子供 北野武に関するニュース

語っていいとも! 第25回ゲスト・木の実ナナ「『たけしくん、ハイ!』は最初いろいろ抵抗を感じてたんですよ」

週プレNEWS / 2016年06月19日12時00分

子供の頃から向島のお祭りっていうのはあったんですね。でもまだ子供だったから、大人の神輿を早く担げるようになりたいって思った時には、今の北沢っていう所に住むようになって。 引っ越した最初の頃はね、皆さんなんとなく町内に芸能人が来ちゃったみたいな。で、周りがちょっとガードしちゃって、母親と「どうしよう」って…。自分たちは下町の人間だから平気なんだけどね。そした [全文を読む]

ビートたけしの名言集「痛快この上ない殿のボケが大好きです」

アサ芸プラス / 2017年09月15日17時57分

同じく、タカさんの結婚が決まり、タカさんが、“結婚相手の親父さんは大変まじめな方で、近所の子供を集めては、何か習い事的なことをしている立派な人”といった発言をしている途中、「近所の子供」といったワードに食いついた殿は、瞬時に話を遮ると、「何? 近所の子供にいたずらしてんのか?」 と、何食わぬ顔でボケをかましていました。 ファンだった頃、そして、弟子になって [全文を読む]

語っていいとも! 第28回ゲスト・氷川きよし「兄貴キャラはできない…弟が楽ですね(笑)」

週プレNEWS / 2016年08月14日12時00分

そういうコミュ力は子供時代から育くまれたみたいで。…そういえば、氷川さんと僕の共通項はひとりっ子っていう…。 氷川 そうなんですか! 大人の中で育ってきて、そこはちょっと疲れますよね。寂しがりやだし。寂しがりや…ですか? ―それも恥ずかしくて自分では言えないですけど…寂しがりやです(笑)。子供の頃は母親に溺愛されて、歳取るとそれもどんどんウザくなって(苦笑 [全文を読む]

たけしがあの愛人と別宅で同棲開始、岡村隆史にも紹介するなど老いらくの恋が止まらない! もう一人の愛人は...

リテラ / 2015年11月02日19時30分

幹子夫人はともかく、武が愛人との間にも子供をつくり、「もうひとつ家庭」をつくっていたのは有名な話。一体彼女たちはどうなってしまったのか......。当サイトでは、今回の愛人が発覚した時、たけしの女性関係の変化について取り上げた。ここに再録するので、是非ともご一読いただきたい。(編集部)********************「週刊文春」7月17日号に衝撃的 [全文を読む]

寺田心が「龍三と七人の子分たち」イベントに登場!

Smartザテレビジョン / 2015年10月06日07時01分

平均年齢が実際のキャストのちょうど1/10の7.3歳という“チビ龍三と七人の子役たち”による“子供応援隊”として結成式は、「“鬼の龍三”こと、寺田心です!」という元気いっぱいのあいさつでスタート。 今回“チビ龍三と七人の子役たち”の代表として子供応援隊の隊長に任命された寺田は、「今日はみんな龍三さんと、マサさんと、モキチさんと、イチゾウさんと、ヤスさんと、 [全文を読む]

北野武が「道徳」の教材はツッコミどころ満載と喝破する書籍

NEWSポストセブン / 2015年09月24日16時00分

教科書では、お年寄りに席を譲るのは親切にすると気持ちいいからと教えるが、著者は気持ちよくならない子供は、席を譲らなくてもいいのかと反論。 けんかはいけないと教える大人が、戦争は必要悪と言うのも矛盾しているとする。大人に気に入られる解答をするのではなく、何が正しいか自分で判断できる子供に育てるのが真の道徳教育、との言葉は重い。 ※女性セブン2015年10月8 [全文を読む]

資産数十億円? ビートたけしの「孫を養子に」は相続税対策だった!?

リテラ / 2015年02月17日13時00分

現在の基礎控除額である「5000万円+(法定相続人の数×1000万円)」が「3000万円+(法定相続人の数×600万円)」となり、標準的な「両親と子供が2人いる家庭」で父親が亡くなった場合、法定相続人は母親と子供2人の合計3人となり、これまでの基礎控除額「8000万円」が「4800万円」にまで下げられてしまうのだ。「相続税の申告者は今年度見込みの約7万人 [全文を読む]

【俺の顔】西田敏行 角栄さん演じたい 人たらしの才は“共通点”

スポニチアネックス / 2017年09月17日09時41分

子供の頃から愛嬌(あいきょう)はよかったです。農作業してるじいちゃんとかによく“こんにちは”と声を掛けたりしていたと、おふくろに言われました」と人懐こい笑顔を見せる。 「アウトレイジ 最終章」では、その顔を一変。暴力団組織「花菱会」の若頭・西野役。コワモテ俳優が集結した“顔面バトル”の中でも迫力は随一だ。北野武監督(70)が裏社会に生きる男たちの仁義なき [全文を読む]

ビートたけしの金言集「カレーの匂いを嗅いだら落ち着かない殿」

アサ芸プラス / 2017年06月25日09時57分

「俺が子供の頃なんて、日曜日にデパート連れてってもらって、帰りにレストランでカレーなんて食わせてもらったら、とんでもないぜいたくした気分になってたけどな」 殿は、普通にカレーが大好物です。「普通に」と書いたのは、“どこそこのカレーじゃないとダメだ”とか“あそこのカレーを買ってこい”といった、うるさいグルメっ子ではなく、弁当などでカレーが出ると、“おっ、今日 [全文を読む]

たけし金言集SP!ビートたけし×アル北郷「お笑いKGB」出張対談(1)バカの原動力?「バカ」という病気なんだよ

アサ芸プラス / 2017年04月29日09時57分

少子化対策なんて言ってるけど、少子化なんてな、子供ができたら金かかってしょうがねぇなんて思うから作んないだけで、ヤリまくりゃいいんだよ。北郷 ヤリまくり(笑)。でも、昔の日本もそうだったわけですからね。狭い家に子供3人なんて当たり前でした。たけし 昔だって貧乏人の子だくさんなんていっぱいいたんだよ。北郷 そうですよね。たけし それでも、その時だって飢え死に [全文を読む]

「アルゼンチン史における暗黒の時代」 衝撃事件を映画化した『エル・クラン』 銀獅子賞受賞のパブロ・トラペロ監督が語る事件背景とは?

AOLニュース / 2016年09月15日20時00分

祖国という名のもとに他人の子供を誘拐して自分のものにするといった残虐行為が行われ、何の関係のない人たちまでが利害関係によって殺された。さらにはフォークランド戦争という痛ましい戦争も起きた。それ以前にも軍事政権の時代はあったが、このときほど、暴力的で残酷な時代はなかった。アルゼンチン史における暗黒の時代だ。幸いな事にその後民主化されたので、あれほど残酷な状況 [全文を読む]

語っていいとも! 第16回ゲスト・ビートきよし「うちの相方なんかいまだに女作ってよ、あれじゃなきゃね(笑)」

週プレNEWS / 2016年01月24日12時00分

それどころか今はもう男もイクメンになって、食事や家のこともして、子供の面倒も見なきゃイイ旦那じゃないくらいな風潮ですからね。 きよし 何を言ってんだって。俺、いまだに家にあんまり帰らないから(笑)。 ―はははは、実は玉袋さんが「いや~、きよし師匠は本当にすごいんですよ」とおっしゃってて。限定解除で自由すぎると。で、メッセージはありますか?って聞いたら「是非 [全文を読む]

寺田心、ジジイになりきり平均年齢約7.3歳の“チビ龍三と七人の子役たち”を結成

Entame Plex / 2015年10月06日01時11分

それに続き、次々と「子供にはちょっと早い、大人向けの映画をつくっている人」「監督さんも役者さんもお笑い芸人も同時にできてすごい」「いろいろ面白いことができてとてもステキ」「テレビではちょっとふざけている部分もあるけど、真面目なときには真面目でカッコイイ」と、こどもたちから褒め言葉のオンパレード。 また、“73歳になったら何をしたい?”という質問に対し、寺田 [全文を読む]

北野武監督×アル北郷「龍三と七人の子分たち」大ヒット記念対談!(2)カット割りしたら「えっ!」

アサ芸プラス / 2015年05月22日05時56分

北郷 僕の周りでも「今回の映画は子供と行くよ」みたいなのをけっこう聞きます。殿、これは“来ました”ね。たけし ここで少し、今までの赤字を取り返さないと。北郷 ハハハ。◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレ [全文を読む]

北野武監督、「ジジイが面白いのはタチ悪いから。この映画はグラフィティに近い」【後編】

AOLニュース / 2015年04月29日10時00分

前になんかの調査だって電話があって、「家族構成は?」って聞かれて、「わたくしと女房と子供3人です」。で、「好きなタレントは?」 「ビートたけしさんです」って言ったら、ガチャンて切られちゃった(笑)。投資話でも「そんなに儲かるの? じゃその金貸してくれ」とか、けっこう遊んじゃうよね。――そういう人生経験があると、映画に出ますよね。痛快になる旨味成分と言います [全文を読む]

逮捕だ、バカ野郎!北野武監督『龍三と七人の子分たち』映画マナーCMが面白すぎる【動画】

AOLニュース / 2015年03月13日05時00分

平均年齢72歳(※公開発表時)の超ベテラン俳優たちが暴れまわる本作は、「おっかなくて観れないよぉ」なんて声も聞こえてきた前作『アウトレイジ』シリーズとは打って変わり、子供から老人まで、どの世代も楽しめる一本となっている。実際試写アンケートでは、20代以下の若者からの満足度がどの世代よりも高く、女性層からも「おじいちゃん、可愛い!」という声が多発したとか。 [全文を読む]

細川ふみえ「月収10万で生活保護寸前」の貧困生活に

messy / 2013年12月27日14時00分

だけど、(彼から)プロポーズされて、子供がお腹にできて」と、自分に1ミリの非もないことを強調。2年間で終止符を打った結婚生活を「幸せだった」と振り返った。 さらに、慰謝料も養育費ももらわずに離婚したうえ、幼い子供を抱えてのシングルマザーとしてタレント業も満足にできないため、預貯金を切り崩して生活しているとも明かした細川。それから3カ月。今度は「週刊新潮」( [全文を読む]

ビートたけしの名言集「“下駄ップ”が決まった『座頭市』の舞台裏」

アサ芸プラス / 2017年09月13日17時57分

殿とのご縁は、子供の頃から始まっていたわけです。 で、HIDEBOHさんが出演と振り付けで活躍されたのが、北野映画11作目の「座頭市」です。ラスト、出演者がこぞって集結して下駄でタップを踏む“下駄ップ”の“大団円”の、あの“胸躍るラスト”を振り付けされたのです。 わたくしもあのシーンに、「農民F役」で参加したのですが、大人数での撮影のため、準備に大変時間が [全文を読む]

ビートたけしの金言集「何でもいきなりやるのが絶対に面白い!」

アサ芸プラス / 2017年09月01日17時57分

映画の常識とか、つまらないしきたりなんか覚えないでよ、原石のままいきなりやらせちゃったほうがいいんだけどな」 と、“いきなりが絶対に面白い”と公言し、さらに、「ほら、やっと歩けるようになった子供なんかによ、絵描かせたら面白い絵描くだろ? あれと同じでよ、映画もいきなり撮らせちゃったほうがよっぽど面白いもん出来ると思うけどな」 と続けたのです。 さすが、かつ [全文を読む]

ビートたけしの金言集「殿にとってネットよりも便利なものは…」

アサ芸プラス / 2017年08月30日17時57分

「家族で飯を食べてる時、子供がずーっと携帯をいじってるのって、見ていてあんまりいいもんじゃない」「実人生で経験してないことをネットで語っても意味がない」 等々。ネット、そして、手軽にネットへつながるツールそのものに対しはっきりと、「好きではない」といった発言をたびたびしていました。 そんな殿が、“だけどネットって、使い方によっちゃ便利らしいな”と、今までと [全文を読む]

フォーカス