資産 麻生太郎に関するニュース

阻止せよ、トランプドル安政策

Japan In-depth / 2017年03月18日07時00分

その尻拭いをさせられたのは日銀で、超金融緩和を続けて資産バブルを膨張させた。その揚げ句にバブル崩壊し、日本経済は20年以上もの間の空白期に突入した。4月からは先の日米首脳会談で合意した、麻生太郎副総理・財務相とマイク・ペンス米副大統領を代表とする日米経済対話が始まるが、プラザもどきの為替合意は絶対に避けるべきだ。どう論じれば、トランプ政権にそれを思いとどま [全文を読む]

日銀はなぜ、円を「生殺し」にしたか? 黒田総裁「現状維持」の本音

まぐまぐニュース! / 2016年09月27日04時45分

「日本は心配なし」という評論家は信用できるか 日本は心配なしという評論家 日本の国家資産は、国債残高より多いので国家資産を売却すれば良いというし、今でも毎年税収以上の国債を新しく積み上げている現状に、国債を日銀が買えば良いという。日銀も国家機関であるから、日銀が買った国債は無いとも言う。 しかし、それもいつまでも持たない。日銀が国債の直接購入をしたら、海外 [全文を読む]

日本の巨額の対外資産、「隠れた日本」を形成か―中国メディア

Record China / 2016年07月05日08時40分

麻生太郎財務大臣は5月、日本の対外資産残高は2015年末時点で、前年比0.7%増の約948兆7300万円に上り、7年連続で記録更新を続けていると発表した。これは日本企業による海外企業の買収といった直接投資、機関投資家による証券投資の増加によるものだ。 日本の国内総生産(GDP)は国民総生産(GNP)を大きく下回るという特殊な現象が生じている。日本は国内で「 [全文を読む]

オフレコ扱いにされた黒田日銀総裁の「日本国債」深刻発言

NEWSポストセブン / 2015年03月09日07時00分

終戦直後の1946年、政府が戦時中の借金を返すため、全国民の預金を封鎖したうえでそれに課税し、資産を根こそぎ没収した歴史的事実を検証した内容だ。 わずか8分程度の特集だったが「預金封鎖」のワードは瞬く間に世間の“流行語”となった。奇妙なのは政府が経済の好循環をアピールしたいこの時期になぜ「安倍ヨイショ」のNHKが敗戦直後の経済混乱下で行なわれた非常措置を取 [全文を読む]

個人金融資産過去最高に 恩恵受けたのは株に投資できた人だけ

NEWSポストセブン / 2014年06月13日07時00分

安倍晋三政権になって国民の個人金融資産は過去最高の1645兆円(2013年末)へと約100兆円も膨らんだ。 「我が国の個人金融資産は世界一、対外純資産も世界一、こういった巨大な金融資産から成長分野への資金供給を考え、アジアナンバーワンの市場構築に取り組んでいかねばなりません」 麻生太郎・副総理兼財務大臣は昨年9月の証券業大会でそんな大風呂敷を広げ、今年1月 [全文を読む]

加計学園問題まとめ 「要注意発言」で振り返る

文春オンライン / 2017年05月20日07時00分

学校経営者では一番の資産家だ」と語っていたという。 安倍昭恵首相夫人も加計孝太郎氏とは関係が深い。2人はたびたびワシントンやロサンゼルスを訪問して現地の学校法人などを視察している。昭恵夫人が力を注ぐミャンマー支援も加計氏が現地まで同行してサポートした。 昭恵夫人は加計学園が神戸市で運営する認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」の名誉園長を務めてお [全文を読む]

麻生副総理は「和製トランプ」? “暴言力”で外相スライド案も

日刊大衆 / 2016年11月29日10時30分

「吉田茂氏を祖父に持つ名家に生まれた麻生さんは、政治家資産ランキングでも上位に名を連ねる大金持ちですから、不動産王のトランプ氏とは話も合うんじゃないですかね。記者連中の間には、“いっそのこと、麻生さんを外務大臣にすれば、日米外交も案外うまくいくんじゃないか”なんて声も」(同) トランプ氏は、これまでに環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の撤回を唱えたり、 [全文を読む]

舛添氏退任日に逝った鳩山邦夫氏 東大首席はどっち?の真相

NEWSポストセブン / 2016年06月27日16時00分

このあたり、まるで苦労人の気配りでとてもエリートの資産家にできる芸当ではない。 ちなみに鳩山氏との東大首席争いの真相について、舛添氏はかつて本誌記者にこう明かしたことがある。 「同期の首席は私でも鳩山でもなく、足利冤罪事件で主任弁護人を務めた佐藤博史弁護士だったかな」 これもご愛敬か。まだまだ政界に彩りを与えてほしい人物だった。 ※週刊ポスト2016年7月 [全文を読む]

ビットコインが法的にも「貨幣」に 法改正を待ち望んだ大手企業

しらべぇ / 2016年05月30日05時30分

だが同取引所が顧客から預かっていた資産が、いつの間にか消失してしまった。そしてここからカルプレスによる横領が発覚し、「仮想通貨は信用できるのか?」という議論がますます活発になった。マウントゴックス破綻の際、麻生太郎財務大臣はマスコミの前でこう発言している。「(マウントゴックス問題は)財務省の所管か? 金融庁の所管か? 消費者庁の所管か? 犯罪としては警察庁 [全文を読む]

黒田総裁の国債暴落懸念発言 議事録から削除された可能性

NEWSポストセブン / 2015年04月02日16時00分

黒田氏は、米国格付け機関ムーディーズが昨年12月に日本国債の格付けを引き下げたことに懸念を示し、スイスに本部を置くバーゼル銀行監督委員会で銀行資産の審査基準の変更が議論されていることを説明したうえで、“基準が見直されれば大量の国債を保有する日本の金融機関の経営が悪化し、国債が売れなくなって金利急騰につながりかねない”という趣旨の発言を行なったことが、自民 [全文を読む]

フォーカス