戦い 武田信玄に関するニュース

他人の不幸を喜ぶな。家臣に激怒した家康が説く「敵に学べ」の精神

まぐまぐニュース! / 2015年11月25日07時00分

三方ヶ原の戦いは、徳川家康が武田信玄に敗北した戦いです。その後、武田信玄は息を引き取りますが、徳川家康はその死を喜ぶ家来を叱ったそうです。その理由は現代にも多く学ぶところのあるものでした。無料メルマガ『弁護士谷原誠の【仕事の流儀】』で紹介されています。 敵滅んで喜ぶか? こんにちは。 弁護士の谷原誠です。 三方原の戦いをご存じですか? 徳川家康が、武田信玄 [全文を読む]

左近士諒先生のマンガ『戦国武将活劇』シリーズ7作品が、Kindleストアなど5電子書店で配信開始!! 武田信玄・前田慶次郎・小西行長・島津義弘ら名将たちの熱き物語!

DreamNews / 2017年07月10日16時30分

戦乱の九州、その行方を決める運命の戦いが今、始まる!! 左近士諒が描く、伝説の戦国武将シリーズが待望の電子化!! <書籍概要2>■戦国武将活劇 島津の退き口 島津義弘の意地 薩摩隼人の誉れ作者:左近士諒◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/2tZKfQ6◆楽天Kobo電子書籍ストアリンク:http://bit.ly/2sCE6WG◆Go [全文を読む]

武田信玄の武勇伝、上杉謙信の美談は嘘だった?謙信、“利益のない”戦いをひたすら続けた謎

Business Journal / 2015年07月08日23時00分

「戦争の勝敗はその戦争目的を達成したか否かが問題であって、戦闘そのものの勝敗は関係ない」 要するに、その戦いで目的が達成できれば戦いそのものは負けでもよいという意味ですが、この点は謙信のライバル、武田信玄がハッキリしていました。 両者が戦った有名な川中島の戦い。信玄が謙信に負けて引き揚げた戦いもあるのですが、それは関東地方に攻め込んだ上杉軍を引き揚げさせる [全文を読む]

武田信玄と上杉謙信、より優秀な大名は?調査結果でもやはり拮抗

しらべぇ / 2016年11月02日10時00分

この地の覇権を巡り、信玄と北信の豪族衆が戦いを繰り広げていた。上杉謙信は、北信豪族の援軍要請を受けて軍を派遣したのだ。さらに北信には「日本仏教の原点」と言うべき善光寺もある。当地の住人から見れば、聖なる土地を「侵略者」である武田に渡すわけにはいかなかった。そうした宗教的要素も、川中島の合戦には多分にある。■支持率はほぼイーブンしらべぇ編集部では「武田信玄と [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』の時代考証担当者が明かすウソ・ホント。吉田羊演じる小松姫は沼田城にいなかった?

週プレNEWS / 2016年02月07日21時00分

信繁の獅子奮迅の戦いぶりは敵方の徳川諸将までも感動させ、『真田日本一の兵(ひのもといちのつわもの)』と書き残したほどです。 信繁の死を惜しむ声も多く、特に豊臣方に同情を寄せる人が多かった上方では、『花のやうなる秀頼様を、鬼のやうなる真田が連れて、退きも退いたり鹿児島へ』と俗謡に歌われました。こういった生存説は大坂落城当時からリアルタイムで存在しましたが、豊 [全文を読む]

いざ出陣!!戦国レストラン「甲斐宝刀信玄館」、本日富士急ハイランドにオープン!

PR TIMES / 2015年07月11日10時41分

「合戦場」の雰囲気を再現したゾーンでは、陣幕が張られ、壁にはほうとうをめぐる戦いの合戦図が描かれています。 提供するメニューは、武田信玄の陣中食として、幾多の戦を支えたと言われる甲斐の国の郷土食「ほうとう」。オリジナルメニューの「伝説の武田埋蔵金ほうとう」は、金箔のトッピングがされた豪華なメニューです。ほうとうの他に、富士山の伏流水を使って作られた「忍野の [全文を読む]

NHK大河「おんな城主」が男だけじゃないギョーテン新説!(2)家康vs三成の暗殺勝負!

アサ芸プラス / 2017年01月22日17時54分

戦国時代でも特に有名な合戦が、武田信玄と上杉謙信による「川中島の戦い」だ。これまで、川中島では計5回、信玄と謙信が矛を交えたとされてきたが、戦いは一度きりだったと、大石氏が明かす。「5回というのは、『甲陽軍艦』などの武田方に残された史料に基づいたもの。上杉の軍略が伝わる、紀州徳川家の史料などでは7回という記述もあるのです。いずれにしても、実際に大きな戦い[全文を読む]

【無料で読める!!】「学研まんが人物日本史」シリーズの『勝海舟 江戸城明けわたし』(電子書籍版)を期間限定で無料配信!

PR TIMES / 2015年05月01日13時26分

◇学研BookBeyond http://bit.ly/1EV16V8 ◇Kindleストア http://amzn.to/1zirx4l ◇楽天Kobo電子書籍ストア http://bit.ly/1bHTRT2 ◇iBooks http://bit.ly/1EV0hM0 ◇GooglePlayストア http://bit.ly/1EH27Os ■「学研 [全文を読む]

「韓国反日映画」 韓国国内で異例ヒットもそのトンデモ中身とは?

アサ芸プラス / 2014年09月19日09時52分

韓国の軍人である李舜臣〈イ・スンシン〉の戦いをテーマにしたものだ。 豊臣秀吉は1592年に文禄の役、1597年には慶長の役という朝鮮出兵を開始した。李舜臣は朝鮮水軍を率いて、秀吉水軍と海上戦を戦った将軍だ。 映画のストーリーは、その中でも伝説となった「鳴梁海戦」である。李将軍は潮流の激しい鳴梁海域に秀吉水軍を誘い込み、一撃を加えたのだ。船の数については諸説 [全文を読む]

徳川家康「三方ヶ原の戦いで脱糞敗走」は信憑性が低い話

NEWSポストセブン / 2017年08月16日16時00分

「たわけぇい! これは腰につけた焼き味噌じゃい」 ──1573年、織田信長討伐に立ち上がった武田信玄を、徳川家康が迎え撃った三方ヶ原の戦い。家康は敗走し、恐怖のあまり脱糞しながら浜松城に逃げ帰ったという逸話だが、歴史作家・青山誠氏によれば、「同時代の史料には出てこない話」であり、信憑性は低いという。 「この戦いの屈辱を忘れないために家康が描かせたといわれ [全文を読む]

日本には、「孫子の兵法」にある4文字で超有名な武将になった人物がいる=中国メディア

サーチナ / 2017年07月09日15時12分

「疾(はや)きこと風のごとく 徐(しず)かなること林のごとく 侵掠すること火のごとく 動かざること山のごとし」という「風林火山」の教えのもとで、信玄は生涯に80あまりの戦いを行い、そのほとんどが進攻だったとし、のちに江戸幕府を開く徳川家康も一度信玄に敗走させられたと伝えている。 記事は「実は風林火山は孫氏の兵法の精髄ではない。日本は奥深い兵法のすべてを理 [全文を読む]

「それ誰?」「びっくり」地元民も知らなかった謎多き大河ドラマの主人公『直虎』の故郷・井伊谷に行ってみた

ガジェット通信 / 2017年02月11日16時00分

桶狭間の戦いの戦死者の墓標。直虎の父・直盛もこの戦いで命を落としますが、家臣たちも殿といっしょに討ち死にしたんですね。ああ戦国時代、なんだかゾクゾクします。 井伊家のお墓。初代共保と、直盛が正面に大きく2つ。 サイドに直虎や直虎の母、直親(亀之丞)とその妻、直政(亀之丞の子)など、歴代の井伊家の人びとが眠っています。ちなみに『安政の大獄』ののち、桜田門外の [全文を読む]

今でも“『真田丸』ロス中……”という人にオススメ、『信長の忍び』原作者:重野なおきの『真田魂』をみんなで読もう

おたぽる / 2017年02月09日20時00分

真田昌幸を中心とした真田一族の戦いを、『信長の忍び』と同じくテンポが良くてコミカルさでクスっとさせつつ、しっかりとした考証&歴史の小ネタで歴史好き・マニアを喜ばせ、そしてしっかり歴史の流れを追いながら描く4コママンガだ。 連載開始は15年1月30日、「ヤングアニマルDensi」では“2016年大河ドラマの主役一族を4コママンガ化! 「戦国最強の血脈」として [全文を読む]

戦国の女傑、加藤清正を退却させたエリート「おんな城主」

NEWSポストセブン / 2017年01月29日16時00分

西軍に参じた関ヶ原の戦いで夫が敗走した際は、城を明け渡すよう追ってきた東軍の猛将・加藤清正に反撃の構えを見せた。それを見て、清正が「みすみすわが兵を損ねることはあるまい」と引き返したと伝えられている。 ●小松姫(こまつひめ、1573~1620年) 鎧姿の肖像画が残る「本多忠勝の娘」。昨年の大河『真田丸』で吉田羊が演じた小松姫は、真田信之の妻で無敵の武将・ [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】長篠古戦場で鉄砲演舞に興奮!

GOTRIP! / 2016年11月07日04時00分

この戦いは「織田信長の三段撃ち」で知られていましたが、近年の研究では三段撃ちは否定されつつあります。そもそも鉄砲保有数で言えば、両軍大差ありませんでした。 では何が勝敗を決めたかというと、それは「経済力」です。織田信長は最新の貨幣経済を確立させた優秀な執政者でもありました。その一環が「楽市楽座」であり、「関所の廃止」です。貨幣経済発達により蓄えられた富は [全文を読む]

戦国武将の経営術。信長は「マネジメント力」でも日本を変えた

まぐまぐニュース! / 2016年10月24日04時30分

「戦闘力=武器効率×兵力数」で示されるもので「桶狭間の合戦」以外はいつも敵より多くの軍勢でもって敵より長い三間半の長槍や鉄砲などのより強力な武器でもって戦いに挑んでおり必勝の体制を整えています。 ここで、当時の生産手段の中核をなす農民の暮らしについて考えてみます。戦国時代でもとうぜん今と同じような人の営みがあったのですが、穢土(えど)の中にあって望み少なく [全文を読む]

真田一族の夢の跡。40枚の写真で綴る隠れた名城・上田城の物語

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日01時00分

戊辰役上田藩従軍紀念碑 上田藩は当初は旧幕府軍に与する構えを見せていたようですが、その後新政府軍に恭順し、旧幕府軍側として抵抗した越後長岡藩と戦いました。いわゆる「北越戦争」です。激戦となった榎峠での戦いでは長岡藩が新政府軍に占領していた榎峠を奪回するのですが、その時に上田藩は新政府側として戦闘に参加していました。 上田城本丸模型 尼ヶ淵から上田城の本丸 [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』の時代考証担当者が明かすウソ・ホント。真田幸村は存在しなかった?

週プレNEWS / 2016年02月07日06時00分

慶長5年(1600年)、天下分け目の関ヶ原の戦いでは、父・昌幸と共に西軍(大坂方)に味方し、居城・上田城で徳川秀忠(東軍)の大軍を翻弄(ほんろう)。徳川本隊の参陣を遅らせて家康に大ダメージを与えた。 戦後は“戦犯”として高野山の麓(ふもと)、九度山(くどやま=現在の和歌山県九度山町)に配流され約14年間の雌伏の日々を送るが、豊臣秀頼の求めに応じて脱出し、大 [全文を読む]

力を引き出す!日本におけるライバル関係5選

しらべぇ / 2016年01月04日16時00分

戦国最強の武田騎馬隊と軍神と言われた上杉謙信率いる軍勢の戦いは熾烈を極め、多くの死者が出た。一方で上杉謙信は武田信玄が塩不足に悩んでいることを知ると、自国の塩を武田に送った。このことから、ライバルに施しを与えることを「敵に塩を送る」と言うようになる。(4)早稲田大学と慶應大学大学の世界でこの両者はライバルと言われる。とくに東京六大学野球では「早慶・慶早戦」 [全文を読む]

時代を超えて人々を魅了する“義”の武将の美学を紐解く その決断の背景を知り、大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ

PR TIMES / 2015年10月23日09時35分

最後の戦いとなった大坂の陣(1614年~1615年)と、第2次上田合戦(1600年)です。第2次上田合戦では圧倒的形勢不利を知略と大胆さで逆転し、徳川秀忠を関ヶ原の合戦に遅参させるという大仕事をしました。しかし負けた西軍についていたため、幸村は父昌幸とともに九度山(今の和歌山県)に蟄居の身となってしまいます。時代は徳川の天下です。しかし14年の歳月を経て、 [全文を読む]

フォーカス