ドラマ 南果歩に関するニュース

松居一代の動画は「ドラマの三要素」を見事に満たしている

NEWSポストセブン / 2017年07月18日16時00分

ドラマファンには待望の日々である。新作が続々と幕を開ける。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘した。 * * * 本格的な夏が到来し、次々に新しいドラマがスタート! 中でも、状況が大いに味方しているのが『定年女子』(NHKBSプレミアム日曜午後10時)。主人公は、夫の浮気のせいで離婚したシングルマザーでキャリアウーマン。演じるの [全文を読む]

南果歩は刑事役の“スペシャリスト”? 掘り起こされる“伝説のヌード”に栗山千明ファンは戦々恐々か?

おたぽる / 2016年04月24日09時00分

20日、スペシャルドラマ『マザー・強行犯係の女~傍聞き~』(テレビ東京系)が放送され、主役の女刑事役を務めた南果歩には、「復帰おめでとう!」「刑事役のスペシャリスト!」と、ファンから賛辞が贈られたようだ。 「原作の『傍聞き』(双葉社)が、『第61回日本推理作家協会賞短編部門』の受賞作ということで、大きな期待が寄せられていたドラマですが、シングルマザーの女刑 [全文を読む]

TSUTAYAスタッフに聞いた「感動の涙があふれる映画&ドラマ」5選

Woman Insight / 2015年09月23日17時50分

パワフルに乗り切るために、ここらでちょっと一息いかがですか? 今回、TSUTAYAスタッフの方にお願いして、<胸キュン恋愛><ちょっとエロ><感動の涙>の3つのテーマで、各5作品を厳選していただきました! 心の栄養を満タンにしてくれる15作品から、最後は、「感動の涙あふれる映画&ドラマ」5選をお届け♪ ★TSUTAYAスタッフに聞いた「ちょっとエロな映画& [全文を読む]

南果歩『定年女子』出演辞退も考えた…脚本家明かした正念場

WEB女性自身 / 2017年08月25日06時00分

悩みやピンチを迎えたときに、『自分をいちばん大切にする』ことができる女性は、たとえいつ命を終えても『悔いなき人生だった』と胸張って言えると思うから 」 こう話すのは、放送を重ねるごとに、50代女性を中心に共感の声が増している人気ドラマ『定年女子』(NHK・BSプレミアム)の脚本家である田渕久美子さん(58)。田渕さんは、これまでにも大河ドラマ『篤姫』や『江 [全文を読む]

南果歩 左手薬指に指輪なし…隠し続けた8キロ激やせの苦悩

WEB女性自身 / 2017年08月08日00時00分

会場ではこの日、主演ドラマ『定年女子』(NHK・BSプレミアム)の打ち上げが行われていた。 夫・渡辺謙(57)の 不倫騒動 以降、南にとって初めての出演となったこのドラマ。7月4日の試写会に出席した際、彼女は「心身ともに疲れて落ち込んでいた時期に、こういう作品に巡り合えた」と語っていた。皮肉にも南が演じたのは 夫の不倫により離婚した女性 という役どころ。当 [全文を読む]

南果歩、「定年女子」の離婚妻役に“残酷すぎる”の声

アサジョ / 2017年07月31日10時15分

ドラマ「定年女子」(NHK BSプレミアム)で主演を務める南果歩に心配の声が寄せられている。 というのも南が演じる深山麻子は夫の不貞により離婚。大手商社の部長にまで昇進したものの、53歳で突然役職定年に。これまでとはまったく違う部署へ異動となり、周囲からお荷物扱いされ、依願退職。やっとのことで見つけた再就職先の葬儀屋では年下の先輩から厳しい仕打ちを受ける、 [全文を読む]

南果歩主演の新ドラマ、目指すはテレ朝で好調のあの作品!?

ザテレビジョン / 2017年07月04日15時25分

7月9日(日)にスタートするドラマ「定年女子」(毎週日曜夜10:00-10:50NHK BSプレミアム)の第1話試写会が行われ、主演の南果歩の他、草刈民代、清水ミチコ、石野真子ら共演陣と、脚本を務める田渕久美子が出席した。 本作は大手商社の部長を務める深山麻子(南)が突然“役職定年”を言い渡され、異動した先の慣れない職場や、問題山積の家庭で奮闘するハートウ [全文を読む]

月9『カインとアベル』に漂う昼ドラ感… 崖っぷちのフジ・ジャニ・山田涼介

messy / 2016年10月20日20時15分

10月17日より放送を開始したHey! Say! JUMP・山田涼介主演の月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)。同ドラマの初回は平均視聴率8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、月9初回では史上最低となる数字を記録。早くも打ち切りが危惧され、月9枠の存続、そしてフジとジャニーズ事務所の今後の関係性まで危ぶまれる事態になっている。 『カインとアベ [全文を読む]

【ウラ芸能】深キョンに新境地…1月ドラマ視聴率(上)

NewsCafe / 2016年03月24日15時00分

デスク「1月クールの民放プライムタイム(午後7時-11時)のドラマが終わった。結局、SMAP・草彅剛(41)主演『スペシャリスト』(テレビ朝日系)が独走状態だった」記者「初回視聴率17・1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)で首位スタート、そのまま2ケタをキープ。全話平均でも12・7%のトップでした」デスク「スペシャルでも連ドラでもいいからまた見たい [全文を読む]

草なぎ剛が、はかま姿で巨大書き初めに挑戦!

Smartザテレビジョン / 2016年01月10日20時10分

ドラマは過去4回土曜ワイド劇場特別企画で放送され、今回待望の連続ドラマ化となった。無実の罪で10年服役した元受刑者で刑事の宅間善人(草なぎ)と、姉小路千波(南果歩)らが難事件に挑む姿を描く物語。 草なぎは「チームワークも整っていて、新しいメンバーもいい風を吹かせてくれて、いい撮影になっています!」と笑顔を浮かべた。 今回新しく加わる和田は、「どんな形で [全文を読む]

田中麗奈、吉田栄作、秋吉久美子……NHK次期“火10”ドラマ『愛おしくて』ロートルばかりで視聴率は大丈夫か

日刊サイゾー / 2015年12月29日09時00分

NHK総合では火曜午後10時より「ドラマ10」を放送しているが、その次期ドラマ『愛おしくて』(1月12日スタート)が不安要素いっぱいなのだ。 同ドラマの主演を務めるのは田中麗奈(35)で、メーンキャストは吉田栄作(46)と秋吉久美子(61)の2人。 平子理沙との離婚で話題を振りまいた吉田は、今年5~6月に放送された『ボクの妻と結婚してください。』(NHK [全文を読む]

嵐・二宮和也、『ようこそ、わが家へ』に出演熱望!? 「オファーを!」と猛アピールのワケ

サイゾーウーマン / 2015年04月30日09時00分

嵐・相葉雅紀にとって初の月9主演作となる連続ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)。相葉や寺尾聰、南果歩らドラマキャストが出演した4月9日放送の『VS嵐』(同)では、負けた嵐チームからの“差し入れ”の約束を取り付けていたが、嵐メンバーは後日、豪華なお弁当を差し入れし、約束を果たしていたようだ。 この日の『VS嵐』では、相葉がドラマチームに参戦する代わ [全文を読む]

Hey!Say!JUMP・山田涼介、月9は『エデンの東』リメーク! 企画が“二転三転”の舞台裏

サイゾーウーマン / 2016年08月27日09時00分

10月期のHey!Say!JUMP・山田涼介主演のフジテレビ月9ドラマが、ようやく正式決定したという。もはや“オワコン”とまで揶揄されるようになった月9枠だけに、山田の主演こそ早々に決定したものの、ヒロインや二番手以降の役のオファーを、芸能プロダクションからことごとく断られ、企画そのものも二転三転。ようやく、米映画『エデンの東』の現代リメークに落ち着いたそ [全文を読む]

三浦春馬『進撃の巨人』演技酷評で「ナンバー1の“ド下手俳優“は誰だ?」論争勃発中!

おたぽる / 2015年08月06日16時00分

妻の杏と義父の渡辺謙、義母の南果歩から徹底的に指導を受けられる環境にあって演技力が向上しないのであれば、役者としての才能はなかったと言わざるを得ません」(映画関係者) 福士蒼汰は現在、主演するフジテレビ系の月9ドラマ『恋仲』が大苦戦中。ヒロインの本田翼とともに、福士の演技も戦犯扱いされている。 「彼の場合は、イケメンの印象が強すぎて、演技には目をつぶっても [全文を読む]

嵐・相葉雅紀が沢尻エリカをとろけさせた「甘~い気配り」

アサ芸プラス / 2015年04月14日17時59分

4月13日にスタートするフジテレビ系の月9初主演ドラマ「ようこそ、わが家へ」での制作発表では、スタッフ、キャストが口をそろえて相葉の善人ぶりを絶賛し合った。「何が驚いたって、あのひねくれ者の沢尻エリカでさえ手放しで褒めちぎったことですよ。彼女が何かやらかすのではとヒヤヒヤしていましたが、記者役のために髪を真っ黒に染め直して会見では上機嫌そのもの。『すごくい [全文を読む]

初の池井戸潤氏原作の月9 ひと言ひと言にこだわり脚本作り

NEWSポストセブン / 2015年04月04日16時00分

4月13日からフジテレビの月9でドラマ『ようこそ、わが家へ』がスタートする。 『半沢直樹』『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)など作品が次々と原作として採用されている作家の池井戸潤さんの小説『ようこそ、わが家へ』(小学館刊)が原作だ。 「フジテレビにとって初の池井戸作品の連続ドラマ化です。しかもサスペンス。そこに『月9』らしい味付けを加えています。原作で [全文を読む]

E-girls石井杏奈主演!震災をテーマにしたドラマ

Smartザテレビジョン / 2015年02月04日22時20分

3月10日(火)に放送されるNHK特集ドラマ「LIVE!LOVE!SING!生きて愛して歌うこと」の試写会がNHK放送センターで行われ、出演する石井杏奈(E-girls)、渡辺大知、前田航基、ともさかりえが出席した。 本作は石井演じる福島出身で神戸に避難している高校生・朝海(あさみ)が同じ被災者である仲間と共に、小学生の時のタイムカプセルを開けるため、立ち [全文を読む]

E-girls石井杏奈 NHK震災特集ドラマ主演「被災地域の現状を見て何かを感じて欲しい」

dwango.jp news / 2015年02月04日20時00分

彼女がNHKで2015年3月10日(火)放送の特集ドラマ「LIVE!LOVE!SING! 生きて愛して歌うこと」に主演を務めることとなり、NHK放送センターで行われた完成試写会に登壇した。当日は石井の他にも渡辺大知、ともさかりえ、前田航基も出席した。阪神・淡路大震災の時、避難所でどこからともなく歌い継がれて来た『しあわせ運べるように』という歌を軸に、ともに [全文を読む]

南果歩、50代での心境の変化明かす「腹のくくり方ができてくる」

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年07月04日14時03分

女優の南果歩が4日、都内で行われたドラマ『定年女子』(NHK BSプレミアム)の第1話完成試写会に草刈民代、清水ミチコ、石野真子と出席。「50代はたくましい」と自身の生活を振り返り、心境の変化を語った。 本作は、エッセイスト・岸本裕紀子による『定年女子 これからの仕事、生活、やりたいこと』を原案に、現代女性のセカンドライフをリアルな視点とユーモアで描く、恋 [全文を読む]

渡辺謙「女性スキャンダル」文春砲でテレビ業界に大余震!(2)第3子を妊娠中の娘・杏は…

アサ芸プラス / 2017年04月17日05時57分

4月18日スタートのドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS系)の撮影現場ではこんな“イライラ素顔”が目撃されている。「スタッフはもちろん、ヒロインで妻役の波瑠(25)ともめったに話しません。いつも不機嫌そうにスマホをいじっています。きっと渡辺のニュースが気になるのでしょう。これから番宣の時期なのですが、“不倫”を題材にした作品なので、何かと周囲に気を遣わ [全文を読む]

フォーカス