舞台 片岡愛之助に関するニュース

【エンタがビタミン♪】優香、三谷幸喜の新作舞台出演 “全34幕”挑戦に「大変」

TechinsightJapan / 2017年03月08日11時55分

タレント・優香(36)が、7日に実施された、三谷幸喜作・演出の舞台『不信~彼女が嘘をつく理由』(東京芸術劇場シアターイーストにて4月30日まで)の初日直前会見に出席した。本作は優香にとって2度目の舞台出演。私生活では俳優の青木崇高と昨年結婚したが、結婚後の初舞台となる。 三谷幸喜氏ほか、共演の段田安則、栗原英雄、戸田恵子と会見に登場した優香。初めての舞台[全文を読む]

藤原紀香に自覚なし?梨園の妻でも”仕事セーブせず”に広がる嫌悪感

デイリーニュースオンライン / 2016年12月01日07時05分

女優の藤原紀香(45)が、2017年6月に、三宅裕司(65)が座長を務める熱海五郎一座の新作舞台「フルボディミステリー『消えた目撃者と悩ましい遺産』」にゲスト出演することが決まった。藤原紀香といえば、今年の3月に歌舞伎役者の片岡愛之助(44)と結婚し、9月の披露宴で“梨園の妻”としての誓いを立てたばかり。にもかかわらず、稽古から本番まで長期に渡る時間拘束と [全文を読む]

藤原紀香 舞台「南太平洋」で上チチ揺らしまくりの公然大ハッスルステージ!

アサ芸プラス / 2016年07月23日09時57分

藤原紀香(45)が主演舞台で新妻であることを忘れさせる大ハッスル! 豊かなバストをプルンプルンと揺らしに揺らせば、あまりの開けっぴろげた姿は波紋すら広げ‥‥。 揺れる。手を伸ばせば触れられるほどの近距離で“紀パイ”がタプタプと波打っているのだ。舞台の幕が上がると、ボディラインが際立つタイトなカーキ色の軍服をまとい、袖から駆け足で現れた紀香。動きに合わせ、胸 [全文を読む]

WOWOW“三谷喜劇の日” 舞台「酒と涙とジキルとハイド」を初放送!

PR TIMES / 2014年09月03日09時22分

二重人格をテーマに据えたロバート・ルイス・スティーヴンソン著作の怪奇小説「ジキル博士とハイド氏」に着想を得た、シチュエーションコメディで、19世紀末のロンドンを舞台に片岡愛之助、今回が初舞台となる優香、藤井隆らが出演している。 「ただ面白いだけの、笑った後に何も残らない喜劇を創りたい」と三谷が語るように、彼自身が感じる普遍的な笑いと面白さを最もシンプルな [全文を読む]

片岡愛之助が弟子をダシにしてまで妻・藤原紀香の良妻ぶりアピールの裏事情

アサ芸プラス / 2017年06月23日05時59分

マッサージも2人で行きます」と言った愛之助に司会の船越英一郎が「以前、この番組に紀香さんがお見えになった時、マッサージは愛之助さんが寝てから行かれるっておっしゃってましたよ」と返した際も、「自分の舞台や撮影の時は寝てますね。…逆にマッサージ屋さんで待ち合わせをしたりとか」と、苦しい言い訳をしながらも親密さをアピールした。「紀香が女優と家庭的な妻の2つの顔を [全文を読む]

A.B.C-Z塚田「ジャニーズの伝統」で金欠に!?

日刊大衆 / 2017年05月01日15時05分

最近ではバラエティを中心にテレビでも活躍中の彼らだが、メンバーそれぞれが舞台に出演するなど、着実に活躍の場を広げている。 メンバーの戸塚祥太は、勝村政信との二人芝居『Defiled』に現在出演中。塚田僚一は、4月26日に開幕した舞台『サクラパパオー』で主演を務めている。五関晃一は、観月ありさの歌手デビュー25周年を記念したイベント『Reading Conc [全文を読む]

片岡愛之助、45歳の誕生日サプライズ祝福に感激 妻の紀香からの贈り物は「プライベートのことなので秘密」

エンタメOVO / 2017年03月04日17時35分

舞台「コメディ・トゥナイト! ローマで起こったおかしな出来事《江戸版》」の公開舞台けいこ及び囲み取材が4日、東京都内で行われ、出演者の片岡愛之助、内博貴、平野綾、ダイアモンドユカイ、上山竜治、鈴木壮麻、ルー大柴、徳井優、松田美由紀、高橋ジョージと演出の宮本亜門氏が出席した。 本作は、1963年のトニー賞で6部門を受賞した傑作コメディーミュージカルを、作曲者 [全文を読む]

市川猿之助×片岡愛之助 歌舞伎のためにできること

PR TIMES / 2015年04月24日10時53分

[画像1: http://prtimes.jp/i/9728/79/resize/d9728-79-669567-0.jpg ] ■考え尽くされた美意識と知恵を継承する ( 市川猿之助 談) ■生の舞台を見ることは財産。大切なのは実演し続けること (片岡愛之助 談) [画像2: http://prtimes.jp/i/9728/79/resize/d97 [全文を読む]

COTTON USA AWARD 2014~コットンといきる人~発表会を開催

PR TIMES / 2014年05月16日17時16分

私も歌舞伎役者でありながら、他の映像や歌舞伎以外の舞台に出させていただいたりと、コットンの様な、さまざまなカタチに変われ、いろいろな色に染まっていける役者になれればと思っております。 舞台の上では、役を演じているので、素の部分がなかなか出ない中、評価していただいて、嬉しいですし、これからも(コットンのような)やわらかい感じでいきたいです。 檀れいさん 受賞 [全文を読む]

片岡愛之助さんが教える新歌舞伎座「歌舞伎の楽しみ方」

WEB女性自身 / 2013年04月01日07時00分

全体や役者の立ち回り・舞台装置を広い目で見るには上の席のほうがよいし、役者の息遣いを間近で感じながら見るのであれば、前の方や花道そばもおすすめだ。「初めて見るときは『イヤホンガイド』を借りていただきたいですね。この『イヤホンガイド』は舞台背景・台詞・衣装など、細かいところまで舞台を見ているのと同時に説明してくれるので、わかりやすくて歌舞伎初心者にはおすすめ [全文を読む]

フォーカス