映画 桃井かおりに関するニュース

「佐藤勝音楽祭」小林淳による解説と、中野昭慶監督の「語る」動画その2公開

DreamNews / 2017年07月14日15時30分

この楽曲が映画を包み上げる。そうしたイメージを醸し出した。勇作と光枝の愛の形が最高潮に達した時点で映画は終幕を迎えるが、佐藤は優しさに満ちた勇作の主題(勇作と光枝の愛のテーマ)を愛でるように奏で、映画を締めくくる。その直前、はたしてハンカチはあるのか、ないのか、という緊迫のクライマックスにおける佐藤の音楽演出もあり、本曲はより深い感動を引き連れて鑑賞者の耳 [全文を読む]

北海道に住む人も、北海道観光に行く人も。観ておきたい北海道映画3選

TABIZINE / 2015年12月20日13時00分

また、そうした憧れは映画やドラマに描かれている世界から来ている場合も多いですよね。 そこで今回は学生時代に映画を学んだ筆者が、北海道旅行に出掛ける前に観ておきたい、旅の予習の映画を紹介したいと思います。 1:「幸福の黄色いハンカチ」山田洋次監督 北海道の映画と言えば、やはり外せない一作が「幸福の黄色いハンカチ」。舞台は釧路、網走、帯広、夕張など大自然が目白 [全文を読む]

沢尻エリカ 「顔を見たくない!」桃井かおりが宣伝協力拒否「大麻騒動で『作品に泥を塗られた』と大激怒した」

アサ芸プラス / 2012年08月16日11時00分

主演映画「ヘルタースケルター」でヌードを披露し、文字どおり裸一貫で再出発を果たした女優の沢尻エリカ(26)。興行収入20億円超えも狙えるヒットを飾っているが、その代償はあまりにも大きかった。 * とりわけ、エキセントリックな役柄をそのまま、撮影現場に持ち込んだ沢尻のわがままぶりは、共演者やスタッフとの関係にも大きな禍根を残しているのだ。 現場関係者が舞台裏 [全文を読む]

ローラ以外も! ハリウッドデビューしていた意外な人物とは

日刊大衆 / 2017年01月09日23時00分

2016年12月23日より公開された映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』。同作でハリウッドデビューを果たしたローラ(26)が、キャスト発表時から話題を集めたが、2017年は1月21日より公開されるマーティン・スコセッシ監督(74)の最新作『沈黙‐サイレンス‐』に、窪塚洋介(37)、加瀬亮(42)、小松菜奈(20)らが出演しており、日本の俳優がハリウッドで [全文を読む]

深作欣二のバイオレンス、薬の副作用で手がパンパン

アサ芸プラス / 2012年11月14日11時00分

どうした、ヤス! 這ってこい! 登ってこい! ここまで‥‥〉【映画「蒲田行進曲」(松竹)より】 新撰組の土方歳三に扮した銀ちゃんは、みごと生死を賭けた「階段落ち」を成し遂げた浪士役のヤスを、階上から必死に鼓舞する。血まみれの顔で落ちた階段から這い上がろうとするヤスに、囲んだ大部屋俳優たちの誰もが涙を抑え切れない。セットのあちこちに置かれたたいまつの炎が、い [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】イッセー尾形、「(桃井)かおりさんとの芝居に勝るものはない」

TechinsightJapan / 2017年06月24日21時38分

女優・桃井かおりと俳優・イッセー尾形が、日本とラトビアで初となる共同製作映画『ふたりの旅路』(原題:Magic Kimono)の初日舞台挨拶に登壇した。桃井は『ゴースト・イン・ザ・シェル』、イッセーは『沈黙 -サイレンス-』と、ともに今年公開されたハリウッド映画に出演し、ボーダーレスに活躍している。本作も、ラトビアの首都リガ出身の監督が手がけており、同地 [全文を読む]

ピース綾部は大丈夫? ハリウッドで成功した4人の日本人俳優の完全なる共通点とは?

tocana / 2016年11月04日09時00分

アメリカ映画初出演となった『ラストサムライ』(2003)では、アカデミー賞助演男優賞にノミネート。クリント・イーストウッド監督から直接出演要請のあった映画『硫黄島からの手紙』(2006)では主演を務めた。2015年にはブロードウェイ・ミュージカル『王様と私』に出演し、トニー賞ミュージカル部門主演男優賞にノミネートされている。当初、通訳を介していた英会話に関 [全文を読む]

語っていいとも! 第9回ゲスト・高橋ひとみ「『ふぞろい学校』って言われて。未だにあの作品を超えるものがないねって」

週プレNEWS / 2015年08月16日12時00分

クールで大人なイメージも魅力でドラマに映画と出演作多数、最近ではバラエティなどで見せるカワイい素顔も人気でますます幅広い御活躍。そんな、ひとみ姉サンと蛭子さんの接点はそもそも…?(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―友達がいないという蛭子さんから、まさかのご紹介をいただきました(笑)。 高橋 光栄です! 本当にお友達って言ってくださって光栄です。 [全文を読む]

佐藤江梨子 映画プロデューサーが「今なら脱がせられる!」続ヘルタースケルター「第二の沢尻エリカ」濡れ場計画

アサ芸プラス / 2012年09月06日11時00分

今年の上半期で大いに物議を醸し‥‥いや、話題をさらった芸能ニュースといえば、映画「ヘルタースケルター」での、沢尻エリカ(26)の全裸濡れ場だろう。これだけ注目を浴びる問題作となれば、「ぜひ、続編も」となるのは必然的な流れのようで─。 現在、興行収入約20億円と大ヒット中の「ヘルタースケルター」。沢尻は冒頭から乳首全開で、立ちバック、レズクンニ、3Pと、みご [全文を読む]

浜崎あゆみ、沢尻エリカ主演映画『ヘルタースケルター』に楽曲提供

リッスンジャパン / 2012年04月26日15時00分

浜崎あゆみの楽曲「evolution」が、監督・蜷川実花×主演・沢尻エリカのタッグで贈る映画『ヘルタースケルター』のテーマソングに決定した。第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞に輝いた岡崎京子による伝説的熱狂コミック「ヘルタースケルター」を原作にした本作品は、世界的フォトグラファーであり初監督作『さくらん』(2007年公開)を大ヒットへ導いた蜷川実花が約7年の歳 [全文を読む]

「脱ぎたいのに!」沢尻エリカと事務所の対立で『ヘルタースケルター』現場が大混乱!?

日刊サイゾー / 2012年03月12日08時00分

「『ヘルタースケルター』は岡崎京子の名作コミックを映画化した作品。主人公の"カラミ"シーンも重要な意味を持ってくる物語なんです。そこで当然、沢尻が脱ぐのか、脱がないのかが注目されるわけですが......」(芸能記者) 今までさまざまなワガママ言動で混乱をきたしてきた沢尻だけに、今回も「脱ぎたくない」とダダをこねているかと思えば、そうでもないのだという。「沢 [全文を読む]

美女たちの雪カキ(2)沢尻エリカ「不倫エッチ」

アサ芸プラス / 2012年02月29日11時00分

「別に‥‥」騒動から、はや5年! 過激SEX濡れ場で映画復帰を果たす沢尻エリカ(25)が、今度はあのモテ男に熱烈モーションをかけているッ。 * 「作品自体が過激なのは、やる時点で監督も私もわかっているんで。その質問自体おかしいでしょ」 去る2月9日、主演映画「ヘルタースケルター」(7月14日公開、蜷川実花監督)の製作会見に登場した沢尻だが、記者から、 「過 [全文を読む]

やっぱり草薙素子役はアジア人がいい? ハリウッド版『攻殻機動隊』に不満続出…嘆願書も

NewSphere / 2016年04月18日11時42分

映画は、米国で来年3月末に公開予定。 主役の『草薙素子』に白人のハリウッド女優スカーレット・ヨハンソンが配役されたこと、そして物語の舞台が日本から北米に移される可能性があることから、国内外のファンから強く批判されている。 一応、脇役の荒巻大輔役には北野武、その他にも配役は未定だが桃井かおりも出演する予定になっており、日本人俳優も全く登場しないわけではない [全文を読む]

架空のバンド、YEN TOWN BANDの処女作にして名盤『MONTAGE』

okmusic UP's / 2016年04月13日18時00分

YEN TOWN BANDとは岩井俊二が脚本、監督を手がけ、小林武史が音楽を担当、Charaが娼婦のシンガー役で出演した映画『スワロウテイル』1996年公開)に登場するバンドのことである。このYEN TOWN BAND名義による主題歌「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」はオリコンチャートの1位を記録し、85万枚を超えるセールスを記録 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】桃井かおり、事実婚で身持ちが堅い女に。「70歳までに入籍したい」

TechinsightJapan / 2014年08月19日21時30分

2005年にロサンゼルスに生活拠点を移してからは、色々な国の監督からの依頼で映画に出演している。8月18日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)のインタビューによると、今撮っているのはメキシコの映画で中国人のおばあさん役、次はドイツの監督と仕事をすることが決まっているそうだ。日本でドラマや映画に出演すれば破格のギャラが桃井には用意されるだろうが、海外の [全文を読む]

WOWOW FILMS最新作 河瀬直美監督『2つ目の窓』製作決定!

PR TIMES / 2013年10月01日10時51分

劇場用映画レーベル「WOWOW FILMS」の最新作『2つ目の窓』が、鹿児島県奄美大島で10月1日にクランクインしました。2014年初夏に全国公開を予定しています。 本作は、今年カンヌ国際映画祭で審査員をつとめ、1997年映画『萌の朱雀』でカメラドール(新人監督賞)、2007年『殯の森』でグランプリ(審査員特別大賞)受賞の経験をもつ河瀬直美監督の最新作とな [全文を読む]

新旧わがまま女優、激突必至! 桃井かおりVS沢尻エリカ

メンズサイゾー / 2012年02月09日10時00分

<芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、芸能界の裏側に横たわるオトコとオンナの深い業を掘り起こします> 女優の桃井かおりが、沢尻エリカの銀幕復帰第1弾映画『ヘルタースケルター』に出演するという。桃井といえば、昨年暮れに、そのわがままぶりに愛想をつかされ、11年続いた三菱東京UFJ銀行系消費者金融会社「モビット」のCMを契約更改しても [全文を読む]

紗栄子のイギリス行きは大丈夫?「海外移住芸能人」7人の成功度は…

女子SPA! / 2017年09月20日08時47分

◆桃井かおり ハリウッド進出きっかけにLAへ 2005年公開のハリウッド映画『SAYURI』への出演をきっかけにLAへ渡った桃井かおり(66)はすでに現地生活13年目を迎えています。「女優を引退するつもりで海外へ行った」と語っていましたが、映画の主役を張り、映画監督としてのキャリアもスタートさせ、2015年には音楽プロデューサーの男性と結婚。順風なキャリア [全文を読む]

桃井かおり “阪神・淡路大震災”描く新作に20年かけた理由

WEB女性自身 / 2017年07月01日06時00分

結婚してからもそんな普通の生活の大事さをかみしめています」 そう話すのは、女優で映画監督の桃井かおりさん(66)。桃井さんは、'04年に54歳でハリウッドに挑戦するために渡米。大作『SAYURI』( 05年)に登場する 置屋のおかみ役 をオーディションで獲得し、以来、アメリカのみならず、ドイツやメキシコなど世界各国の映画に出演している。最近では、イッセー尾 [全文を読む]

桃井かおり 熟年婚してわかった“夫に甘える妻の幸せ”語る

WEB女性自身 / 2017年07月01日06時00分

そういう人に出会ってしまったということなんですよね」 こう語るのは、女優で映画監督の桃井かおりさん(66)。桃井さんは、'04年に54歳でハリウッドに挑戦するために渡米。大作『SAYURI』('05年)に登場する 置屋のおかみ役 をオーディションで獲得し、以来、アメリカのみならず、ドイツやメキシコなど世界各国の映画に出演している。最近では、イッセー尾形さん [全文を読む]

フォーカス