会長 島耕作に関するニュース

社長から会長になった島耕作 引き続き夜も期待したいとの声

NEWSポストセブン / 2013年07月28日16時00分

人気漫画「島耕作」シリーズの主人公・島耕作が社長を辞任し、会長職に就くことになった。どういうビジネス手腕を発揮するのかファンは注目しているが、もうひとつの「注目ポイント」がある。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が語る。 * * * 少し前の話題ですが、『週刊モーニング』の2013年8月1日号(7月18日発売号)にて、『社長島耕作』の主人公、島耕作がテコ [全文を読む]

4月1日、島耕作が早稲田大学法学部に堂々の入学!!

PR TIMES / 2014年04月02日13時58分

あの 『課長 島耕作』 で一躍ニッポン・サラリーマンの象徴となり、ついには総合家電最大手TECOT(テコット)会長にまで上り詰める、島耕作氏その人です。晴れ渡る空の下、大勢の新入生とともに大隈講堂で行われた入学式に出席し、人生に一度の記念すべき一日を緊張と喜びとともに迎えました。 ――これはエイプリルフールのウソではなく、イブニングで連載中の『学生 島耕 [全文を読む]

あの初芝グループが「社長、部長、課長」を大募集!

PR TIMES / 2014年07月15日11時09分

1983年にモーニングで『課長 島耕作』がスタートし、好評を博すとともに出世を重ね、現在は『会長 島耕作』が連載されている。『ヤング 島耕作』は、そんな島耕作の新入社員時代を描いた作品。より純粋で、時には危なっかしい島耕作だが、後の出世を匂わせるシーンもちらほら登場し、島耕作ファンをニヤリとさせる。現在では、さらに時間をさかのぼった『学生 島耕作』がイブニ [全文を読む]

コネや有力な血縁がなくても出世しまくった「島耕作の仕事論」とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月21日06時30分

もっとも彼は部長、取締役、社長と着々とサラリーマンロードを駆け上がり、現在は『会長 島耕作』(と『学生 島耕作』)が連載中である。起業や転職ではなく、左遷や海外勤務などを乗り越えながら組織の中で頭角を現しトップに上り つめていく様は、大企業で働く多くのサラリーマンの夢でもあるのだろう。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ このシリーズの連載は1984 [全文を読む]


【「週刊Dモーニング」特別企画】島耕作シリーズ不動のナンバーワン小悪党脇役今野輝常(こんのきつね)カムバック記念!特別編集の「今野輝常マガジン」を無料で大公開!!

PR TIMES / 2015年02月19日09時25分

株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間省伸、以下「講談社」)とエキサイト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今川聖、以下「エキサイト」)は、共同で配信中の週刊コミック誌配信アプリ「週刊Dモーニング」(iOS/Android)最新12号(2月19日(木)配信)に掲載の『会長 島耕作』と合わせて、特別編集作の『今野輝常マガジン』を配信 [全文を読む]

「社畜」が主人公の漫画が増えている理由

プレジデントオンライン / 2017年05月16日09時15分

利根川は、たとえ休暇中であっても横暴な会長の無理難題に応えなければならず、一方で気まぐれな部下たちからの信頼を得るために四苦八苦する。本編では憎々しく君臨した大幹部も、裏側から見ればブラック企業の歯車、過重労働の中間管理職だったという悲喜劇が、悪魔的なギャグに昇華されている。『カイジ』本編では、利根川はパワハラどころではない悲惨な体罰を受けて失脚してしま [全文を読む]

島耕作の妻役で声優に挑戦の壇蜜「小2で読んだ。刺激的」

NEWSポストセブン / 2016年01月01日16時00分

『課長島耕作』などで人気の島耕作が、会長職をなげうって、自動運転車や人工知能の開発に乗り出すというアニメパートと、ドキュメンタリーパートで構成された同番組。本格的な長編アニメの声優は初挑戦だという壇蜜は、島耕作の妻という役柄について「光栄ですが、かなり恐縮でした」とコメントした。 また、小学2年生のときに、親戚の本棚にあった『島耕作』をたまたま読んでしま [全文を読む]

壇蜜、小2から島耕作を意識していた!?

Smartザテレビジョン / 2015年12月18日17時56分

同番組は、島耕作が会長職を投げ打ち、自動運転車と、それに伴う人工知能の開発に乗り出す姿をアニメとドキュメンタリーで描く。アニメパートは、島が世界を駆け巡り、カーチェイスやハニートラップ、監禁・誘拐シーンがあるなど迫力の内容になっている。 また、ドキュメント取材ではAI技術の先駆者ヨシュア・ベンジオ教授や、Google Car開発者・セバスチャン・スラン氏 [全文を読む]

なんでも気軽に相談できるアプリ「アンサー」に「週刊Dモーニング」が公式アカウントを開設

PR TIMES / 2014年04月14日13時32分

■開始期間2014年4月14日(月)より■対象作品(計3作品)・「鬼灯の冷徹」・「メロポンだし!」・現在連載中の「会長 島耕作」含む、「島耕作」シリーズこれら作品の多彩なキャラクターたちが、順次ユーザーの相談に参加し、新時代のQ&Aコミュニティを、作り上げてまいります。■「週刊Dモーニング」について「週刊Dモーニング」は、週刊コミック誌史上初となる定期購読 [全文を読む]

フォーカス