出す姿をアニメとドキュメンタリーで描く。アニメパートは、島が世界を駆け巡り、カーチェイスやハニートラップ、監禁・誘拐シーンがあるなど迫力の内容になっている。 また、ドキュメント取材ではAI技術の先駆者ヨシュア・ベンジオ教授や、Google Car開発者・セバスチャン・スラン氏 [全文を読む]

なんでも気軽に相談できるアプリ「アンサー」に「週刊Dモーニング」が公式アカウントを開設

PR TIMES / 2014年04月14日13時32分

■開始期間2014年4月14日(月)より■対象作品(計3作品)・「鬼灯の冷徹」・「メロポンだし!」・現在連載中の「会長 島耕作」含む、「島耕作」シリーズこれら作品の多彩なキャラクターたちが、順次ユーザーの相談に参加し、新時代のQ&Aコミュニティを、作り上げてまいります。■「週刊Dモーニング」について「週刊Dモーニング」は、週刊コミック誌史上初となる定期購読 [全文を読む]

「島耕作」弘兼憲史がもっとも好きなキャラクター!特別編集作『今野輝常マガジン』無料公開

ダ・ヴィンチニュース / 2015年02月20日18時20分

今回、『会長 島耕作』での今野輝常の再登場を記念して編集した『今野輝常マガジン』(40ページ)は、未だ人気が衰えない今野輝常の悲しくも奥深い半生を味わいつくすことができ、往年の読者も新たなファンもイチから楽しめる内容となっている。 『今野輝常マガジン』とは? 今野輝常が島耕作の部下として初登場する「課長編」から、今野輝常が販売サービスセンターの社長まで出世 [全文を読む]

デキる男の代表格・島耕作が『釣りバカ日誌』に登場!? 出版社の枠を超えた奇跡のコラボ実現

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月20日17時30分

京都で同窓会を楽しむスーさんこと鈴木一之助のもとに、総合電機メーカー・テコット会長の島耕作がやってきたことが告げられる。さあ、日本を代表する企業TOP2人の話の行方は…!? そして、そのときハマちゃんはどうする、どうなるのか!? 考えや生き方は違うけど、サラリーマンの“あこがれ”を具現化している「ハマちゃん・スーさん」、そしてサラリーマンの巨星「島耕作」 [全文を読む]

史上初の週刊コミック誌配信アプリ「週刊Dモーニング」 7作品150ページ超に及ぶ最新話を無料配信

PR TIMES / 2014年04月17日09時44分

■グラゼニ(原作:森高夕次 漫画:アダチケイジ)■ハルロック(西餅)■会長 島耕作(弘兼憲史)■コウノドリ(鈴ノ木ユウ)■SAKURA TABOO(猫田ゆかり)■チクホー男子☆登校編(美月うさぎ)■妄想少女(汐里)※無料配信は4月24日(水)午前5時59分までとなります。無料ユーザーでも毎週最新号の中から数作品がお楽しみいただける新機能を搭載したバージョン [全文を読む]

なんでも気軽に相談できるアプリ「アンサー」に「週刊Dモーニング」が公式アカウントを開設

PR TIMES / 2014年04月14日13時32分

------------------------------------------------------------------■開始期間------------------------------------------------------------------2014年4月14日(月)より--------------------------- [全文を読む]

ボケまくって賞品ゲット!?大喜利コンテストにボケが殺到中!

秒刊SUNDAY / 2013年11月22日09時54分

そのお題は、「会長島耕作」「グラゼニ」「宇宙兄弟」などの人気マンガ27タイトルから出題されたもの。いわゆる「写真で一言」ならぬ「ヒトコマでボケて」という類いの大喜利コンテストだ。このお題にユーザーは自由にボケを投稿し、全応募“ボケ”作品から優秀な「ボケ」には賞品が贈呈される。その賞品がかなり豪華なのだ!まず、全応募“ボケ”作品の中から、最も多くの「★」を獲 [全文を読む]

最終回が賛否両論の『半沢直樹』、気になる続編を大予想!

週プレNEWS / 2013年10月02日12時00分

島耕作が会長を務める会社に半沢が出向とか(笑)」 とまあ、ファンの妄想は膨らむばかりだが、最も壮大な続編をイメージしているのは福澤監督自身かもしれない。彼はすでに池井戸氏に「(原作もまだたどりついていない)頭取になるまでの半沢を描かせてほしい」との直談判を済ませているのだ。 ちなみに現在、原作の「半沢シリーズ」は3作目の『ロスジェネの逆襲』に続く、4作目の [全文を読む]

講談社「コミックDAYS」始動 ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、イブニングの4誌融合によるマンガアプリ

ねとらぼ / 2017年08月21日18時43分

『中間管理録トネガワ』(ヤングマガジン)の利根川幸雄が『会長 島耕作』(モーニング)の島耕作へ電話をし、そこに「強力な助っ人」として『寄生獣』(アフタヌーン)のミギーが登場、さらにラーメンをすする、『JJM 女子柔道部物語』(イブニング)神楽えもも現れ…という垣根を超えた展開で、サービス開始への期待感を高めてくれます。 2018年上期のスタート予定で、今後 [全文を読む]

島耕作もクッキングパパも鉄仮面!? 登場キャラが全員“鉄仮面”着用の「Dモーニング鉄仮面増刊」が「破壊力が凄すぎる」「腹筋崩壊」と話題に

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月24日18時00分

8作品のうち、弘兼憲史の『会長 島耕作』、うえやまとち『クッキングパパ』、三田紀房の『インベスターZ』、田島隆原作、東風孝広漫画による『カバチ!!! ―カバチタレ!3―』は会員登録なしで、無料で読むことが可能。残り4作品は「Dモーニング」に有料会員登録すると見ることが出来る。 この驚きの企画は「何でも鉄仮面をかぶらせれば面白いってもんじゃ……面白い…!」「 [全文を読む]

フォーカス