結婚 片岡鶴太郎に関するニュース

ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」あらすじ&反響…超恋愛体質”な前田敦子が話題

モデルプレス / 2016年03月03日18時10分

動揺を隠せないゆり子だったが、「結婚を前提に、一緒に住もう。永遠に一緒にいよう。もう二股なんてしないで俺だけを見てほしい」という甘い囁きを受け、再び小津と一夜を共にしてしまう。翌朝自宅に帰ると美登里は家を出て行っていた。「さよなら、みーちゃん…」ゆり子は美登里を捨て、小津との危険な恋を選択した。 前半ではゆり子が二股を卒業し、一途な美登里と向き合うかのよう [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】V6長野博と結婚、白石美帆が『あの人は今』入り寸前で脚光 ブログへも祝福届く

TechinsightJapan / 2016年11月29日18時50分

V6の長野博(44)と女優の白石美帆(38)が11月29日に結婚した。2人はジャニーズ事務所を通して結婚を報告すると「これからの人生をともに歩み力を合わせ、明るく朗らかな家庭を築きながら、お互いより一層仕事に対して精進して参ります」と伝え直筆のサインを並べた。白石美帆と言えばタレントや女優として活躍したが、最近はメディアで見る頻度が減っておりこのままだと『 [全文を読む]

イジリー岡田「片岡鶴太郎は最悪」下ネタ嫌いを告白

日刊大衆 / 2016年09月27日15時30分

アイドルの楽屋レポートなど、下品な芸風のイメージが強いですが、女性タレントへのフォローを欠かさないからこそ、現在まであの芸風を続けられているのでしょう」(テレビ局関係者)――私生活では今年7月、14歳下のネイリストの女性と結婚。末永くお幸せに! [全文を読む]

前田敦子「毒島ゆり子のせきらら日記」<第7話あらすじ>

モデルプレス / 2016年06月01日16時00分

◆第7話あらすじ 小津(新井浩文)と結婚し、幸せの絶頂だったゆり子(前田敦子)だったが、突如、弁護士の真田(バカリズム)からゆり子を訴える予定でいると告げられる。依頼人は小津の妻・彩子だというが、小津の話だと、すでに離婚しているはず…。小津に確認すると、真田はニセ弁護士だと説明され、混乱するゆり子。 一方、国会ではくろでん(片岡鶴太郎)の分党が間近に迫っ [全文を読む]

川栄李奈の花嫁姿に「見惚れた」「色っぽい」反響相次ぐ

モデルプレス / 2016年06月15日05時30分

【川栄李奈/モデルプレス=6月15日】元AKB48で女優の川栄李奈が、出演中のNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(総合、月~土あさ8時~)で初めて和装での結婚式のシーンに挑戦し、祝言のシーンを撮影した日をもってクランクアップ。和装の花嫁姿の写真が公開されると「見惚れた」「色っぽい」とその美しさが、たちまち話題になった。川栄演じる富江と浜野謙太演じる長 [全文を読む]

川栄李奈、和装の花嫁姿披露 「とと姉ちゃん」クランクアップ

モデルプレス / 2016年06月14日16時46分

【川栄李奈/モデルプレス=6月14日】元AKB48で女優の川栄李奈が、出演中のNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(総合、月~土あさ8時~)で初めて和装での結婚式のシーンに挑戦する。そして、祝言のシーンを撮影した日をもってクランクアップした。川栄演じる富江と浜野謙太演じる長谷川が結婚するなど、怒涛の展開を迎えている同作。17日放送の第65回では、富江と [全文を読む]

新井浩文の“クズ男”芝居が話題「小津、クズすぎ!」

Smartザテレビジョン / 2016年06月09日12時00分

程ななく、小津と結婚し、幸せの絶頂へ。だが、突如、弁護士・真田(バカリズム)から「小津の妻がゆり子を訴える予定でいる」と伝えられ、ゆり子は混乱する。 第8話では、真田の事務所でゆり子と小津が話し合うことに。実は離婚していなかったという真実を告白した小津に「どうして私のことを裏切ったの?」と詰め寄るゆり子。そこで小津の“クズ男”ぶりがさく裂する。「ゆり子だっ [全文を読む]

前田敦子“不倫愛”に溺れる 激しいベッドシーン&甘い囁きに“落ちる”視聴者続出

モデルプレス / 2016年05月12日13時13分

動揺を隠せないゆり子だったが、「結婚を前提に、一緒に住もう。永遠に一緒にいよう。もう二股なんてしないで俺だけを見て欲しい」という甘い囁きを受け、再び小津と一夜をともにしてしまう。翌朝自宅に帰ると美登里は家を出て行っていた。「さよなら、みーちゃん」ゆり子は美登里を捨て、小津との危険な恋を選択した。 ◆視聴者の声は?クライマックスの急展開に動揺 前半ではゆり子 [全文を読む]

『とと姉ちゃん』第三週目で描かれた、祖母と母の対立ーー母・君子の“朝ドラヒロイン”らしさ

リアルサウンド / 2016年04月25日08時35分

父が他界してから一人で切り盛りして君子を育ててきたが、跡取りにするために強引に縁談を進めようとした滝子に君子は反発し、当時すでに結婚の約束をしていた竹蔵(西島秀俊)と共に浜松へとやってきたのだった。参考:デヴィッド・フィンチャーのターニングポイント、『ハウス・オブ・カード』の画期性について そのため、ずっと絶縁状態だったのだが、「荷物まとめて、こっちにおい [全文を読む]

“塩顔男子”坂口健太郎、朝ドラデビュー ヒロイン高畑充希を支える青年役

モデルプレス / 2015年11月06日15時20分

落合将プロデューサーは、坂口がヒロインの“夫候補”となるのかという質問に対して「そこまでは台本は決まっていない」としたが、戦前編では2人が惹かれあうことを明かし「戦争を挟みますので、もしかしたら2人の間にそういうような運命(=結婚)もあるかもしれない」と話した。 ほか、会見ではヒロイン常子の父に西島秀俊(会見は欠席)、母に木村多江、次女に相楽樹、三女に杉 [全文を読む]

フォーカス