映画 藤沢周平に関するニュース

82歳・仲代達矢が鬼気迫る「果し合い」。5社タッグの新時代劇がスタート

まぐまぐニュース! / 2015年09月30日07時30分

主役の庄司佐之助を演じるのは、1954年「七人の侍」で映画デビューし、御年82歳の俳優・仲代達矢。黒澤明監督作品を始め、日本映画を代表する作品に多数出演。自らが主宰する「無名塾」でも舞台活動を行うなど、82歳を迎えてもなお精力的に活動を行っています。 (C)2015 時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹 そんな仲代について、杉田監督と桜庭は以下のように [全文を読む]

イケメン俳優・溝端淳平に振りかかった「高畑裕太の呪い」

アサ芸プラス / 2017年04月15日09時58分

溝端淳平が4月12日、主演映画「破裏拳ポリマー」完成披露試写会の舞台あいさつに出席した。同映画は「科学忍者隊ガッチャマン」や「新造人間キャシャーン」などでおなじみの、タツノコプロ創立55周年記念作品。同名人気アニメの実写映画で、「破裏拳」拳法を武器に、世界平和を守るために戦うヒーローを描いたカンフーアクション大作だ。映画ライターが解説する。「売り物はキレッ [全文を読む]

藤沢周平さんの口癖だった「ふつうが一番」。でも、それが一番むずかしい──松たか子×遠藤展子

文春オンライン / 2017年05月02日11時00分

松 私は2004年に、藤沢さん原作の映画「隠し剣 鬼の爪」に出させていただいたんです。今度は、その作品を書いた人に着目したドラマに出る、というのがとても新鮮でしたね。 遠藤 プロデューサーの石井ふく子さんが「ドラマにしたい」と言ってくださったのが3年前。石井さんは昔、東芝日曜劇場で4本、父の作品をドラマにしてくれていて、直接父と会ってもいるんです。 しか [全文を読む]

ファンなら一度は巡りたい!藤沢周平の作品世界を体感できる山形・庄内の見どころ9つ

サライ.jp / 2017年02月08日11時30分

映画『蟬しぐれ』の撮影に使われたことでも有名。敷地内に移築された湯殿山麓にあった田麦俣(たむぎまた)の茅葺きの多層民家(旧渋谷家住宅)では、きぬた屋という酒屋の場面が撮られた。住所:鶴岡市家中新町10-18 電話:0235-21-1199 開館:9時~17時(最終入館16時30分。12月~2月は最終入館16時) 休日:水曜(12月~2月)、年末年始 料金: [全文を読む]

『標準問題精講 国語 特別講義 読んでおきたい とっておきの名作25』現役教師が厳選!『源氏物語』から『図書館戦争』まで、読む力を深める作品群

DreamNews / 2015年07月16日14時00分

西尾鉄也(プロダクション・アイジー)主な作品は、TV『忍空』、映画『イノセンス』、TV『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』、TV・映画『NARUTO―ナルト―』、映画『スカイクロラ The Sky Crawlers』など。2009年東京アニメアワード 個人部門キャラクターデザイン賞を受賞。■テーマごとに選ばれた、胸に響く名作・名場面多彩な作品で高校 [全文を読む]

北川景子「浜村淳を激怒させた無愛想な裏の顔」

アサ芸プラス / 2013年11月27日10時00分

浜村といえば、ズバッとした物言いで知られる関西の大物タレントであり映画評論家。その浜村が突然、怒りを爆発させたのだ。 「今までインタビューした人でいちばん困ったのは北川景子(27)。こちらが何を質問しても答えてくれなかった。ムスッとした態度のまま、質問にはロクに答えない。今後、映画会社から(インタビュー要請の)話が来ても、二度と受けません」 なんと北川を [全文を読む]

「たそがれ清兵衛」が医者に払った診療費は?時代小説を面白くする一冊『江戸の家計簿』

サライ.jp / 2017年03月30日17時00分

■清兵衛が、町医者に払った薬代は?藤沢周平の代表作の一つであり、映画にもなった『たそがれ清兵衛』。主人公の井口清兵衛は、たそがれ時の退勤時間になると誰よりも真っ先に下城するため、「たそがれ清兵衛」とあだ名を付けられている。定時になるといそいそと帰るのは、労咳(結核)にかかって床に伏す妻の看病のためである。清兵衛は、垢じみた同じ衣服を毎日着て、内職の虫かご作 [全文を読む]

リリー・フランキーが俗にまみれた俳諧師に!? 藤沢周平の傑作小説『一茶』映画化決定に興奮の声続出

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月22日15時00分

俳諧師・小林一茶の波乱万丈な生涯を描いた、藤沢周平による傑作小説『一茶』が映画化されることが明らかになった。さらに主演の一茶役をリリー・フランキーが演じることが公表され、原作ファンからは「これは主演男優賞ものかも。絶対ハマり役」「キャスティング聞いてこんなにそそられることが今までにあっただろうか!」と期待の声が上がっている。 原作の『一茶』は、日本を代表す [全文を読む]

【TBSオンデマンド】ドラマ特別企画「ふつうが一番 ―作家・藤沢周平 父の一言―」本日7月5日(火)よる11:00より見逃し配信スタート!

PR TIMES / 2016年07月05日15時23分

ドラマ、アニメ、音楽、映画を中心に約1359タイトル、8293以上のエピソードを、インターネット接続のテレビやパソコン、モバイル端末などを使って好きなときに楽しむことができます。TBSオンデマンドは自社配信、ならびに各提携事業者を通じてご利用いただけます。 [全文を読む]

『64(ロクヨン)』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』など文藝春秋の人気作品を30%ポイント還元!!電子書籍ストア「Reader Store」にて本日よりフェア開催

PR TIMES / 2016年06月10日12時18分

本キャンペーンでは、佐藤浩市主演で現在絶賛公開中の映画の原作『64(ロクヨン)』をはじめ、村上春樹の人気長編小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』や、「ピース」又吉直樹による第153回芥川賞受賞『火花』、阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』の原作『無私の日本人』など、文藝春秋の人気作品をお得に購入することができます。 「文藝春秋作品全品ポ [全文を読む]

フォーカス