ランドセル 芦田愛菜に関するニュース

イトーヨーカドーが新作ランドセルを発表

PR TIMES / 2014年06月20日12時28分

芦田愛菜ちゃん、鈴木福くんが、ランドセルアドバイザーとして 記者会見イベントおよび新CM発表会に登場イトーヨーカドーは、6月20日(金)より発売する「新作ランドセル」の記者会見イベントおよび新CM発表会を、 本日6月19日(木)にセブン&アイ・ホールディングス本部にて開催いたしました。今年の新作ランドセルは、お子様たちの使いやすさを追求した機能性と、学校に [全文を読む]

実在した連続殺人鬼役に!ランドセル姿の芦田愛菜が見せた「女優の顔」

アサジョ / 2017年01月12日10時14分

しかし、ランドセルを背負って顔合わせ現場に登場した芦田の顔はすでに女優の顔でした。芦田のキャスティングにネット上では『愛菜ちゃんなら連続殺人鬼もできる』『芦田さんに目をつけた山田は正しい』といった期待の声もたくさんあがっています」 山田と芦田のタッグには、今や期待しかない。 [全文を読む]

芦田愛菜 『山田孝之のカンヌ映画祭』でも偏差値の高さ発揮

NEWSポストセブン / 2017年03月04日16時00分

ランドセルを背負って現れた芦田さん、あくまで実年齢「小学生」の記号をまとっています。 そして3人は、カンヌ映画祭を本気で目指すために「カンヌ」についての研究を開始する。日本映画大学を訪ね、カンヌに関する講座で学び、実際の学長で映画評論家の佐藤忠男氏や、パルムドールを受賞した今村昌平監督作品『うなぎ』の脚本担当・天願大介氏にアドバイスを求める。さらに資金集め [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第2話 日本映画の現在地と“プロ子役”芦田愛菜が迷い込んだ迷宮

日刊サイゾー / 2017年01月16日23時30分

芦田愛菜はしっかりとランドセルだ。 [全文を読む]

“天使すぎる”子役エヴァちゃん、今田耕司への唾吐きかけシーンで炎上

デイリーニュースオンライン / 2015年07月14日15時50分

エヴァちゃんといえば、ランドセルのCMで“天使すぎる”として話題の美少女。カナダ人の父と日本人の母(大阪出身)のハーフで、可愛い顔に似合わないコテッコテの関西弁が、面白いと評判だ。 「芦田愛菜に学べ!」と意見する声も 問題の回は「今田・エヴァのデート企画」の第3弾で、熱海港からフェリーで30分の初島へ。合流後、エヴァちゃんを抱っこするなど慣れた扱いで付き [全文を読む]

鈴木福 難関中学合格の芦田愛菜を語る「NGを全然出さない」

WEB女性自身 / 2017年02月22日19時00分

フジテレビ系ドラマ『マルモのおきて』で共演し、ランドセルのCMでも共演してきた福くん。愛菜ちゃんとの当時の思い出について聞かれると「一緒に宿題とかやっていたけど、字がきれいで本もたくさん読んでいました」と告白した。 また「(本を)月に60冊読んでいると1、2年生のときに言っていました。4年生のときに会ったときも分厚い本を読んでいました」と驚愕のエピソードも [全文を読む]

『山田孝之のカンヌ映画祭』第3話 “あざとさ/痛さ”をコメディたらしめる地上波なりの着地点

日刊サイゾー / 2017年01月23日23時30分

好対照ながら、カンヌへの気持ちを固める2人と、うなぎよりタレの染みたご飯が好きという素のあどけなさを見せつつも、随時ランドセルを背負い、この狂った状況に溶け込み、我々をハラハラさせてくれる不思議の国の芦田。 そんな連中の映画制作を記録したドキュメンタリーのような、そうでないような番組の第3回が放送された。「第3話 山田孝之 パイロットフィルムを作る」を振り [全文を読む]

あの爆死ドラマの後遺症?芦田愛菜の連続殺人鬼役に視聴者騒然!

アサ芸プラス / 2017年01月13日09時58分

そこで殺人鬼を演じる役者を山田自らキャスティングし連れてきたのですが、その役者は男でなく、ランドセルを背負った芦田だったのです」(テレビ誌記者) 芦田が殺人鬼役を演じることは予め明かされていなかったため、放送後は「予想を遥かに超えた展開」と絶賛されツイッタートレンド入りするなど、視聴者の間で大きな話題となった。また芦田は番組にて、すでに山田から説明を受けて [全文を読む]

フォーカス