出身 尾野真千子に関するニュース

女優・尾野真千子が、RIP SLYME の新曲「青空」にのせて故郷の奈良公園を舞台に、おとなだから楽しめる奈良の魅力を紹介

@Press / 2015年09月01日13時30分

奈良県は、県内の魅力を全国の皆様に知っていただくための観光キャンペーン「1300年のこころ、見つけました 奈良県観光キャンペーン」の一環として、奈良県出身の女優・尾野真千子さんが出演するプロモーションムービー「奈良公園」篇を、9月1日(火)からYouTubeとオフィシャルWEBサイト(http://welcome-nara.jp/concept/)で公開し [全文を読む]

カーネーション主役交代 尾野真千子が老け役演じられぬ理由

NEWSポストセブン / 2012年02月25日16時00分

尾野真千子がそもそも関西出身ということもあって、岸和田弁は超リアル。コテコテの関西のりがあまりに「馴染みすぎている」。それが朝には似合わない、重たすぎる、という声が聞こえてくるのです。 そのせいではないでしょうが、3月3日放送分から主人公・糸子が交代し、59歳の夏木マリが演じることに。なぜ、尾野真千子が老け役をまっとうできないか。その理由をめぐっても、賛否 [全文を読む]

尾野真千子、離婚していた 理由を明かす<本人コメント>

モデルプレス / 2017年09月11日12時35分

(modelpress編集部) ■尾野真千子プロフィール 1981年11月4日生まれ、奈良県出身。1997年主演映画『萌の朱雀』でデビュー。2009年『火の魚』(NHK)、2010年『mother』(日本テレビ系)で注目を集め、2011年~2012年に放送されたNHK連続テレビ小説『カーネーション』で主演を務める。その後も2013年『最高の離婚』(フジテレ [全文を読む]

向井理と尾野真千子はお似合い“夫婦”!?幼少期の体験に共通点

ザテレビジョン / 2017年06月13日11時55分

神奈川県横浜市出身の向井と、奈良県五條市出身の尾野が、それぞれの地元の魅力を紹介する。 “一番の遊びは何?”という質問に、向井は“相模湖でキャンプ”と回答。相模湖は横浜ではないが、都会のイメージが強い横浜でも、すぐ行ける場所でアウトドアが楽しめると話す。 向井自身も父親がアウトドア好きなこともあり、子供の頃から釣りやバーベキューをしたりしていて、自分でもテ [全文を読む]

未来のスター候補が続々! 話題のCM美少女たち

週プレNEWS / 2015年05月09日06時00分

いつでも出られるようにきれいにしておきます(笑)」 「日本生活協同組合連合会(CO-OP)『気づいたこと編』」 https://youtu.be/uUTWlFIDfcU たかはし ひかる 2001年9月22日生まれ 滋賀県出身 血液型=O型 身長163cm B72 W53 H84 「第14回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリ受賞。2016年公開予定映 [全文を読む]

「やっぱり映画っていいなあ」 ー神様はバリにいるー

アサ芸プラス / 2015年01月17日09時54分

関西弁でまくしたてる堤真一(兵庫県出身)のアクの強いキャラクターが、映画を引っ張る。最近でも宝くじのCMで真木よう子との珍妙なやり取りが笑わせてくれたが、ここでも尾野真千子相手に繰り広げる丁々発止がおかしい。尾野も“関西ネイティブ”なので、負けずにボケ・ツッコミで、おバカをやるあたりは、コメディエンヌの素質ありと見たね。 原案はサクセスハウツー本としても [全文を読む]

<Hey! Say! JUMP山田涼介インタビュー>“どすっぴん”の初挑戦…同世代にライバル意識は?メンバーの活躍をどう思う?“絶対的エース”が明かす今と未来

モデルプレス / 2017年09月20日07時00分

(modelpress編集部) ■映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 2017年9月23日全国ロードショー 原作:東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(角川文庫刊) 監督:廣木隆一 脚本:斉藤ひろし 主題歌:山下達郎「REBORN」 出演:山田涼介/村上虹郎、寛 一 郎、成海璃子、門脇麦、林遺都、萩原聖人、尾野真千子/西田敏行■山田涼介(やまだ・りょうすけ)プロフィー [全文を読む]

真逆の性格なのに相性抜群? 長谷川博己&尾野真千子の漱石夫婦

anan NEWS / 2016年09月29日20時00分

きっと“あれ”なんだろうな、と」 ◇おの・まちこ 1981 年生まれ、奈良県出身。'97年の映画『萌の朱雀』でデビュー。'11年の連続テレビ小説『カーネーション』で注目される。公開待機作の映画『ミュージアム』は、11月12日公開を予定。 ◇裕福な家庭で育った鏡子(尾野真千子)は、父(舘ひろし)の勧めで帝大出の夏目金之助(長谷川博己)と結婚。金之助が教師とし [全文を読む]

松岡茉優 「朝ドラ出世魚の法則」で有村架純超えの「脱いでもいい」覚悟宣言

アサ芸プラス / 2016年05月29日09時57分

今春のドラマでは民放各局でこうした朝ドラ出身女優の活躍が目立つが、この流れの発端は3年前の「あまちゃん」にあったという。「松岡は『あまちゃん』では、主演の能年玲奈(22)と結成した売れない地元アイドルのリーダー役でしたが、このドラマの大ヒット後は『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)、『コウノドリ』(TBS系)などの民放連ドラに立て続けに出演した。さらに [全文を読む]

孤独な男女がたどり着く 人生のターミナル『起終点駅 ターミナル』 U-NEXTにて配信開始

@Press / 2016年05月11日11時00分

『起終点駅 ターミナル』は、北海道出身・在住の直木賞作家・桜木紫乃の同名短編を映画化した作品で、過去の悲劇を自らの罪として背負い続けて孤独に生きる男が、一人の若い女性との交流を通じて、自らの人生と再び向き合っていくさまを描いています。メガホンを取るのは、「はつ恋」「深呼吸の必要」などドラマ作品に定評のある篠原哲雄、そして音楽を小林武史が担当。「壬生義士伝」 [全文を読む]

作家・桜木紫乃 映画『終着点駅』の撮影現場で名演技に感動

NEWSポストセブン / 2014年09月26日07時00分

昨年『ホテルローヤル』で第149回直木賞を受賞した釧路出身の桜木にとって、これが初の映画化。原作者として故郷のロケ現場を訪れたその表情に、ふと、突然の涙が零れ落ちた。 「なんでかな。たぶん私は“仕事になっちゃう人”より“仕事をする人”が好きなんですね。自分が書いたもののためにこんなに大勢のプロが仕事をして下さるなんて贅沢すぎる。本当に書き続けてきてよかっ [全文を読む]

日本アカデミー賞エロス部門は尾野真千子で決まり

アサ芸プラス / 2014年03月18日09時59分

セクシー路線出身だからこそ、日本を代表する賞レースの場ではあえて地味にしたのだと思いますが、受賞スピーチもお利口さんで面白くありませんでした。『壇蜜が何かやってくれるのでは』と思っていた視聴者はがっかりしたことでしょう」(前出・スタッフ) そんな中、ひとり気を吐いた女優がいた。尾野真千子である。 「番組冒頭では『今日は気合を入れてきた』と、着ているワンピー [全文を読む]

芸能人ギャラ・ボッタクリ度で並ぶ真木よう子と常盤貴子

アサ芸プラス / 2013年01月08日10時00分

役所広司など多くの演技派役者を生み出した仲代達矢主宰の『無名塾』出身ですが、彼女は仲代に反抗してそこを飛び出したくらい気が強い。長塚とのW不倫疑惑でも大きなダメージを受けなかったのは鼻っ柱の強さのなせる技でしょう」(前出・スポーツ紙記者) 一方の常盤は83位に名を連ねている。子作りのためにドラマ出演も控えていたが、今回の騒動で諦めたのか、1月から久しぶりに [全文を読む]

鈴木砂羽が“降板騒動”で失脚!「バラエティ女優枠」の後釜は、あの朝ドラ女優?

日刊サイゾー / 2017年09月25日09時00分

どんな現場でもムードメーカーになるともっぱら評判で、関西出身でノリも良く、ボケもツッコミもできます。朝ドラのヒロインも演じた尾野は一見、清純派のイメージですが、わずか2年あまりの結婚生活で離婚したことに加え、結婚前にはお笑い芸人・星田英利(元ほっしゃん。)との不倫騒動も。現在4社のCMをやっていますが、派手な男性関係がスポンサーに嫌われてCMを切られる可能 [全文を読む]

山田涼介、西田敏行から絶賛受けるも「林遣都くんにも言ってた」

映画.com / 2017年08月19日11時30分

廣木監督と同じ福島県出身であることに触れ「福島には才能ある人がいっぱいいる」と“ドヤ顔”で語った。 だが、山田は「西田さんと一緒にインタビューを受けているとこのように言ってくださってすごくうれしかったんですが、パンフレットには『林遣都くんがジェームズ・ディーンに重なった』と書いてあった……」とチクリ。西田は慌てて「ジェームズ・ディーンも作品によっていろいろ [全文を読む]

さんま、泰造…朝ドラ出演の「芸人俳優」が持つ5つの役割

WEB女性自身 / 2017年04月01日06時00分

「脚本家のジェームス三木さんがキャラクターを生かしあて書きをした、関西出身のお調子者・ラッパの弥太郎役で登場し、大人気になります。でも実はメインの物語には絡んでいません。1人、笑いのパートを担い、ドラマのなかの『息の抜きどころ』になっていました。ただ彼が、NHKの拘束時間の長さから『早く殺してくれ』と訴えて、後半は出番が減ったんです」 そして、片岡鶴太郎 [全文を読む]

元ほっしゃん。星田英利の「引退宣言」で見えてきた”不安定な素顔”

デイリーニュースオンライン / 2016年12月15日11時41分

文・安藤美琴(あんどう・みこと)※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。 [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

そして翌89年、彼女は他の朝ドラ出身女優同様、民放ドラマに転じるが、しばらくは脇役が続いた。役柄もシリアスな役が多かった。 転機となるのは、1993年の『ダブル・キッチン』(TBS系)である。二世帯住宅の嫁姑問題をコミカルに描いた意欲作で、姑役の野際陽子サンとのバトルが話題になった。番組ラスト、決まって山口智子サン演じるヒロインは部屋の物に当たり散らし、 [全文を読む]

岡田准一「特別な感じです」“第二の地元”福岡に凱旋

Smartザテレビジョン / 2016年02月28日17時00分

次の作品も北九州の門司出身の役柄ですし、どこか特別な感じはしていますね。今日も水炊きを食べるのが楽しみです」と語り、福岡県人を沸かせた。 また、その後TOHOシネマズ天神で行われた舞台あいさつでは、ネパール・カトマンズでの撮影を振り返り、岡田は「厳しい風土の場所なので、すごく宗教が色濃くある街でしたし、ものすごく人のエネルギーが強い場所でしたね。実際に山に [全文を読む]

【ベッキー不倫騒動】再びLINE流出?タレント生命を犠牲にした”乙女心の末路”

デイリーニュースオンライン / 2016年01月21日17時45分

阿蘭澄史(あらん・すみし)1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。 [全文を読む]

フォーカス