恋愛 本田翼に関するニュース

コメディの中に描かれた究極のファンタジードラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が面白い!

おたぽる / 2016年11月01日13時00分

ひょんなことから出会った男女が、恋愛感情抜きにして同居することになる。昔から多くのドラマで描かれた設定だ。そして私はそんな設定に強く憧れる。 ただし、その「憧れ」を感じるためには、いくつかの条件がある。一つ目は、何かの偶発的なトラブルによって、同居する羽目になること。二つ目は、(少なくとも最初は)二人に恋愛感情も、また「恋愛しよう」という気持ちもないこと。 [全文を読む]

彼女にしたい女性になるには!? 男性が望む女性の理想像

恋学 / 2015年09月24日07時00分

最近、肌寒くなってきて「恋愛の季節だなー」と感じているのは、筆者だけでしょうか!?この季節になると、「恋がしたい」と思う女性も増えてくるのでは!? 人によっては、片思いに恋焦がれている自分が好きという方もいるかと思いますが、やっぱり『恋愛』をしたいですよね。ひと肌も恋しくなりますし、相思相愛の恋愛は楽しいですしね♪ でも、相手がいなくては始まりません!! [全文を読む]

フジ月9『恋仲』 終始視聴者が赤面の学芸会的雰囲気だった

NEWSポストセブン / 2015年09月21日16時00分

「ハラハラ、ドキドキが少なかった」「苦しくて胸が焼かれるような気持ち、一人涙をこぼすといった恋愛の緊張感がもの足りなかった」「胸キュンシーンが少なかった」などと、40代より上の世代からは手厳しい声も聞こえてくる。 たしかに、「メリハリある」恋愛ドラマを堪能し自らも恋愛の高揚感と修羅場を味わってきた中年以上の世代には、平板で物足りないドラマに映ったのかもしれ [全文を読む]

恋仲!?一見チャラい三浦翔平&結婚向き・本田翼の相性は?【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年07月14日11時45分

そんな2人の恋の行方は!?…ということで、噂の美男美女カップルの相性を占ってみました!まずは、それぞれの性格や恋愛傾向を見ていきましょう。◆三浦翔平さん(1988年6月3日生まれ)のホロスコープ太陽・金星・水星が双子座に位置しています。双子座は知的好奇心が旺盛で、恋愛面でも遊び人っぽいところがありますが、三浦さんの場合は、ただチャラいだけではないようです。 [全文を読む]

【可愛すぎる】 深田恭子、本田翼、桐谷美玲をスマホで独り占めできる!

AOLニュース / 2013年11月08日10時08分

BeeTVの恋愛ドラマシリーズが美女祭りになっていて大変らしいともっぱらの噂なので見てみると、確かに確かに今をときめく旬すぎ美女が勢ぞろい。これは楽しまなきゃ損である。 ラインナップはというと、まずはすっかり大人の色気むんむん女優に脱皮した深田恭子が魅せる「危険なカンケイ」。昼間は地味で目立たないOLなのだが、実は裏の顔&秘めた目的があるらしい。胸の谷間も [全文を読む]

『わにとかげぎす』知恵袋に恋愛相談…本田翼がかわいすぎる

しらべぇ / 2017年08月17日18時00分

あの「ばっさー」が、まさかネットで恋愛相談するとは……。■「かわいい」「はまり役」の声鈍感すぎる男相手に奮闘する彼女の姿に、ツイッター上では「かわいい」との声が多くつぶやかれた。わにとかげぎす、知恵袋的なやつに質問してる翼ちゃんカワイイ。自転車倒れててんやわんやの有田さんもカワイイ(笑)#わにとかげぎす #有田哲平 #本田翼— Re:k.k (@momoc [全文を読む]

本田翼のキスシーンはなぜグッとくるのか? 『校閲ガール』“唇を奪う女”の魅力

リアルサウンド / 2016年11月02日06時10分

ただ、もう少し年齢層が上の世代が観る恋愛ドラマとしては、少々物足りないところがあったかもしれない。本田の演技は、役柄に憑依して感情的に演じるというより、そこにある台詞や動きを丁寧になぞるかたちのものが多い。そのため、恋愛シーンが情熱的になりにくいのだ。そういう意味では、映画『起終点駅 ターミナル』(15年)で佐藤浩市と演じた30歳差のプラトニックラブのよ [全文を読む]

フジ月9『恋仲』 視聴率1桁発進の理由は「古めかしさ」か

NEWSポストセブン / 2015年07月25日16時00分

フジテレビ「月9」といえば「東京ラブストーリー」「ロングバケーション」等々、有名な恋愛ドラマを生んできた看板枠。今回はその「原点回帰」を目指す、と亀山社長の力の入れようも際立っていただけに、蓋を開けた時の世間の風の冷たさにびっくりした関係者も多かったのでは。そもそも、フジテレビにとって「月9」とはどんな意味を持つのか?「旬の人が出ているキラキラしたもの」 [全文を読む]

本田翼、注目の月9は歴代ワーストスタートも別格の可愛さでファンを魅了! 「コスプレドラマみたい」との声も

メンズサイゾー / 2015年07月21日20時30分

運命の再会や恋敵など、さまざまな恋愛エッセンスが散りばめられた王道のラブストーリーだ。 初回は、仕事や恋愛がうまくいかない日々を送っている葵(福士)に高校の同窓会の知らせが入るところから始まった。葵は、上京して以来会っていない幼なじみのあかり(本田)のことを思い出す。高校時代の葵とあかりは、双方の家を自由に行き来するほどの仲だったが、互いに思いを寄せながら [全文を読む]

『恋仲』本田翼に「カワイすぎる」「演技ヒドいけど、たまらない」と絶賛の嵐!ベタさが好評?

Business Journal / 2015年08月19日23時00分

本田と福士という人気若手俳優が主演を務めるのに加え、最近の連ドラとしては珍しい“ベタな恋愛モノ”のためその視聴率に注目が集まっていたが、放送直後から一部インターネット上などではあかり役の本田に対し「カワイすぎる」「演技ヒドいけど、たまらない」などと絶賛の声が多数上がっている。「ストーリー展開やセリフもベタすぎて、見ているほうが“ムズ痒く”感じてしまうほど [全文を読む]

“大根女優”本田翼が『わにとかげぎす』で覚醒! モデル系女優の正しい使い方とは?

日刊サイゾー / 2017年08月03日19時00分

恋愛となると必要以上に照れて狼狽するのは古谷作品の特徴で、それはどんな美女でも例外ではない。羽田も富岡を前にするとデレデレで、クールな外見とのギャップがすさまじくカワイイ。 モデル出身の美女がテレビドラマや映画に出演すると、演技がヘタとか棒読みとかボロクソに言われる。「non-no」(集英社)の専属モデルとして活躍する本田も例外ではない。個人的にはそんなに [全文を読む]

『わにとかげぎす』初ドラマ化!“38歳独身童貞の中年”役は有田哲平

ガジェット通信 / 2017年05月22日22時00分

原作は人間の深い部分をついていて、恋愛も含めシリアスな人間ドラマ。笑える部分もたくさんありますけど、古谷さんの作品の重みはハンパなくて“この作品をやるんだ”という責任を感じますね。 (中略) ドラマのいろんな部分で自分自身と照らし合わせてみてしまうシーンがあると思うんで、割と等身大で見ていただけるのではないかと思っています。初々しい僕を見てください! 本 [全文を読む]

三浦翔平に続き菅田将暉も! 本田翼は「漫画好き」なら簡単に落とせる!?

日刊サイゾー / 2017年04月04日13時00分

一方、菅田のほうも二階堂ふみとのイチャつきぶりが話題となったが、こちらも菅田本人が「ソウルメイト」と語っていたように、恋愛関係には至らなかったようだ。 「本田と菅田は昨年10月クールのドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)で共演。ひょんなきっかけから同居することになるファッション誌の編集者とモデル兼作家を演じ、キスシーンも話題となりま [全文を読む]

“恋愛モノ女優”石原さとみ、『校閲ガール・河野悦子』で「可愛いだけ」から脱皮なるか?

サイゾーウーマン / 2016年10月03日13時00分

ここ最近の石原は、『失恋ショコラティエ』(14年1月期)、『ディア・シスター』(同年10月期)、『5→9~私に恋したお坊さん~』(15年10月期、いずれもフジテレビ系)と立て続けに恋愛ドラマに出演しており、すっかり“ラブストーリー”専門女優という印象が強くなった。 視聴率は『失恋ショコラティエ』が全話平均12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同) [全文を読む]

“月9”の影響力に変化有り!?街からОLを消した伝説のドラマ枠の過去と未来【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年07月30日11時56分

その後、マンガ原作の『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』、独身男性の子育てコメディ『人にやさしく』、刑事モノのサスペンス『空から降る一億の星』、逆ハーレム好きにはたまらない4人兄弟とワケアリ女性のドタバタコメディ『ランチの女王』、素人をヒロインに起用するという冒険に出た『ビギナー』、韓流ドラマ人気から韓国人と日本人の恋愛を描いた『東京湾景~Destiny [全文を読む]

オリラジ藤森マジ告白の美形モデル 女優デビューで人気沸騰

NEWSポストセブン / 2012年01月29日16時00分

放送中の連続ドラマ『恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~』(TBS系)で女優デビューし、さらにその人気がヒートアップしている。 ブレイクのきっかけは、“チャラ男”キャラのオリエンタルラジオ・藤森慎吾(28)が、昨年8月に放送されたテレビ番組の企画で“マジ告白”したこと。 藤森はあっさり振られてしまったが、本田はこのテレビ出演を機に話題となり、放送直後のGoog [全文を読む]

石原さとみ『地味にスゴイ!』SPで木村佳乃と初共演「こんな女性になりたい」

週刊女性PRIME / 2017年09月20日11時00分

夢を叶えた河野悦子が仕事と恋愛で大ピンチ!? 昨年秋、連続ドラマで放送され平均視聴率12・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした、人気作がスペシャル『地味にスゴイ! DX校閲ガール・河野悦子』として復活(日本テレビ系 9月20日 水曜夜9時~)。 悦子を演じるのは、石原さとみ。実力派女優として引っ張りだこの石原だが、連ドラ後、今回のデラックス版ま [全文を読む]

本田翼、母と訪れたバルセロナを再訪「アナザースカイ」

CinemaCafe.net / 2017年06月23日20時15分

2012年にはファッション誌の舞台裏を描いた映画『FASHION STORY -Model-』で主演、ドラマ「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方」でレギュラー出演を果たすと、その後ドラマ、映画と展開した「GTO」シリーズや「ショムニ2013」「安堂ロイド」など数々の作品に出演するように。 2014年には別冊マーガレットの人気少女コミックを実写化、中学の初恋相手 [全文を読む]


有田哲平連ドラ初主演! 本田翼と“キワドイ”シーンにも挑戦

Smartザテレビジョン / 2017年05月22日14時13分

原作は人間の深い部分をついていて、恋愛も含めシリアスな人間ドラマ。笑える部分もたくさんありますけど、古谷さんの作品の重みはハンパなくて“この作品をやるんだ”という責任を感じますね。 そのせいなのか、撮影翌日は体のあちこちが痛いんですよね。朝起きていろんなとこが痛い。体は痛いですけど、撮影は楽しいですよ。やりがいのある、いい現場にめぐり合わせていただきまし [全文を読む]

フォーカス