シリーズ 東野圭吾に関するニュース

韓国の「村上春樹旋風」と「東野圭吾人気」に見る時代の変化

文春オンライン / 2017年07月21日11時00分

『容疑者Xの献身』が韓国でもたくさんの人に読まれたこともあって、作家『東野圭吾』シリーズとして作品を出版したいと思い、それから続けて出版させていただいています」(同前) 同社ではこれまで東野圭吾作品16冊の韓国語版を出版し、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は2012年に出版している。 「東野先生の作品のベースはヒューマニズムです。加害者であっても、何か罪を犯してしま [全文を読む]

「中国で最も稼ぐ外国人作家」は東野圭吾、ハリポタ作者上回る―中国紙

Record China / 2017年04月20日01時20分

推理小説とは少し違う「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は100万冊以上売れ、ネット上の話題をさらい、さらにはその他のシリーズ作品も大ヒットして、東野圭吾の中国での印税収入は2200万元(約3億5200万円)に達し、長年「中国で最も稼ぐ外国人作家ランキング」1位だった「ハリー・ポッターの生みの親」であるJ・K・ローリングを上回った。外国の小説がネット上で大きな話題となっ [全文を読む]

TBSチャンネル1×チャンネルNECO「新参者」「けいおん!」シリーズ “一挙放送”共同企画のご案内

PR TIMES / 2013年12月03日09時19分

CS放送「TBSチャンネル1」(運営:(株)TBSテレビ)とCS映画チャンネルの「チャンネルNECO」(運営:日活(株))では12・1月にチャンネル横断の“一挙放送企画”として、『新参者』シリーズと『けいおん! 』シリーズをチャンネル横断で編成致します。TVドラマ・TVアニメ版をTBSチャンネル1で、映画版をチャンネルNECOで編成、プレゼントキャンペーン [全文を読む]

東野圭吾 書き下ろし最新作『祈りの幕が下りる時』 9月13日刊行決定!

PR TIMES / 2013年08月08日17時29分

本書は「加賀シリーズ」8作目であり、最新作は『麒麟の翼』(講談社)。近著に『虚像の道化師』『禁断の魔術』(ともに文藝春秋)、『夢幻花』(PHP研究所)などがある。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

東野圭吾が2冠! ダ・ヴィンチ「BOOK OF THE YEAR 2014」発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月05日12時00分

同作は『マスカレード・ホテル』に続くシリーズ第2弾だが、描かれるのはそれよりも前、刑事の新田とホテルマンの山岸が出会うの以前の物語だ。そして、文庫ランキングではその『マスカレード・ホテル』が第1位となり、東野圭吾の新シリーズが2冠に輝くという結果になった。 コミック部門はランキングを50位まで大幅に拡大して掲載される。第1位は昨年に続いて『進撃の巨人』が輝 [全文を読む]

20代・30代に聞いた「あなたの徹夜本は?」 圧倒的人気のシリーズと作家とは?

しらべぇ / 2015年11月15日07時00分

◆最も多かったのは...あのシリーズ!20代・30代、そして男女問わず多くの人が挙げたのが、イギリスの作家J・K・ローリングによる『ハリー・ポッター』シリーズです。1997年に第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』(日本では1999年)が発売され、2000年代までに計7巻が出版されたこのシリーズ。映画化もされ世界中で親しまれてきた同シリーズは、20代・30代 [全文を読む]

東野圭吾「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」 新刊『ラプラスの魔女』は作家デビュー30周年記念作品

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月10日22時40分

また、直木賞受賞作品『容疑者Xの献身』などの「ガリレオ」シリーズなど、映像化となった作品も多い。 そんな東野氏の30周年を飾る記念碑的作品『ラプラスの魔女』に付けられたキャッチコピーは「彼女は計算して奇跡を起こす。」――圧倒的スケールをもって描かれるミステリ長編だ。 本作に対して東野氏本人より以下のコメントが届いている。 「これまでの私の小説をぶっ壊してみ [全文を読む]

「ガリレオ」劇場版第2弾 「真夏の方程式」 ユーネクストにて配信開始

PR TIMES / 2013年12月25日11時59分

さらに翌年公開された劇場版『容疑者Xの献身』で興行収入49.2億円の大ヒットを呼び、今年の春からフジテレビで放送開始をした新シリーズ「ガリレオ」は、平成25年度4月クール放送の連続ドラマ視聴率No.1を記録するほどの圧倒的な人気を誇る作品です。 原作はシリーズ屈指の感動作との呼び声も高く、子供嫌いなはずの湯川が1人の少年を守るために“謎”に挑んでいく姿が [全文を読む]

飯豊まりえ、オーディション勝ち抜く 人気シリーズへの出演が決定

モデルプレス / 2017年09月03日01時43分

【飯豊まりえ/モデルプレス=9月3日】モデルで女優の飯豊まりえが、人気シリーズ「新参者」最新作で、2018年1月27日に全国で公開される映画「祈りの幕が下りる時」に出演することが発表された。飯豊は、同シリーズ初出演となる。◆「新参者」シリーズの完結編「祈りの幕が下りる時」 東野圭吾の小説を原作にした同シリーズは、2010年に放送されたドラマを起点にスペシャ [全文を読む]

『2016年honto 12月月間ランキング』発表!~東野圭吾の文庫書き下ろし『雪煙チェイス』が総合ランキング第1位~

PR TIMES / 2017年01月11日11時01分

2016年12月ランキングについてhonto総合書店広報担当が解説 総合ランキングは、伊坂幸太郎や畠中恵の文庫作品が上位を占める中、この季節らしく『世界一かんたん定番年賀状 2017』が7位にランクインし、『やせるおかず作りおき』シリーズも根強い人気です。季節物や流行物といえば、本の通販ストアランキングで河合出版の受験物が上位にランクインし、映画が大ヒット [全文を読む]

東野圭吾、宮部みゆきに山崎豊子!原作を読んで欲しい日本ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年12月01日10時58分

三上延さんによる日本のライトミステリー小説シリーズ「ビブリア古書堂の事件手帖」の1巻から4巻までが原作となっています。 ドラマの方は、主役の篠川栞子を剛力彩芽さん、五浦大輔をAKIRAさんが演じました。原作との設定の違いやキャストなどに、原作ファンからの賛否こそありましたが、ドラマはドラマで非常に楽しめました。綺麗でやわらかい映像や独特の雰囲気は是非ドラマ [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(11月24日付)

ガジェット通信 / 2016年11月25日14時00分

【11月24日】『今週末みたい映画ランキング』 対象:11月21日(月)~11月27日(日)劇場公開作品 1位 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(http://yahoo.jp/arcT71) ■公開日 :2016年11月23日(水・祝) ■監督 :デヴィッド・イェーツ ■キャスト:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・ [全文を読む]

2014年文庫ランキング発表! 東野、池井戸、百田が安定した人気

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月13日11時30分

堂々の1位に輝いたのは、血気盛んな刑事と優秀なホテルウーマンのコンビが殺人事件の真相に迫る東野圭吾の新シリーズ。高級ホテルを舞台に繰り広げられる華麗なる謎解き劇は、近い将来映像化されるであろうことは確実だ。上下巻というボリューム、経済歴史小説というジャンルにもかかわらず、僅差で2位につけたのは百田尚樹の『海賊と呼ばれた男』。続く3位はドラマ化も好評だった池 [全文を読む]

2014年No.1小説は東野圭吾『マスカレード・イブ』!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月06日11時30分

2位の『天の梯』は、大人気シリーズ「みをつくし料理帖」の最終章。シリーズをとおして、澪の波乱万丈の人生を、読みながら応援してきた読者も大満足できる結果だといえる。3位の『ペテロの葬列』もシリーズの続編である。ミステリーであれ、人情ものであれ、シリーズ化された独特な世界観や個性的なキャラたちに、多くの人が惹きつけられた結果だといえる。 また今回は、いわゆる [全文を読む]

丸善、ジュンク堂、文教堂、honto電子書籍ストア、hontoネットストアの販売データを集計 書籍の最新動向を解説 『honto9月月間ランキング』発表!

PR TIMES / 2014年10月07日11時48分

-書籍 通販 電子書籍のハイブリッド書店サービス「honto」-~東野圭吾「マスカレード」シリーズが 宮部みゆきの最新文庫『ソロモンの偽証』を抑えて1位!~ ハイブリッド書店サービス「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、honto提携書店の丸善、ジュンク堂、文教堂とhontoサイトで購 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(9月21日付) 吉高由里子が殺人者を演じる『ユリゴコロ』など期待の邦画が続々公開

ガジェット通信 / 2017年09月21日19時00分

32年前から届く悩み相談の手紙に触れるうちに、人を思いやる気持ちを抱く主人公を『暗殺教室』シリーズやテレビドラマ「カインとアベル」などの山田涼介、雑貨店店主を数多くの作品で独特の存在感を見せてきたベテラン西田敏行が演じる。 2位 『ユリゴコロ』(https://yahoo.jp/nN8v95) ■公開日 :2017年9 月23日(土) ■監督 :熊澤尚人 [全文を読む]

ブークス、「2015年で一番売れた本はコレだ!年間ベストセラー」を発表!

DreamNews / 2015年12月01日14時00分

【2015年で一番売れた本はコレだ!年間ベストセラー】特集ページURL: http://boox.jp/index.php?mtype=press&mdata=20151201&module=ecdisp&action=pdisp&disp=feature_bestseller_2015.html ※ブークス調べ集計期間:2014/11/1~2015/1 [全文を読む]

松島花がまるで別人!映画デビューで苦労したアレって?

Woman Insight / 2015年08月21日16時50分

作家・東野圭吾 最大の勝負作『天空の蜂』を『20世紀少年』シリーズなど様々な作品を手がけてきた堤幸彦監督がメガホンをとり、完全映画化! 20年に渡って “映像化は絶対不可能” と言われ続けた圧倒的なスケールで描かれるサスペンス・アクション超大作、映画『天空の蜂』が いよいよ 9月12日(土)より全国公開となります。 主人公である超巨大ヘリ<ビッグB>の設計 [全文を読む]

【プレゼント】江口洋介、綾野剛に会えるチャンス!「天空の蜂」プレミア試写会にご招待!

Woman Insight / 2015年07月31日15時50分

20年に渡って “映像化は絶対不可能” と言われ続けた圧倒的なスケールの本作を、『20世紀少年』『SPEC』シリーズを手掛けた日本有数のヒットメーカー、堤幸彦監督が 完全映画化! 姿なきテロリストと戦う男たちを演じるのは、日本を代表する実力派俳優の江口洋介と、本木雅弘のふたり。更に、仲間由紀恵、綾野剛をはじめ、柄本明、國村隼、石橋蓮司、向井理、竹中直人ら [全文を読む]

東野圭吾原作、堤幸彦監督作品「天空の蜂」、主題歌に秦基博の新曲が決定

Entame Plex / 2015年07月10日18時03分

ベストセラー作家:東野圭吾の作品を「TRICK」シリーズや「20世紀少年」シリーズなどを手掛けた堤幸彦が映画化した「天空の蜂」。本作の主題歌がシンガーソングライターの秦基博の新曲「Q&A」に決定した。 映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌「ひまわりの約束」、映画「あん」の主題歌「水彩の月」と、シングルが2作連続で映画の主題歌となっている秦基博 [全文を読む]

フォーカス