映画 米倉涼子に関するニュース

板野友美に橋本環奈……主演映画で狙う“経歴ロンダリング”とは

日刊サイゾー / 2016年05月04日09時00分

4月2日公開の元AKB48・板野友美の初主演映画『のぞきめ』が、大方の予想通り大コケした。 三津田信三氏のホラー小説が原作で、板野はカーテンなどの隙間から不気味な視線を投げ掛ける化物“のぞきめ”の謎に迫る主人公・彩乃を演じる。 上映館は強気の全国106スクリーン。業界では早くから「かなり強気な数字」と心配されていたが、結果は初週興行成績ランキングで13位と [全文を読む]

杉咲花「野村萬斎さんのことがみんな好きでした」【インタビュー 前編】

Woman Insight / 2016年04月25日07時30分

野村萬斎さんが、現代劇に初出演する異色の謎解きミステリー映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』が、4月29日全国ロードショーされます。 物や場所に残った人間の記憶や感情が一体となった思念をスキャニング(読み取る)する仙石(野村萬斎)と相棒・丸山(宮迫博之)の元に、亜美(杉咲花)からピアノ教師・沢村雪絵(木村文乃)を探してほしいと依頼が入った……。 Wom [全文を読む]

【Clorets スッキリ総研】国民的スッキリ 女性タレント&スポーツ選手 Cloretsスッキリ総研サイトにて全ランキングを公開

PR TIMES / 2015年04月13日10時27分

<調査実施概要>調査対象 :全国の15歳以上の男女調査方法 :インターネットアンケートによる調査調査期間 :2015年 2 月 27日(金)~3 月 4 日(水)調査主体 :自社調べ有効回答者数:3743名<国民的スッキリ 女性タレントランキング>■全世代、男女を通して堂々のトップは「米倉涼子」!!ドラマや映画で痛快な役柄を演じることが多い「米倉涼子」が全 [全文を読む]

綾野剛、忽那汐里と過ごした「豊かな時間」とは?【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年07月17日17時00分

全世界1億1500万本以上の売り上げを誇る、『FINAL FANTASY』シリーズがフルCG長編映画に! 2016年9月に全世界同時発売予定のシリーズ最新作『FINAL FANTASY XV』と同じ世界、時間、キャラクターで描く、もう一つの物語。ゲーム制作と同じチームだからこそ実現した、メディアミックスの完全連動のフルCG長編映画『KINGSGLAIVE [全文を読む]

米倉涼子「アベンジャーズ」の吹き替えにファンが「収録やり直し」署名運動

アサ芸プラス / 2015年07月11日09時59分

7月4日から映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」が日本で公開された。同映画は週末2日間で観客動員数50万人以上を記録し、2015年オープニング興行収入NO1の大ヒットとなっている。 しかし公開後、女優・米倉涼子の日本語吹き替えに対してネット上では、「芸能人声優のせいで映画が台無し!」「下手すぎて吹き替えで見たことを後悔した。お金返して!」「途中 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】米倉涼子『アベンジャーズ』大ヒット祈願で“愛”の弓を射るも、離婚問題は何も語らず。

TechinsightJapan / 2015年05月27日17時25分

真夏並みの暑さになった27日、東京・増上寺にて映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』大ヒット祈願が行われ、吹替えを担当している竹中直人、米倉涼子、宮迫博之が登場した。 興行収入が1000億円に達し、世界中でアベンジャーズ現象が盛り上がっている映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』。日本での大ヒットの願いを込めて訪れた竹中直人、米倉涼子、 [全文を読む]

主演映画が不振の長澤まさみ 純愛路線回帰は失敗だったのか

NEWSポストセブン / 2013年11月24日07時00分

主演した映画『潔く柔く きよくやわく』が不振の長澤まさみ(26才)。彼女にとって久しぶりの純愛作品だったが、今回の路線回帰は失敗だったのだろうか。 同映画は、幼なじみを失った喪失感から立ち直ろうとする男女の希望と再生を描くラブストーリー。原作はベストセラー少女漫画で、東京国際映画祭の特別招待作品に選ばれるなど、公開前から話題を集めていたが、ふたを開けてみれ [全文を読む]

『ひよっこ』佐久間由衣、“月9”田中道子…4月ドラマで注目 ブレイク期待のニューカマー

日本タレント名鑑 / 2017年05月19日10時30分

2014年、宮部みゆきさん原作の映画『ソロモンの偽証』の半年間に渡るオーディションで約1万人の中から選ばれ、主人公・藤野涼子役に。そのまま役名を芸名に女優活動を開始した17歳です。 先輩の中でもひときわ可憐な雰囲気の優子役を演じるのは八木優希さん。0歳から子役として活躍した八木さんは、2008年のドラマ『薔薇のない花屋』では主演の香取慎吾さん演じる英治の一 [全文を読む]

海外進出もPRばかり?米倉涼子の”レッドカーペット”登場に失笑の嵐

デイリーニュースオンライン / 2016年04月30日12時00分

女優の米倉涼子(40)が4月27日、英国・ロンドンで開催された人気映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のプレミアイベントに、出演陣とともに登場した。日本語吹き替え版を担当した米倉涼子は、レッドカーペットに「慣れてきた」と発言するなど余裕の様子を見せるも、巷では失笑を受けている。 ■“レッドカーペット女優にファン失笑 今回、米倉が吹き替え声優として出 [全文を読む]

第3回 「2014年ベストビューティストアワード」 受賞者を発表! 女優部門・米倉涼子さん タレント部門・ベッキーさん モデル部門・ヨンアさん

DreamNews / 2014年12月09日17時00分

タレント部門には、テレビ、ラジオ、映画、舞台、モデル、そして音楽と、日本のマルチタレントの代表ともいえるベッキーさん。モデル部門には、20代から30代の働く女性層からの支持が強く、数々のファッション雑誌のカバーガールをつとめるヨンアさん。話題部門には、ものまねメイクでブレイクしたざわちんさんが選ばれました。 授賞式では、モデル部門を受賞したヨンアさんは背中 [全文を読む]

渡辺謙、真田広之、米倉涼子…海外で活躍する日本人俳優、現地での「本当の評価」

週刊女性PRIME / 2017年09月02日19時30分

会見中に“世界のワタナベも~”とレポーターにも称されたように、ハリウッド映画やアメリカでの舞台に多数出演している。ほかにも、多くの役者が海を渡って活躍しているが、はたして現地の評価は? 外国人による、日本人俳優の、日本人が知らない本当の評価とは──? ◇ ◇ ◇ 「しばらくアメリカに行かなければいけないこともありますし、その中でどうしていくかっていうことな [全文を読む]

吉永小百合が語る「映画守日記」好評連載中

PR TIMES / 2017年07月31日08時10分

暮らし彩る女性ライフスタイル誌「Kiite!(きいて!)」8・9月号発売中 産経新聞社が発行する「Kiite!(きいて!)」8・9月号は、連載「吉永小百合の映画守日記」が好評です。吉永さんが雑誌に連載を持つのは大変珍しいこと。日本を代表する女優が、節目となる120本目の最新出演作『北の桜守』(平成30年3月10日公開)のクランクインから公開まで、そのときど [全文を読む]

山崎、菅田、土屋…今旬の俳優&女優たち かつては学園ドラマの生徒の一人だった

日本タレント名鑑 / 2016年05月19日13時55分

最近では、ドラマや映画で人気上昇中の山崎賢人さん、菅田将暉さん、土屋太鳳さんらも以前は学園ドラマの生徒役の一人として出演していました。 『まれ』の夫婦役・土屋太鳳&山崎賢人の初共演は4年前の学園ドラマでのクラスメイト2012年に放送された榮倉奈々さんが教師役で主演したドラマ『黒の女教師』(TBS系)には、のちにNHK連続テレビ小説『まれ』で夫婦役を演じた土 [全文を読む]

『魔女の宅急便』キキ役でブレイクした小芝風花の初水着ショットが可憐にそそる!「人前に着て出る日がくるなんて…」

週プレNEWS / 2015年10月22日18時30分

映画『魔女の宅急便』の主演・キキ役で一躍ブレイク、以降、ドラマ『GTO』『HEAT』、映画『ガールズ・ステップ』などの話題作に登場し、注目を集めている若手女優・小芝風花(こしば・ふうか)。 発売中の『週刊プレイボーイ』44号ではグラビアに登場、のどかな田舎の路上や落ち着いた和室でリラックスして佇(たたず)む姿を撮影。初めてとなる水着ショットも披露し早速、 [全文を読む]

生田斗真、SPドラマ主演をドタキャン!? ジャニーズ関係者真っ青“異常事態”の舞台ウラ

サイゾーウーマン / 2015年09月02日12時45分

11月には、主演映画『グラスホッパー』の公開も控えているだけに、相変わらず役者業にまい進中と見られていた生田だが……。 「ジャニーズきっての実力派俳優の呼び声も高い生田ですが、テレビドラマの主演経験はそこまで多くありません。今年1月の『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系)、2012年『遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~』(フジテレビ系)、 [全文を読む]

もし日本で映画化するなら!? “日本版ワンダーウーマン”キャストを勝手に予想!

dmenu映画 / 2017年08月19日07時00分

80年代に日本で映画化されていたら、きっと彼女が抜擢されたことでしょう。では、今なら誰が相応しいのでしょうか? 今回はエンターテインメント業界で働くワンダーウーマン愛好家の方々にアンケートを実施。もし、日本で映画化するならば、ワンダーウーマンは誰が相応しいのか? その妄想を探ってみました。 ワンダーウーマンの日本版キャストを勝手に妄想 ワンダーウーマンは、 [全文を読む]

小出恵介だけじゃない…不祥事によってお蔵入りした幻の作品たち

dmenu映画 / 2017年07月10日07時00分

高畑裕太スキャンダルでは元ハロプロ主演映画がお蔵入りに… 例えば、2016年の高畑裕太によるスキャンダルの被害は相当だった様子。高畑がスキャンダルを起こしたのは、映画『青の帰り道』の撮影で群馬に滞在していたときのことだ。同映画は、元ハロプロの真野恵里菜主演ということでファンからの期待は高かったが、残念ながら撮影は中断され、現在も白紙のままであるとのこと。 [全文を読む]

『べっぴんさん』の井頭愛海さんはじめ出身若手も続々台頭 「全日本国民的美少女コンテスト」が3年ぶりに開催

日本タレント名鑑 / 2017年02月22日10時55分

もちろんグランプリ受賞者は、その特典として約束されている、映画やドラマなどの出演があるので、やはりほかの部門賞受賞者よりチャンスに恵まれていることは確かですが、部門賞受賞者がはやくブレイクする可能性も十分にあります。 入賞者以外もファイナリストは基本的に、コンテストを運営するオスカープロモーションに所属。コンテストで入賞できなくても人気者になれるチャンス [全文を読む]

高島礼子、「決意」の評価…6月会見雑感

NewsCafe / 2016年07月01日18時50分

いろんな制限があった中で、加藤の初主演映画『サブイボマスク』の舞台挨拶で、元彼女役で共演した女優、平愛梨(31)が能天気だったのが、なんだか救いでした」 デスク「『このたびは元カレの加藤が本当に申し訳ありません』ってニコニコと(笑)。プロサッカー選手、長友佑都選手(29)のアモーレ公認になって余裕だな」 記者「大音響の件では、ジャニーズ・Hey!Say!J [全文を読む]

【ウラ芸能】三船美佳、あれは神対応? 2015年会見あれこれ(上)

NewsCafe / 2015年09月21日15時00分

んじゃ、7月に2015年前半の会見雑感を振り返ったけど、この夏の記事にならなかった会見をまとめてみようか」記者「後半最初のイラついた会見はなんといっても女優の米倉涼子(40)ですね」デスク「去年の暮れに会社経営者と駆け込み電撃結婚したけど、わずか数カ月で別居・離婚だと騒がれてる」記者「女スパイ役で吹き替えを担当した米映画『アベンジャーズ』の日本語版完成披露 [全文を読む]

フォーカス