作品 藤沢周平に関するニュース

現代に通じるホームドラマ「藤沢周平 新ドラマシリーズ」第2弾『小さな橋で』出演者が登壇!

ザテレビジョン / 2017年07月20日21時00分

「藤沢周平 新ドラマシリーズ」とは、時代小説の名手である藤沢周平の作品を映像化するプロジェクトで、時代劇専門チャンネルを運営する日本映画放送株式会社が、スカパーJSAT株式会社、株式会社ビーエスフジの協力を得て'15年にスタートしたもの。第1弾の5作品の好評を受け、第2弾では藤沢の名作短篇集「橋ものがたり」から、『小さな橋で』『吹く風は秋』『小ぬか雨』の [全文を読む]

仲代達矢が泣いた。新テレビドラマ「果し合い」が劇場上映決定

まぐまぐニュース! / 2015年10月08日11時04分

さらに試写会終了後、仲代達矢、桜庭ななみ、柳下大、原田美枝子、杉田成道監督が登壇し、作品の感想を語ってくれました。 仲代達矢と原田美枝子、30年ぶりの共演 仲代「私も一緒に試写を観ていたのですが、歳のせいか、作品が素晴らしいのか、ちょっと涙を流してしまいました。80歳を過ぎて、このような素晴らしい作品をやらせていただき、幸せものだと思っております。杉田監督 [全文を読む]

「小さな橋で」豪華キャストが完成披露で集結!監督、子役は京都→東京500kmの〝弾丸舞台挨拶″強行!

共同通信PRワイヤー / 2017年09月05日23時05分

「橋ものがたり」の3作品「小さな橋で」「吹く風は秋」「小ぬか雨」が、この秋、劇場公開されることも決定し場内の期待が高まりました。「小さな橋で」は、9月18日(月・祝)よる6時、BSスカパー!で放送されます。また、【藤沢周平 新ドラマシリーズ 第二弾『橋ものがたり』】の「吹く風は秋」(出演:橋爪功)は10月21日(土)よる6時、「小ぬか雨」(出演:北乃きい [全文を読む]

82歳・仲代達矢が鬼気迫る「果し合い」。5社タッグの新時代劇がスタート

まぐまぐニュース! / 2015年09月30日07時30分

スカパー!は、時代劇専門チャンネルとBSフジと協力し、時代小説の大家・藤沢周平の原作を、新たなオリジナル時代劇シリーズとして4作品を制作・放送することを発表しました。 シリーズ第一弾として放送されるのが、1970~80年代に藤沢周平により執筆された短篇「果し合い」。本作でヒロインを務めた桜庭ななみと、監督の杉田成道が出席し、見どころを語ってくれました。 本 [全文を読む]

松雪泰子と江口洋介 藤沢周平名作短編で夫婦役

NEWSポストセブン / 2017年09月13日16時00分

藤沢周平の作品を映像化する「藤沢周平 新ドラマシリーズ」。今回の第二弾では、名作短編集『橋ものがたり』から、『小さな橋で』『吹く風は秋』『小ぬか雨』の3作品が映像化される。『小さな橋で』は9月18日にBSスカパー!にて放送される。『吹く風は秋』『小ぬか雨』は10月に放送予定。 『小さな橋で』に出演した松雪は「藤沢作品は時代劇でありながら現代にも通じる魅力 [全文を読む]

『64(ロクヨン)』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』など文藝春秋の人気作品を30%ポイント還元!!電子書籍ストア「Reader Store」にて本日よりフェア開催

PR TIMES / 2016年06月10日12時18分

[画像: http://prtimes.jp/i/6388/152/resize/d6388-152-671213-1.jpg ] 電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)は、電子書籍ストア「Reader Store」(運営:ソニーマーケティング株式会社)にて、「文藝春秋作品全品ポイントバックキャンペーン」を、6月10日(金)より開始し [全文を読む]

司馬遼太郎 資料収集で神保町古本屋街で資料本消滅伝説作る

NEWSポストセブン / 2013年09月28日16時00分

それぞれ作風も、好んで取り上げる時代や対象も違ったが、なにしろこの三人の作品はよく売れた。そして現在も売れ続け、いくつもの作品が映像化されている。もしかすると、ある世代から下の日本人の歴史観のかなりの部分は、彼らの作品を「教科書」として形づくられているかもしれない。 そして、三人とも歴史そのものについての造詣が深く、作中人物を取り巻く時代風俗や時代背景を [全文を読む]

「小さな橋で」完成披露試写会のお知らせ 松雪泰子、江口洋介らが登壇!

共同通信PRワイヤー / 2017年08月28日14時00分

当日は、豪華キャストが作品に対する想いや京都での撮影秘話など、ここでしか聞けない話を語る舞台挨拶も行います。◆イントロダクション国民的ドラマ「北の国から」シリーズの杉田成道監督が手掛ける、一組の家族の「絆」を描いたものがたり。母・おまき役に松雪泰子、父・民蔵役に江口洋介。さらに娘・おりょう役には映画「ソロモンの偽証」で鮮烈なデビューを果たした藤野涼子、そし [全文を読む]

共演実現までに約3年!?東山紀之&松たか子、初共演

Smartザテレビジョン / 2016年05月17日06時00分

東山は「藤沢周平先生はとても偉大な作家で、俳優であれば先生の作品を一度はやってみたいと考えている方が多いと思います。今回、演じさせていただくことになって光栄です。藤沢先生が和子さんという素晴らしい奥様に恵まれて直木賞を受賞されてから作家活動がますます隆盛になられたという物語だと思います。今回は僕も同じように松さんのお力をたくさん頂いて、いい作品にするよう [全文を読む]

仲代達矢も思わず涙 期待の時代劇「果し合い」完成!

Smartザテレビジョン / 2015年10月09日20時16分

「この作品はスクリーンで見てみたい」と仲代が撮影中に発した一言により実現した試写会には、抽選により選ばれたファンおよそ530名が駆け付け、上映終了後には仲代のほか、桜庭ななみ、柳下大、原田美枝子、そして監督を務めた杉田成道らが登壇し、作品の感想を語った。 仲代の役どころは、家督を継いだ兄の家で長年無為な時間を過ごしてきた“部屋住み”とよばれる老武士。劇場 [全文を読む]

【書評】平明端正な文章で事実をもって語らしめた吉村昭評伝

NEWSポストセブン / 2014年07月11日07時00分

この三人の作品が好きな読者は彼らの禁欲的な生き方にも惹かれる。 吉村昭は東京の下町・日暮里の生まれ。実家は繊維工場。両親を早く亡くした。十八歳で終戦を迎えた。若い頃に当時、死病とされた結核を患っている。著者は、苦労人として吉村昭をとらえている。身近につねに死があったことがその作品、人生を決定した。 今日、歴史小説家と知られるが出発は純文学。同人雑誌に小説を [全文を読む]

リリー・フランキーが俗にまみれた俳諧師に!? 藤沢周平の傑作小説『一茶』映画化決定に興奮の声続出

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月22日15時00分

原作の『一茶』は、日本を代表する小説家・藤沢が一茶の家族との愛憎や世間との確執、知られざる生活の様子を丁寧な筆致で描き出した作品。生涯で2万句にも及ぶ作品を残した稀代の俳諧師・一茶は、素朴な作風とは裏腹に貧しさの中をしたたかに生き抜いた男。遺産横領の汚名を残し、晩年に出会った若い妻と荒淫ともいえる日々を過ごした老人でもあった。俳聖という名がおよそ似合わな [全文を読む]

東出昌大「もしもひと月休みがあったら、直木賞受賞作を受賞順にすべて読んでみたいです」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月09日12時00分

中身についてこそ語り合わなかったけれど、「面白かった!」と語る東出さんに、有りし日の父は次々とお薦めの作品を示してくれたという。 「それまでは石田衣良さんや金城一紀さんをはじめとする現代小説や、夏目漱石、三島由紀夫作品を読んでいたのですが、歴史小説は敷居が高かったんです。でも一度読み始めたら、興味が尽きなくて」 仕事がゆるやかな時は、常に本を持ち歩いている [全文を読む]

仲代達也84歳「キャリアが終わるとき、人生も終わる」

文春オンライン / 2017年06月01日17時00分

この作品は4月に開かれたテレビ界の国際的権威「ニューヨーク・フェスティバル」最高賞となる金賞を受賞した。 「派手なチャンバラではなく、人間の心を描いた静かな作品。海外で認められるとは想像もしませんでしたから、受賞の報せに皆で喜びましたよ」 他方、6月3日から全国公開する映画『海辺のリア』では、80を超え認知症気味となりながらも滑稽さや凄みをみせる老俳優を演 [全文を読む]

ファンなら一度は巡りたい!藤沢周平の作品世界を体感できる山形・庄内の見どころ9つ

サライ.jp / 2017年02月08日11時30分

今回はその中から、「海坂藩はかくありや!」と思わせる、藤沢周平の作品世界を体感できる山形・庄内の9カ所の見どころをご紹介しよう。■1:鶴ヶ丘城址(鶴岡公園)鶴ヶ丘城址は、「日本のさくら名所100選」にも選ばれ、県下で最も早く見ごろを迎える桜の名所。小説『花のあと』でも、《二ノ丸の濠ぞいの桜は、それは見事なもの》に始まり、藤沢らしい巧みさによって、花の美しさ [全文を読む]

【TBSオンデマンド】ドラマ特別企画「ふつうが一番 ―作家・藤沢周平 父の一言―」本日7月5日(火)よる11:00より見逃し配信スタート!

PR TIMES / 2016年07月05日15時23分

東山が演じる藤沢周平が娘を残し妻に先立たれた時代から、松演じる後の妻・和子との再婚、そして昭和48年に直木賞を受賞するまでの家族との日々を娘・展子の目線でとらえたヒューマンタッチな作品。共演には、角野卓造、佐藤B作、篠田三郎、前田吟らと演技派がそろいます。放送を見逃した方も、もう一度見たい方も、ぜひTBSオンデマンドでご覧ください![画像: http:// [全文を読む]

檀れいが藤沢文学のヒロインに!

Smartザテレビジョン / 2015年11月20日12時49分

どんと構えている姿が作品全体に厚みを与えてくれていると思います。――藤沢周平先生の作品の魅力はどんなところですか? [全文を読む]

松雪泰子、藤野涼子と取っ組み合いのケンカ「感情がぶつかり合うようにやりたかった」

映画.com / 2017年09月05日18時40分

主演の松雪は、「藤沢さんの作品は時代劇でありながら、現代にも通じる人間を描いたドラマ。精いっぱい臨んだものなので、楽しんでいただけたらうれしい」と笑顔で話した。 撮影前には約1カ月の念入りなリハーサルを行い、「演劇の稽古のように、何度も返してやったことで迷いなくできた。とにかく監督についていくのみでした」と述懐。主に回想シーンでの出演となった江口も、「最初 [全文を読む]

イケメン俳優・溝端淳平に振りかかった「高畑裕太の呪い」

アサ芸プラス / 2017年04月15日09時58分

同映画は「科学忍者隊ガッチャマン」や「新造人間キャシャーン」などでおなじみの、タツノコプロ創立55周年記念作品。同名人気アニメの実写映画で、「破裏拳」拳法を武器に、世界平和を守るために戦うヒーローを描いたカンフーアクション大作だ。映画ライターが解説する。「売り物はキレッキレのカンフーアクションなのですが、溝端はアクション初挑戦でした。なのに、いきなりやらせ [全文を読む]

北大路欣也「毎日、理想の人に会える」

Smartザテレビジョン / 2017年01月30日14時41分

東映京都撮影所で撮影中の主演、北大路欣也に作品の見どころなどの話を聞いた。 主人公の三屋清左衛門は東北の小藩で前藩主の用人を務めた後、家督を息子に譲り、隠居暮らしをしていた。しかし、藩を二分する派閥争いに巻き込まれていく。残日録とは、清左衛門が老い行く日々の出来事をつづった日記の題名のこと。 北大路は「僕が10年前にこの台本をいただいたとしたら、清左衛門の [全文を読む]

フォーカス