体重 白鵬に関するニュース

大相撲がっぷりよつ座談会 佐藤祥子×南伸坊×能町みね子

文春オンライン / 2017年06月11日17時00分

ああいう相撲ではケガを招くし、ちゃんと正攻法の押し相撲を取りたいと体重を増やしている。今までにない未知の小兵力士、業師だとの声もあるんですね。たとえば舞の海などが、もし150kgもあったら、あの素早い動きはできないかもしれないけど、宇良だったらその体重でも動ける体を作れるのではないかって。 能町 そもそも高校入学の頃の宇良は152cm 52kgだったとか。 [全文を読む]

“小よく大を制す!”最軽量関取の石浦 「食べることが苦手なんです」

週プレNEWS / 2016年10月01日11時00分

ところが、名門の日大相撲部では3年時に腸の病気を患って体重が激減するなどして、レギュラー入りできなかった。卒業後は角界入りではなく、オーストラリアへの留学という意外な道を歩んだ。 「高校時代、エストニアでの世界ジュニア選手権に出たときに、自分の中の相撲の概念が崩れたんです。世界の相撲の奥深さを感じて、相撲を世界に普及させる仕事、それに関わる活動をしてみた [全文を読む]

大相撲九州場所「注目の力士」

日刊大衆 / 2016年11月22日21時30分

「石浦は身長173センチ、体重110キロと全関取の中で最軽量。体が小さいことで、一度は相撲の道を諦め、オーストラリアに語学留学していたという異色の経歴の持ち主です。軽量級力士ならではの多彩な小技が持ち味で、“舞の海2世”なんて声も上がっています」(同) 昇進後初の場所ながら、9日目に8勝1敗で勝ち越しを決めており、今後の成長にも期待だ。 千秋楽まで、目が離 [全文を読む]

白鵬に敗れるも新大関・照ノ富士が語っていた本音「自分のことを強いと思ったことは一度もない」

週プレNEWS / 2015年07月23日06時00分

身長191㎝、体重178㎏ (取材・撮影/ヤナガワゴーッ! コーディネート/金本光弘) [全文を読む]

ネットでかわいいと話題の鶴竜 SNSは極力チェックしない

NEWSポストセブン / 2017年01月15日16時00分

だけど、その時は身長173cmで、体重が65kgくらい(当時の入門規定は、体重75kg以上)。新弟子検査を受験するまで、食べて、食べて、体を大きくして、なんとか合格した時は本当にうれしかったですね。 やっと叶った夢ですから、何があっても音を上げるわけにはいかないと思っていました。でも、最初の頃は、師匠(井筒親方=元関脇・逆鉾)や部屋の兄弟子が話している言葉 [全文を読む]

大相撲、モンゴル勢の強さの秘密はどこにあるのか

経済界 / 2016年11月04日13時16分

中には体重が100キログラムを超えるような“豆力士”もいます。 例えばヒザを痛めたとする。これが古傷になると苦労します。大相撲の世界に入ると、もっと体重の重い力士と戦わなければならないわけですから……」 子どもの頃から、体を酷使してはいけないということか。モンゴル出身ならではの視点である。相撲部屋の生活で日本語をマスター [全文を読む]

大横綱・白鵬「知られざる意外な素顔」

日刊大衆 / 2017年09月13日15時05分

■牛乳を“水代わりに”1日5~6リットル「師匠の宮城野親方(元幕内・竹葉山)も話していましたが、00年に15歳で来日したとき、体重が62キロしかなかったといいます。そんな白鵬少年を心配した親方は、体を大きくするため、牛乳を“水代わりに飲め”と1日5~6リットルを飲ませて、体の土台を作ったといいます」(専門誌記者) また、驚くべきは、1050勝の8割近くが、 [全文を読む]

新弟子56人 目標「横綱」19人で「できるとこまで」14人

NEWSポストセブン / 2017年04月20日07時00分

この名鑑は全新弟子の身長・体重や出身校、経歴や主な戦績といった基本的データが網羅されている。加えて食べ物の好き嫌い、よく見るテレビ番組や目標とする地位・力士、入門動機など、細かなアンケートへの回答も掲載されるので、コアなファンはチェックを欠かさないものだ。 「アンケートは新弟子検査の会場で行なわれますが、新弟子の家族や親戚、友人知人の購入が期待できるので取 [全文を読む]

石浦「体が小さいからこそ、攻めていきます!」直撃インタビュー

日刊大衆 / 2017年01月14日18時00分

平均体重160キロを誇る幕内力士と比較すると、あまりにも小柄ということもあり、新入幕を果たした九州場所当初は、苦戦が予想された。ところが、スピーディな動きと多彩な技を駆使し、2日目から怒濤の10連勝。優勝争いに絡む活躍を見せ、一躍、ニュースターの誕生となった。 横綱・白鵬の内弟子で、土俵入りの露払いも務める石浦は、自身の活躍をどう受け止めているのか? 最近 [全文を読む]

逸ノ城 横綱朝青龍に憧れるも当時は体育学校で柔道していた

NEWSポストセブン / 2015年07月21日16時00分

でもお相撲さんになろうとは考えず、ウランバートルの体育学校で柔道をしていました」(逸ノ城) 体重132kg、身長188cmと“有望株”だった逸ノ城は、視察に訪れた鳥取城北高校相撲部の石浦外喜義監督の目に留まり、同校へ相撲留学。新大関の照ノ富士とは同じ飛行機で来日し、高校の寮まで同じだった。 ※女性セブン2015年7月30日・8月6日号 [全文を読む]

進撃の新大関、照ノ富士が場所前に語っていた過熱人気 「週刊誌とか本当に腹が立ちますね」

週プレNEWS / 2015年07月17日20時30分

身長191㎝、体重178㎏ ■『週刊プレイボーイ』30号(7月13日発売)「強すぎる横綱・白鵬の時代にピリオドを打つのはこの男! 進撃の照ノ富士 独占インタビュー」より (取材・撮影/ヤナガワゴーッ! コーディネート/金本光弘) [全文を読む]

今場所も話題の“怪物”逸ノ城は白鵬に迫れるのか? 独占告白「みんな勝ちたい。最強になりたいです!」

週プレNEWS / 2015年01月10日06時00分

身長192㎝、体重199㎏、太もも周りは92㎝。2010年から鳥取城北高校に相撲留学。2013年春に同校卒業後は鳥取県体育協会に所属、同年秋の日本実業団相撲選手権で優勝し、湊部屋への入門が決まる。昨年一月場所のデビュー以来、計6場所の通算戦績は57勝17敗。現在の番付は関脇 ■三遊亭歌橘(さんゆうてい・かきつ) 1976年生まれ、栃木県出身。落語家。15歳 [全文を読む]

逸ノ城 桁外れの「怪物伝説」に迫る!(2)貴乃花親方も「逸材」とほめていた

アサ芸プラス / 2014年11月19日09時57分

「食べないのに体重が増え、退院直後にもかかわらず97センチあった太腿が99センチになっていた。逸ノ城も『普通の人は食べたら太るけど、自分は食べなくても太るし、食べたらもっと太る』と困惑しています」(ベテラン相撲記者) 退院後、九州場所に臨むため博多入りしたあとも力が入らず、稽古は部屋の幕下、三段目としかできなかった。 「9日間も入院したことによる骨盤のズ [全文を読む]

逸ノ城“日本の父”語る「超純朴自然児」エピソード

WEB女性自身 / 2014年10月04日07時00分

身長192センチ、体重199キロ。来日してまだ5年。いったいこの怪物は、どのように誕生したのだろうか。そこで、逸ノ城のことをいちばんよく知る人物から話を聞くことに。 09年、モンゴルで当時16歳の逸ノ城の才能を見いだし、相撲留学させた 日本の父 鳥取城北高等学校相撲部監督の石浦外喜義さん(53)が知る、逸ノ城の素顔とは 。2人は『イチ』『先生』と呼び合い、 [全文を読む]

逸ノ城「百年に1人の逸材」に立ちはだかる見えない壁

東京ブレイキングニュース / 2014年09月27日16時00分

これだけの偉業を打ちたてているにも関わらず、世間の反応はイマイチといった空気です」(前出・スポーツ紙記者) 身長192センチ、体重199キロの巨漢にも関わらず、横綱、大関相手に落ち着き払い、立ち会いでは変化を見せるなど相撲センスも十分。逸ノ城による新入幕での快進撃は、プロ野球の北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平(20)、Jリーグの東京FC・武藤嘉紀(22 [全文を読む]

白鵬関「千代の富士関の優勝記録に今場所で並びたい」と秋場所への意気込みを語る【日本相撲協会公式アプリ「大相撲」】

PR TIMES / 2014年09月12日15時44分

当時の体重は68キロだった。<白鵬関インタビュー>Q:一番印象に残っている取組は?A:私の中で一番印象に残っている取組は、同じ一門の大関魁皇関との対戦であります。2004年九州場所の一番であります。同じ一門の大関に勝って、ずっと稽古をつけてもらった恩返しを土俵の上で出来たことが嬉しい思い出になります。 [全文を読む]

稀勢の里、鶴竜が休場…初日から2横綱休場 99年九州場所以来の事態に

スポニチアネックス / 2017年09月07日09時56分

4日に検査を受けたが剥離骨折の状態が芳しくなく「片足になるとまだ体重を支え切れない」と休場が濃厚な状況だった。 白鵬も左膝に不安を抱えており、3横綱が初日から休場することになれば史上初の異例の事態となる。 [全文を読む]

「宇良、宝富士に注目!」ナイツ塙&横野レイコの相撲ナビ(3)

WEB女性自身 / 2017年03月16日17時00分

体重もこの1年で130キロ台に増やした。2年で幕内は朝青龍と同じスピード出世なのに、浮かれることなく、取材のオファーも断っているというストイックさ。彼の相撲が幕内でどこまで通用するか楽しみです」 ■宝富士を応援したくなるワケ 塙「見方は変わるんですが、僕は宝富士も好きで。絶対に強い素質はあるのに、常に正攻法でやっていて、不器用な感じ。なぜか腰が浮いちゃって [全文を読む]

「ちょっと失礼します!」馬上で出産!? バカでマヌケな人々が世間を賑わす『100年前の三面記事』

日刊サイゾー / 2016年03月21日19時00分

大正2年12月5日東京・朝日新聞の記事によれば、そのドイツ人は身長180cm体重98kgと恵まれた体型で、親方からも将来有望と期待されていたが、ある日を境に姿を消してしまったそう。のちにわかったその理由は「ちゃんこ鍋が苦手だったから」。 ほか、137本の話題を収録。実際に大沢悠里が番組内で発した「人情だねえ」「大したもんだ」など暖かみのあるコメントを、イラ [全文を読む]

モンゴル力士活躍の裏に先人の苦労 肉食べたら「かわいがり」

NEWSポストセブン / 2015年07月24日07時00分

そんな時に父親が日本で相撲力士を募集しているとテレビで知ったらしく、『おまえ、身長も体重も年齢も、条件にピッタリじゃないか。受けてみろ!』と勧めてきたんです。それで受けたら、受かってしまった。当時、ぼくは17才でした」 大島親方(元・旭國)が相撲取りとしての素質を見込んでスカウト。だが当の本人はというと、初めての海外渡航に心を躍らせ、修学旅行気分での来日だ [全文を読む]

フォーカス