ドラマ 半沢直樹に関するニュース

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

■お仕事ドラマの夜明けまず、21世紀の連ドラの特徴として、それまでの“純愛ドラマ”全盛だった90年代と比べて、“お仕事ドラマ”の時代となったことが挙げられると思う。で、その扉を開けたのが、この作品――フジテレビの月9ドラマ『HERO』(1stシーズン)だったと。奇しくも2001年1月8日スタート。文字通り21世紀最初のクールの作品だったんですね。思えば、9 [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

そう、『踊る大捜査線』(フジ系/1997年)もそうだったけど、お仕事ドラマといいつつ、やっぱり視聴者は青島俊作(織田裕二)と恩田すみれ(深津絵里)の恋の行方も気になるワケで。2人が心を通わせつつも、なかなか前に進めないもどかしさに、視聴者は感情移入するのである。■そのチームに阿部寛はいるか3つ目の世界は、主人公が所属する組織である。東京地検城西支部。検事も [全文を読む]

第20回「若者のテレビ離れはない」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月11日17時44分

基本的にラブストーリーか青春ドラマで、共通していえるのは、10代から20代の若者たち、特に若い女性が多く劇場に足を運んだ映画ということ。事実、これら11本のうち、全国週末興行成績ランキング(興行通信社調べ)でベスト10に入ったのは、実に8本。アニメやディズニー映画が隆盛を極める中、大健闘だ。■若者向け映画は大盛況。一方、月9は大不振 ほら、あなたも映画館 [全文を読む]

TBSドラマの栄光の歴史!?お休み最後の贅沢「日曜劇場」を振り返る

日本タレント名鑑 / 2015年10月04日09時55分

TBSの日曜夜9時のドラマ「日曜劇場」。翌日からの仕事や学校に向け、おうちでゆっくりまったりしながら「家族で観られるドラマ」です。視聴率も良いので製作費もかけられ、じっくり作られているのでクオリティも高く役者陣も豪華。「お休み最後の贅沢」として最終回を惜しみながら、毎回次回作を期待してしまう・・・そんな特別な枠でもあります。 その歴史は古く、なんと1956 [全文を読む]

テレビドラマお好きですか? 現在を代表する脚本家6人からドラマ界の未来を探る

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月12日11時40分

今シーズンのドラマで一番の話題作と言えば『明日、ママがいない』だろう。しかし、放送内容に対する批判であったり、スポンサー降板騒動であったりと良い意味での話題作とは言えない。ドラマがつまらない。そんな言葉を耳にすることは多くなった。テレビが家庭の中心ではなくなった今、テレビドラマはどうあるべきなのだろうか。 関連情報を含む記事はこちら 『キャラクタードラマ[全文を読む]

『半沢直樹』にはなし 連ドラに主題歌は必要なのか評論家考察

NEWSポストセブン / 2013年10月20日07時00分

ドラマ『東京ラブストーリー』なら小田和正の『ラブストーリーは突然に』、『101回目のプロポーズ』ならCHAGE and ASKAの『SAY YES』――過去の人気ドラマは主題歌とセットで、多くの人の記憶に刻まれている。しかし、最近のヒットドラマですぐに主題歌を思い浮かべられる作品はいくつあるだろうか。『半沢直樹』や『あまちゃん』に至っては主題歌がない。10 [全文を読む]

<ギャラクシー賞受賞「赤めだか」>二宮和也と北野武らによる落語家青春グラフィティ

メディアゴン / 2016年02月27日07時30分

水戸重之[弁護士/吉本興業(株)監査役/湘南ベルマーレ取締役]* * *2月22日、年末にTBSで放送された年末ドラマ特別企画「赤めだか」が、ギャラクシー賞の1月の月間賞を受賞した。優れたテレビドラマに与えられる同賞にふさわしい傑作だ。改めて観て、泣き、笑った。【オープニング】真っ赤なセットの中に、スポットライトを浴びた笑福亭鶴瓶が立っている。いきなり、亡 [全文を読む]

脚本は野島伸司…フジテレビ「日9ドラマ枠」復活の思惑

デイリーニュースオンライン / 2016年02月22日07時00分

かつて、ドラマのフジといわれたフジテレビだが、ドラマ枠を減少している。 火曜9時のドラマ枠は、2015年3月で廃止。さらに、4月から水曜10時のドラマも現在放送中の『フラジャイル』をもって撤退となる。これにより、かつて栄華を誇ったフジのプライム帯のドラマ枠は月9、火10、木10の3つのみに。去年、初の赤字転落をしたフジにとって、制作費のかかるドラマが減って [全文を読む]

キムタク安堂ロイドは初回視聴率19.2% 「役者への評価失礼」元ジャニーズ平本淳也

東京ブレイキングニュース / 2013年10月15日18時00分

しかし、ドラマとしてはどうなんだろう。 一言で表現すれば予想の範囲にあって残念なドラマになっている。中途半端な設定と背景、なにより無駄が多くついつい早送りしたくなるシーンの連続だった。 あくまでも僕の感想ではあるが、このようなドラマを期待している視聴者層があるのか、それも疑問だ。木村(キムタク)ドラマでなければ誰の関心も寄せない内容だった。まだ深夜でやって [全文を読む]

「半沢直樹」最終回、視聴者たちの反応は?続編は?

モデルプレス / 2013年09月23日01時39分

9月22日に最終回を迎えたドラマ「半沢直樹」(TBS系)。全10話放送で遂に終了となったが、放送終了後の視聴者たちはネット上で様々な反応を示した。 同作は、池井戸潤の人気小説をドラマ化。バブル期に“一生安泰”と言われていた大手都市銀行に入行した銀行員・半沢直樹(堺雅人)が、銀行の内外に現れる敵と戦い、格闘していくエンターテイメント。半沢を支える妻・花役を上 [全文を読む]

フォーカス