最近 武井咲に関するニュース

武井咲の“ワガママ恋愛観”に共演者も凍りついた!?「性格悪そう」と視聴者は不快感

デイリーニュースオンライン / 2016年01月11日08時00分

が、最近は主演を務めたドラマが低視聴率を記録するなど下降気味。彼女自身、巻き返すためにはある程度の好感度も必要なのかもしれない。 (取材・文/丸山ひろし) [全文を読む]

マネージャーに厳しい!?武井咲と演歌界の“小天狗”に「第二の細川茂樹」の声

アサ芸プラス / 2017年03月22日17時59分

また、最近では家電製品好きが高じて「家電俳優」としてもバラエティ番組などで活躍していた。 そんな細川は、男性マネージャーに対する暴力や暴言などのハラスメントを理由に所属事務所から契約解除を通知され、東京地裁に解除の無効を求める仮処分を申請するなどして、騒動になっている。「細川さんは共演者や番組スタッフには紳士的でしたが、マネージャーに対しては暴言を吐いた [全文を読む]

滝沢秀明、濃密ラブシーンで一皮剥けるか? 今夜初放送『せいせいするほど、愛してる』への期待

リアルサウンド / 2016年07月12日06時10分

実際、最近の放送では、今回のドラマの撮影現場であまり武井咲とうまくコミュニケーションが取れていないことをネタにすることも多かった。武井から、滝沢の趣味であるDIYについて尋ねられた際は、そっけない返事をしてしまったそうで、そのことを自省することもあった。13歳でジャニーズ事務所に入所し、その世界の中で長らく生き抜いてきたからこそ、異性に対する接し方がわから [全文を読む]

「未成年飲酒の過去も……」剛力、武井に続く“新たなるゴリ押し”水原希子にバッシングが集中している

日刊サイゾー / 2013年04月12日13時00分

これまで“ゴリ押し芸能人”といえば剛力彩芽や武井咲だったが、最近ではどうやら水原希子のことを指すようだ。ハーゲンダッツの新商品「クリスピーサンド チョコレートクッキー&クリーム」と「クレープグラッセ 抹茶黒みつ&きな粉クッキー」の新CMが3月20日~4月7日の期間、全国で放映されたが、このCMに出演した水原に対して、「ゴリ押し」だとバッシングが相次いでいる [全文を読む]

新ドラマも一桁…武井咲が新「低視聴率女王」襲名で精神的にも限界?

メンズサイゾー / 2012年10月17日18時00分

最近のドラマは初回こそ良くても二回目以降から徐々に視聴率が下がっていく傾向があるだけに、いきなり一桁では先行きが暗いと言わざるを得ない。午後11台の深夜ドラマである高橋克典(47)主演の『金曜ナイトドラマ~匿名探偵』(テレビ朝日系)の11.7%にも負けている状態だ。 大手芸能事務所・オスカープロモーションのイチオシとして期待される武井だが、前クールに主演し [全文を読む]

フジ月9『貴族探偵』主演・相葉雅紀 「週3くらいしか撮影しない」のに、スタッフが喜ぶ理由

日刊サイゾー / 2017年05月05日09時00分

最近の月9ドラマは、視聴率が悪いと主演俳優が“戦犯”にされることも多く、とかく敬遠されがちのようです。前クールも、竹野内豊が主演オファーを断ったことで、西内まりやが抜てきされたといわれています。今回も『月9』30周年記念作品でありながら、キャスティングは難航したようです。フジとしては日本を代表するアイドルグループである嵐の誰かを起用したかったんですが、 [全文を読む]

大瀧詠一ら大御所の楽曲がCMで多用の訳 若手女優起用も特徴

NEWSポストセブン / 2016年10月12日16時00分

CMソングにはヒット曲やオリジナルソングなどを使用した印象的なものが多いが、最近、大御所アーティストの楽曲を使用したCMが目立っている。そのCMにはなぜか若手女優が起用されていることが多い。なぜ大御所アーティストの楽曲が使われるのか? そして、若手女優が起用される狙いとは? コラムニストのペリー荻野さんが解説する。 * * * 夏から秋にかけてCMでとても [全文を読む]

視聴者だけじゃない!芸能人の地上波民放ドラマ離れが加速中!!

Business Journal / 2016年07月19日19時00分

今クールのトップが予想されるのは、18日スタートの寺尾聰主演の“吹奏楽部版ルーキーズ”とも言うべき『仰げば尊し』ですが、それでも平均視聴率15%にも届かないのでは…」 このように、地上波の民放ドラマが苦戦する中、最近ドラマ制作に力を入れているのが、BS放送の「WOWOW」だ。 つい最近も、8月20日スタートの連続ドラマ「賢者の愛」で、中山美穂が25歳下の親 [全文を読む]

「ファッ!?」『東京ウォーカー』の表紙に渕上舞が登場してファンは発火寸前!! 『ガルパン』の勢い底知れず!!

おたぽる / 2016年07月12日11時00分

仮に誌面の中で『ガールズ&パンツァー』(TOKYO MXほか、以下『ガルパン』)の特集をやるとなれば、声優が表紙にきてもおかしくはないのだが、ここ最近の『東京ウォーカー』の表紙タレントの流れを見ると、長澤まさみ、上戸彩、武井咲、松岡茉優、広瀬アリス、きゃりーぱみゅぱみゅ、高畑充希、玉城ティナ、山本美月、二階堂ふみ、山本彩、前田敦子、渕上舞といった順番にな [全文を読む]

ATSUSHIが「ソロでEXILE脱退」の可能性も!? 「親会社・子会社逆転」状況で心はすでに蚊帳の外?

Business Journal / 2016年06月04日14時00分

最近はボーカルであるTAKAHIROと女優の武井咲の熱愛くらいしか大きく取り上げられてはいない状況である。 ただ、EXILEの象徴的な存在であるボーカルのATSUSHIは、順調にソロ活動で成果を上げている模様。ソロアーティストとして史上初めての6大ドームツアーを行ったり、新たなバンドを結成するなど、徐々にEXILEから離れている印象が否めない。 そもそもフ [全文を読む]

それでも、TBSなら……! 苦戦続きの女優・武井咲、初のTBSドラマ出演で捲土重来なるか?

日刊サイゾー / 2016年05月26日21時00分

さすがに、「演技力は最近ついてきた感はあるが、もうプライム帯の連ドラの主役級では厳しいのでは?」との声が多方面から出ていた。 それでも、オスカーにとって米倉涼子や上戸彩の後継として武井を“主役級”に育てるのは至上命題。人気タレントを多く抱え、自社でもドラマ制作を手掛けることでテレビ局や他の芸能プロへの影響力が増してきている同事務所が辣腕を振るい、武井に1年 [全文を読む]

武井咲『フラジャイル』好演で態度も激変...後輩・吉本実憂の追い上げに危機感?

メンズサイゾー / 2016年02月11日12時00分

「かつては『ゴリ押しテング』とまで揶揄されていましたが、最近は現場でも取材先でも非常に評判がいい。柔和になって親しみやすくなり、リアクションも良くなりました。以前はまったくなかった、スタッフや記者への気遣いすら見せることがある。『本当に同一人物?』といぶかしがる芸能記者すらいます」(芸能ライター) 大手事務所「オスカープロモーション」に所属する武井は、剛力 [全文を読む]

武井咲主演ドラマP 「彼女の本性見える作品にしたかった」

NEWSポストセブン / 2015年08月02日16時00分

内山:特に最近は、いろいろな形でのハラスメントが話題になっていますよね。それこそ、夫による妻へのモラルハラスメントなども含めて。なので、最近の状況を踏まえた上で、意識していろいろなハラスメントを描いています。 そして、そのハラスメントの渦の中に、若い武井さんが入っていって、怒りを露わにしていくところはかなりの見どころですね。武井さんが“くそ上司!”と怒鳴 [全文を読む]

憧れの先輩・武井咲に花岡なつみ「顔が好み」赤面告白

Smartザテレビジョン / 2015年07月29日05時00分

花岡は「最近『夏の罪』がお店で流れているよ、と友達から連絡をもらったりして、だいぶデビューの実感が沸いてきました。まだ信じられない部分も大きい」とのことだが、目標を聞かれると「いろんなジャンルの歌を歌える歌手になりたい。ダンスも小さいころからやっていたので、ダンスナンバーにも挑戦したいです」と力強く明かした。これを聞いた武井は「剛(力彩芽)ちゃんに話を聞い [全文を読む]

武井咲、剛力彩芽らオスカー美女9人が「2013年を表すひと文字」を発表!

週プレNEWS / 2013年12月11日16時00分

最近、 「踊るは常に自分の中にある言葉なので、今年1年まとめるとそうなんですけど、ダンスで感情を見せたというのも含めて“感”にしました」と答えた。 武井咲 「笑うという漢字の“笑”です。なんでもおかしく笑っていたら、笑いすぎて筋肉痛になるぐらい。私、笑った筋肉痛ができるぐらい1年でした」 本田望結 「幸せという漢字の“幸”です。いろんな役を演じられて幸せで [全文を読む]

2度と仕事したくないTV美女(1)武井咲、上野樹里

アサ芸プラス / 2013年02月26日09時58分

最近では、だいぶ大人になったようだけど、福田沙紀(22)の態度の悪さも有名だった」 もう過去のこととはいえ、その“福田トラウマ”に悩まされている映画関係者は多い。 「助監督などの下っ端のスタッフに対して横柄な態度を取るのは序の口で、とにかく人使いが荒かった。ロケ中に突然、『チーズケーキが食べたい』と言いだし、スタッフを買いに走らせたこともありました。正直、 [全文を読む]

藤田ニコルが“おバカ”の次に目論むのは“美顔”だった?

アサジョ / 2017年05月24日10時15分

ただ、そんな藤田が最近、あることに前向きだという情報をキャッチした。「ことのころの藤田は美顔願望が強いそうで、『時間をつくって韓国へ行く!』と超ノリノリとのウワサも。これには周囲も驚いており、考え直すように説得を試みるも、本人にはあまり響いていないようです」(業界関係者) そういえば、最近の藤田の顔がタヌキのようなギャルメイクからキレイ系のオトナメイクに変 [全文を読む]

【芸能クイズ】「歌手デビュー」していない女優を探せ!?

日刊大衆 / 2017年05月06日08時05分

最近では、女優ながら歌手デビューしている人も多い。たとえば、現在放送中の『女囚セブン』(テレビ朝日系)でヒロインを務める剛力彩芽(24)は、これまで4枚のシングルと1枚のアルバムをリリースしており、過去には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でパフォーマンスを披露したこともある。今では、逆に“歌手デビューしていない”女優を探すほうが困難かもしれな [全文を読む]

テレビ関係者が証言! 「先が見えない」「見込みが薄い」人気の若手女優3人

サイゾーウーマン / 2017年05月01日11時45分

最近では『レンタル救世主』(同)に出てましたが、あれは、同じ事務所・研音所属の主演・沢村一樹のバーターでねじ込まれたもの。最近は、『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』に本人役で出演し、その初日舞台あいさつで『本当にしんちゃんの映画に出るのが夢で……』と号泣して話題となったものの、結局、彼女の出番はほんの一瞬でした」(制作会社スタッフ) 子役か [全文を読む]

イケメン俳優が乱心?野村周平が”不快発言”連発でアンチ急増のワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年04月13日11時50分

最近では、先輩俳優に対してもずけずけとものを言う態度が一部で反感をかっているという。 先月放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)ではゲストとして出演し、「酒の席で演技論を語る俳優は大嫌いだ」と語り、俳優の佐藤浩市(56)の名をあげる場面があった。佐藤とはこの一件を通して親しくなったようだが、その話を聞いていた坂上忍(49)は「(自分が)役者として出 [全文を読む]

フォーカス