ドラマ 明石家さんまに関するニュース

第20回「若者のテレビ離れはない」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月11日17時44分

基本的にラブストーリーか青春ドラマで、共通していえるのは、10代から20代の若者たち、特に若い女性が多く劇場に足を運んだ映画ということ。事実、これら11本のうち、全国週末興行成績ランキング(興行通信社調べ)でベスト10に入ったのは、実に8本。アニメやディズニー映画が隆盛を極める中、大健闘だ。■若者向け映画は大盛況。一方、月9は大不振 ほら、あなたも映画館 [全文を読む]

鈴木おさむ氏 推薦「ここまで書いて怒られないのは、栗原さん、あなたしかいない!熱い!必見!」栗原美和子著『テレビの企画書~新番組はどうやって生まれるか?~』(ポプラ新書)全国書店で新発売

DreamNews / 2015年04月10日16時30分

あの番組は、あのドラマは、どうやって生まれたのか? 怒涛の情熱、本音満載、場外乱闘……。2015年放映のあの連ドラの裏側も語られた、名物プロデューサーによる破格のテレビ案内です。放送作家 鈴木おさむ氏推薦「ここまで書いて怒られないのは、栗原さん、あなたしかいない!熱い!必見!」 株式会社ポプラ社は、栗原美和子著『テレビの企画書~新番組はどうやって生まれるか [全文を読む]

涼し気なプールや海、眩しい日差し、友情、恋愛!夏だからこそ観たい懐かしのドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年08月29日14時58分

夏を楽しむアウトドアレジャーはたくさんありますが、一方で、強い夏の日差しを横目に、涼しい部屋の中で冷たいドリンクと共に楽しむドラマや映画、これもまた夏ならではの至極の楽しみと言えるのではないでしょうか? 今回は、そんな夏に楽しむドラマとして、ぜひ若い人にも観て頂きたい夏にぴったりの懐かしドラマを5本ピックアップしてみました。 WATER BOYS2001年 [全文を読む]

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

■富良野へ一方、ドラマでもフジテレビに新しい芽が出ようとしていた。1979年夏、かつて『三匹の侍』や『若者たち』を企画した白川文造サンは、フジプロダクションの中村敏夫プロデューサーらと共に、富良野へ出掛けた。フジプロはフジのドラマ部門を制作するプロダクションである。中村プロデューサーは、かつて倉本聰サン脚本の『6羽のかもめ』を手掛けた人物だった。そう、前編 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】SMAP全員とドラマで共演した深津絵里。草なぎ剛との場面だけ思い出せず。

TechinsightJapan / 2015年09月16日12時13分

女優の深津絵里が『SMAP×SMAP』へ出演した際にSMAPメンバーそれぞれとドラマで共演したシーンを振り返った。ところが草なぎ剛と共演した場面だけはどうしても思い出せないようで、「覚えてないな」と首を捻る。草なぎはとうとう落ち込んでしまった。 SMAPの5人全員と共演経験がある女優は多くない。篠原涼子はSMAPそれぞれの主演ドラマで共演したことがあり、戸 [全文を読む]

さんま初プロデュースドラマに、期待高まる「これ、絶対面白いヤツだ」

日刊大衆 / 2016年12月19日10時00分

2017年夏から「Netflix」で配信予定の連続ドラマ『Jimmy ~アホみたいなホンマの話』に、明石家さんま(61)役として俳優の小出恵介(32)、ジミー大西(52)役として中尾明慶(28)が出演することが発表された。 今回のドラマは、さんまが初めて連続ドラマの企画とプロデュースを務めた作品。ジミー大西の半生を描いたもので、さんまとの15年にわたる交流 [全文を読む]

ドラマに芸人が起用される背景にコントで鍛えられた演技力

NEWSポストセブン / 2014年11月03日07時00分

西川きよし、マキタスポーツ、TKO木下隆行、サンドウィッチマン富澤たけし、バカリズム…これらすべて、10月からのドラマに出ている芸人の名前である。 きよし師匠は『マッサン』(NHK)、マキタスポーツとTKO木下は『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)、サンド富澤は日曜劇場『ごめんね青春!』(TBS系)、バカリズムは自ら脚本を務める『素敵な選T [全文を読む]

伝説の「低視聴率ドラマ」 面白すぎる断末魔」(2) 大コケ原因を分析

アサ芸プラス / 2012年06月13日10時54分

低レベル脚本に柳葉敏郎が「俺の名前を消せ!」 長澤まさみ「テング素顔」にさんまがキレたッ 過去にあまたある残念なドラマには、それぞれに大コケした事情と原因が存在する。その典型的なケースを例に、解明と分析! まずは、黒木瞳(51)と坂口憲二(36)のW主演作「愛するために愛されたい」(03年・TBS系)。宇宙開発プロジェクトが舞台のラブストーリーだが、現実感 [全文を読む]

『FNS27時間テレビ』本日18時から放送スタート!注目番組ピックアップ

RBB TODAY / 2017年09月09日16時13分

■平安ドラマ『源氏さん!物語』9日22時57分から『FNS27時間テレビ にほんのれきし』で野村周平がドラマ3作品全てに出演紫式部の『源氏物語』を大胆にアレンジした同作は、高貴な生まれとひときわ際立つ美貌をもちながら、実はまったくモテないダメダメ草食男子だった光源氏(城田優)が、平安貴族として妻をたくさん娶(めと)るために別の時代から指南役として俳優・野村 [全文を読む]

小出恵介の代役志願?木村拓哉が立候補した“お蔵入りドラマ”

デイリーニュースオンライン / 2017年06月27日08時25分

木村拓哉(44)が配信中止となったドラマの代役に自ら志願していたという。それは、ジミー大西(53)が明石家さんま(61)と出会い、売れっ子芸人へと成長していく姿を描いたコメディドラマ『Jimmy ~アホみたいなホンマの話~』。動画配信サービス Netflixのオリジナルドラマで全8話(1話50分)。7月7日から全世界190か国で配信される予定だった。しかし [全文を読む]

小雪と伊藤淳史が同級生!?フジドラマ「大貧乏」が強引すぎる年齢設定で大爆死

アサ芸プラス / 2017年01月13日17時59分

1月8日に放送された小雪主演のドラマ「大貧乏」(フジテレビ系)の視聴率が、7.7%だったことがわかった。同ドラマは次回以降、さらなる低視聴率を記録する可能性があるという。「『大貧乏』が放送されているフジの日曜9時といえば、昨年4月に開設されて以降、29週連続で1ケタ視聴率を記録しています。そんななか、次回は裏のTBSで木村拓哉主演のドラマ『A LIFE~愛 [全文を読む]

ヒロインも脚本も難航?木村拓哉”新ドラマ”で判明した業界の拒否反応

デイリーニュースオンライン / 2016年10月05日19時06分

今年12月末でのSMAP解散の直後となる来年1月スタートの木村拓哉(43)主演ドラマ『Get Ready!!(仮)』(TBS系)に早くも暗雲が漂っている。いまだにヒロインが決まらず、それどころか脚本が二転三転しているとも伝えられているのだ。さらには明らかにキャラクターに合っていない「バラエティ進出」の話まで飛び出し、長年にわたって守り続けてきた「キムタクブ [全文を読む]

<番組制作の裏側でみたスターの裏話>高倉健・明石家さんま・佐野史郎・横山やすし・岡本太郎

メディアゴン / 2014年11月30日02時00分

●忘れられないスターの裏話・佐野史郎「特命!リサーチ200X」(1996〜2002・日本テレビ)という番組には、ドラマ部分があり、バラエティー番組に出演しているタレントさんではなく、普段ドラマにしか出ていない役者さんに出演してもらった。佐野史郎・高島礼子・稲垣吾郎・中野英雄、菅野美穂、川平慈英、無名時代の柴崎コウ他。豪華布陣だ。ドラマとドキュメンタリーVT [全文を読む]

クドカンドラマ低視聴率発進 TBS日曜21時枠との相性悪いか

NEWSポストセブン / 2014年10月19日16時00分

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』以来となる宮藤官九郎(44)脚本で、関ジャニ∞の錦戸亮(29)主演のドラマ『ごめんね青春!』(日曜21時~。TBS系)は、初回視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)だった。約1年ぶりのクドカン脚本で、『半沢直樹』を生んだTBS日曜21時台での放送。今クールの目玉と目され、高視聴率が期待されただけに、意外な [全文を読む]

ビートたけしが28年ぶりに「週刊ザテレビジョン」表紙に登場! 村上信五とまさかの“2ショットコマネチ”を披露!!

PR TIMES / 2017年09月06日12時00分

創刊35週年直前号は、センター企画として永久保存版16ページの“TVスターレジェンド表紙BOOK”や、どこよりも早くて詳しい“新ドラマ相関図”など、盛りだくさんの企画でお届けします。 [画像: https://prtimes.jp/i/7006/3649/resize/d7006-3649-297396-0.jpg ] 創刊35周年直前号となる『週刊ザテレ [全文を読む]

SMAP解散騒動に草なぎ剛の“熱愛”まで……「あのドラマと同じ展開!」とファン衝撃

サイゾーウーマン / 2016年07月03日09時00分

SMAP×FNS27時間テレビ』(フジテレビ系)内で、『俺たちに明日はある』というスペシャルドラマが放送されました。ストーリーは、SMAPに突然の“解散報道”が勃発するというもの。“27時間テレビの密着取材”を受けている途中で解散報道が出てしまい、何も聞かされてないメンバーが困惑するという設定でした。その中で、彼女の存在を口にした草なぎが、『店出たら写真撮 [全文を読む]

さんま演じる赤マントAがとあるキャラに似ていると話題に!? 絶鬼のキャストにジャニオタ歓喜『地獄先生ぬ~べ~』

おたぽる / 2014年11月26日19時00分

このコーナーでは何かと注目を浴びるドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ)をレビュー。これさえ読めば、気になるあらすじから評判までがまるわかり!?※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。■『地獄先生ぬ~ベ~』第4話明石家さんまがスペシャルゲスト妖怪に!! 夢を支配し、現実の肉体も傷つけていく伝説の妖怪「怪人赤マント・通称A」。鬼の手を [全文を読む]

ビートたけし&村上信五 まさかの“2ショットコマネチ”披露

dwango.jp news / 2017年09月06日11時05分

総力特集は、“秋の新ドラマ相関図”。宮藤官九郎脚本や池井戸潤原作など、豊作ぞろいの秋クールのドラマの人間関係&ストーリーをどこよりも詳しい人物相関図で、最速裏ネタと共に深掘り紹介。秋の新ドラマカレンダー付きなので、気になるドラマを忘れずにチェックできる。 創刊35周年直前『週刊ザテレビジョン』最新号は9月6日発売。 『週刊ザテレビジョン』9/15号(9/ [全文を読む]

MISIA、明石家さんま企画のドラマ主題歌を担当

Entame Plex / 2017年04月20日11時00分

7月7日より世界190カ国への配信が決定している、明石家さんま企画・プロデュースのNetflixオリジナルドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』の主題歌をMISIAが担当することが決定した。 楽曲は、甲斐バンドの名曲「最後の夜汽車」のカバー。同曲は、1977年に発売された甲斐バンドのオリジナルアルバム『この夜にさよなら』に収録され、さんま自身が「芸 [全文を読む]

木村拓哉とさんまの共演にGOサイン?『さんタク』復活の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン / 2017年03月05日18時01分

しかし打ち合わせの段階では、二人がドラマやバラエティなどで話題となった“聖地”を巡るロケ企画などもあがったという。 番組が放送されることについてネット上では、「もうしないかと思っていたのに嬉しい!」「4月が待ち遠しくなるな」と、復活に沸くファンの声が寄せられている。昨年のSMAP騒動の影響もあってか、今年の正月に放送されることがなかった本番組だが、ファンに [全文を読む]

フォーカス