メール 島田紳助に関するニュース

大阪府警「暴」刑事が語り尽くした山口組と芸能界(2)ほんま警察むかつきますね

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時58分

メールには、極心連合会会長の橋本弘文との黒い交際が如実に表れている。たとえば05年6月10日のメールはこうだ。 〈こないだ会長の顔みて、ほっとしました。縁あって知り合い、ほんま心ある関係にさしてもらいうれしいです。会長に心配していましたと言う前に、紳助、心配しとったんやといわれました! すごい方ですね。ありがとうございます! 感謝です。二郎さんと(橋本)会 [全文を読む]

島田紳助、暴排条例で一罰百戒にされた

アサ芸プラス / 2012年10月24日11時00分

引退の引き金となった、外部から吉本興業に情報提供されたとされる、紳助さんと暴力団との交際を示すメールにしても、元は(大阪)府警の捜査資料ですから、一般人には入手できないもの。普通に考えれば、府警関係者が直接にせよ間接的にせよ動く形で、紳助さんを一罰百戒的に引退に追い込んだということでしょう。 引退会見の翌日にしても、全国紙3紙が社説でこれを取り上げるなど [全文を読む]

引退から5年、島田紳助の復活は「条件つきで」アリなのか

messy / 2016年02月16日16時00分

7日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)において、島田が芸能レポーターの井上公造に送ったというメールが公開された。「すべてを失っていいと思って人を好きになるって、すごいやん。あんたらできるのか? そんな恋したことあるのか? と言いたいね」といった内容が記されている。このメールはかなりの長文で、「ロクに恋もさせてもらえなかった31歳のベッキーが、人生をか [全文を読む]

大阪府警「暴」刑事が語り尽くした山口組と芸能界(1)必然的に行き当たる「関係」

アサ芸プラス / 2013年03月12日09時58分

それは、極心連合会の相談役とされる元プロボクサーの渡辺二郎(57)と交わしていた自らの携帯電話メールだった。メールの更新記録が吉本興業にもたらされ、観念せざるを得なかったとされる。 だが、本来個人情報であるはずのメールのやりとりが、なぜ表に飛び出したのか。そこに祝井たちの疑問がわく。拙著からメールの部分を一部抜粋する。 [全文を読む]

小林麻耶、長期休養の裏に“元愛人”の動向が!?「彼女は島田紳助の復帰におびえていた」

日刊サイゾー / 2016年06月06日13時00分

復帰を後押ししたい芸人が、事あるごとに紳助の名前を口にしており、今年2月には情報番組の芸能リポーターに送ったメールが紹介されてもいる。 業界内では「秋の特番で紳助を起用したいプロデューサーが複数いる」というウワサもささやかれる。 小林は過去、紳助の愛人だったと何度も報じられてきた。TBS時代には紳助が経営する大阪の会員制バーに通い、06年には石垣島での不倫 [全文を読む]

「紳助のお古じゃなければ…」小林麻耶の婚期を遠ざける過去に同情の声

アサ芸プラス / 2015年12月16日09時58分

番組で小林は『1日に何十回もメールで私の行動を詮索してくる人がすごく苦手』『マメすぎる男性は、他の女性にもマメ』とNG男性の特徴を告白しましたが、島田も、当時はとにかくマメにメールをする男として有名でした。そのため、この話題が出ると『紳助のことか』といった疑いが一部視聴者の頭を過ぎったのです」(芸能記者) ネット上では現在の小林に対して「36歳にしては可愛 [全文を読む]

島田紳助氏「復帰まだキツイ…」引退突きつけた吉本社長が語る、吉本の裏歴史と真実

Business Journal / 2013年07月11日06時00分

芸能界引退後の紳助氏とメールや電話で連絡を取り合っていたという大崎社長とのやり取りからは、現在の紳助氏の複雑な心境を垣間見ることもできる。紳助氏は「一時は自殺しかねないほど落ち込んでいた」そうで、昨年8月に大崎社長が直接会って、復帰の意思があるかどうかを聞いた際には、「正直、まだキツいんや」「5年後か10年後、CSの番組かなんかでトークとかをできればええか [全文を読む]

「紳助とは今もメールを…」吉本・大崎社長”交流”告白

WEB女性自身 / 2013年04月29日07時00分

だからといって、彼とは頻繁に連絡を取り合っているわけではなくて、年に数回『元気か?』『どうしてる?』などと電話やメールでやり取りしている程度です。それでも心は十分通い合っていると思います」 [全文を読む]

吉本興業社長が核心激白「紳助の復帰」(1)突発引退の舞台裏では…

アサ芸プラス / 2013年04月26日10時00分

紳助は資料に書かれていたメールを読んで自分のものだと認めたうえで、『一緒に商売をするような仲ではなく、男と男のつきあいだった』と説明してくれました。その言葉は信じましたが、それでも会社としては何もしないわけにはいかなかった。 最後には、紳助が自分から引退を決めました。 [全文を読む]

KDDIがHTCと日本市場向けに開発したAndroid4.0スマートフォン『HTC J ISW13HT』を発表

ガジェット通信 / 2012年04月20日10時00分

HTC独自のユーザーインタフェースは『Sense4.0』を搭載し、メール着信通知からアンロックしてメールのスレッドを開けるほか、ウィジェットによるカスタマイズが可能。 ディスプレーは約4.3インチのQHD(960×540ドット)。CPUは1.5GHzの『Snapdragon』MSM8660Aデュアルコアで、16GBの内蔵メモリーを搭載します。バッテリー容量 [全文を読む]

フォーカス