ドラマ 萩原健一に関するニュース

TBSドラマの栄光の歴史!?お休み最後の贅沢「日曜劇場」を振り返る

日本タレント名鑑 / 2015年10月04日09時55分

TBSの日曜夜9時のドラマ「日曜劇場」。翌日からの仕事や学校に向け、おうちでゆっくりまったりしながら「家族で観られるドラマ」です。視聴率も良いので製作費もかけられ、じっくり作られているのでクオリティも高く役者陣も豪華。「お休み最後の贅沢」として最終回を惜しみながら、毎回次回作を期待してしまう・・・そんな特別な枠でもあります。 その歴史は古く、なんと1956 [全文を読む]

第18回「王者日テレの歴史」(前編)

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月10日20時00分

ドラマも日テレ とはいえ、バラエティばかりが際立つと、局のイメージとしてどうなのかという話にもなる。キャバクラで番組名を出しても若い女性にモテないかもしれない――なんて日テレの人たちが考えたのか知らないけど、実は日テレ、近年はドラマもそこそこ強いんですね。 現在、同局はプライムタイムに連ドラ枠を3つ持っているけど、このうち特に強いのが、水曜10時枠だ。同 [全文を読む]

BS12 トゥエルビ特番「萩原健一、『傷だらけの天使』を語る。」

@Press / 2017年01月31日18時30分

ドラマ誕生の背景や、強烈な印象を残したタイトルバック、名監督らとの撮影秘話など、『傷だらけの天使』再放送に際し、萩原健一氏がテレビで初めて本格的なインタビューに答えた収録の内容を、オフィシャルレポートにてお送りします。画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/121089/img_121089_1.jpg1. 「萩原健 [全文を読む]

「3月のライオン」で完コピ!あの伝説のドラマが始まる

Smartザテレビジョン / 2017年02月05日10時00分

それは'74年10月5日から1975年3月29日にかけて、日本テレビ系で放送されたドラマ「傷だらけの天使」のオープニングシーンのほぼ“完コピ”だったのだ。 同ドラマは、ショーケンこと萩原健一が主演を務めた全26話の探偵ドラマ。ビルの屋上にあるペントハウスに住む、オサムこと木暮修(萩原)と彼を慕うアキラこと乾亨(水谷豊)が、探偵事務所の調査員として働く姿を [全文を読む]

<何年か後にテレビを懐かしむ資格>本気でテレビを愛さなかったあんた!テレビを金儲けとしてしか考えなかったあんた!

メディアゴン / 2015年01月24日04時11分

テレビ局に入ればドラマが作れる。当時テレビのドラマはある種、玉石混合であったが大傑作もあまたあったからだ。受験対策に何をしたか? 私の場合、こういう時の回答はいつもワンパターンである。「関連本を読みあさる」のだ。神田・神保町の本屋に行って手に入るだけの「テレビに関する本」を読み、夏の間、家から一歩も外へ出ず没頭した。そして「自分が試験官だったらどんな質問を [全文を読む]

幻のドラマ「同棲時代」(沢田研二・梶芽衣子主演) 40年ぶりにCS放送・TBSチャンネル2で5月に放送!

PR TIMES / 2013年04月25日14時16分

テープ発見!1973年から40年の時を経て5月に奇跡の放送実現へ! 1973年に地上波で放送されて以降、再放送はおろかソフト化もされず “幻の作品”と呼ばれていたTBSのドラマ「同棲時代」の放送が、5月にTBSが運営するCS放送「TBSチャンネル2」で実現する事になりました。 ドラマ「同棲時代」は沢田研二(当時24歳)と梶芽衣子(当時26歳)が主演。TBS [全文を読む]

伝説のメリーゴーランド!?なんじゃこりゃ!?日本ドラマの印象的な死に様

日本タレント名鑑 / 2016年03月31日14時55分

ここ数年のミステリードラマブーム。昔と違い、近年は暴力描写や残酷描写、性的描写について地上波では限界があり、逆に映画で、激しい表現・インパクトの強い死に様を表現する事が多くなっています。 2000年『バトル・ロワイアル』、2010年『アウトレイジ』、2012年『悪の経典』、2014年『神さまの言うとおり』など、邦画のヒット作には過激描写も多く、やはり印象的 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】忽那汐里、萩原健一との2ショット公開「やはりこの方は偉大」

TechinsightJapan / 2016年03月02日17時53分

女優の忽那汐里が、2月28日に最終回を迎えたテレビドラマ『鴨川食堂』(NHK BSプレミアム)で父娘役の共演となった萩原健一とのツーショットをInstagramに公開した。11年ぶりとなった萩原のドラマ出演は、今まで演じたことがない“ホームドラマのお父さん”役。これまではアウトローな役柄が多かった彼にとって、今回のドラマは新境地と言える作品になったようだ。 [全文を読む]

15年は「米倉涼子別居」「高部あい逮捕」だったオスカーが16年は総力戦!?

アサ芸プラス / 2015年12月10日01時59分

武井は1月からのドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)でヒロインに。出演するドラマがことごとく低視聴率に終わり、今年は歌手活動に軸足を置いていた剛力も来年1月にドラマ『ジャングル・フィーバー』(NHK BSプレミアム)で主演を務めることが発表されたのです」(テレビ誌記者) このほか、忽那汐里は公開中の映画「海難1890」のほか2月公開の映画「女が眠る時」に [全文を読む]

パクリ論争が勃発!?来年1月スタートのNHK「鴨川食堂」に酷似ドラマが!

アサ芸プラス / 2015年09月20日09時59分

9月14日、俳優の萩原健一が来年1月スタートのNHK BSプレミアム連続ドラマ「鴨川食堂」に出演することが発表された。萩原にとっては02年の大河ドラマ「利家とまつ」以来14年ぶりのNHKドラマである。 13年に発売された柏井壽氏の小説が原作で、舞台は京都の東本願寺近くにある食堂。お客さんの様々な悩みを聞き、それをもとに萩原演じる料理人が腕を奮い、思い出の料 [全文を読む]

フォーカス