個人 オークションに関するニュース

【東京オートサロン2017】自動車収集家は要注目!コレクター向けオークション「BHオークション」誕生

clicccar / 2017年01月13日17時03分

「BHオークション」CEOの武井氏は、「コレクタブルカーのオークションは世界的に流行っていますが、日本では個人売買スタイルが主流。バブル時代に高級車のオークションで失敗したケースがあったことや法令の問題がありますが、国内でコレクタブルカーのオークション開催に対する障壁はだいたいクリアーしました」と、今年中にオークションを開催する予定であることを発表。 ま [全文を読む]

【保存版】楽天オークションよりお便りです♪ネットオークション副業術を教えます!

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2015年06月22日09時00分

個人情報を明かさずに副業!安心のオークション!「あんしん取引」がある! 通常、オークションでは取引相手に自分の個人情報を教えるのが一般的ですが、楽天オークションの「あんしん取引」なら相手に自分の住所、電話番号、メールアドレスを教える必要がありません! また、代金の入金を確認してから商品を発送するシステムなので、『代金が振込まれない?!』といったような詐欺 [全文を読む]

公務員はオークション下手と判明!談合に慣れきってるせい?

しらべぇ / 2016年01月03日06時30分

お役所仕事でお固いイメージのある公務員は、個人取引の多いオークションを信頼していないのかも。公共事業でも入札という名のもとで事前に決定額を決められた「談合」が横行しているが、「金額が確定しない」ことを嫌う性質も影響しているのかもしれない。■広島県民はオークションがお好き?都道府県別に見てみると、広島県民のオークション利用率が62.2%とトップに。一般に、広 [全文を読む]

査定用ウェブ・アプリ「インスペクター・アプリ」を開発! 査定技術の標準化を促進!

DreamNews / 2017年03月31日10時00分

今までの中古車査定では、手書きでの査定作業や、査定時間の長短、査定士個人の性質による査定結果のばらつきが多くありました。当アプリを利用することで、査定技術の標準化を促進し、査定品質の向上を図ります。また、当アプリにはQRコードリーダーを搭載し、車検証に掲載された車両情報を簡単に読み込むことができるなど、業務効率化の観点からの機能も多く搭載されており、査定 [全文を読む]

中古車人気で個人売買が主流に。リスクを回避するサービスも!

週プレNEWS / 2016年03月12日06時00分

貴重な名車が海外流出!」) また前回記事では「中古車購入で重要なのは“どれを”買うかより“どこで”買うか」をテーマにお伝えしたが、今回はさらに今後注目が集まる中古車の個人売買について解説していく。 * * 中古車サイトで気になるクルマを見つけ、販売店から買う。これが中古車購入の一般的な流れだが、実はもうひとつ、買い方がある。個人売買だ。知人から直接買う以外 [全文を読む]

Artprice: 2012年のアート市場 - 東西間の対話

JCN Newswire / 2013年03月07日17時12分

個人および組織を顧客とするセミナーの企画も行なっている。Artprice.comについてアートプライスは名誉あるSBF120インデックスに名を連ねている。SBF120インデックスはフランスで上場されている120の最大手企業からなり、CAC40の各社と、フランスで最も流動性の高い80の銘柄を含む。現在のアートプライス株式の流動性は、440取引日で一日あたり3 [全文を読む]

~業界革新!中古車買取×インターネットのカープライス~ 代表取締役2名による年頭対談インタビューを発表!

DreamNews / 2017年01月10日15時00分

このビジネス自体は第二次中古車革命を目指していますが、個人の方のサポートも不可欠です。選ばれるサービスだからこそできる革命です。できるだけ多くの人にサービスを体験していただき、違いを実感してもらうことで新しいマーケットを作り上げていくことができればと思っています。お客様の声によってサービスが磨かれていくものだと思うので、謙虚さを忘れずに、さらに良いサービス [全文を読む]

オークファン、「スマオク」の出品中商品データを掲載

PR TIMES / 2014年07月23日15時33分

これにより、「オークファン」のユーザーは、個人間取引におけるブランド品の実売価格を参考に「スマオク」で出品・落札することができ、適正な価格での取引が可能になります。 当社では今後もユーザーが便利に楽しめるサービスの拡充および品質向上に取り組むとともに、オークション市場の活性化や経済発展の一助となるサービスを随時提供してまいります。 ■ザワットについて ht [全文を読む]

Artprice: 2013年アート市場は15%成長(Art Price グローバル・インデックス)過去最高 ―アート市場レポート

JCN Newswire / 2014年03月08日00時49分

現在、私たちが目にするのは、国家を輝かせるために設計された新しい博物館や、所蔵品の質の高さで名門であるとする個人収集家、マイクロバブルを育て、新人アーティスト作品を有効に売買し、その選択を時折見直す投資ファンド、主要な美術品の購入が同時に個人のアドベンチャーであり、社会的地位の向上であり、主要な投資となる新しい億万長者などの出現です。それに加えて、2013 [全文を読む]

スマオク、オークファンに出品中商品データを掲載

PR TIMES / 2014年07月23日15時33分

「オークファン」のユーザーは、個人間取引におけるブランド品の実売価格を参考に「スマオク」で出品・落札することができ、適正な価格での取引が可能になります。 スマオクは、今後も『Every one can be rich.』をテーマに、ブランド品のリユース文化を促進してまいります。 ■ザワットについて http://zawatt.com ブランド品オークション [全文を読む]

フォーカス