物語 明石家さんまに関するニュース

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

(後編へつづく)(文:指南役 イラスト:高田真弓) [全文を読む]

小出恵介の代役志願?木村拓哉が立候補した“お蔵入りドラマ”

デイリーニュースオンライン / 2017年06月27日08時25分

さんまがパーソナリティを務めるMBSラジオの『ヤングタウン土曜日』で、「まあ木村も冗談だと思うんですけど、昨日会っていてね、ジミー物語、明石家さんま、俺やりましょっか? とか言ってましたから」とさんま自身が明かしていた。 それに対して周りの出演者が「えーっ」と驚くと、「冗談に決まっとるやないか。おかしいやろ、あいつが俺役だったら」とさんまは答えていたが、木 [全文を読む]

小出恵介、明石家さんま役に「お受けするか悩みました」

Smartザテレビジョン / 2016年12月12日11時27分

どんなシーンにも笑いを加えていくことの連続で、間違いなく普通のドラマではない物語の展開が見どころです。 「笑いは緊張の緩和や」という言葉があるのですが、緊張しているシーンにこそ笑いが生まれていたりする。そこをぜひ見ていただきたいです。 【小出恵介コメント】 “明石家さんま”を演じるってすごいこと。お話を頂いたときはうれしかったですが、お受けするかは正直とて [全文を読む]

鶴太郎が俳優として開花 大林監督の慧眼に脱帽!

文春オンライン / 2017年03月07日17時00分

孤独な脚本家・英雄(風間)が故郷の浅草で、幼い頃に死別したはずの両親に出会う――という幻想的な物語で、鶴太郎は英雄の父・英吉を演じている。なぜ、鶴太郎が抜擢されたのか。本作を見ると、その理由がよく分かる。 寄席の客席から落語家に野次を飛ばし、口は悪いけど気風が良い。英吉は、そんなベランメエ口調で昔気質の下町親父。これに、当時の鶴太郎が芸人として培っていた [全文を読む]

涼し気なプールや海、眩しい日差し、友情、恋愛!夏だからこそ観たい懐かしのドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年08月29日14時58分

プールでの涼しげなシーンと、熱い若者たちの青春シンクロ物語。これぞ夏!という作品だと思います。ちなみに上記放送後の翌年に『WATER BOYS2』も放送されました。ドラマ『WATER BOYS』にハマった方は是非、映画『ウォーターボーイズ』や『WATER BOYS2』もお楽しみ下さい。 ビーチボーイズそして夏ドラマの定番といえばこちら。反町隆史さんと竹野 [全文を読む]

人気漫画『昭和元禄落語心中』で話題! 落語家は同じ話で腕を競っている!?

マイナビ進学U17 / 2016年01月28日12時02分

■これまで関心のなかった落語の世界に興味を持つ若者が増えている!? 2016年1月からアニメ化された人気漫画『昭和元禄落語心中』をご存じですか? 元チンピラの主人公が刑務所の慰問に来た落語家の演目に感動して、出所後に落語家に弟子入りして、落語家として成長して行く姿を描いた物語です。この作品のヒットをきっかけとして、これまであまり落語に関心のなかった若い人の [全文を読む]

小出恵介事件で堀北真希『梅ちゃん先生』お蔵入りへ……明石家さんま役の『Jimmy』も絶望的か

日刊サイゾー / 2017年06月23日00時00分

10日からスタート予定だった『神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~』が、主演俳優の不祥事により放送中止となったNHK。同総局長は、損害賠償について「所属事務所ときちんと協議したい。具体的な話し合いはこれから」と話し、ドラマの制作費が受信料で捻出されていることについては「重い事柄」と述べた。 また、小出が堀北真希演じる主人公の兄役を演じたNHK連続テ [全文を読む]

小出恵介、クレーム処理に奮闘!荻原浩「神様からひと言」ドラマ化

CinemaCafe.net / 2017年04月25日18時30分

直木賞作家・荻原浩の小説「神様からひと言」が、「神様からひと言 ~なにわ お客様相談室物語~」として6月10日(土)よりNHK総合にてドラマ化されることが決定。また主演には小出恵介を迎えることも分かった。 主人公・佐倉凉平(33)は、曲がったことが嫌いな熱血漢だが、ときどき正義感が溢れすぎて上司と衝突してしまうことも。それが原因で大手広告会社からここ「珠山 [全文を読む]

中尾明慶、ジミー大西を演じることは「どう見ても苦労する(笑)」

CinemaCafe.net / 2017年04月23日18時15分

「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」は幼い頃から何をやってもダメだった男・ジミー大西が、天才お笑い芸人の明石家さんまに出会い、導かれ、失敗を繰り返しながらもやがて本当の自分の道を見つけ出すまでを綴った、笑いと感動に満ちた物語。明石家さん本人が企画・プロデュースに名乗りをあげ、ジミーさんや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に作り上げた。 自身の半生が [全文を読む]

MISIA、明石家さんま企画のドラマ主題歌を担当

Entame Plex / 2017年04月20日11時00分

同ドラマは、ジミー大西が「お笑い」から「世界的画家」になるまでの物語。ジミーや周りの仲間たちとの実際の体験談を主軸に、夢を追う人々とそれを応援する人々の姿を描く。ジミーが本当に巻き起こした“ありえへん”エピソードの数々に大笑いしながら、孤独や劣等感を抱えて成長していく姿、支える人々の愛と友情にホロリとさせられるエンターテインメント。 今回公開された予告編 [全文を読む]

フォーカス