小説 半沢直樹に関するニュース

ドラマ「Dr.倫太郎」の原案小説「セラピューティック・ラブ」は堺雅人を想定して書かれた小説?

メディアゴン / 2015年04月24日09時41分

高橋秀樹[放送作家/日本放送作家協会・常務理事/社会臨床学会会員]* * *日本テレビ木曜夜10時から放送の堺雅人主演「Dr.倫太郎」で、原案とクレジットされる小説「セラピューティック・ラブ」(治療的な愛とでもいうような意味か)を読んだ。著者は清心海(せい・しんかい)氏。精神科医に当て字したものだ。プロフィールを見ると、雑誌記者を経て、精神科医になったとい [全文を読む]

電子書籍サービス「BOOKSMART」~『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)~『銀翼のイカロス』を配信開始!

DreamNews / 2014年08月01日15時00分

『銀翼のイカロス』は、『下町ロケット』で第145回直木賞を受賞した池井戸潤の人気小説で、堺雅人主演でドラマ化されて 大ヒットした『半沢直樹』シリーズの最新作(第4弾)となります。逆境にさらされるバブル入行組の男たちの意地と挑戦が 鮮やかに描かれ、「やられたら倍返し!」の精神を持つ半沢の痛快な戦いっぷりが大人気となっています。最新作(第4弾)では、 国営航 [全文を読む]

半沢直樹に影響され「バンカーで倍返し」目指す就活生が増加

NEWSポストセブン / 2013年08月25日16時00分

池井戸潤氏の企業エンターテインメント小説『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』(ともに文藝春秋)が原作です。バブル末期に大手都市銀行(今で言うメガバンク)に入行した主人公半沢直樹の企業社会での奮闘を描いたドラマです。 ビデオリサーチの調べによると、8月11日に放送された第5回は平均視聴率が29.0%、瞬間最高視聴率が31.9%でした。名セリフ「や [全文を読む]

気分スッキリ!「小説&映画ランキング」1位はあの大ヒット小説&逆転アクション大作!

Woman Insight / 2015年05月31日17時50分

今回参考にしたのは、モンデリーズ・ジャパン株式会社の「Clorets スッキリ総研」が全国の15歳以上の男女3,743名に調査した「気分をスッキリさせる小説&映画ランキング」。すると、小説も映画も1位はどの世代も独占したあの名作がランクイン!! その作品とは?? さっそく気分をスッキリさせる小説部門のランキングからチェック! 1位はドラマでも大ヒットした [全文を読む]

【Clorets スッキリ総研】国民的スッキリ 小説&映画ランキング Cloretsスッキリ総研サイトにて全ランキングを公開

PR TIMES / 2015年05月26日10時13分

小説では大ヒットテレビドラマ「半沢直樹」の原作が、映画では“世界一ツイてない男”の逆転アクション大作「ダイ・ハード」がそれぞれ堂々の第1位!池井戸潤さんから喜びの声も!小説では大ヒットテレビドラマ「半沢直樹」の原作が映画では“世界一ツイてない男”の逆転アクション大作「ダイ・ハード」がそれぞれ堂々の第1位!池井戸潤さんから喜びの声も!国民的スッキリ 小説&映 [全文を読む]

「この三連休にぜひ読んでみたい!」今、人気の本 ベスト5

IGNITE / 2014年11月22日09時30分

■村上海賊の娘(上)(下) 和田竜 第11回本屋大賞を受賞した、和田竜氏の歴史小説「村上海賊の娘」。本屋大賞を受賞したことで、一躍有名になった本でもあります。 主役は、海賊王と呼ばれた村上武吉の娘・景です。第一次木津川合戦の史実に基づく歴史小説になっていますが、度肝を抜く戦いは、小説であっても手に汗握る展開が待っています。作者である和田竜氏は「のぼうの城 [全文を読む]

半沢直樹の“新たな敵”を池井戸潤が語る ―シリーズ最新作『銀翼のイカロス』発売間近!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月12日05時50分

小説でもドラマでも今はコメディが難しい時代ですが、『花咲舞が黙ってない』は脚本がよくできていて、水曜夜10時に観るのにちょうどいい。杏さんも、自分なりの花咲舞をきちんと作っていらっしゃるようで、楽しく観ました。『ルーズヴェルト・ゲーム』の野球シーンも、とてもよかったじゃないですか。あの場面の説得力は、やっぱり断然、小説より映像だと思いましたね」 国民的物 [全文を読む]

これだけは抑えておきたい! 2013年電子書籍レビュー人気作品ベスト5 (小説・エッセイ編)

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月31日11時20分

直木賞作家で自身も銀行員だった経歴をもつ池井戸潤による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作です。■2位 『お盛んすぎる 江戸の男と女』(永井義男/朝日新聞出版)レビュータイトル=“自由におおらかにSEXを楽しんでいた江戸の人々の事情を伝える”江戸時代はセックスレスとは無縁だったそう。15、16歳で初体験を済ませ、夫婦になったら毎晩色々な体位を楽し [全文を読む]

WOWOWドラマ『アキラとあきら』と、『半沢直樹』『花咲舞』の知られざるつながりとは?

日刊サイゾー / 2017年07月10日21時00分

「『アキラとあきら』は約10年ほど前に月刊誌『問題小説』(徳間書店)で連載されていたもので、書籍化もされずに埋もれていたのをWOWOWのプロデューサーが見つけたことで、ドラマ化や書籍化が実現しました。『半沢直樹』(TBS系)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)の原作となった銀行小説シリーズと並行して、池井戸氏が『自身の銀行小説の集大成』として書いてい [全文を読む]

『下町ロケット』は原作から何を足し、何を引いたか……スピード感を得た“21世紀の『水戸黄門』”像

日刊サイゾー / 2015年11月21日13時00分

『下町ロケット』に限らず、小説原作をテレビドラマにする際はある程度の脚色が必要となる。それではこの作品では、原作にどのような脚色が加えられているのか。そして、テレビドラマとしての『下町ロケット』は、その脚色においてどのような成功を収めているのか。第1話から第5話までの「ロケット篇」を振り返り、検証してみたい。<原作を削るのではなく、原作に足すという手法> [全文を読む]

「印刷業界のガリバー」の闇を暴露!常態化した粉飾や談合、社長ジュニアが経費で豪遊…

Business Journal / 2015年09月15日06時00分

経済小説の中には、「企業もの」と分類したくなる作品がある。2013年に放送された人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の原作『オレたちバブル入行組』(文藝春秋)は、著者の池井戸潤氏が三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に勤務した経験が作品に反映されているといわれる。 また、日本航空123便墜落事故という同じ題材を、異なる企業を舞台に描いたのが、山崎豊子の『沈まぬ [全文を読む]

『半沢直樹』も好調! 今読まれている池井戸潤本 ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月22日13時00分

小説を原作とし、バブル期入社の型破り銀行員の闘いを描いているが、生みの親である小説家・池井戸潤をご存知だろうか? 過去にも、『空飛ぶタイヤ』や『下町ロケット』が映像化され、直木賞の受賞経歴もある実力派の小説家なのだ。しかも著者自身、銀行員だったという経歴をもつ。 というワケで、企業小説のヒットメーカーでもある池井戸潤の売れ筋小説ベスト5を紹介しよう。(※ラ [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

社会派ドラマとは、例えば松本清張や山崎豊子といった有名作家たちの小説を原作とする重厚なドラマである。1970年代以前は、その種の連ドラは散見されたが、連ドラの主要ターゲットが若者層に移った80年代以降、それらは2時間ドラマの単発枠でしか見られなくなっていた。ところが――21世紀に入り、再び連ドラとして復活したのである。但し、21世紀流にアレンジされており、 [全文を読む]

新作『銀翼のイカロス』にも黒崎駿一が登場! そのきっかけは片岡愛之助の怪演だった

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月13日05時50分

「非常にリアルな小説ですよね。銀行融資の内情、行内の出世争いなど、自分には縁遠い世界の話ですが、本当にありそうで怖さを感じました。原作がしっかりしていたからこそ、ドラマの脚本も面白く膨らませることができたのだと思います」 原作の黒崎は金融庁検査官として東京編にのみ登場するが、ドラマの彼は大阪編からその特異な存在感を発揮する。 「大阪編から東京編に移り、半 [全文を読む]

春の新ドラマ一斉紹介!「極悪がんぼ」の公式Twitterはガチの●●!?

AppWoman / 2014年04月03日11時35分

池井戸潤の同名小説が原作で、『半沢直樹』と同じく、脚本を八津弘幸、演出を福澤克雄が担当。半沢に続くヒットを狙います。■『極悪がんぼ』の公式看板キャラ「金暮TARO」のtwitterが……!各ドラマの公式サイトではすでにプロモーションが始まっています。その中でもひときわ個性を放っているのが、『極悪がんぼ』(フジテレビ系/月・夜9時)の公式twitterアカウ [全文を読む]

【TBSオンデマンド】日曜劇場「半沢直樹」見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年07月09日15時23分

原作は池井戸潤の人気小説。また、上戸彩、及川光博、北大路欣也、香川照之ら豪華で個性的な俳優陣がドラマを彩ります。観終わったときにスカッとする痛快エンターテインメント劇。見逃した方も、もう1度見たい方も、ぜひTBSオンデマンドでお楽しみください。日曜劇場「半沢直樹」【出演】堺雅人、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、滝藤賢一、中島裕翔(Hey! Say! JUMP [全文を読む]

[コラム] なぜ、日本ドラマはSFコメディドラマがヒットしないのか

スポーツソウルメディアジャパン / 2016年10月10日10時08分

『流星ワゴン』は人気小説がベースになっているため、大ヒットとなるストーリーは約束されていたはずだった。しかし、初回の視聴率は、そこそこよかったものの、回を重ねるに連れ、低下していった。この要因は遅すぎるストーリー展開にあると思われる。流星ワゴン、いわゆる、タイムマシンに乗って過去の自分と対峙し、現実をやり直すというストーリーなのだが、小説では主人公が過去を [全文を読む]

ドラマ「下町ロケット」の神谷弁護士にはモデルがいた!? 池井戸潤が恵俊彰とラジオで初対談

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月03日09時00分

同ラジオでは、小説の書き方や、11月5日(木)発売の『下町ロケット2 ガウディ計画』の話も。放映中のドラマ6話以降の原作となる『下町ロケット2 ガウディ計画』は、「ドラマもあるから、『下町ロケット2』は20日で書きましたよ(笑)」と短期間で書き上げたという裏話が。また、本を書くときはいつも挑戦という池井戸は、「普段どのように小説を書いているのか?」という [全文を読む]

朝日新聞、TBS、小学館の3社が異例のコラボ

PR TIMES / 2015年10月02日14時59分

池井戸潤さんの話小説の神様が存在するとしたら、今回は少し背中を押してもらった気がします。別の小説のため、たまたま取材した方との会話から題材が生まれ、ドラマ、新聞連載、単行本の刊行という、当初バラバラだった三つの企画が途中から合流するという大きな幸運にも恵まれました。作者として願うのは、この作品がひとりでも多くの方に出会い、登場する佃たちの言葉に少しだけでも [全文を読む]

テレ朝『民王』 原作者・池井戸潤からドラマ化の推薦あった

NEWSポストセブン / 2015年07月10日16時00分

7月24日スタートのテレビ朝日系ドラマ『民王』(毎週金曜日23時15分~)は、池井戸潤さん小説のドラマ化。総理大臣・泰山(遠藤憲一)と、家庭を顧みない父を嫌う息子・翔(菅田将暉)の心が入れ替わってしまう、ファンタジックコメディー。 『トリック』や『都市伝説の女』など、一風変わった人気ドラマを放送してきたテレビ朝日の『金曜ナイトドラマ』枠。今回は高視聴率を叩 [全文を読む]

フォーカス