養子 片岡愛之助に関するニュース

野村萬斎、片岡愛之助…“伝統芸能”を背負いながらも挑戦をためらわない俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月02日07時00分

その才能と意欲を十三代目片岡仁左衛門に見出され、二代目片岡秀太郎の養子となって上方歌舞伎の伝統を継ぐことになりました。 実は片岡愛之助は、歌舞伎界初で唯一の仮面ライダー俳優です。彼の演じた仮面ライダーマルスは、『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦! 黄金の果実争奪杯!』(2014年)に登場したライダー。自らを新世代の神と称する謎の男という役どころでし [全文を読む]

愛之助の隠し子騒動で試される”梨園の妻”藤原紀香の器量

デイリーニュースオンライン / 2016年04月19日15時05分

しかし、もしも出来なかった場合、血縁関係のある愛之助さんの隠し子が養子になる可能性があるのでは、と不安があったのかもしれません。そのため、まずは血縁関係の有無を明確にしておきたかったのでしょう」 ■求められるのは”梨園の妻”としての対応 親から子、子から孫へと血筋を通して受け継がれるのが歌舞伎の世界だが、会見時に跡継ぎについて聞かれた、愛之助はこう答えてい [全文を読む]

アラフォー女優・藤原紀香が”結婚を急いだ”本当の理由

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日12時03分

しかし、愛之助は、「僕自身はこの世界(歌舞伎界)で生まれた人間でもなく、養子で片岡家に入れていただきました。例えば愛之助という名前を使わせたいのに子どもがいないなあとなれば、養子でも芸養子でもいろんな形がありますので、僕はそれでも構わないと思います」と、92年に自身が養子となったことを引き合いに、そう語った。 紀香は「そうは言ってくださいますが…」に続け、 [全文を読む]

結婚生活に暗雲?藤原紀香の“目立ちたい願望”が仇となる梨園の掟

デイリーニュースオンライン / 2016年04月02日18時35分

愛之助は養子として片岡家に入った過去をもつこと、そして紀香が44歳と高齢であることから、「子どもがいないなあとなれば、養子でも芸養子でも色んな形がありますので、僕はそれでも構わない」と養子OK発言。しかし紀香は「できれば彼の子どもを産みたい」と子作りにも積極的な姿勢をアピールしている。 「あれだけ盛大に会見を行なうなら、せめて二人で意見を擦り合わせてきてほ [全文を読む]

デジタルアートで江戸の秘密を暴く「スーパー浮世絵『江戸の秘密』展」を開催

NeoL / 2016年10月24日07時33分

1992年1月、片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座『勧進帳』の駿河次郎ほかで六代目として片岡愛之助を襲名。2008年12月、上方舞楳茂都流四代目家元を継承し、三代目として楳茂都扇性(うめもとせんしょう)を襲名。近年は歌舞伎のみならず、舞台・映画・TVドラマでも活躍する。2017年3月、東京・新橋演舞場にて、初ミュージカル『コメディ・トゥナイト!ローマで起こ [全文を読む]

俺たちをトリコにしたオール「特撮ヒロイン」(4)「高田美和・片岡愛之助の養母が挑んだ異色時代劇の壮絶撮影」

アサ芸プラス / 2016年07月12日05時57分

「彼は梨園の出ではありませんので、高校生の時に『芸養子』という形で迎え入れたんです。やがて彼のご両親が立て続けに亡くなられ、本当の『養子』として面倒を見ました」 愛之助が歌舞伎役者として修業に励んだのと同じ19歳の時に、高田は「大魔神」に出演する。役どころは城主の姫君でありながら、悪家老の謀反によって兄とともに身を隠す小笹という娘だ。「私は時代劇がやりたく [全文を読む]

片岡愛之助が5年前に認めたはずの「隠し子」に今さらDNA鑑定要求は紀香の入れ知恵?

messy / 2016年04月15日00時00分

期待はしているけど、僕自身がこの世界(歌舞伎界)に養子で入ったので、養子でもかまわない」と語り、これに対して藤原は「できれば彼の子供を産みたいというのが女心」と語った。 200人もの報道陣が出席していながら、誰も「愛之助さんにはお子さんがいらっしゃいますが」と切り出すことはなかった。 2013年にドラマ『半沢直樹』(TBS系)への出演で一般視聴者間でもブレ [全文を読む]

片岡愛之助、芸能界のドン「バーニング」を使い「恫喝」?激怒・興奮するも玉砕

Business Journal / 2016年05月25日07時00分

愛之助といえば“ラブリン”の愛称で親しまれ、歌舞伎役者のなかでも抜群の人気を誇るが、知られる通り片岡家の芸養子であるため、いわゆる本家ではない。よって、愛之助と藤原が子宝に恵まれるかどうかということは、片岡家の世継ぎ問題に少なからぬ影響を及ぼすセンシティブな問題でもある。それゆえに藤原が3月31日の結婚会見で「彼の子を産みたいと思うのが女心」と明言したこ [全文を読む]

片岡愛之助、隠し子発覚で被害者ヅラ的発言…DNA鑑定要求の「本当の目的」

Business Journal / 2016年04月21日07時00分

DNA鑑定についても、Aさんが2014年に金銭と息子の認知を要求してきたことから、金銭の要求には対応しているものの、認知については自身が片岡家の養子であることから、将来的に財産分与などで迷惑をかけないように慎重を期するべきとして、弁護士を介して以前から息子のDNA鑑定を要求していたといいます。さらに愛之助は、Aさんからの度重なる金銭要求に困惑していたと自身 [全文を読む]

片岡愛之助 紀香と結婚で売却急いだ「隠し子とのマンション」

WEB女性自身 / 2016年04月21日06時00分

それに対して愛之助は『認知となれば、養子に入った片岡家の問題となり、財産分与などにも関わってくる。片岡家に理解を求めるためにも、きちんと子供のDNA鑑定をさせてほしい』と、伝えたそうです。しかし DNA鑑定 という言葉に、A子さんはひどく傷ついたようですね」(別の歌舞伎関係者) 愛之助が「事実とかけ離れた」とブログで語っているのは、 認知要求を受けたからD [全文を読む]

片岡愛之助&藤原紀香 結婚会見での紀香の「子作り発言」はタブーだった?

アサ芸プラス / 2016年04月16日09時57分

期待はしておりますが、養子の形もありますので、それでもかまわないと思っています」 と話した。すると紀香はすぐにこう反論。「できれば、子供を産みたいなと思うのが女心。無理をせず相談しながらやっていければ」 唐突に、子作りへの執念をのぞかせたのだ。 この流れで、愛之助は動揺を隠せなくなった。「会見が終わると、紀香とは目を合わせようとせず、憮然とした表情で、そそ [全文を読む]

藤原紀香、結婚しても四面楚歌!! 「おかみさんから陰口」「子作り問題で炎上」ら苦難続き

サイゾーウーマン / 2016年04月05日13時00分

愛之助が跡継ぎについて「養子でも芸養子でもいろんな形がある」と語ったのに対して、紀香は「彼の子どもを産みたいなと思うのが女心」と前向きに発言した。 「会見の前日、NEWS・小山慶一郎が、『news every.』(日本テレビ系)で『ちょっと早いかもしれませんけれども、どんなお子さんが生まれてくるのかっていうところも期待したい』とコメントしていました。しかし [全文を読む]

【京都ホテルオークラ】6月26日(日)片岡愛之助 トーク・ディナーショー 開催!!

PR TIMES / 2016年03月17日13時56分

1992年 片岡秀太郎の養子となり、大阪・中座『勧進帳』の駿河次郎ほかで六代目片岡愛之助を襲名。2005年 日本映画批評家大賞主演男優賞受賞。2008年上方舞楳茂都流四代目家元を継承し、三代目楳茂都扇性を襲名。2011年第21回日本映画批評家大賞助演男優賞受賞。2012年 おおさかシネマフェスティバル2012 助演男優賞受賞。2013年 片岡愛之助主演の通 [全文を読む]

『片岡愛之助が案内 永楽館ものがたり』が3月26日集英社より発売!片岡愛之助が力をそそぐ「永楽館歌舞伎」とは!?愛之助が舞台にかける熱い思いと舞台裏を語る!

DreamNews / 2015年03月26日09時00分

1992年、片岡秀太郎の養子となり、六代目片岡愛之助を襲名。上方歌舞伎を愛し優美な伝統を受け継ぐ一方、線の太い役や荒事などでもスケールの大きな芸を見せている。時代物、世話物を問わず、歌舞伎の立役として存在感を示している。屋号は松嶋屋。清水まり(しみず・まり)歌舞伎を中心に、主にエンタテイメントの分野で原稿を執筆。俳優、スタッフへのインタビュー、歌舞伎に関連 [全文を読む]

交際継続の片岡愛之助と熊切あさ美、今恐れているのはあの男の存在?

messy / 2015年01月06日17時00分

もともとは梨園の生まれではなく、9歳の頃にその才能をみこまれて片岡秀太郎の養子となり、そこから一歩一歩着実にポジションを上げていったことでも知られている。押しも押されぬ大スターの地位を手に入れた現在、結婚のお相手選びには慎重にならざるをえないようだ。<名門・片岡家>の名を汚さぬような結婚を、というプレッシャーも当然強い。かたや熊切は過去にキャバクラで働いて [全文を読む]

歌舞伎界のプリンスが役者人生を語る 片岡愛之助 トーク&ディナーショー 2014年9月16日(火) 大阪新阪急ホテルにて開催

PR TIMES / 2014年07月29日09時47分

その後、二代目 片岡秀太郎の養子となり、大阪中座で『勧進帳』 駿河次郎役を演じ、六代目 片岡愛之助を襲名。 国立劇場優秀賞、大阪舞台芸術奨励賞等、数々の受賞歴を持つ。 2013年のテレビドラマ『半沢直樹』では“おネエ口調のエリート官僚役”で話題を集めた。 テレビや舞台など多方面で活躍する傍ら、「平成若衆歌舞伎」の中心メンバーとして 上方歌舞伎の興隆や、歌 [全文を読む]

片岡愛之助 梨園の視線もあり…“崖っぷちアイドル”から逃げた!

WEB女性自身 / 2014年04月23日07時00分

二代目片岡秀太郎の養子になり、苦労して認められた今、歌舞伎役者として大事な時を迎えている。2人が相思相愛だったのは確かだが、過去にキャバ嬢をしていたことをテレビで告白した『崖っぷちアイドル』に、梨園の視線が冷たいことを愛之助は肌で感じていた。彼に結婚願望はなく、熊切さんはあくまで恋人。だが今年で34歳となる熊切さんは結婚を望み、関係がギクシャクしたのではな [全文を読む]

片岡愛之助、『半沢直樹』“おネエ”演技のモデルを明かす…結婚報告は海老蔵のブログで

Business Journal / 2013年09月30日00時00分

93年に片岡の養子となったことを機に、六代目片岡愛之助を襲名。94年に名題に昇進したのちは、国立劇場優秀賞(2002年)、大阪舞台芸術奨励賞(05年)などを受賞し、現在は歌舞伎役者として活躍するほか、テレビドラマなどの現代劇にも多数出演している。 (文=編集部) [全文を読む]

2013年 新フレグランス アンバサダーに片岡愛之助さんが就任

PR TIMES / 2013年05月24日17時32分

1992年(平成4年)1月、片岡秀太郎の養子となり、大阪中座「勧進帳」の駿河次郎ほかで、六代目 片岡愛之助を襲名する。 1993年…六代目 片岡愛之助(かたおかあいのすけ)襲名 屋号/松嶋屋 1994年…名題昇進 2008年…上方舞・楳茂都流 四世家元を継承 家元/三代目 楳茂都 扇性(うめもとせんしょう)を襲名 【愛称/ラブリン】 ■10月1日「香水の [全文を読む]

愛之助・紀香、結婚披露宴での「異常事態」が波紋…浮かれる紀香の女優活動に暗雲

Business Journal / 2016年10月04日07時00分

ですから、当初は人気歌舞伎俳優といっても芸養子であり本家ではない愛之助さんのことを、紀香さんより格下に見ているような発言をしていました」 また、他の芸能事務所関係者は語る。 「不本意ながら、結婚の報告を受け入れたS社長は、考え方を切り替えて、紀香さんには梨園とのパイプ役になってくれればそれでいいと、ビジネスの側面から期待をかけました。しかし、当の本人はすっ [全文を読む]

フォーカス