出身 尾野真千子に関するニュース

尾野真千子、濡れ場&アクションに体当たりで挑戦「濡れます」

モデルプレス / 2016年08月24日06時00分

事件の一部始終を記録した通称“呪いのファイル”の開封キーを隠し持つ公安刑事の貴島彰に阿部、“カメレオン”のあだ名を持つ神出鬼没の監察官に北村有起哉、フリージャーナリストに転身し事件の真相を追う元公安刑事に小市慢太郎、涼子が最初に内偵する元不倫相手の警視庁刑事に眞島秀和、狙撃事件でターゲットとなった刑事畑出身の国務大臣に柄本明、“呪いのファイル”の開封キー [全文を読む]

女優・尾野真千子が、RIP SLYME の新曲「青空」にのせて故郷の奈良公園を舞台に、おとなだから楽しめる奈良の魅力を紹介

@Press / 2015年09月01日13時30分

奈良県は、県内の魅力を全国の皆様に知っていただくための観光キャンペーン「1300年のこころ、見つけました 奈良県観光キャンペーン」の一環として、奈良県出身の女優・尾野真千子さんが出演するプロモーションムービー「奈良公園」篇を、9月1日(火)からYouTubeとオフィシャルWEBサイト(http://welcome-nara.jp/concept/)で公開し [全文を読む]

カーネーション主役交代 尾野真千子が老け役演じられぬ理由

NEWSポストセブン / 2012年02月25日16時00分

尾野真千子がそもそも関西出身ということもあって、岸和田弁は超リアル。コテコテの関西のりがあまりに「馴染みすぎている」。それが朝には似合わない、重たすぎる、という声が聞こえてくるのです。 そのせいではないでしょうが、3月3日放送分から主人公・糸子が交代し、59歳の夏木マリが演じることに。なぜ、尾野真千子が老け役をまっとうできないか。その理由をめぐっても、賛否 [全文を読む]

未来のスター候補が続々! 話題のCM美少女たち

週プレNEWS / 2015年05月09日06時00分

いつでも出られるようにきれいにしておきます(笑)」 「日本生活協同組合連合会(CO-OP)『気づいたこと編』」 https://youtu.be/uUTWlFIDfcU たかはし ひかる 2001年9月22日生まれ 滋賀県出身 血液型=O型 身長163cm B72 W53 H84 「第14回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリ受賞。2016年公開予定映 [全文を読む]

「やっぱり映画っていいなあ」 ー神様はバリにいるー

アサ芸プラス / 2015年01月17日09時54分

関西弁でまくしたてる堤真一(兵庫県出身)のアクの強いキャラクターが、映画を引っ張る。最近でも宝くじのCMで真木よう子との珍妙なやり取りが笑わせてくれたが、ここでも尾野真千子相手に繰り広げる丁々発止がおかしい。尾野も“関西ネイティブ”なので、負けずにボケ・ツッコミで、おバカをやるあたりは、コメディエンヌの素質ありと見たね。 原案はサクセスハウツー本としても [全文を読む]

真逆の性格なのに相性抜群? 長谷川博己&尾野真千子の漱石夫婦

anan NEWS / 2016年09月29日20時00分

きっと“あれ”なんだろうな、と」 ◇おの・まちこ 1981 年生まれ、奈良県出身。'97年の映画『萌の朱雀』でデビュー。'11年の連続テレビ小説『カーネーション』で注目される。公開待機作の映画『ミュージアム』は、11月12日公開を予定。 ◇裕福な家庭で育った鏡子(尾野真千子)は、父(舘ひろし)の勧めで帝大出の夏目金之助(長谷川博己)と結婚。金之助が教師とし [全文を読む]

松岡茉優 「朝ドラ出世魚の法則」で有村架純超えの「脱いでもいい」覚悟宣言

アサ芸プラス / 2016年05月29日09時57分

今春のドラマでは民放各局でこうした朝ドラ出身女優の活躍が目立つが、この流れの発端は3年前の「あまちゃん」にあったという。「松岡は『あまちゃん』では、主演の能年玲奈(22)と結成した売れない地元アイドルのリーダー役でしたが、このドラマの大ヒット後は『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)、『コウノドリ』(TBS系)などの民放連ドラに立て続けに出演した。さらに [全文を読む]

孤独な男女がたどり着く 人生のターミナル『起終点駅 ターミナル』 U-NEXTにて配信開始

@Press / 2016年05月11日11時00分

『起終点駅 ターミナル』は、北海道出身・在住の直木賞作家・桜木紫乃の同名短編を映画化した作品で、過去の悲劇を自らの罪として背負い続けて孤独に生きる男が、一人の若い女性との交流を通じて、自らの人生と再び向き合っていくさまを描いています。メガホンを取るのは、「はつ恋」「深呼吸の必要」などドラマ作品に定評のある篠原哲雄、そして音楽を小林武史が担当。「壬生義士伝」 [全文を読む]

作家・桜木紫乃 映画『終着点駅』の撮影現場で名演技に感動

NEWSポストセブン / 2014年09月26日07時00分

昨年『ホテルローヤル』で第149回直木賞を受賞した釧路出身の桜木にとって、これが初の映画化。原作者として故郷のロケ現場を訪れたその表情に、ふと、突然の涙が零れ落ちた。 「なんでかな。たぶん私は“仕事になっちゃう人”より“仕事をする人”が好きなんですね。自分が書いたもののためにこんなに大勢のプロが仕事をして下さるなんて贅沢すぎる。本当に書き続けてきてよかっ [全文を読む]

尾野真千子主演月9、第10話&最終回ゲスト発表 “黒幕”の正体が明らかに

モデルプレス / 2014年06月09日12時37分

同局の後藤博幸プロデュ-サーは、「ラスト2本に登場するキーパーソンは、金暮県出身の大物国会議員・銭山貞夫。国や権力に守られた、言わば“表の世界”の最強な存在です。神崎薫をはじめとする“裏の世界”の最強ながんぼたちを脅かす存在感、清濁両面を持つキャラクター性、そして連ドラの最後に登場するラスボス感、武田鉄矢さんならこの全てを絶妙に表現していただけると思い、 [全文を読む]

フォーカス