絵画 八代亜紀に関するニュース

乃木坂、欅坂メンバーがW入賞 美術界における「二科展」の権威とは?

THE PAGE / 2017年09月07日17時20分

美術団体の「二科会」が主催し、現在は絵画、彫刻、デザイン、写真の4つの部門があり、画家への登竜門としても知られている。 過去には岸田劉生や佐伯祐三、小出楢重、中川一政などの著名な芸術家を多数輩出し、「太陽の塔」などの作品で知られる岡本太郎とも縁が深い。 美術雑誌の編集者は、「二科展」の特長について語る。 工藤静香ら芸能人の作品も多く入選 「『二科展』は、 [全文を読む]

押切もえ、“八代亜紀化”が進むも、美尻披露に「涌井が羨ましい!」の声 有村実樹らAneCanモデル次々と結婚でプレッシャーに?

おたぽる / 2016年03月05日09時00分

「以前からネット上では、押切と八代の顔が似ていると指摘する声は上がっていましたが、今回ブログに投稿した画像では、押切の特徴でもある頬骨が、いつも以上に目立って見えてしまっている為、『年齢と共に八代亜紀化が進んでいる?』といった声が上がり、八代がかつて入選したことがある絵画展『二科展』に、押切も去年入選を果たしたことから、『何らかの因果関係があるのかな?』 [全文を読む]

押切もえが初出展で初入選!芸能人の“二科展画伯”が続々誕生する裏事情

アサ芸プラス / 2015年09月14日17時59分

モデルの押切もえが絵画部門で初出展で初入選したとして話題になっている「二科展」。これまでにも工藤静香、石坂浩二、八代亜紀など多くの芸能人が入選したことで知名度は高い。しかし何十年も前から言われていることだが、この二科展のレベルは実際、どれほどのものなのだろうか。「そうですね‥‥絵のことを知らない人はずいぶん権威のある公募展と思ってらっしゃるようですが、それ [全文を読む]

押切もえの絵画が二科展に初入選! 「今、プライベートは7分咲きくらい」

Entame Plex / 2015年09月03日20時14分

モデルの押切もえが2日、六本木・国立新美術館で第100回記念二科展の初出展・初入選の記念取材を行った。 「二科展」とは、1914年に新しい美術の確立を標榜して、石井柏亭や梅原龍三郎などが結成した美術団体で、新しい傾向の作家に活躍の場を提供し、多くの芸術家を輩出している。これまでにも工藤静香や、八代亜紀、乃木坂46の若月佑美など、芸能人がたびたび入選すること [全文を読む]

【速報】押切もえ、二科展に初入選!「恋の花は●分咲き」

Woman Insight / 2015年09月02日16時57分

作品は絵画・彫刻・デザイン・写真の4部門があり、絵画部門の今年の応募総数は3043点。過去には歌手の工藤静香さんをはじめ、俳優・石坂浩二さんや、歌手・八代亜紀さん、女優・五月みどりさんなども入選を果たしてきた画家の登竜門。 その二科展100周年という節目の回で、押切もえさんの初出展作品が見事入選。モデルとしては初の入選だそうです! こちらが押切さんの作品 [全文を読む]

八代亜紀 7億円当せんしたら最上階に住み中間階は社員寮に

NEWSポストセブン / 2015年07月23日16時00分

「7000万円が当たったら、歌と絵画を、子供たちに教える場所を作りたいですね。私もできるだけ行って、自分が一生懸命やってきたことを直接教えたい。もちろんレッスン料は無料! 7億円なら…私、マンションの最上階に住みたいの。下積み時代に暮らした8階くらいで、東京の街がほどよく眺められる高さね。最上階ワンフロアは私の住まい。1階、2階は私の絵を展示したサロンに [全文を読む]

今年は乃木坂&欅坂メンバーが受賞!芸能人御用達の美術展「二科展」とは何なのか?

Business Journal / 2017年09月12日20時00分

「一昨年にはモデルの押切もえも、絵画部門への初出展で初入選したのが記憶に新しいところ。芸能人枠があるのではないか、芸能人の入選には金銭が動いているのでないかとか言われてきましたが、そうしたことはありません。もちろん、芸能人が入選し、報道されることは二科展の知名度アップにつながるので、それなりのレベルであれば、芸能人の作品が落選することは考えにくいのでしょ [全文を読む]

工藤静香は21回連続、乃木坂46&欅坂46W入選も……『二科展』で芸能人が落選することってあるの?

日刊サイゾー / 2017年09月07日17時00分

絵画部門は、出品点数2,570点に対し705名が入選。彫刻部門は、49点に対し43名が入選したという。 なお出品するには、デザイン部門の場合で手数料8,000円(一般)がかかる。さらに入選すると、作品集への掲載料として、追加で5,000円の支払いが生じるようだ。 「1人で複数点出品している人も多いため、出品者数に対する入選率はわからないものの、数字を見ただ [全文を読む]

押切もえに工藤静香も! なぜ芸能人は「アーティストを目指す」のか?

日刊大衆 / 2016年09月25日22時00分

8月31日、モデルの押切もえ(36)が、「第101回二科展」絵画部門に2年連続で入選したことが話題になりました。トルコキキョウとユリをモチーフに描き上げた『咲クヨウニ~時~』という作品で入選。押切は「これからも、見慣れた景色の中に新たな発見や表現ができるように勉強していきたいと思います」と意欲をみせました。 そもそも二科展とは、公益社団法人「二科会」が主催 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】押切もえ、2年連続『二科展』入選 早くも来年に意欲

TechinsightJapan / 2016年08月31日15時01分

モデルだけではなく小説家・画家としても才能を発揮している押切もえ(36)の絵画が、このたび『第101回二科展』に入選した。これは、初出展にして入選した昨年に続き、2年連続の入選となる。入選作品は国立新美術館(東京都港区)で8月31日から9月12日まで鑑賞することができる。 「最後まで完成に間に合わないかと思いましたが、なんとか入選する事が出来ました」と胸を [全文を読む]

元AKB篠田麻里子のスゴすぎる特技の似顔絵がネット上で話題に 「あかんやつ」「悪意www」

AOLニュース / 2015年05月17日11時00分

それぞれが似ているかどうかは別として、かねてより芸能界の中には、ジミー大西や片岡鶴太郎、八代亜紀、五月みどりといった面々のように、絵画の分野で思わぬ才能を発揮し、コンテストなどで栄冠に輝くタレントも少なくないことから、今後は彼女のこうした一面にも、注目したいところだ。 文・久保田太陽 <関連動画はこちら> 【参照リンク】 ・http://www4.nhk [全文を読む]

フォーカス