映画 藤沢周平に関するニュース

82歳・仲代達矢が鬼気迫る「果し合い」。5社タッグの新時代劇がスタート

まぐまぐニュース! / 2015年09月30日07時30分

主役の庄司佐之助を演じるのは、1954年「七人の侍」で映画デビューし、御年82歳の俳優・仲代達矢。黒澤明監督作品を始め、日本映画を代表する作品に多数出演。自らが主宰する「無名塾」でも舞台活動を行うなど、82歳を迎えてもなお精力的に活動を行っています。 (C)2015 時代劇専門チャンネル/スカパー!/松竹 そんな仲代について、杉田監督と桜庭は以下のように [全文を読む]

「小さな橋で」完成披露試写会のお知らせ 松雪泰子、江口洋介らが登壇!

共同通信PRワイヤー / 2017年08月28日14時00分

2017年8月28日時代劇専門チャンネル(日本映画放送株式会社)【藤沢周平 新ドラマシリーズ 第二弾「橋ものがたり」】「小さな橋で」9月5日(火)15時より丸の内ピカデリー1にて★出演者の松雪泰子はじめ、江口洋介、藤野涼子、田中奏生、杉田成道監督が登壇!!★時代劇専門チャンネルを運営する日本映画放送株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉田成道) [全文を読む]

イケメン俳優・溝端淳平に振りかかった「高畑裕太の呪い」

アサ芸プラス / 2017年04月15日09時58分

溝端淳平が4月12日、主演映画「破裏拳ポリマー」完成披露試写会の舞台あいさつに出席した。同映画は「科学忍者隊ガッチャマン」や「新造人間キャシャーン」などでおなじみの、タツノコプロ創立55周年記念作品。同名人気アニメの実写映画で、「破裏拳」拳法を武器に、世界平和を守るために戦うヒーローを描いたカンフーアクション大作だ。映画ライターが解説する。「売り物はキレッ [全文を読む]

ファンなら一度は巡りたい!藤沢周平の作品世界を体感できる山形・庄内の見どころ9つ

サライ.jp / 2017年02月08日11時30分

映画『蟬しぐれ』の撮影に使われたことでも有名。敷地内に移築された湯殿山麓にあった田麦俣(たむぎまた)の茅葺きの多層民家(旧渋谷家住宅)では、きぬた屋という酒屋の場面が撮られた。住所:鶴岡市家中新町10-18 電話:0235-21-1199 開館:9時~17時(最終入館16時30分。12月~2月は最終入館16時) 休日:水曜(12月~2月)、年末年始 料金: [全文を読む]

『標準問題精講 国語 特別講義 読んでおきたい とっておきの名作25』現役教師が厳選!『源氏物語』から『図書館戦争』まで、読む力を深める作品群

DreamNews / 2015年07月16日14時00分

西尾鉄也(プロダクション・アイジー)主な作品は、TV『忍空』、映画『イノセンス』、TV『攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG』、TV・映画『NARUTO―ナルト―』、映画『スカイクロラ The Sky Crawlers』など。2009年東京アニメアワード 個人部門キャラクターデザイン賞を受賞。■テーマごとに選ばれた、胸に響く名作・名場面多彩な作品で高校 [全文を読む]

北川景子「浜村淳を激怒させた無愛想な裏の顔」

アサ芸プラス / 2013年11月27日10時00分

浜村といえば、ズバッとした物言いで知られる関西の大物タレントであり映画評論家。その浜村が突然、怒りを爆発させたのだ。 「今までインタビューした人でいちばん困ったのは北川景子(27)。こちらが何を質問しても答えてくれなかった。ムスッとした態度のまま、質問にはロクに答えない。今後、映画会社から(インタビュー要請の)話が来ても、二度と受けません」 なんと北川を [全文を読む]

松雪泰子、藤野涼子と取っ組み合いのケンカ「感情がぶつかり合うようにやりたかった」

映画.com / 2017年09月05日18時40分

映画.com ニュース] BS放送・時代劇専門チャンネルが制作するオリジナル時代劇の最新作「小さな橋で」の完成披露試写会が9月5日、東京・丸の内ピカデリー1で行われ、松雪泰子、江口洋介、藤野涼子、田中奏生と杉田成道監督が舞台挨拶に立った。 没後20年、生誕90年を迎える藤沢周平の短編集「橋ものがたり」から3作をドラマ化する「藤沢周平 新ドラマシリーズ第二 [全文を読む]

「たそがれ清兵衛」が医者に払った診療費は?時代小説を面白くする一冊『江戸の家計簿』

サライ.jp / 2017年03月30日17時00分

■清兵衛が、町医者に払った薬代は?藤沢周平の代表作の一つであり、映画にもなった『たそがれ清兵衛』。主人公の井口清兵衛は、たそがれ時の退勤時間になると誰よりも真っ先に下城するため、「たそがれ清兵衛」とあだ名を付けられている。定時になるといそいそと帰るのは、労咳(結核)にかかって床に伏す妻の看病のためである。清兵衛は、垢じみた同じ衣服を毎日着て、内職の虫かご作 [全文を読む]

リリー・フランキーが俗にまみれた俳諧師に!? 藤沢周平の傑作小説『一茶』映画化決定に興奮の声続出

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月22日15時00分

俳諧師・小林一茶の波乱万丈な生涯を描いた、藤沢周平による傑作小説『一茶』が映画化されることが明らかになった。さらに主演の一茶役をリリー・フランキーが演じることが公表され、原作ファンからは「これは主演男優賞ものかも。絶対ハマり役」「キャスティング聞いてこんなにそそられることが今までにあっただろうか!」と期待の声が上がっている。 原作の『一茶』は、日本を代表す [全文を読む]

【TBSオンデマンド】ドラマ特別企画「ふつうが一番 ―作家・藤沢周平 父の一言―」本日7月5日(火)よる11:00より見逃し配信スタート!

PR TIMES / 2016年07月05日15時23分

ドラマ、アニメ、音楽、映画を中心に約1359タイトル、8293以上のエピソードを、インターネット接続のテレビやパソコン、モバイル端末などを使って好きなときに楽しむことができます。TBSオンデマンドは自社配信、ならびに各提携事業者を通じてご利用いただけます。 [全文を読む]

『64(ロクヨン)』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』など文藝春秋の人気作品を30%ポイント還元!!電子書籍ストア「Reader Store」にて本日よりフェア開催

PR TIMES / 2016年06月10日12時18分

本キャンペーンでは、佐藤浩市主演で現在絶賛公開中の映画の原作『64(ロクヨン)』をはじめ、村上春樹の人気長編小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』や、「ピース」又吉直樹による第153回芥川賞受賞『火花』、阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』の原作『無私の日本人』など、文藝春秋の人気作品をお得に購入することができます。 「文藝春秋作品全品ポ [全文を読む]

松雪泰子、時代劇版「北の国から」でダメ母役に 子役の「本当のお母さんだったらイヤ」に納得!?

映画.com / 2017年07月18日15時00分

映画.com ニュース] BS放送・時代劇専門チャンネルが制作する「藤沢周平 新ドラマシリーズ」第2弾のラインナップ発表が7月18日、都内のホテルで行われ、第1作となる「小さな橋で」に出演の松雪泰子、江口洋介、藤野涼子、田中奏生と杉田成道監督が会見した。 2015年に第1弾の制作が開始され、杉田監督で仲代達矢主演の「果し合い」は今年4月のニューヨーク・フ [全文を読む]

仲代達也84歳「キャリアが終わるとき、人生も終わる」

文春オンライン / 2017年06月01日17時00分

海外で認められるとは想像もしませんでしたから、受賞の報せに皆で喜びましたよ」 他方、6月3日から全国公開する映画『海辺のリア』では、80を超え認知症気味となりながらも滑稽さや凄みをみせる老俳優を演じている。 「監督の小林政広からオリジナル脚本が届きました。読めば私が過去に喋ったような言葉があちこちに。だから主人公・桑畑兆吉の存在を借りて自己暴露した作品でも [全文を読む]

リリー・フランキーが俳人・小林一茶役で新境地?

Movie Walker / 2016年10月13日10時00分

彼が江戸時代の俳諧師・小林一茶に扮し、主演を務める映画『一茶』の製作がこの度発表された。 原作となるのは、2007年に没後20年を迎える藤沢周平の伝記小説「一茶」(文春文庫)。「やせ蛙(がへる)まけるな一茶これにあり」などの名句で知られ、牧歌的な人物として語られがちな一茶の、知られざる破天荒な生涯を綴った一作だ。リリーのほかに中村玉緒、伊藤淳史、石橋蓮司、 [全文を読む]

昭和は遠くなりにけり。永六輔にあって、大橋巨泉になかったもの

まぐまぐニュース! / 2016年09月20日21時00分

私は、藤沢周平原作の映画「たそがれ清兵衛」に不気味な剣客として出たことや、山形の農民詩人、木村廸夫の人生を描いた「無音の叫び声」のナレーターとしての田中ぐらいしか知らなかった。 しかし、あとで聞くと、世界的な踊り手らしい。 木村のドキュメンタリー映画の話から入って、妙にウマが合い、終わって、松元ヒロと3人で飲んだ。 そして、同じ1945年生まれであること [全文を読む]

仲代達矢が泣いた。新テレビドラマ「果し合い」が劇場上映決定

まぐまぐニュース! / 2015年10月08日11時04分

杉田監督ありがとうございました」 前:仲代達矢 後:原田美枝子 原田「本を頂いた時から、これを仲代さんがおやりになると聞いて、絶対すごい映画になると思ったんですね。今日観させていただいて、仲代さんが俳優として何十年も演じてきたからこそできる作品だと思い、改めて尊敬しました」 桜庭「江戸時代の階級社会の中で、自分の思いとは裏腹に、望まない結婚というのはあった [全文を読む]

ドキュメンタリー「女たちの赤紙」とドラマ「女たちの赤紙」を同じ日に見て。

メディアゴン / 2015年08月06日07時10分

自分で金を集めて映画でつくるしかない時代に来ている。と話すドキュメンタリストは多い。いわゆる耳目を集めるテーマを選んだノンフィクション作品ならば、テレビでも出来ると言うべきか。筆者は原一男監督の「ゆきゆきて神軍」が、今まで見たドキュメンタリーの中で最高のものであると判断しているが、この作品こそが「ドキュメンタリー」なのであって、あまたのノンフィクション作品 [全文を読む]

フォーカス